唯「はぁ……はぁ……ロー太ぁ……す、すご……さよ、なら……」

唯「なに、これ……こんなぁ、はぁ、しゅごいの……あっていいの」

唯「わたし……頭とけちゃって……んっ、ハァ」

唯「ムギちゃ……ロー太ぁ……ありがと……はぁ」

紬「お礼なんていいのよ~。さぁ後は三人がいくのを待つだけね」

紬「それとも私たち二人で手伝ってあげよっか?」

唯「ハァ……いいねぇ……ちょっと落ち着いたら……補助するよ」

紬「じゃあ私さきにやっとくね? だれにしよっかなー」

唯「あずにゃ、は……はぁ、おいといて……」

紬「うん! わかった~♪」

紬「さてと」チラッ


律「ああんあああんあはやくっ、いきたいにょおおθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「んんっ、ああああんθ゙゙ ヴイィィィィン」


紬「終わりが近いのは澪ちゃんね。じゃあ澪ちゃんから!」

紬「よーし! 澪ちゃん。すぐ楽にしてあげる!!」


澪「ま、まってぇ……θ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「え?」

澪「りちゅと一緒ひθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「……!!」

紬(これが……真の友情!!)

紬「まかせて!!」

律「むぎぃ……あああんはやくうううっあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「そろそろ、限θ゙゙ ヴイィィィィン」


紬「琴吹紬! いきます!!」


        ヴイィィィィン
律「あああんθ゙゙∈ズブズブ
           紬
澪「あああんθ゙゙∈ズブズブ
        ヴイィィィィン

紬「これでぇ!! フィニッシュよ!!」



律「θ゙゙∈コツン
      紬
澪「θ゙゙∈コツン
     


律「θ」

澪「θ」


「「あっ」」

「「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」」


澪「りつうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう」

律「みおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」


「「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」」



澪「   」

律「   」



θ「モウカエッテイイスカ、ムスメガマッテルンデ」

θ'「マタネ、ミオチャン―――シュンッ

θ「サキイクナヨ,ジャアナ――――シュンッ


澪「ハァ……はぁ……ひぐ、うぐ」

律「なんだよ、これぇ……はぁ、はぁ、うんっ……すごい、じゃん」

澪「まさに……ふわふわ……たいむ……はぁ、ハァ」

律「へへっ……澪ぉ……だらしない顔……」

澪「りつ、こそ……ハァ」



唯「おうおう、イッとるねぇ」

紬「ふふふ、ふたりとも仲良く果てたわ~」



唯「さて、最後は……」


梓「ああぁんああんにゃああんいかせてぅ、くだしゃああいっひんっあああんっっうθ゙゙ ヴイィィィィン」


唯「あっずにゃ~ん♪」

紬「あらあら、まだこんなに残ってるのね」

澪「よかったなー梓、まだまだ気持ちよくなれるぞ」

律「イきたいか? イきたいのんか?」

唯「そこにまってるのは快楽地獄です」


梓「いきたいよぉあああんnかいりゃくじごくに、おちたいでしゅううあああああんあθ゙゙ ヴイィィィィン」」


「だ~めっ。まだまだイカせてあげない」


梓「しょんにゃあああああああんっはぁんふ、ああんにゃああんだめえええええθ゙゙ ヴイィィィィン」


律「そうだ、このまま梓を放置して帰ったらどうなるんだ?」

澪「それはたぶん……」

紬「完全に消化しきるまで終わらないから」

唯「ふふ、エンドレスワルスだね」


梓「いやあああっあああだめなのおおおいきたいのおおいきたいよおおおっθ゙゙ ヴイィィィィン」


唯「そうだ! おーいロー太!」

θ「ナァニ、ユイチャン」

律「うぉ、いきなりでてきた」

澪「すごい! 手懐けたのか!」

唯「ロー太のお友達も呼んでさ、みんなであずにゃんをもてなしてあげてよ」

θ「イイヨ-、オーイミンナー」

θ「ヨ」
θ「ロ」
θ「シ」
θ「ク」


梓「えっ、ちょおおぁああああんそんにゃのむりだよおおおあああんああnθ゙゙ ヴイィィィィン」


唯「いけぇ! ロー太軍団! あずにゃんのお◯んこに突撃だあああ!!」



梓「にゃああああっいやあああこにゃいでええええああああんああんあθ゙゙ ヴイィィィィン」  θθθθ三

                                  シンニュウセイコウ         
梓「やああんはいってきちゃらめええええあああんにゃあああんんふθθ゙゙ ヴイィィィィン」 θθθ三



唯「がんばれーがんばれー! あっずにゃん!」

澪「ふれふれ! あずさ!」

律「ふれふれ! あずさ!」

紬「がんばれ~~」



梓「あああんはいらにゃいよおおおあああん、だめぇ、ああんあんθθθ゙゙ ヴイィィィィン」 θθ三

                                  モットオクヘ!
梓「にゃああああああああ、もうむりにゃのおおおおっあああんθθθθ゙゙ ヴイィィィィン」 θ三



唯「あとはロー太だけ……!」ゴクリ

紬「大丈夫かしら」


                                  クラエー

梓「あああああああああああああんんんっあああんらめええθθθθθ゙゙ ヴイィィィィン」 


梓「はいってりゅうううじぇんぶはいってるうううううううう!θθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」

梓「んはぁあああにゃめえええさいこおおああああああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」

梓「お◯んこおおおおしんじゃうにょおおおおおああθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」


唯「あずにゃん! どう!? 5倍だよ!!?」



梓「あへっ、ああああぁっらめえええええええええθθθθθ゙゙ ギュイィィィィン」






4