そして数ヶ月後、まどか二期は放送されたものの前作越えは出来ず
いつの間にかけいおん!三期に人気を追い抜かされていたのだった

澪「……」

まどかはオワコン

澪「……ふっ」

まどかってなんで流行ってたの?

澪「……ふふっ」

まどか()好きな奴まだいるの?

澪「あはははははははははは!!ざまあみろ!!」

澪「けいおん!はまどかを越えた……」

澪「最高の言葉だ……」




バシッ

澪「ふぅ……やったか」

QB「澪も慣れてきたみたいだね」

澪「ああ、まあな」

澪「ずっと頑張ってきたし」

澪「そのかわり、最近皆と遊べてないけど……」

QB「それはまあしょうがないよ」

QB「魔法少女なんだからさ」

澪「……うん」




律「澪ー!雑誌撮影行こうぜー」

澪「ああ」

律「しっかし新作がここまでヒットするとはなぁ」

律「あたしにそれだけの魅力があるってことかしら!」

澪「お前だけじゃないだろっ」ゴン

律「いてっ」

律「でも本当にすごいよな、またこうやって雑誌の表紙まで飾れるなんて」

澪「律は嬉しいか?」

律「へ?そりゃあもちろん」

澪「ははっ、そっかそっか」

律「?」




カメラマン「じゃあここにこう並んで……」

カメラマン「あ、秋山さん。その指輪外してくれる?」

澪「え?あ……はい。すみません」

澪(ソウルジェム……ここに置いとけばいいか)

律「澪ー!はやくー!」

澪「ああ、今い……」クラッ

律「みおー?」

澪「……」バタッ

律「澪?おい澪!」




澪「!」

律「澪!大丈夫か?」

澪「私……?」

律「いきなり倒れたんだよ、私がここまで運んだんだぜっ」

スタッフ「大丈夫かい?」

澪「あ、はい……大丈夫です」

スタッフ「とりあえず今日の撮影は中止で」

スタッフ「また後日、取り直すから」

澪「はい、ご迷惑をおかけしてすみません」




澪「律、ごめんな……私のせいで……。それに運んでくれてありがとう」

律「……」

澪「律?」

律「……ん?いや、いいよいいよ!寝不足かー?澪ぉ。ちゃんと寝なきゃダメだぞっ」

澪「そうかもな、ここんとこずっと仕事続きだったし」

律「もし眠れないときは、あたしが子守唄うたってやるから!」

澪「いるか馬鹿」


律「……なぁ、澪」

律「お前、ちゃんと食ってるのか?」

澪「へ?」

律「ダイエットでもして倒れたんじゃ……」

澪「いやしてないけど……なんで?」

律「……」

律「いや~、なんとなく?澪は昔ずっと体重気にしてたしな」

澪「なっ」

律「お正月のときなんか体重が……」

澪「う、うるさい!今は関係ないだろ!」

律「あははっ。じゃあ、あたしはそろそろ帰ろかなっと」

律「タクシーもうすぐ来ると思うから。ちゃんと病院行けよ?」

澪「ああ、ありがとう律」

律「お大事に」パタン




澪「寝不足、なのかなぁ……」

澪「最近魔女退治だの仕事だので寝てなかったし……」

澪「あ、そういえばソウルジェム……」

QB「ここにあるよ、澪」


澪「QB!ごめんな、ありがとう」

QB「困るよ澪。ちゃんと肌身離さず持ってないと」

澪「……これ、そんなに大事なものなのか?」

QB「もちろんだよ」



QB「今回君が死んだのも、そのせいだからね」

澪「死ん……」

澪「え?」


澪「な、何を言ってるんだQB……」

澪「私が死んだ?」

澪「そんな馬鹿な……」

QB「本当だよ」

QB「君は一度死んだ」

澪「ははっ……じゃあなにか?」

澪「私は一度死んで、生き返ったとでも言うのか?」

QB「ああ」

澪「そ、そんなたちの悪い冗談を……」

QB「なら、確かめてみるかい?」

澪「確かめる?そんなことどうやって……」

QB「そうだね、もう一度投げ捨てるのもいいけど」

QB「……」グイッ

澪「何を……」

澪「!?」

澪「い、痛……」

QB「僕の役目はね、君達の魂を取り出してソウルジェムに変えることなんだ」

澪「……ぁ」

澪「やめ……」



QB「……」スッ

澪「はっ……はっ……」

QB「これで分かったかい?」

QB「もし納得出来ないなら、投げ捨てて」

澪「ふ、ふざけるなぁ!!」

澪「お前……お前は……」

澪「なんてことを……」


コンコン

QB「おや、誰か来たみたいだ」

スタッフ「秋山さん?タクシーが来たわよ」

澪「……あ」

澪「は……い」


澪「私は……ゾンビか……」

プルルル

澪「!」

澪「メール……律?」

澪『調子は大丈夫か』

澪「……」

澪「律の奴……!」

澪「ダメだ、律を悪く言っちゃ……律は悪くないんだから……」




4