紬「END OF ALL HOPE」


 連休が終わって、寝て起きれば学校だという午前一時。
紬は自室でティーカップを拭いていた。
この連休を利用してフィンランドの別荘に行った際、持ってきたものだ。
別荘の管理者によると、骨董品と言うには価値に欠けるが、
時代物と言えるくらいには古い物らしい。

 北欧を思わせる模様や物珍しい形状も気に入ったが、
何より左利き専用という点が紬に持ち帰りを決意させた。
ティータイムで、澪に使ってもらおうと思ったのだ。
澪は左利きに配慮した商品が少ないと度々零していた。
もしかしたら、ティータイムで供しているティーカップも、
澪は内心使いづらいと思っていたのかもしれない。

「澪ちゃん、気に入ってくれるかな」

 紬は独り言を呟くと、そろそろ寝ようかとティーカップを机に置いた。
どうせこのティーカップは、明日使う前に水洗いするのだ。
学校へと持って行く前に、埃だけでも落としておこうかと思い立ったに過ぎない。

 鞄へとティーカップを仕舞う為、紬は机の脇に置いてある緩衝材に手を伸ばした。
自然、机上からもティーカップからも視線が外れる。

「こんばんは、紬ちゃん」

「えっ?」

 か細い声が机から聞こえて、紬は慌てて机上へと視線を戻した。
そして目に映った光景に、紬は絶句した。
更に手に持ちかけた緩衝材を、驚いた拍子に床へと落としてしまった。
無理もない。
ティーカップの横に小人が居て、手を振っているのだから。

「驚かないで欲しいな」

 小人は無理を言うと、優しげに微笑んだ。

「えっと……」

 紬はそれ以上の言葉を続けられず、状況を把握しようと小人に見入った。
大きさはティーカップと同じくらいで、赤い帽子と灰色の服を身に着けている。
その顔立ちは怒っているようにも笑っているようにも見え、
男のようにも女のようにも見える。

「自己紹介がまだだったね。
僕は……日本語は不得手だから、ピッタリな言葉が見つからないけど。
まぁ、妖精とか精霊とかが近いんじゃないかな。英語ならエルフが近いのかな。
僕の国の言葉でいいのなら、フィンランド語でトントゥと呼ばれてる存在だよ」

「トントゥ……フィンランドの伝承で聞いた事があるわ。
物に宿る妖精で、持ち主にとっては座敷童のような存在よね」

 紬はフィンランドに今までに何度も訪れている為、
フィンランドに伝わるトントゥの話を聞く機会は多々あった。
持ち主に幸福を授けて災厄から身を守る反面、
怒らせたりすれば物から出て行き災厄が訪れる。
それが日本の伝承にある座敷童を連想させた為、
紬の印象に深く残っている話だった。

 ただ、本当に実在するとは思っていなかった。
否、今にしてなお、眼前の光景を信じかねている。
夢の中なのか幻覚なのか現実なのか、分からない。

「座敷童が何かは知らないけど、トントゥを知ってるなら話は早い。
僕はこのティーカップに宿ってるトントゥなんだ。
だから、綺麗に拭いてくれた紬ちゃんにお礼がしたい。
願い事、一つ叶えてあげるよ」

 トントゥは得意気に、指を一本立てた。

「え?いいの?」

 紬は戸惑いから一転、トントゥの申し出に飛び付いていた。
不意に転がり込んだ幸運を非現実的の一言で切って捨てられる程、紬は成熟していなかった。

「うん。持ち主に幸福を与えるのも、僕等の役割の一つだからね。
とは言っても、主な役割は災厄から守る事だし、
僕等は神様じゃなくて妖精に過ぎないから、何でも叶えられる訳じゃないけど。
可能な限り、叶えられるよう努めるよ」

「そうね……」

 紬は指を顎に当てて考え込んだ。
紬とて、幾つも願いを抱え込んで生きている。
HTTで武道館ライブを実現させたいし、
皆に幸せになって欲しいとも思っている。

 だが、それらの願いはすぐに切った。
自分の努力次第で可能なものを願う事は勿体なく思えたし、
自力で叶えるからこそ価値がある類のものなのだ。
叶えてもらうならば努力ではどうにもならないもの、
それも到底自分の力の及ばないものにすべきだと考えた。

 紬はその基準に則って、予てから抱いていた願いを取捨選択していった。
そうして最終的に選んだ願いは、トントゥの言う可能な範囲を超えているように思われた。
それを自覚して言うせいか、紬の声は遠慮がちなものとなった。

