澪「はぁ……はぁ……これだけグリーフシードがあれば……」

澪「律に会いに行かなきゃ……」

澪「まず電話を……」

プルルル

澪「……」ドキドキ


『おかけになった電話番号は……』


澪「あれ?」

澪「電話……繋がらない」

澪「律にも見捨てられちゃったのか、私は……」

澪「当然か……はは……」


澪「とりあえずネットでもしよう」

澪「みんなに見捨てられても私にはVIPの皆が……」

澪「な……」

けいおんはオワコン

澪「まさか……」

けいおんってなんで流行ってたの?

澪「……そんな、はずが」

けいおん()好きな奴まだいるの?

澪「うわあああああああああ!!!」


澪「QBええ!出てこい!!」

QB「やあ。久しぶりだね、澪」

QB「今日は一体どうした……」

澪「どういうことだ」

QB「?」

澪「どういうことだって聞いてるんだ」

QB「何がだい?」

澪「なんでけいおん!がVIPでオワコン扱いされてるんだよ!!」

QB「ああそのことか……」

QB「でも当然じゃないか、他に話題になったアニメが出てきたんだから」

澪「当然!?契約の内容が守られてないじゃないか!」

QB「君はなにか勘違いしてないかい?」

QB「澪、よく思い出してごらん」

QB「君が何を願ったのか」

澪「私は!」

澪「私は……」

澪「……」

QB「思い出したかい?」

QB「君は確かにこう願ったはずだ」

QB『まどかの人気を超えたい』

澪「……」

QB「けいおん!はまどかの人気を超えた」

QB「それは今もだろう?」

澪「私はそんなつもりで言ったんじゃ……」

QB「君の本当の願いを叶えたいならこう願えば良かったんだよ」

QB「『けいおん!の人気がいつまでも続くようにしてほしい』と」

QB「それならば今ごろ……」

澪「ふざけるな……」

澪「取り消せ……取り消せ!」

澪「取り消せよおお!!」

QB「それは無理だよ」

澪「取り消して!取り消して!取り消して!」

澪「取り消して……頼むから……」



澪「ははっ……」

澪「私は……どうでもいいようなことを願って……」

澪「律を、皆を……失って……」

QB「……」

澪「私、もう……」



バアアァ

QB「……さよなら、澪」







律「携帯やっと買い替えたぜー」

律「まさかトイレに落とすとはなー」

律「とりあえず皆にメールっと」

律「……!」

律「澪……」

律「あれからずっと会ってないな……」

律「……家に行ってみるか」



律「……みおー?」

律「あれ、いない……」

律「どっか行ってるのか……」

律「ん」

律「鍵、開いてるな……」

律「……入っても、いいかな」

律「……おじゃましまーす……」


バアッ

律「!?」


律「な、なんだ今の……」

律「!」

律「ここ、どこだよ……」

律「あたしは澪ん家に入ったはずなのに……」

律「で、出口……」

律「うわっ!な、なんだこれ……ぬいぐるみか?」

QB「ぬいぐるみじゃないよ」

律「!」

律「しゃ、喋った?」

QB「君は……どうやら人間のようだね」

QB「もしや澪の知り合いかい?」

律「澪を知ってるのか?」

QB「ああ」

律「澪はどこにいる?それに何なんだこの空間は!」

QB「この空間は澪が作り出した」

律「はぁ!?」

律「お前は何を……」

QB「そして澪は、あそこにいる」

律「な……」

律「あれが澪……?」

律「そんなはず、ないだろ……!」

律「澪はどこにいるんだ!」

律「澪を返せよぉっ!」

QB「……返す前に君が帰れなくなるかもしれない」

律「!」


律「み、澪……?」

律「澪、なのか……?」

魔女「……」ヒュン

ドカッ

律「くっ……」

律「澪!やめ……」

QB「無理だよ、もう彼女にはどんな声も届かない」

律「そんな……」

QB「でも……」

QB「彼女と君を助ける方法なら、ないこともないよ」

律「本当か!?それは……」

QB「僕と契約して、魔法少女になればいい」

律「魔法……少女?」

QB「僕と契約すれば、君の願いごとをなんでもひとつ叶えてあげる」

律「なんでも……?じゃあ、澪もか……?」

QB「もちろん、お安い御用さ」

QB「でもそのかわり、魔女と戦う使命を背負わなければならない」

律「魔女……」

QB「さあ、どうする?」

律「……」



律「澪は、ずっと戦ってきたのか?」

QB「うん」

律「あたしたちの、ために?」

QB「正確には君たちの人気のためだね」

律「ずっと……ひとりで?」

QB「そうだよ」

律「ははっ……」

律「馬鹿だなぁ澪は……」

律「でもあたしも、そんな馬鹿になるのか……」



律「契約するよ」

QB「本当にいいのかい?」

律「ああ」

QB「君は、いったいどんな祈りでソウルジェムを輝かせるんだい?」

律「あたしの願いは……」







澪「……律?」




澪「さっきから何読んでる……ってあー!!」

澪「な、なんで!なんで!なんで見たんだよ!!」

律「い、いやそこに置いてあったからつい……」

澪「あああああああああああ!!!」

澪「違う!違うんだ、これは!なんとなく思いついたから書いてみただけで!」

律「……澪」

澪「な、なんだよ」

律「お前文芸部入らなくて良かったな……」

澪「うわああああああああん!!」





164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/24(日) 02:15:16.45:VAgYjM6RO


こんな深夜まで保守マジでありがとう!
とにかく完走出来て良かったー、じゃあねー