梓「別に、元気なくないし」

純「あんまり嘘ついてると叩くよ」

梓「やり返すよ」

純「理不尽!」

梓「・・・唯先輩やだ」

純「え?」

梓「唯先輩って何考えてるのかわかんない」

純「え?あの人って何も考えてないんじゃないの?」

梓「痛いとこ突くね」

純「普段の振る舞い見ててそう感じるだけだよ」

梓「確かにそういうところあるけど、純だけには言われたくないと思う」

純「死にたい」

梓「止めない」

純「止めてよ」

梓「・・・なんていうか、結構裏表?みたいのがある人なんだよ」

純「え?」

梓「いや、裏表って言うのもなんか違うなぁ・・・バカっぽく見えて実はすごい考えてるっていうか、鋭いっていうか」

純「そうなの?」

梓「多分」

純「どっちだよ」

梓「だからそういう何考えてるのかわかんないところが嫌だって言ってるんじゃん」

純「じゃあ別れなよ」

梓「純、もう帰っていいよ」

純「なんで!?」

梓「それはしたくないから悩んでるんじゃん」

純「じゃあ『何考えてるんですか?』って聞けばいいじゃん」

梓「純ってホント何も考えないで生きてるよね。羨ましい」

純「いま確実に馬鹿にしたよね」

梓「唯先輩、律先輩となんかあったっぽい」

純「え?」

梓「・・・」

純「浮気ってこと?だって律先輩って澪先輩と・・・」

梓「いや、浮気ではないけど・・・なんか今日ちょっと変だったし」

純「そうなんだ・・・」

梓「・・・(なんて言って、ホントは浮気だったらどうしよ)」

純「梓?」

梓「あ、えっと、それでなんか嫌だったから一人で早めに帰って来ちゃった」

純「別に気にしなければいいのに」

梓「あーあ、純みたいになりたい」

純「また馬鹿にされた」

梓「・・・こんなことで悩んでる自分が一番イヤ」

純「だろうね」

梓「純、プロレスごっこしよ?」

純「ひどいよ」

梓「律先輩と澪先輩もおかしな感じだし・・・」

純「そうだ」

梓「え?」

純「今日帰り際に噂で聞いたんだけど・・・澪先輩の腕・・・」

梓「うん。ずっと厨二病なんだ」

純「え?今なんて?」

梓「ちゅーにびょー」

純「・・・よし、この話おしまい♪」

梓「そうだね♪」

純「・・・」

梓「・・・澪先輩の腕ね、あれ実は」

純「ってするのかい!」

梓「この間、うっすらと血が滲んでたんだよね」

純「・・・それ、厨二病じゃなくてリストカットなんじゃ・・・」

梓「うん・・・意味なく包帯巻いてる風じゃなかった」

純「カッコつけでわざわざ包帯を赤く塗ったりは・・・」

梓「しないよね、多分。純じゃないんだから」

純「うん・・・って、おい」

梓「それに」

純「ん?」

梓「ベース弾いてるとき、たまに痛そうにしてたんだよね」

純「・・・ガチじゃん」

梓「・・・不自然なのはさ」

純「うん」

梓「律先輩が心配したりしないところなんだよ」

純「それは、律先輩は厨二病だって思ってるからなんじゃないの?」

梓「でも律先輩だよ?澪先輩が痛そうにしてたら、その嘘にも気付けそうじゃない?」

純「あ・・・」

梓「あれは本当に怪我してるようにしか見えないんだよね・・・」

純「・・・」

梓「でも律先輩が心配した素振りを見せないようにしてるってことは、何か裏があるんじゃ・・・」

純「・・・」

梓「律先輩、澪先輩が怪我してるの、知ってるんじゃ・・・?」

純「うーん」

梓「なに?」

純「梓、考えすぎじゃない?」

梓「純に相談した私が馬鹿だった。世界一の大馬鹿だった」

純「またひどいこと言われたよ」

梓「純、サンドバックごっこしなよ」

純「重ね重ねこれだもん」

梓「私のこと心配してるわりに全然まともに話聞いてくれないんだもん」