「じゃあ、女性同士の生殖行為でも妊娠できる世界にして欲しいかな」

 紬は女性同士の恋愛が好きだった。
それも自分自身の性癖ではなく、趣味として好きだった。
その為、愛し合う女性同士を応援してやりたかった。
同性愛に対する心理的な差別意識なら、まだ各人の意思で乗り越えられるかもしれない。
同性の結婚とて事実婚で対応可能であるし、それどころか法的に認めている国もある。

 ただ、出産に関しては、もう本人達の努力や意思で解決する事ができない。
その問題を解決する事が、大きな一助になると紬は確信していた。

 尤も、トントゥの様子を見るに、やはり期待はできそうもなかった。
トントゥは紬の願いを聞いてから、腕を組んで唸っている。

「うーん、難しいお願いを言ってきたね」

「やっぱり、無理?じゃあ、そうねぇ……」

 やがて口を開いたトントゥの言葉に、紬は然して失望せずに返すと再考を始めた。
元々、叶える事が難しいだろうと分かっていたのだ。

「あっ、いやいや、できるよ」

 だが、慌てたように手を振りながら言うトントゥによって、紬の思考はすぐに中断された。

「え?でも、さっき、難しいって……」

「ん?ああ、そうか。
日本語だと、難しいって、できないと同じ意味になる場合があるのか。
うん、難しいってのは、文字通りの意味でしかないよ。叶えるから安心して」

「ああ、そう言えば、フィンランドの妖精だったわね。
でも、困難な事に変わりはないんでしょ?
ティーカップを拭いただけなのに、そこまでして貰うのも悪いわ」

 無償も同然で叶えてもらう手前、あまり負担を掛ける事は憚られた。
少なくとも、遠慮を前置する儀礼くらいは見せたかった。

「それは気にしなくていい。それが僕等の役割だから。
だから本来、お礼って言っちゃったのも、おかしな話だったんだけどね。
感謝の気持ちを込めてる、ってアピールかな。
それはさておき」

 トントゥはここからが本題だと言わんばかりに、身を乗り出して続けた。

「紬ちゃんのお願い事は、女同士の生殖行為でも妊娠できる、でいいんだよね?
それとも、他のに変える?」

 一旦遠慮するという儀礼は踏んだ。
それに、新たな願い事など思い付いてない。
紬は頷きながら言う。

「ええ、それでお願いして、いいかしら?」

 トントゥも首肯とともに、言葉を返してきた。

「うん、了解したよ。
じゃあ、おやすみ、紬ちゃん」

 トントゥはそれだけ言うと、ティーカップの裏に回り込んだ。
紬が慌てて覗きこむと、もうそこにトントゥの姿は無かった。

「今のは、何だったのかしら……」

 紬は呟くと、ふと強烈な眠気を覚えた。
考えてみれば、時刻は既に一時を回っているのだ。
眠気に対して、無理に抗う時間では無いだろう。
紬は腕を枕に、机へとうつ伏した。
ベッドに向かう事さえ、億劫だった。

*

 朝、目覚めた紬が大きく伸びをすると、何かが床へと落ちる音がした。
それと同時に、背中が軽くなった。
床を振り向いて見ると、カーディガンが転がっていた。
机で眠ってしまった紬に、誰かが掛けてくれたのだろうか。
ただ、親にせよ家政婦にせよ、深夜に紬の部屋に入るとは考え難かった。
と、すると、昨夜に会ったトントゥだろうか。

「あっ」

 トントゥの存在に思い至った紬は、思わず声を上げていた。
未だに昨日の出来事が夢なのか現実だったのか、判断は付いていない。
だが、願い事を叶えると言ったトントゥに、
女性同士でも妊娠できるようにと頼んだはずだ。
その願い事が叶ったのか、紬は早急に確かめたくなった。
もし、叶っているのなら、昨夜の事は夢ではなく現実だったという証左になる。

 いや、もう現実だったと確信していいのかもしれない。
紬は落ちたカーディガンをハンガーに掛け直しながら、そう思った。



 妊娠という性的な事象を、親に訊く事は憚られた。
学校で友人相手に訊く事にした紬は、逸る気持ちに急かされるように学校へと急いだ。
ティーカップを緩衝材に包んで、鞄に入れる事も忘れなかった。

 ただ、学校でもすぐに訊く機会が訪れた訳ではない。
ホームルーム前では中々気心の知れた友人が揃わず、
揃った時には既に時間も押していた。
また、授業間の休みも短く、訊く事は憚られた。
漸く紬に確かめる機会が訪れたのは、昼休みになってからだった。

 昼食はいつも、律や澪、唯といった面々と机を寄せ合って食べている。
ライブ前では梓が混じる事もあるが、今日は姿を見せていない。
ライブが予定されていない事もあり、自分の教室で純や憂と昼食を共にしているのだろう。

