34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:39:26.08 ID:9dZe9fq70


唯「申し訳ないです……」

梓「いいですよ」

唯「よ……」

梓「よ?」

唯「よがっだああああ……!」ブワッ

梓「ちょ」

唯「あずびゃんじじんででぼだああああああ!」

梓「何言ってるのか分かりませんよ落ち着いて!」

唯「ご、ごめんね……でも嬉しくて涙が出てくるんだよ……あずにゃん信じてくれてありがとう」

梓「唯先輩……」

唯「あっでも、また口が勝手に動いたらどうしよう……あずにゃんやみんなに嫌な思いさせちゃう」

唯「私やっぱりみんなと会わない方が……」

梓「……わ、私が何とかします!」

唯「えっ!? でもそんな事出来るの?」

梓「それは……で、でき……あっ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:46:02.67 ID:9dZe9fq70


つまんね

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:46:51.70 ID:9dZe9fq70


唯「>>36うるさいだま――もがっ!?」

梓「うるさいだまれです……ちゅ」

唯「っ!?」

梓「……ど、どうですか? そっ阻止しましたよ////」

唯「あ、あずあず……いま……いま……私にキ」

梓「言わないで下さい恥ずかしい……」

唯「えへ、えへへ……おずにゃんのおかげでなんとかなりそうかも」

梓「なんだかとんでもない事をしてしまった気が……」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:48:26.16 ID:EfnJ2z8qO


何これつまんね

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:51:43.22 ID:9dZe9fq70


唯「>>38うるさ――んっ」

梓「ちゅっ……ん……む」

唯「っぷあ」

梓「……や、やっぱりこの方法はやめます!」

唯「ええっ!? そんな事言わずに! ね?」

梓「何してるのよ私……なんでこんな……ちょっと雰囲気に押されて……」

唯「うるさいだまれ」

梓「今のわざとでしょう」

唯「わかるの!?」

梓「何となくそんな気がしました」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:55:05.29 ID:9dZe9fq70


唯「でもでも、どうしてもさっきの方法がいいんだよお……!」

梓「……わかりました」

唯「いやったぁーーー!!」

梓「喜ばないで下さいよ。それにうるさいだまれって言わなくなってきてますからもう大丈夫でしょう」

唯「そんな……」

梓「そういう訳ですし部室に戻りましょう」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:57:21.57 ID:B5WIfcVP0


(AA略

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:58:51.33 ID:9dZe9fq70


カス

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 23:58:52.32 ID:why/NbFyO


まだやってんの?

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:04:21.06 ID:ULMlS5cn0


唯「あっあっ……きそう……」

梓「え!?」

唯「>>41うるさいだま――んむぅ」

梓「んっ……」

唯「>>42うる――」

梓「はやっ!? ん……んむむ」

唯「うももも」

梓「んぷぁ、あ、先輩の唇が動いて、ん、ちゅ」

唯「>>43うるさ――あんっ、むちゅ、ちゅぱぁ」

梓「ふぐう!? ひょ、ひょっとせんはい……舌が……あ、れろ」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:04:06.78 ID:VTUJrpf10


部費! (AA略

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:04:55.22 ID:DwJOSqJe0


しんでいいよ、つまんないから

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:07:12.94 ID:ULMlS5cn0


唯「>>44うるさいだ――」

梓「んもうっ! んちゅ!」

唯「>>47うるさ――んふー、ちゅっじゅるっ」

梓「ぷちゅ……ぽ、ぷ、うも……ん、ぱぁ」

梓(悪化してるじゃないですか!)

唯「ふひひ……ちゅ、ちゅぶ、にち」

唯(このまま行けばあずにゃんともっとキスできそう!)

梓「あ、や、もう口動いてないでしょ! いつまでやるんですか、あ、んん……ん、ふやぁ」

唯「もやっとがなくなるまでだよ、でもなくならなくてもいいかも//// このままずっと……んちゅ……ちゅっぷ、ん、ぷは――」



NEVER END


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:07:11.23 ID:DwJOSqJe0


えいえんとこんな事やるつもりなの?

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:11:21.10 ID:up7JvvNB0


ロン!
>>1が痛い、安直、発想力の欠如、キャラ崩壊
4翻30符は3900、2000です。

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:12:26.19 ID:ULMlS5cn0


唯「>>49う――」

梓「ちゅうっ」

唯「>>51――」

梓「ちゅぷっ」

唯「んも、ん、ちゅぶ、ぷあっ。あずにゃん反応いいね」

梓「そ、そんな事ないですっ!」

唯「息が苦しくなってくるねー」

梓「何を楽しそうに……」

唯「あっ!」

梓「んちゅ!」

唯「……んぷ、ちゅ、れろ、りゅ、ぺろ」

梓「んっ……んふ……ぁ……れるっ」

唯「……ん、ねえあずにゃん私今何も――むぐっ」

梓「ちゅぶ! んっ……ぷあ、う、うるさいだまれです////」


END




唯「うるさいだまれ」