唯「……長いよね」

澪「なんか見てるのもしんどくなってきたな」

律「練習する?」

紬「あ、いま紅茶いれたわよ」



梓「うひぃにゅいいいいにゃふうううああああああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「……そろそろ終われせてくるよ」

澪「うん、なんかこれだと他の人達に変な目でみられちゃうし」


唯「あずにゃ~ん、そろそろイカせてあげるね~?」



梓「うにゃああうれひいいあああいきたいれすθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」

梓「唯しぇんぱいにいかせてもらいたいれすθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」



唯「よしよし。いますぐ唯先輩の手でイカせてあげるね?」ナデナデ


梓「にゃふっにゃふっにゃふうううああああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「……だめでしょ? こんなに床ベトベトにしちゃ」


梓「ごめんにゃしゃいいいいかしぇてええθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「……すごいえっちな顔だね。それじゃあいくよ!!」



                ギュイィィィィン
梓「にゃあああああああθθθθθ゙゙∈唯「全軍突撃だああああああ!!」
               ズブズブズブズブズブズブ


澪「唯! 無茶はするな! 梓が壊れる!」

律「うっはっ! 梓白目むいてるぞ!!」

紬「もう興味なくなっちゃった~」


           ギュイィィィィン
梓「にゃあああθθθθθ゙゙∈唯「とどけえええ!!」
          ズブズブズブズブズブズブ



        ギュイィィィィン
梓「にゃああθθθθθ゙゙∈唯「てごわいね!!」
        ズブズブズブズブズブズブ



       ギュイィィィィン
梓「にゃあθθθθθ゙゙∈唯「でもこれで!!」
       ズブズブズブズブズブズブ



     ギュイィィィィン
梓「にゃθθθθθ゙゙∈唯「おわりだあああああ!!」
     ズブズブズブズブズブズブ



梓「θθθθθ」
   キュピーン…


唯「どうだ!」



梓「θθθθθ」



唯「……あずにゃん? きもちいい?」



梓「θθθθθ」



唯「あずにゃ……」



唯「え?―――――――――――――――




梓「ふふ、ふふふふふθθθθθ」


唯「あず……にゃん?」


梓「うははははっははθθθθθ」


律「あれ、イかないのか梓? ならもっぺん」 

                            ピュン
梓「ククク、フフ、くらえですθθθθ」   三三三θ


  ズギュン!
三θ律「ぐはあああっ!!!」ブシュウウウ


律「が……は……」バタリ

律「   」


澪「りつうううう!!!」

紬「きゃあああっ!!!」


唯「え? え……? なに……?」

唯「なにがおきてるの!!? りっちゃん!!」


梓「残弾は4発……ふふふθθθθ」


唯「もしかしてあずにゃんがやったの!?」

梓「……私以外だれだと? ふふθθθθ」

唯「な、なにもの……!」

梓「お◯んこスナイパー梓ですよ、唯先輩……ふふθθθθ」

澪「まさか……膣圧で飛ばしたのか!!」

紬「うそでしょ……梓ちゃんが……なんで!!」

梓「ククク、なかなかイカせてくれなかった復讐ですよθθθθ」

紬「に、にげないと!!」


梓「にがしませんθθθ」  三三三θ

 ズギュン
三θ紬「ぎゃああああっ」



紬「あっ、あ、あず……さ、ちゃ……」バタリ

紬「   」


唯「ムギちゃん!! ひどいよあずにゃん!!」

梓「唯先輩は最後です……θθθ」

唯「み、澪ちゃんがあぶない!!」

梓「っと、もうここにはいないようですね。さすが逃げ足は早いθθθ」

唯「あ、もう校庭まで!!」

梓「ふふ、狙い撃つですθθθ」



澪「はぁ……はぁ、逃げないと、逃げないと……!!」



唯「あずにゃん……ま、窓から……まさか!!」

梓「風向きは……手前、北東から15ノットθθθ」

梓「奥は北北西から10ノットθθθ」

梓「乱流はなしθθθ」

梓「湿度、気温の計算はクリアー、コリオリクリアーθθθ」

梓「膣圧力に問題は無しθθθ」

唯「な、なにをいってるの?」

                             ピュン
梓「弾道をイメージ……そこだθθ」   三三三θ


唯「あ、あああっ! 澪ちゃ……!!」



ズギュン!!

バタリ

キャアアアア  ウワアアアアア

ウワ-ナニ- トツゼンタオレタヨー

キュウキュウシャダー



唯「あ……あ、あ、ああああ!!」

梓「ふふふ、ちょろいもんですθθ」

唯「なんてことを……」

梓「……あと二発θθ」

唯「!!」


梓「でも……返しますθθ」ヌチョヌチョ

唯「え?」

梓「どうぞθ」 つθネトォ

唯「そ、そんな、嫌だよ……そんな恐ろしい物」

梓「強くなるんです」

唯「!!」

梓「その一発の魔弾が……世界を変える」

唯「私に、お、お◯んこスナイパーになれっていうの!」

梓「気持ちよくなってほしいだけですよ」

唯「気持ちいい?」

梓「殺人という快楽は、オーガズムなんて比べものにならない神充」

唯「ッ!!」

梓「さぁ、受け取ってください。唯先輩だからこそ私は手をさしのべるのです」


唯「あれ、あずにゃん……どうして二発とも」

梓「私を撃ってください」

唯「え?」

梓「おま○こスナイパーは世界にひとりだけしか存在できない力なのです」

梓「だから……私を撃つんです!」

唯「む、むりだよおお!!」

梓「うて!! 唯先輩!!」

唯「いやだ!」

梓「なら無理にでも!」

ツプツプ

唯「ふあああっあああんθθ」

梓「……さぁ、膣口をこっちにむけて」

唯「……うぅθθ」カチャ

梓「クリトリガーをひいてください」

唯「……グス、グスθθ」


唯「いやだ……あずにゃん、あずにゃん!!θθ」

梓「……さよなら、唯先輩。ごめんなさい」

唯「いやあああああθθ」


クリッ

                        ドギュウウン
唯「~~~っああん!!!θ」   三三三θ



梓「……」ニコッ



三θ梓「   」



唯「あずにゃあああああああん!!!」


梓「   」





『いいんです。いいんですよこれで。究極の愛とは殺してあげること』

『私は唯先輩の手にかかって、愛につつまれて幸せです』

『忘れないで、私たちはお◯んこスナイパー』

『あなたはロー太を奏でるのです。ずっとずっと』

『夢の武道館にむけて……』



梓「   」

唯「どうして……どうしてこんなことに……」

                    ポイッ
唯「こんなものいらない!」 つ~θ

唯「いらない……グス」

唯「だから……みんなぁ、帰ってきてよ」


梓「  」
紬「  」
律「  」
澪「  」




θ「ヒトツ、ホウホウガアルヨ」

唯「!! えっ、なに!?」

θ「……ボクヲツカッテ」

唯「……ま、まさか!!」

θ「ソウ、ワカルヨネ? ユイチャン」

唯「あはっ……そっかぁ、それがあった! みんなにまたあえるんだね!」

θ「ウン、ミンナマッテルヨ」

唯「うん! みんなーまっててー」


ツプツプ

唯「ああああんっθ」

唯「それじゃあえっと、膣口を覗き込むようにしてっと♪θ」




クリッ



お し ま い





みなさま
放課後ヴイィィィィンタイム お楽しみいただけましたでしょうか?
わたくし恥ずかしながら、途中で抜いてしまいまして最後までうまく書ききれませんでしたが
この作品がみなさまのよりよいオ○ニーライフに少しでも役に立てれば幸せに思います


平成23年 2月10日