日曜日 楽器店

澪唯「おぉー……!!」

至る所に大量の楽器が並べられていた。音楽好きには堪らない場所なのだろう。唯は目を丸くして辺りを見渡していた。

梓「まずはベースから見てみましょうか」

一同はベースのコーナーに着いた。様々な種類のベースが置かれていた。

純「これなんてどうですか?」

純は黒色のベースを指差した。そのベースを見た澪は戸惑いながら頬を掻いた。

澪「実は、私左利きなんだ……」

純「えぇっ!?」

梓「そうだったんですか?」

唯「左利きだと何かあるの?」

左利きに大きな反応をする二人に唯が不思議そうに尋ねた。

梓「左利き用の楽器はあまり売ってないんです」

澪「ハハ……どうせ私は左利きだから……」

澪は魂の抜けたように自虐的に呟いた。

紬「あ! あそこにレフティーフェアっていうのがあるよ!」

澪「え?」

紬が指差した方を見ると、大きなポップ広告が見えた。それを見た梓の顔が見る見る明るくなった。

梓「いってみましょう!」

レフティーフェア専用のブースに着くと、澪の落ち込んでいた表情も輝きだした。

澪「おぉ……! 左利きでも演奏できる楽器が……!」

澪はキョロキョロと辺りを見渡した。すると、あるベースが目に留まった。

澪「(何だろう……あのベースが気になる……)」

澪はそろそろとそのベースに近づいた。何かを直感的に感じた。

澪「綺麗だ……」

澪は思わず口に出してしまった。それほどにこのベースに見惚れていた。

純「そのベースがいいんですか?」

澪「う、うん……」

梓「じゃあ、決まりですね」

紬「よかったね、澪ちゃん!」

澪「ありがとう……」

梓「次は、唯さんのギターですね」

唯「すごーい! ベースよりも並んでるよ!」

膨大な数のギターに思わず唯は立ち止まった。梓を見ると、やはりどこか嬉しそうだった。

唯「う~ん……何か選ぶ基準とかあるのかなぁ……」

梓「もちろん、ありますよ!」

梓「音色や重さやネックの形、太さも色々ありますから」

唯「ふーん……」

梓の話す、どの言葉も唯のフィルターにはかからずに通り過ぎた。

唯「あっ! これ可愛い~!」

唯は素早く目に留まったギターの前で屈んだ。純が価格を見てギョッとした。

純「これ、25万円もしますよ!」

唯「えぇっ!?」

唯「そんなお金持ってないよ……」

紬「どうかしたの?」

澪と一緒にレジに行っていた紬が戻ってきた。落ち込んでいる唯の表情を見て心配そうな様子だった。

梓「このギターがいいみたいなんですけど、お金が足りなくて……」

紬「まぁ……」

短くそう言うと、紬は考え込んだ。梓と純はそんな紬を不思議そうに見つめた。

紬「ちょっと待っててね」

そう言って、紬はその場を後にした。

純「どうしたのかな……」

梓「さぁ……」

二人はその背中を見つめることしかできなかった。梓が下を見ると、唯はまだギターをじっと見つめていた。

~~~~~

紬「待たせてごめんね」

純「あっ! ムギさん!」

紬「そのギター5万円で売ってくれるって!」

梓「えっ!?」

唯「何!? 何をやったの!?」バッ

唯は興奮して立ち上がった。

紬「実はこの店、ウチの系列らしくて」

梓純「へ?」

梓と純は紬が何を言ってるのかが理解できなかった。もし、言葉をそのままの意味で解釈すれば、目の前のこの女性は想像もつかないようなお金持ちだ。

唯「ムギちゃんありがとう~! 残りのお金は必ず返すから!」

紬「ううん、気にしないで」

唯「ふふっ!」

唯は改めてギターを見つめた。この目の前のギターが自分の物になると思うと胸が踊った。

