唯「ごめんね、澪ちゃん」





時折、私は救いがたい衝動にかられることがある。

今日は忘れられない日となった。

生来、白痴の私は、社会的責任というものを十分に理解できずに、ただ赴くままに行動してしまう節があるけれども。

なぜ、この日は、澪ちゃんのベースを壊したくなっちゃったんだろう?




澪「わ、私のベース……ゆ、ゆい。ゆいー!」

ティータイムの途中、突然席をたって、澪ちゃんのベースをひったくり、ネックを掴んで床にベースを叩きつけた時、

私を襲ったのは、底の見えない暗い虚無感だった。

他の4人も、目を丸く見開いて、唐突な私の反社会的な行動を呆然と眺め、頭を働かせていたのだと思うけれど、

私は、頭の中が真っ白になって、世界がだんだん暗闇に収束していくのを恐怖し、受け入れていたのだ。

澪ちゃんが悲鳴を上げながら、私の元に駆け寄る。

澪「こ、このやろ、どけ、どけぇー!」

澪ちゃんは私を突き飛ばし、ベースを拾い上げ、深く穿たれた傷跡をいたわっている。涙を流している。

私は、口をぽかあんと開けて、その光景を見つめていた。虚無感の後に押し寄せてきたのは、これで全てが終りだという実感と、この居場所を壊してしまった事に対する後悔だった。

せっかくみんなで仲良くなれた。でも、こんな些細な事で、この友情は壊れてしまうのだ。勿体無かったと思った、そしてその事に対して嫌悪を抱いた。

紬「唯ちゃん。澪ちゃんに謝りなさい」

ムギちゃんのこんな厳しい言葉は初めてだった。

唯「ごめんね、澪ちゃん」

私は、とりあえず謝ってみた。

律「おい、唯。顔がにやついているぞ」

梓「あなた、本当に反省しているんですか?なんでこんな事したんですか?」

りっちゃんの顔には、いつものような、おどけた間抜けな調子が消えていた。あずにゃんは、声に怒気をはらませていた。

唯「反省しているよ~で、どうしたら許してくれるの、澪ちゃん」

頭では、この言葉が、火に油を注ぐだけというのはわかっていた。でも、もう引き返せないのだ。

崩れかけた塔の土台を揺らして、私は、それを更地にしないと気が済まないのだ。

ムギちゃんは、無言で私の頬を打った。

聖書の言葉が去来した。

唯「澪ちゃんもぶっていいよ。」


澪ちゃんは、突然、堰を切ったように泣き出した。

澪「し、信じ、信じて、唯のこと、信じて、唯、の、信じて、信じてた」

嗚咽に混じり聞き取りにくかったけれど、どうやら、澪ちゃんは私のことを、信じていたらしかった。

信じていた、ねぇ。過去形ということは、もはや私は信じられる類のものではなくなったんだ。

それでいいんだよ。当たり前だよ、澪ちゃん。しかし、澪ちゃんも人を見る目がないものだ。

そして、こうして達観しているように見え、私も動揺が隠しきれなくなってきた。

客観的に見るならば、私は全身、ずぶ濡れのドブネズミのように震え、指の爪を血が出るまで噛んでいた。

視点は定まらず、震え、歯が寒さでガチガチ音を立ててなってみっともない。

喉はかれ、声はでない。ただ、震え、ムギちゃんに打たれた頬が軋みだした。

律「唯。どうして澪のベースを壊した?説明しろ」

りっちゃんは、そんな弱い私に上からものをいう。

あずにゃんも、それに伴って、私をなじる。人間は、多数派になると、強気になれるらしい。



唯「ああ、あ、あ、あ、あの、私、突然、あはは、ごめんね、あは」

律「ふざけるな、唯!」

梓「唯先輩、見損ないました。」

澪「私の、ベース、ベースが、死んじゃった」

紬「唯ちゃん。これからどうする気?」


明日になったら、仲良くなれるよね?また、ティータイムできるよね?

