―――駐輪場―――


梓「・・・・・」

梓「マフラーだめだなコリャ・・・・」グイ

梓「ォラッ」バキィッ

梓「ぽいっと」カラーン


和「おーーう、ボロ単車の調子はどーよ?」

梓「あー、さっきは金の工面どーも、いやァーおかげ様でコレもんですわー」

和「あァ~ん?まぁ、あの30万で余裕で直せんだろがよ」

梓「いや、それがもう無ぇんすワー、ハハハ」

和「あんだってェ?」

梓「いやぁね、部の先輩がギター買うってんで、あげちゃいましたわ」

和「あん?ギターって、おめェけいおん部かよ?」

梓「はぁ」

和「けいおん部でギターつったら私のマブぐれぇなんだが、30万やったんって、まさか唯の事か?」

梓「はぁ、知り合いでしたかー」

和「んで、なんで唯が新しいギター買うのよォ?」

梓「あーそれがなんでも、壊れたみたいで・・・」

和「壊れただとォ!?」

梓「まぁまぁ、それは終わった話なんで」

和「てみぃ唯になんかしてねぇだろーな――ァ?」

梓「いえ何もしてねっスけど・・・」

和「・・・・・・」

梓「まぁ、私はそろそろ帰るんで、お先にどーぞ」

和「あ?おー、もし唯になんかあったら言えよー」

梓「はぁ」

和「じゃあな」チリンチリ~ン

梓「はぁ」(うわ~ママチャリでオニハンとか化石かよー)

チュウィウィウィィイン、ババババボボボロロロロ~ン

梓「おー、やっぱマフラーねぇと音腐ってんなァ」ボロ~ン、ブロロロロ~ンババッバッバッバッバッ

梓「・・・・・思い出すなぁー、中坊ん頃・・・」

梓「河原でボロボロの単車拾ってきてよー、必死こいて直してエンジンかかった時、ちょうどこんな音で・・・」



ブォ――ーン、ブォォオオ――――――ン

梓「おー?あのダッセえエビテールは・・・」

梓「JUNE―――!まてや――――――――」ブロロロロ~ン

純「おー阿済沙ーァ、部活はどーしたん?」

梓「あんなモンくだらねえよ、JUNEは?」

純「あー、あれか、所詮ガキの笛吹きだわー!ピッピロピッピロってよォ―――」

梓「あーそうそう、JUNEよォ――」

純「あ~ン?」

梓「けいおん部シメっぞ」

純「・・・急にどーしたよ阿済沙ァ―――?めずらしいじゃん?」

梓「アレよー、部費よ、デカいしウマいのよ」

純「・・・・ホントに金の為かー?」

梓「・・・・・」

梓「金だよォ――」ブロロロオォォ―――――――――ン

純「・・・」


―――翌日・放課後―――


律「おー、そいやぁ今年度の部費がよォ、30万なんだわー」

澪「ムギー、あの楽器屋でテキトーな領収書出してもらってきっちり使った事にすんぞ」

紬「おーおー、マネーロンダリングってやつかー、貧乏暇無し、たったの30万に必死だな~」

律「まーこれで一人10万だぜ?何十人からカツ上げるよかはるかに楽だべ」

梓「あー・・・ちょっとそれー、私と唯先輩の分が計算に入れられてねェんじゃねーですかねー?」

唯「あずにゃん・・・私はいいんだよ・・・えへへ・・・」(ガクガクガク)

梓「おかしいっしょー、うちらも一応けいおん部入ってんスから」

澪「あたしらが卒業した後はてめーの好きなよーにしろ」

律「これなァ~~、ゾクにゆー年功序列ってやつだ、知ってっか?お~ん?」

梓「顔近ぇよ?」

律「あ?近いと嬉しいんか?お~?お?オーッ?」ぐいぐい

梓「うらぁッ」バキッ

律「・・・・ッ!?ってぇな~くらぁ―――ッ!」

梓「死ねや汰威那華ぁ――ッ!!うらァ!うらッ!!くらぁ!!」ベキッ!バチ!グジャ!