~~~~~

唯「ギターだーっ!」

店を出た直後、唯は両腕でギターを空に差し出した。他の四人が微笑ましげに唯の背中を見つめた。
外は日も沈み、夜に差し掛かろうとしていた。

澪「でも、何だか緊張するな……」

梓「趣味程度なので緊張しなくても大丈夫ですよ」

純「そうですよ、澪さん!」

純「わからないことがあるなら、私が教えますから!」

澪「うん、お願いするよ」

唯「梓ちゃん、わからないことだらけだけど、よろしくお願いします!」

梓「はいっ!」

梓は目を輝かせながら答えた。

ヴーン ヴーン

突然、携帯電話のバイブレーションの音が響いた。各々が顔を見合わせて、ポケットを弄った。

唯「あ、私だ」

視線が集まる中、唯は携帯電話を開いた。ディスプレイには憂の名前が表示されていた。唯は通話ボタンを押し、携帯電話を耳に当てた。

唯「もしもし」

憂『あっ、お姉ちゃん……今どこにいるの……?』

唯「今から帰るところだけど……」

憂『そっか……』

唯は奇妙な違和感を覚えた。何かがおかしい、そう思った。黒い靄のようなものが胸の中に広がっていった。

唯「どうかしたの……?」

唯は声色を変えて静かに尋ねた。すると、少しの間を置いて、震える声が返ってきた。

憂『今……誰かに後ろをつけられているみたいで……』

唯「え……」

それを聞いた唯は携帯電話を片手に呆然とした。

澪は唯の異変にいち早く気づいた。

澪「唯っ! どうしたんだっ!?」

唯「う……憂が今、誰かに跡をつけられてるって……」

梓「!!」ピクッ

唯が話した瞬間、梓が大きく反応した。

澪「私に代わって!」

澪は唯から携帯電話を受け取り、耳に当てた。

澪「もしもし、憂ちゃん!?」

憂『澪さんですか……?』

憂の声は怯えきっていて受話器を通しても、震えている姿が容易に想像できた。その緊張感は澪にも伝わり、周囲に緊迫感をもたらした。

澪「落ち着いて、憂ちゃん……」

澪「今どこにいるの……?」

憂『スーパーで買い物して、その帰宅途中です……』

澪は一旦、携帯電話から意識を遠ざけ、以前に平沢家を訪れた時のことを思い返した。スーパーの場所はしっかりと覚えていた。

澪「わかった! 今からそっちに向かうよ!」

澪「電話を切った後はいつも通り、不自然な動きをしないで家に向かってて!」

憂『わかりました……!』

澪は通話ボタンを押して、携帯電話を呆然としている唯に渡した。

澪「みんなっ! 今から憂ちゃんの所に向かおう!」

澪「憂ちゃんは今もつけられている! 急ごう!」

純と梓を筆頭に一同は駆け出した。澪が後ろを見ると、唯はまだ呆然と立ち尽くしていた。澪は後戻りして唯の手を取った。

澪「唯! 何やってるんだ!」

唯「えっ! あっ……! 急がないと!」

そう言ってから、唯も慌てて三人の背中を追った。慣れないギターを背負っていたので走法は無茶苦茶だった。そして、澪もその後に続いた。

~~~~~

憂「うぅ……」

憂は眉をひそめ、小刻みに震えていた。背中の真ん中辺りに不気味な視線を感じている。振り返って見ても視線の正体はわからなかった。

「おーい!」

憂「あっ……!」

憂は俯けていた顔を上げた。向こうから梓たちがやってきた。

憂「梓ちゃん!」

梓「憂……大丈夫……?」

憂「うん……大丈夫だよ……」

梓は声をひそめながら静かに尋ねた。その意味を察した憂もヒソヒソと答えた。すると、背中に感じていた視線はいつの間にか無くなっていた。

憂「もういなくなったみたい」

梓「ふぅー……よかった……」ペタッ

全身の力が抜けたのか、梓は大きく息を吐きながら、その場に座り込んだ。そんな梓を純が支えて立ち上がらせた。

純「梓、大丈夫?」

梓「うん……」

憂がふと前を見ると、見たことのない女性が立っていた。金髪のその女性は憂と目が合うと前に進み出た。

紬「初めまして、唯ちゃんと一緒に助手をしている琴吹紬です」

憂「あっ! ひょっとして、ムギさんですか?」

憂「お姉ちゃんから話は聞いてます」

