唯「間に合ってよかったね」

律「本当に危ない所だったぁー……」

澪「大丈夫だったのか?」

律「あー……ちょっと殴られたりしたけど、大丈夫かな」

唯「それは大変だよ、りっちゃん!」

唯はスーツから絆創膏を取り出して、律の額に貼り付けた。

唯「はいっ!」

律「……まぁ、殴られたのは顔じゃないんだけどな」

唯「えっ! そうなの!?」

唯が慌てふためいていると、遠くからサイレンの音が聞こえてきた。

律「警察より探偵の方が早かったな……」

澪「そういえば……」

倉庫の入り口の方を眺めている澪の横顔を見て、律はある事を思い出した。

律「あっ、そういえば!」

澪「ど、どうしたんだ……?」

律「さっき、初めて私の名前呼んだよな?」

律がそう言うと、澪の顔が急激に赤くなった。

澪「あ、あれは……誘拐犯たちに気づかれないようにすぐに呼べる名前で……」

律「へへっ! 別にいいよ!」

律「澪!」

澪「!!」

律は子どもっぽい表情で満面の笑みを浮かべた。その顔を見ていると、澪もどこか可笑しくなってきた。

数台の車が急停車する音が聞こえ、倉庫内に複数人の足音が鳴り響いた。そして、コンテナの側から和が現れた。

和「律っ!?」

和「…………」

息を切らして駆けつけた和は一同を見て目を丸くした。背後にいる二人の警官も呆然と立ち尽くしていた。

唯「あっ! 和ちゃん!」

和「唯!」

唯は和を見るなり、すぐに抱きついた。和は状況を把握できないようだった。

和「唯……これは一体……」

唯「もう大丈夫! 全部解決したから!」

和「??」

和の表情はまるで頭上にはてなマークが浮かんでいるようだった。律がよろよろと前に進み出た。

律「心配かけてごめん……」

和は、はっとしたように口を開けながら、埃まみれになった律を見つめ、それから、大きくため息をついた。

和「まったく……ボロボロじゃないの……」

律「悪い……」

律はそう言って苦笑いした。和もやれやれとばかりに微笑んだ。

澪は辺りを見渡してほっとした。

泣いている菫を優しく抱きしめている紬。ほっとした様子の直を温かく微笑みながら支えている梓と純。どこか子どもっぽくて勇ましい律。まるで、母親のような和。にこにこしながら和の側にいる唯。