純「だってー・・・全部梓の考えすぎにしか思えなくてさ」

梓「・・・はぁ」

純「でも話したら少しか楽になったでしょ?」

梓「・・・悔しいけど、その通りだよ」

純「へっへーん」

梓「んじゃそろそろ帰って」

純「お腹減った」

梓「そんなの知らない」



・・・

・・・


次の日



紬「梓ちゃん、どうしたの?」

梓「あの・・・」

紬「唯ちゃんのこと?」

梓「いえ・・・あ、はい」

紬「?・・・別件?」

梓「えーと、唯先輩のことでちょっと悩んでるのは確かなんですが・・・」

紬「そうなの・・・私でよかったらなんでも相談して?」

梓「はい・・・それよりも・・・律先輩達のことで」

紬「・・・あら、そっちね」

梓「そっちって?」

紬「梓ちゃんも気付いちゃった?」

梓「はい・・・」

紬「そう、あの二人・・・実は付き合ってるの」

梓「そうなんですか・・・って、それはとっくの昔から知ってます!」

紬「あらあら、じゃあどうしたの?」ウフフ

梓「いえ・・・澪先輩の包帯の件で」

紬「あれは・・・触れちゃ駄目よ。早ければきっと数カ月後に澪ちゃんは激しく後悔するものだから・・・」

梓「あ、はい・・・」

紬「・・・と、言いたいところだけど」

梓「・・・!?」

紬「私もちょっと気になってるのよね」

梓「ムギ先輩もですか・・・!?」

紬「えぇ、詳しい事情はわからないけど・・・澪ちゃんがいきなりあんなこと言い出すなんて有り得ないもの」

梓「やっぱり普通そう思いますよね・・・」

紬「でも、澪ちゃんがあんな嘘つくのはもっと有り得ないから・・・」

梓「はい・・・」

紬「あのときは「そういうものに憧れがあるんだ」って信じちゃったけど・・・」

梓「・・・」

紬「なーんか最近、唯ちゃんとりっちゃんの様子もおかしいし・・・どうなってるのかしら」

梓「わからないです・・・」

紬「梓ちゃんはどうしたいの?」

梓「え?」

紬「りっちゃん達のこと、知りたい?」

梓「・・・はい。唯先輩の様子がおかしいのも、それに関連してると思いますし」

紬「様子がおかしい・・・?」

梓「おかしいっていうか、律先輩となんかあったのかなって」

紬「そうだね・・・そこは私もちょっと引っかかってたり」

梓「そうだったんですか!?」

紬「えぇ。・・・私の方から聞くとしてもどうやって聞いたらいいか、悩んでたところだったの」

梓「・・・そうだったんですか」

紬「どちらかを呼び出して話を聞けば何かわかるような気もするけど・・・」

梓「・・・」

紬「そこまで踏み込んでいいのかしら」

梓「関係ないですよ」

紬「え?」

梓「私は、あくまで唯先輩の様子がおかしいのが嫌なんです」

紬「・・・梓ちゃんは、本当に唯ちゃんのことが好きね」

梓「・・・どーもです」

紬「可愛い彼女にこんな心配させちゃって、唯ちゃんったら・・・」

梓「律先輩のことっていうと、やっぱり澪先輩のことと関係ありますよね?」

紬「うーん、多分」

梓「はぁ・・・」

紬「どうしたの?」

梓「・・・いえ、なんていうか、一筋縄ではいかなさそうだなぁと思って・・・」

紬「そうねぇ・・・でも友達としてやっぱり気になるわ」

梓「それは、はい、わかります」

紬「また何か気になることがあったら教えて?私も相談するようにするね」

梓「え?///」

紬「えぇ。・・・いや?」

梓「いいい、いやじゃないです!」

紬「そう」ウフフ

梓「私は、唯先輩のことを一番に解決したいです」

紬「えぇ、わかるわ」

梓「でもそれには律先輩が絡んでて、澪先輩も・・・」

紬「・・・考えすぎは体を壊すわよ?」

