数日後

律「澪!もう大丈夫なのか?出てきて」

澪「ああ……平気だ」

澪「はやく撮影しないと」

律「澪……あまり無理しない方が」

澪「もし雑誌の表紙を誰かに取られたらどうするんだ」

律「へ?」

澪「人気がある今やらなきゃいけないんだよ!」

律「み、澪……?」

澪「……!」

澪「ご、ごめん……」

律「いや……」



澪「律に当たり散らしちゃった……」

澪「最低だ……私」

澪「ソウルジェム……」

澪「……」

澪「……あれ?」

澪「濁りが……」

澪「昨日浄化したばかりなのに……」

QB「……」




唯「澪ちゃーん!今日遊びに行かない?」

梓「そうですよ先輩。たまには息抜きも必要です」

紬「りっちゃんも誘って、みんなでパーッと」

澪「ん……いやごめん。今日はちょっと」

唯「そ、そっか。ごめんね」

澪「じゃあな……」

梓「澪先輩、大丈夫でしょうか……」

紬「今はそっとしておいた方がいいんじゃないかしら」

梓「そうですかね……」

律「……」




澪の家

澪「おかしい……」

澪「ちゃんと浄化したのに」

澪「なんでこんなに濁りがはやいんだ……」

澪「とにかくもう一度魔女を倒しに……」


ガチャ

澪「!」

澪「だ、誰だ?」



澪「……律?」



律「澪」

律「こんな夜中にどこ行くんだ?」

澪「……っ」

澪「お前には関係ないだろっ」

律「澪……」

澪「……」

律「みんなも心配してるんだぞ、お前のこと……」


澪「……さい」

律「え?」


澪「うるさい!」


律「あたしは澪が心配で……」

澪「心配?ふざけるな!」

澪「私の身体のことも知らずに!」

律「……身体?」

律「澪、やっぱりどこか悪いのか?」

澪「……」

律「なら少し休んで……」

澪「休めるわけないだろ」

澪「そうだよ、休めないんだよ!」

澪「だいたい今のけいおん!人気は誰のおかげだと思ってるんだ」

澪「VIPだって今やまどかの話なんて誰もしてない!けいおん!の話題ばかりだ」

澪「それは……」

澪「私がこんな身体になってまで夜中に出てって戦ってるおかげなんだよ!」

律「澪……お前は何を?」

澪「……」

律「澪!どこ行くんだよ!」

律「澪!」




澪「はぁ……はぁ……」

澪「心配してくれたのに……」

澪「私は、律に、みんなになんてことを……!」





数週間後、けいおん!三期は最終回を迎えた。

澪「けいおん!もとうとう終わって、新しいアニメがいろいろ始まってる……」

澪「ん……このアニメ、ネットで話題になってるな」

澪「まあどうでもいいか。けいおん!は今でもVIPで人気だし」

澪「それより……律……」

澪「でも……私はあんな酷いこと言っちゃったし……」

澪「今さら何が出来るって言うんだ……」

澪「でもやっぱり律に今から……」

澪「!」

澪「また……ソウルジェムが」

澪「魔女退治、行かなくちゃ……」

澪のソウルジェムが濁る勢いは日々激しくなり、
律に謝るひまもネットするひまもないまま時が過ぎていった。


5