澪「解決か……」

澪がそう呟くと、胸の内の黒い靄が綺麗に無くなった。そして、明るい光がゆっくりと差し込み、澪の心を温めた。







翌日 秋山探偵事務所

律「いやー! 昨日は本当に助かったよ!」

律「ありがとう!」

紬「どういたしまして!」

唯「みんなが無事ならそれでいいよ!」

探偵事務所には律が訪れていた。四人でソファーに座り、お茶を飲みながらのんびりと寛いでいた。

律「あ、和から伝言があるんだった」

唯「なになにっ!?」バッ

澪「唯、落ち着け」

唯は目を輝かせながら律に詰め寄った。興奮する唯を澪が宥めた。

律「“秋山さんへ、あまり無茶な事はしないでください”……だってさ」

唯「……それだけ?」

律「ん、それだけ」

唯「なぁんだ~……」

紬「まぁまぁ」

唯は落胆して机に顔を預けた。意気消沈している唯の背中を紬が撫でた。

律「そういえば、菫ちゃんと直ちゃんは大丈夫?」

紬「うん! 元気になったわ!」

律「そっか、よかった!」

紬「二人ともりっちゃんのこと、体を張って守ってくれて、かっこよかったって言ってたよ!」

律「へへ……そうかな……」

律は少しはにかみながら鼻の下を指で擦った。それを聞いて、澪はある事を思い出した。

澪「そういえば……無茶はしないって約束だったような……」

律「あ!」

芝居がかった澪の声を聞いて律も思い出した。そして、頭の中であの時の言葉がフラッシュバックした。

律『大丈夫だって! 無茶しないって約束するからさ!』

律「あー……そういえば、そんな約束もあったような……」

澪「忘れたとは言わせないぞ?」

律「あはは……」

澪のプレッシャーに気圧され、律の語気は弱くなった。澪は微笑みながら律の顔を見た。

律「確かに約束は破ったかもしれないけど……罰ゲームか何かあるのか……?」

律は微笑んでいる澪に恐る恐る尋ねた。

澪「あぁ」

そう言って、澪は唯と紬の顔を見た。すると、二人は微笑みながら無言で頷いた。律は怪訝そうに三人の顔を見た。

澪「そうだな……じゃあ、律には……」

律「……!!」

律はゴクリと生唾を飲み込んで次の言葉を待った。どんな罰ゲームか想像しただけで、頭の中が真っ白になった。

澪「私たちのバンドに入ってもらおうかな」

律「……え?」

律はぽかんとした表情で澪を見た。澪は咳払いして顔を背けた。唯と紬はうずうずしながら律の方を見つめている。律は目を瞑って決心した。

律「……わかった」

律「私がお前らのバンドのドラマーになるよ!」

唯紬「やったーっ!!」ガタッ

唯と紬は歓喜して立ち上がった。澪と律は歓喜する二人を見て笑顔を浮かべた。

澪「そっか……」

澪は律にゆっくりと手を差し出した。律は澪の手を力強く握り締めた。

澪「よろしくな!」

律「こちらこそ!」

二人は握手を交わした。握手しながら律の顔を見ると、目が合った。そして、子どものような笑顔が明るく輝いた。






とある冬の日 秋山探偵事務所

律がメンバーに加わってから数ヶ月が経過し、秋山探偵事務所は騒々しくなっていた。この日もいつものように“ミーティング”が行われていた。

純「もう私より上手いじゃないですか、澪さん!」

澪「純の教え方が上手なんだよ」

純「えへへ……ありがとうございます……」

純は照れ隠しに頭を掻いた。ここ数ヶ月で、澪の演奏技術は格段に向上していた。依頼が殆ど来ない影響もあるのかもしれない。それでも、澪はこの生活を充実していた。

唯「えーっと、ここは……」

梓「いい加減に楽譜を読めるようになってくださいよっ!」

唯「ごめん、ごめん!」

梓「まったく……」

梓は腰に手を当てて、ため息をついた。しかし、唯の無邪気な顔を見ると、どうしても本気で怒ることができなかった。

紬「さわこさん、お茶入れましたよ~」

さわ子「あら、ありがとう」

紬「いえいえ」

律「ムギ、私のも淹れてくれないか?」

紬「ちょっと待ってね、りっちゃん!」

さわ子はうっとりとした表情で至福の一時を満喫した。律はクッキーを頬張りながら、唯の練習を眺めている。紬は嬉しそうに紅茶を準備していた。

澪はふと思った。

澪「(そういえば、始めは唯と二人だけだったんだなぁ……)」

澪は夏のあの日の事を思い出した。思えば、あの時、唯が引き止めてくれなければ、今のこの状況は無かったのかもしれない。

みんなとお茶を飲んで、楽器の練習をすることも。こんなに温かい時間を過ごすことも。

澪「(ありがとう……唯……)」

澪は唯を見つめた。澪の視線に気づいた唯は澪の方を見た。

唯「どうしたの、澪ちゃん?」

澪「……いや、何でもないよ」

澪はベースに視線を移した。今は上達しなければならない。澪は拳を握り締めて意気込んだ。

コンコン

澪「え?」

不意に扉が鳴り、澪は目を点にして扉を見つめた。律がカップを片手に前に屈んで澪の方を見た。

律「誰か他に来るのか?」

澪「い、いや……」

唯「もしかして、依頼人かもしれないよ!」

これ以上の来訪者はいないはずだった。澪の手にじんわりと汗が浮かんだ。紬はポットを机に置いて、扉へと向かった。

ガチャッ

紬「はい?」

外に立っていたのは縦ロールの髪型の女性だった。顔は無表情でどこか不思議な存在感を放っていた。女性は事務所の中を眺め、怪訝そうな表情で尋ねた。

「ここって秋山探偵事務所ですよね……?」

澪はベースを肩に下げたまま勢いよく立ち上がった。ふと、周囲を見ると、全員が澪を見つめていた。唯と紬を見ると、二人は黙って頷いた。

そうだ、私には仲間がいるんだ。これからもずっと一緒にいたい大切な仲間が……。

澪は目を輝かせながら、大きく深呼吸して言った。

澪「はい!」

澪「秋山探偵事務所です!」


~完~