りっちゃんがおどけて、澪ちゃんが怒って、あずにゃんが顔を赤らめて、ムギちゃんがお茶を入れてくれる。

そんな日常が帰ってくるよね?

いいや、帰ってこないよ。私のある面は、それにうんざりして、澪ちゃんのベースを折ったんだ。

そうか。衝動の裏側には、安定を望む私がいた。でも、その私自身が、あの呪われた行動を引き起こす引き金を引いたんだ。

だから、自業自得なんだ。でも、これを心神喪失として、みんなに謝り、自分を否定して再び元の鞘に戻る道もある。


この呪われた自分を肯定して、到底みんなに許してもらえるとは思えない。だが、自分を否定して、それで得られる友達。

私は、よく問題をすり替えたり、棚上げにしたりしてきた。ここでも、問題の本質をごまかしたのだ。こうして、自己批判を繰り返し、

堂々巡りの地獄に入る。



唯「悪いのは澪ちゃんだ」



頭の外から、この言葉を吐き出した。直後、私の体の震えがやんだ。音楽室の時間が止まったかのように思えた。



紬「澪ちゃんのどこが悪いの、唯ちゃん。」

ムギちゃんが尋ねてきた。当然、私だって、悪いのは私だと思っているから、反論できない。

唯「悪いのはやっぱり澪ちゃんだ。」

でも、こうして、事実に基づかない事を何度も繰り返すことで、それに真実味をもたせる裁判のテクニックがある。

しかし、それは陪審員の心証が良い場合に有効らしいので、今回の場合だと、更に私に対する信頼を失わせるだけだった。

みんな、私から離れていくのを、この沈黙の間に、痛いほど感じる。悲鳴をあげてしまいたい、今すぐみんなに、澪ちゃんに許してもらえれば、

私の魂は救われるのに。

唯「澪ちゃんが悪いんだ!澪ちゃん、部活やめろ!」


とりあえず、私は、この場で、最悪の言葉を吐き出してみた。澪ちゃんが、気を失ったのが見えた。

私はその時、笑ってしまった。救えない、本当に救えない。

律「唯、お前、今日は帰ってくれ。しばらく、音楽室に来ないでくれ。

  頭を冷やそう。きっとどうにかしてたんだ。落ち着いて、時間がたったら、また話しあおう。」

突然りっちゃんが優しくなった。てっきり罵られると思っていたけれど。

あずにゃんの顔は、呆れていた。私を見る目が、まるで、他人を見るように冷たくなっていた。


唯「中野さん。今までありがと。」

だから、私はあずにゃんを、中野さんと呼んでみた。すると、あずにゃんの顔から血の気が引いていき、土気色に変わっていく。

あずにゃんはやっぱり優しかった。私は、その優しさを土足で踏みにじった。

あずにゃんも泣き出した。ムギちゃんがあずにゃんをなだめた。

もうおしまいだ。私の頭のネジは、悲鳴をあげだし、よりいっそう、裏側の私の声が大きくなっていく。

唯「死んで詫びるね、澪ちゃん。」

お前のせいだよ、私はお前のせいで死ぬんだよ。

ほら、言ったよ。澪ちゃん。これから、澪ちゃんは、生涯、私の死の片棒を担がなくちゃいけないんだよ。

唯「澪ちゃんのせいで、私は死ぬ。」

呪いの言葉を最後につぶやき、私は、音楽室の窓へかけ出した。

祟ってやった、呪ってやった!澪ちゃんの人生に傷をつけてやった!

何やってるの、私!澪ちゃんは友達なのに。でももう、今更引き返すことなんて出来ない。

ああ、ガラスが、目の前に。私は狂った牛のように、それにぶち当たり、大きな音が鼓膜を破り、青空に飛び出した。

空に浮かぶ太陽から、死者の腕が無数に伸びて、私を捉えて離さぬように感じた。




おしまい。