梓「ねぇ唯先輩!」                                        θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「ん? どったのあずにゃん」

梓「なんか来てるんです」                                   θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「ほえ?」

梓「見てくださいあれ」                                    θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「なんもないけど」

梓「あれですよ。見えないんですか!?」                        θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「あずにゃん……疲れてるんだよ」

梓「そ、そんなはずは……現にあそこに……」                    θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「今日はもう帰ったほうがいいよ……」

梓「ちょっ! 段々近づいてきてる!!」                       θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「秋山せんせー。患者さんの容態がおかしいです。あははっ」



澪「……そ、そうか」              θ゙゙ ヴイィィィィン


澪(なんなんだこれさっきから)      θ゙゙ ヴイィィィィン   

律「おいおいどうしたってんだ澪。口数すくないぞー」

澪「あまりしゃべれないんだよ」     θ゙゙ ヴイィィィィン

律「へ?」

澪「長くしゃべると追いつかれる」   θ゙゙ ヴイィィィィン

律「なんのこっちゃ」


紬「あぁ……そういうことね……」                              θ゙゙ ヴイィィィィン


梓「澪先輩とムギ先輩も見えますか」                      θ゙゙ ヴイィィィィン

梓「どうやら喋れば喋るほど近づいてくるみたいです」           θ゙゙ ヴイィィィィン

梓「ひいいいっ喋っちゃったああああ」                    θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「ねぇ……これどうしたらいいのかな……」                   θ゙゙ ヴイィィィィン三

紬「えっなんで!? 私のだけ早いわ!!」               θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

梓「だめですよしゃべっちゃ! きちゃいます。あ」            θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「こないでええええ!!」                     θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン


律「んー?」                                    θ゙゙ ヴイィィィィン

                                           ヌプッ
律「なんだーお前ら、みんなしてどうかしたあっひゃああんんぅあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」


律「んぅ、おいっあああんこれぇええなんとかああっあああ、なんなんθ゙゙ ヴイィィィィン」


唯「り、りっちゃん! どうしたの!! なんで今日はそんなえっちな感じなの!」

梓「あわわわわわわ、律先輩が……」                  θ゙゙ ヴイィィィィン

澪「……律、うぅ」          θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「りっちゃああああん!!」                θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン


律「あびゃああびゃびゃびゃああんっああああんあんあんあんあθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「だめだよ! ここ部室だよ! そんなえっちな声だすのやめなよ!」

律「あああ唯っんっでも、これ、とまらなああっんひぃいいああθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「りっちゃんの身になにが起きてるの……!!」

唯「ま、まさか! 超常現象!!?」

唯「って映画をみたんだよ! えへへ~」


梓(このまま唯先輩にしゃべらせとけば私は安全……)      θ゙゙ ヴイィィィィン

梓(ってきてるうううううう!!!!)                 θ゙゙ ヴイィィィィン

澪(バカ、梓っ)         θ゙゙ ヴイィィィィン

澪(ああああっもう!)    θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「ねぇねぇ、みんなでしりとりしようよ~。じゃあ私からね」

梓「ばかなのおおおおお!!!」                 θ゙゙ ヴイィィィィン


唯「ひ、ひどいよあずにゃん、ほんとなんかあったの?」

梓「話ふらないでくださああああいい!!!」         θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「……変なの。ねぇムギちゃん」

紬「……」                      θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

唯「ムギちゃん?」

紬(だまっててもくるんだ……)     θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン


唯「ねー、どうしてそんな顔してるのー? りっちゃんはずっと喘いでるし意味分かんないよ」

律「あんっあんっ、いやあぁああん、だめだってんああああθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「みんなぁ、もしかしてこれがイジメってやつかな? ん? 泣いちゃうぞ?」

澪(全員にふった)     θ゙゙ ヴイィィィィン

梓(最低です)                          θ゙゙ ヴイィィィィン

紬(もうすぐ私)         θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン

律「あんっゆいっだめっていったあんっああんあんんっθ゙゙ ヴイィィィィン」

                                             ヌヌヌ ピキーン! 
唯「え? 私なんかした?」                               θ゙゙ ヴイィィィィン 

                                             ゴゴゴゴ
唯「あれ?」                                       θ゙゙ ヴイィィィィン


唯「おっとこれはもしかして」                             θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「うんたん! うんたん!」                           θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「おーまいがー!」                               θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「……」                                     θ゙゙ ヴイィィィィン


梓「わかりましたか?」                   θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「みんなごめんねええええええ!!!」                 θ゙゙ ヴイィィィィン       


澪「ふるなあんあっあんっんθ゙゙ ヴイィィィィン」


梓「ついに澪先輩まで……」               θ゙゙ ヴイィィィィン

律「あんっ澪もっああんあ、気持ちよくあんあん、なろっθ゙゙ ヴイィィィィン」

唯「これ、りっちゃんと澪ちゃんであえぐ長さが違うけど……」    θ゙゙ ヴイィィィィン  


唯「気持よさも違うのかなぁ……」                    θ゙゙ ヴイィィィィン  


紬「え?」        θ゙゙ ヴイィィィィン三 ビュン


唯「なら少しでもながいうちにいいいんっああんぁんあっあっあんθ゙゙ ヴイィィィィン」

梓「バカですか」                     θ゙゙ ヴイィィィィン

紬「そっかあああんθ゙゙ ヴイィィィィン」

梓「は?」                        θ゙゙ ヴイィィィィン

唯「んぅ、んんんっあああんああんきもちいよおあずにゃんっんθ゙゙ ヴイィィィィン」

律「梓も、んぅああん、はやくこれんんっうあ体験してみθ゙゙ ヴイィィィィン」

澪「やばっ…やみつきああθ゙゙ ヴイィィィィン」

紬「きもちいいいいθ゙゙ ヴイィィィィン」





梓「…………ゴクリ」                 θ゙゙ ヴイィィィィン?




2