紬「そうなんだ」ニコッ

紬は微笑んでから唯の方を見た。唯は澪の横で気まずそうにもじもじしていた。

紬「唯ちゃん?」

澪「ほら、唯」

澪は唯の背中を押して前に差し出した。唯は転びそうになりながら憂の目の前で立ち止まった。憂が唯を見つめると、唯は上目遣いになった。

唯「憂……大丈夫……?」

憂「大丈夫だよ、お姉ちゃん」

憂が唯を安心させるために微笑んでみせた。唯は上目遣いのままそれを見ると目を伏せた。

唯「よかった……」

唯の肩が震えだした。

唯「よかったよぉ~!」

唯は大声で泣き始めた。それを見た憂と澪はたじろいだ。

憂「お、お姉ちゃん……! どうしたの!?」

唯「憂に何かあったらと思うと……グスッ……心配で……」

憂「…………」

憂「ごめんね……お姉ちゃん……」

憂は笑顔で手を差し出した。唯はきょとんとしてその手を見た。

憂「家に帰ろっか!」

唯「……うん!」

唯は服の袖で涙を拭ってから笑った。





平沢家

唯「はぁー……もうお腹一杯だよー……」

唯は満腹になり、膨れた腹をポンポン叩いた。

紬「おいしかった~……」

澪「ごめんね、また急に押しかけて」

憂「私もご迷惑をおかけしましたから」

そう言って憂は食器を台所へと運んで行った。
あの後、澪と唯と紬は平沢家を訪れ、夕飯をご馳走になった。梓は力が抜けたせいなのか、純に肩を支えられながら帰宅した。

憂「ふぅー……」

しばらくして一段落着いたのか、憂はリビングにやってきた。

澪「憂ちゃん、さっきの事……いいかな……?」

憂「はい」

澪はテーブルに近づいて両腕を置いた。紬は崩していた姿勢を正し、寝そべっていた唯も起き上がり、憂の顔を見つめた。

澪「ストーカー被害は今日が初めてなの?」

憂「…………」

澪が尋ねた瞬間、憂は唯の顔をちらりと見てから俯いた。そして、数秒の間を空けた後に決意を固めたように顔を上げた。

憂「実は、一週間ぐらい前から毎日……」

澪「その間はどうしてたの? 今日みたいなのは無かった?」

憂「気にしないようにしてたんですけど、今日は今までで一番強い視線を感じて……」

澪「他の人には相談しなかったの……?」

憂「視線を感じるようになって三日目の日に一度警察署に行きました」

憂「けど、梓ちゃんの時みたいにあまり取り合ってくれなくて……」

憂「一人だけ協力してくれるって言ってくれた人がいたんですけど、それだけです……」

憂はテーブルの上に視線を落とした。すると、唯が憂に近づいた。

唯「憂」

唯が呼びかけると憂は唯の方を見た。唯は強い眼差しで憂を見つめた。その様子を見て紬はまるで二人が双子のように見えた。

唯「どうして私たちに相談してくれなかったの?」

憂「…………」

憂は唯の眼差しに押されて目を逸らした。しかし、唯の眼差しは変わらなかった。

憂「お姉ちゃんに心配かけたくなかったから……」

憂は絞り出すように声を発した。唯は一瞬目を丸くしてから、優しい表情になった。そして、憂に近づいて顔を覗き込んだ。

唯「そんなこと気にしなくていいよ」

唯「悩みごとがあるなら遠慮せずに何でも話してくれればいいんだよ……」

唯「私はいつだって憂の味方だから」

唯「ね……?」

唯は満面の笑みを憂に向けた。憂は驚いたように唯の顔を見たかと思うと、ポロポロと涙をこぼし始めた。

憂「ウッ……グスッ……ごめんね……お姉ちゃん……」

唯「ううん……私も毎日一緒にいるのに気づいてあげられなくてごめんね……」

唯「よしよし……」

唯は目を瞑って憂の頭を撫でた。憂は安心したのか唯に抱きつきながら、しばらく泣き続けた。

~~~~~

憂「すいません……突然泣きだしたりして……」

澪「ううん、気にしなくていいよ」

憂は目元を赤らめて頭を下げた。

澪「さて、これからどうしようか……」

澪は腕を組んで考え込んだ。澪はこの間の梓の事件を思い出していた。こちらを目掛けて駆けるストーカー。思い出しただけで背筋がぞっとした。

紬「あの……ちょっといいかな……」



13