梓「・・・はい。純にも言われました」

紬「あの子は少し考えた方がいいわ」

梓「ムギ先輩!?」

紬「って、りっちゃんが言ってたわ」

梓「言ってないですよね!?」アクドイ!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


数時間後



唯「あーずにゃん」

梓「なんですか」

唯「みんな帰っちゃったね」

梓「って言っても、さっきまでムギ先輩がいただけで律先輩と澪先輩はいなかったですけどね」

唯「そうだねー。二人で仲良くお休みなんてねー」

梓「・・・」

唯「ま、そんなのいいじゃん。ね?」スルッ

梓「いくないですっ」パシン!

唯「!?」

梓「先輩は・・・何を隠してるんですか・・・?」

唯「・・・え?」

梓「先輩、最近私に隠し事してますよね?」

唯「・・・!」

梓「・・・」

唯「鋭いね。もしかしてりっちゃんのこと?」

梓「律先輩もやっぱり何か関係あるんですか」

唯「え?」

梓「先輩は一つ勘違いをしています。私は鋭くなんてないです」

唯「・・・」

梓「私は・・・ただ、先輩のことをずっと見ているだけです」

唯「・・・!」

梓「誰かがついた嘘に気付けないことだってザラですよ」

唯「あ、あず・・・」

梓「でも、唯先輩の嘘にはイヤでも気付いちゃうんですよ」

唯「あずにゃん」

梓「律先輩のことは、こんな言い方は悪いですけど、そのついでですよ」

唯「そっか・・・」

梓「先輩、教えてください」

唯「・・・」

梓「こんなはずじゃなかったって顔してますね」

唯「それは・・・」

梓「私が何も気付かないって思ってたってことですよね。心外です」

唯「・・・」

梓「手のひらで転がされるのはもううんざりですよ」

唯「ごめん・・・」

梓「言えないようなことなんですか」

唯「・・・ううん、私はあずにゃんに知られて困ることなんて一つもないよ」

梓「じゃあ・・・!!」

唯「でもね、これは私一人の問題じゃないから」

梓「・・・律先輩、ですか」

唯「・・・当たり、よくわかったね」

梓「さっき自分で律先輩の名前出したじゃないですか」

唯「あれ?そうだっけ?」

梓「・・・」

唯「冗談だよ。とりあえず、そういうわけだから言えないよ」

梓「でも・・・」

唯「少なくとも、今は・・・ね」

梓「・・・え?」

唯「あずにゃん、私のこと好き?」

梓「・・・今更何言ってるんですか」

唯「答えて?」

梓「好きに、決まってるじゃないですか」

唯「じゃあ、私のこと・・・信じて」

梓「・・・」

唯「落ち着いたら、絶対にちゃんと説明する。だから」

梓「今は黙って抱かれてろ、ですか」

唯「そんな言い方しないでよ・・・」

梓「・・・事実じゃないですか」

唯「・・・」

梓「・・・」

唯「・・・」

梓「・・・わかりましたよ」

唯「・・・!」

梓「信じます。ただ、これだけは言わせてください」

唯「うん」

梓「私は唯先輩のこと、信じろだなんて言われる前からずっと信じてましたよ」

唯「うん・・・」

梓「最近の先輩の態度や振る舞いを見て、不信感が募ったんです」

唯「そっか・・・」

梓「好きだから信じてって言いますけど、信じられなくなるような行動とってたのは唯先輩です」

唯「・・・」

梓「でも、これからも信じます」

唯「あずにゃん・・・」

梓「なんだかんだ言って、好きですから。惚れた弱みですよ」

唯「自分でそこまで言っちゃうあずにゃんが好きだよ」

梓「・・・」

唯「・・・ごめんね」

梓「謝るくらいならとっとと問題片付けてくださいよ」

唯「はぁい」エヘヘ



・・・

・・・


10