 昼食を食べ終わり、更にその後の話題にも切れ目が訪れた。
その頃合いを見計らって、紬は切り出した。

「ねぇ、女性同士の妊娠って、可能かしら?」

 紬は婉曲に探るような事はせず、単刀直入に訊いた。
可能ならば奇異の目を向けられるかもしれないが、
喜ばしい事なのでその程度は受忍するつもりでいた。
また、不可能だとしても、逃げる言い訳の算段はあった。

「いや、ムギ、それは無理だろ……」

 唯と律が唖然とした顔をして押し黙るなか、真っ先に反応したのは澪だった。
いきなり何を言い出したのか、と言わんばかりの呆れ顔が浮かんでいる。

「ムギちゃん、レベル上がり過ぎだよ」

 唯も言葉を取り戻し、澪に続いてきた。
紬の女同士の恋愛、即ち百合に対する思い入れが強くなり過ぎだと言いたいのだろう。


「あ、違うの。そういう百合云々の話じゃなくって、科学的な話というか。
ほら、IPS細胞ってあるじゃない?
ああいうもので、可能になるかって話なの」

 紬は内心に広がる落胆を押し隠して、用意していた言い訳で繕った。

「ああ、IPS細胞か。そういう話もあるよな。
でも、倫理的にどうなんだろ?
ああいう技術は医療倫理に留まらず、宗教的な問題や社会文化的な問題もあるし、
容易に出産できる事で種々の問題が出てくるかもしれないし。
その辺が難しくてよく分からないから、何とも言えないな」

 澪の意見に、紬も同様の思いを抱いていた。
難しくてよく分からないからこそ、願い事に”生殖行為”という言葉を敢えて含めたのだ。
紬は幼い頃から、
「よく分かっていないモノには突っ込むな」と、父親に事ある毎に言い聞かされてきた。
実際には、トントゥに願いを委ねた事自体が、
既に父親の教えに沿っていない事なのかもしれない。
それでも事業家にして投資家の父から刷り込まれた哲学が、
願いの内容という土壇場では活きた形になっていた。

「私は澪ちゃんやムギちゃんみたいに頭が良い訳じゃないから、
難しい事は分からないんだけどね。
でも、まだ実用化には至っていないんでしょ?
だから、ムギちゃんの質問に答えるならこうなるよね。
今は無理だよ、って」

 珍しく的確な答えを返す唯に続いて、澪も言い足してきた。

「そうだな。本来想定している用途の再生医療にさえ、
まだまだ使えるような技術水準じゃないみたいだしな」

 澪の補足で話に区切りが付いたと、紬は判断した。
後は礼を言って、この話を終わらせようと思った。
元々、昨夜の願いが叶ったかどうか確かめる為の問いでしかない。

「でも……女同士でも妊娠できたら、素敵だよな。
好きな人の愛を授かって、赤ちゃん産みたいし」

 紬が話題を切るよりも早く、それまで黙っていた律が言葉を挟んできた。

「……ごめんな、律」

 神妙な口調で謝る澪に、律が慌てて手を振った。

「あ、いや。ただ、夢物語に憧れただけだよ。
ほら、好きな人と結ばれてるだけでもさ、幸運の賜物だし。
これ以上の幸せを求める程、私は欲深くないからさ」

「でも、本当は赤ちゃん、欲しいんだろ?
私が女じゃなかったのなら、律の幸せ、叶えてやれたのに」

 澪は本当に申し訳なさそうだった。
自分の恋人の幸せを叶えてやれない、その歯痒さが声にも表情にも表れている。
紬も歯痒かった。
自分の願いが叶ってさえいれば、友人の幸せも叶っていたはずだった。

「みーおっ、そんな顔しないで。私は充分、幸せだからさ。
それに澪が女で、良かったと思うよ?
私、聡以外の男の人に耐性無いから、男の人と仲良くやれる自信ないし。
その大きな胸も、私の大好きな居場所だし」

「律……ありがとな。孕ませてあげられない分、愛して包んでやるよ」

 大好きな居場所だと言われた胸に、澪が律の小さな体躯を引き寄せて抱いた。
律の顔に、安らかな笑顔が広がる。

「えへへ、やっぱり、大好き。
赤ちゃんの夢物語よりも、現実のこの感覚が大切だと思ってるよ、みぃおっ」

 夢物語よりも現実を喜ぶ律とは対照的に、紬は内心沈んでいた。
願いが叶っていない事から推せば、やはり昨夜のトントゥは夢でしかなかったのだろうか。
あれが夢ではなく現実だったのなら、どんなに良かった事か。
紬は嘆息したくなった。

 ただ、夢だったのなら、眠っている紬にカーディガンを掛けたのは誰なのか。
紬はふと、疑問に思った。


2