ガチャ

さわ子「コラぁ~~!!なにやってるのよあんた達ぃー、も~う!」

澪「げっ、紗我虎(さわこ)じゃん、いやー何でもねえんすよーコイツらふざけてるだけで・・・だよなー?」

梓「ええ、こんなん遊びっすよー」

律「覚えとけよガキがこらァ」ビキビキ

さわ子「も~う、問題起こさないでよねー!けいおん部無くなっちゃうわよー!?」

紬「センコーが何も見なけりゃ無くなんねェーよォ」

唯「あわああわわわわわあわわ」


―――翌日・生徒会室―――


ガラッ

梓「こんちわー」

和「あん?なんか用か?今だれもおらんが?」ズルズルー

梓「なんでラーメン食ってんス?」

和「出前よ出前、お前もとるか?」フゥー、フゥー、ズルズルー

梓「いらねぇっすワ、あのー、今日はけいおん部の事でちょっとナシがあって」

和「ほーぅ?」

梓「かくかくしかじかで・・・」

和「ふむふむ・・・」


―――数日後―――

律「っかしーなァ・・・」

澪「あん?どーしたよ?」

律「いやそれがよ、今年度のけいおん部の部費がもう使われてたらしいんよ?」

紬「何の間違いだそりゃーよォ」

律「おーよ、受け取った覚えもねェしもっかい確認してもらったんだがよ、やっぱきっちり使われてるらしんだワ」

唯「わ、私じゃないから・・・ね?えへへ・・・」

ガチャ

梓「うーっす」

律「部費使ったんてめぇかよ?」

梓「部費?あ~、アレね、全部使ったわー」

澪「おーん?!冗談ぬかしてっとイワすぞワレェ!!」

梓「あ?冗談いってどーすんだよ?」

律「ほんでェ、なぁ~に買ったんだよクラぁ!?」

梓「あ?ちゃんと楽器買ったんよ、高級楽器よ!」

紬「まさか唯のギター買ったとか言うんじゃねーだろなァ―――ッ!?」

梓「直管(トランペット)と拡声器(アンプ)×3よォ~~!?もう組んだんだワ!見っか!?オ?」

律「あぁ~!?んなことしてっと制斗會(せいとかい)が黙ってねェぞくらァ」

梓「バカじゃねんだしよ、手ぇ打ってあんだワ!」

澪「んだとォ?」

ガチャ

和「よォ~」

律「て、てめぇは」

紬「制斗會裏番の・・・」

澪「魔怒迦(まどか)!」

和「オウオウ、てみーらよォ、私のマブ世話してくれたんだってなァ――?!」

梓「おめーら今日で終わりだよ!?」

紬「部費ごときで何が終りだよーォ!?財閥舐めんなよくらぁ?」

梓「財閥もオメェの代で終わりだァ!能無し豚がよォ―――!?」

紬「中野くらーッ!!てめぇあんま調子くれてっと」

バキッ!

紬「いっ――――ッ!?」

純「よォ――ッこないだ廊下でガンくれたよなァ?あん時のゲーマユだったんかーちょうどいいわーうらッ!」グシャ!

紬「誰だテメェ~?げごえっ」

純「誰でもええやんけオ―?コラァ!白い靴下なんか流行んねぇんだよッ!らァっ!!」バギッ

律「あ?今なんつったよテメーよ?」

純「白ェ靴下なんか流行ん・・・」ボキ

純「ぐえひ」

和「どりゃっ」ビッ

澪「ふげ」

和「てめぇらこっからジゴクだよ!?高校生活イバラロードよォ!?」バギ、グチャ

澪「あ~ん?亜鬼耶摩様をなめんなよォ―――!?うらゃッ!でえッ」スカン、スカン

和「もらうかよォ!?今日はエアけいおん部設立記念祭よォ―――!!らぁっ」グッシャ

梓「オラオラァ――ッ!あきやむぁー!よぉ見とけや?テミ―の大事な安モンベースで部長のピカデコパッカーンいくぞ!?」

律「あぁーーッ!?」

梓「ずりゃァ―ッ!!!」バガッ

律「あがっ」


―――翌日・部室―――

澪「私のベースが無ぇ」

紬「あ?オメェのもかよ?」

律「それがよー、ドラムも無ェんだワ」

唯「ギー太が・・・復活してる・・・!」

梓「おーう」ガチャ

梓「てめぇらのドぐされ楽器売っぱらっといたぞー!」

澪・律・紬「何してくれてんだくらぁ!」

梓「おら、なにしてん?はよエアバンドやれや―――」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


梓「・・・という夢を見たんですーっ」

唯・律・澪・紬「へぇ~・・・」


すまんギャグのつもりで「の」を魔にしたんだが萎えたっぽいしもう終わる