唯「だーから、生きていけるように生きていけばいいじゃんって言ってるだけじゃん」

律「・・・」

唯「大きい声出さないでよ」

律「言ってる意味がわからん・・・」

唯「んー、わかんないか。でも私もこれ以上上手く言えないや。それじゃね」

律「って、おい。待てよ」

唯「ごめん、今日あずにゃん家に行く予定だから」

律「いやお前がここに呼んだんだろ・・・」

唯「だってりっちゃん分からず屋なんだもぉん」

律「だからもっとわかりやすく言ってくれって」

プルルルル・・・

唯「ん」ピッ

唯「あ、うん。今ガッコ出るところ」テクテク

唯「ごめんね、もうちょっと待ってて?」ガチャ

律「え、ちょ、おい」

唯「うん、それじゃね」ピッ

律「唯?」

唯「それじゃ、また明日ねー」バタンッ

律「・・・」

律「マジかよ」


・・・

・・・


その日の夜



律「で、どうしたんだ?」

澪『ううん、今日うちに来るのかな-と思ってたから。何もないならいいんだ、ちょっと心配しただけ』

律「そっか、ごめんな。普段入り浸ってるんだし、行かないなら行かないで連絡した方がよかったよな」

澪『いや、いいって。私の方こそごめんな』

律「おいおい、澪が謝るなよ。・・・あ、そういえば放課後だけど」

澪『・・・あ、今日の会議?』

律「え・・・?あ、あぁ・・・そうそう」

澪『気をつけろよ?あまりやり過ぎるとさすがの和も怒るぞ?』

律「あ、あぁ、そうだな。ごめんごめん」

澪『で?』

律「え?」

澪『いや、会議の内容』

律「・・・」

澪『律?』

律「・・・いや、大した内容じゃなかったよ。これなら私行かなくてもよかったんじゃないかと思うくらい」

澪『こらっ』

律「あっはっは、冗談だってー」

澪『全く、仮にも部長だろ?』

律「へーへー、わーかってるって」

澪『・・・りつ』

律「ん?」

澪『あのさ・・・』

律「え?」

澪『おやすみ』

律「へ?今なにか言いかけなかったか?」

澪『それじゃ、また明日な』ピッ


ツー・・・ツー・・・


律「・・・なんだよ、澪まで」



・・・

・・・


数日後



和「そんな風に泣かれても困るわ?」

女「だ、って・・・!」

和「それじゃ私帰宅するね」

女「私は、本気でした・・・!!」

和「そう。で?」

女「でって・・・そんな・・・」

和「あなたが勝手に本気になっただけでしょう」

女「・・・!!」

和「はぁ、もういいかしら。それじゃ」


パシーン!!


和「・・・」

女「・・・最っ低です!」

和「ふぅん・・・」

女「それじゃあ失礼します」ガチャバタン!

和「『最低』ね・・・そこまで褒めてくれなくてもいいのに」

和「・・・なんてね」



~~~~~~~~~~~~


屋上



私は風にさらされていた。
今日もこれから澪の家に行くことになっている。
やることは決まっている。だから、きっと私は今日も澪を傷付ける。

あー、ばっかでー。

頭の中で留めておくつもりが、つい声に出してしまった。

一瞬気恥ずかしさを感じるも、そもそもここには私以外誰もいない。

律「・・・」

恥ずかしいと感じたことすら恥ずかしい。

律「・・・」

ここから飛び降りたら楽になれるんだろうか。
なんて、出来もしないことを考えてみる。

時折吹く突風に髪の毛をもみくちゃにされてまでここを離れない理由はわかってる。
澪を傷付けに行きたくないんだ。

律「ホント、ばっかでー・・・」

また突風が吹く。
びゅーっと、煙草の匂いを含んだ風が。
私は慌てて匂いのする方へ顔を向けた。

和「ねぇ、誰がばかなの?」

律「」

和「りつー?」スパー

律「和!?い、いつから居たんだよ!?」

和「いつからって・・・一回目の『ばっかでー』あたりから」

律「ばっかでー」バシン!

和「いたっ」

律「居たんなら声かけろっ」

和「かけたわよ、心の中で」

律「それかかってないから」

和「それにしても律、なんか悩み事?」

律「・・・あっ、っていうか!」

和「何よ、どうしたの」

律「おまっ煙草・・・!」

和「あぁ、これ?確かにこれは煙草だけどどうかした?」

律「生徒会長だろ・・・」

和「あら、責めるの?」

律「まさか。ただちょっとびっくりしただけだよ」

和「そう」

律「もう長いのか?」

和「そんなことないわよ。ここ半年くらい」

律「へぇ。なんで?」

和「うるっさいわね。カッコつけてんの」

律「・・・よくわからん」

和「私の問題なんだから私がわかればいいのよ」

律「それもそうだな」

和「えぇ」

律「・・・」

和「・・・」スパー

律「和」

和「何よ」

律「カッコつけてんだろ?」

和「そうよ」

律「結構カッコいいぜ」

和「そりゃどうも」

律「吸わないとキツいのか?」

和「うーん、どうかしら」

律「そっか」

和「でも、こんなものに依存するつもりもないの」

律「え?」

和「やめようと思えばいつでも止めれるって話よ」

律「吸う奴の半数はそう言うんだ」

和「あら、律の周りには悪い友達が多いのね」

律「安心しろ、同学年の悪い友達はお前だけだ」

和「あらそう」

律「それ、美味しいのか?」

和「何度も同じことを言わせないで。カッコつけてるの、味なんて関係ないわ」

律「そっか」

和「吸ってみる?」

律「!いいのか?」

和「えぇ、はい」スッ

律「えと、いただきます・・・?」

和「はい、召し上がれ」クスッ

律「・・・」カチッ・・・カチッ・・・

和「あら」

律「なんだよ」

和「火の付け方、知らないと思ってたのに」

律「見よう見まねだ」フー

和「・・・確かに見よう見まね、ね」

律「え?」

和「まぁ、フカしてるだけっていうのも律らしくていいわね」

律「お前いま馬鹿にしたろ」

和「ふふ、さぁ?」

律「くっそー」

和「ところで澪は?」

律「職員室に用事だとさ。私はどうもあそこは好きじゃないんだ」

和「律が職員室好きって言ったらびっくりだわ」

律「だろー?・・・って、和?」

和「なに?」

律「叩かれたのか?頬赤いぞ」

和「あぁこれ?そうよ」

律「なんで・・・」

和「カッコいいでしょ?」

律「何言ってんだお前」



・・・

・・・


同時刻、部室



梓「・・・はぁ」

唯「あずにゃん、どうしたの?」

梓「なんで、こうなるかなぁって・・・」

唯「まぁ、それはほら、私たち若いし」

梓「これじゃ猿です」

唯「猿はギター弾かないよ」

梓「先輩たちが帰ってからギターなんて弾いてないじゃないですか」

唯「あっれー?そうだっけー?」

梓「記憶力まで猿レベルになったんですね」

唯「あー、あずにゃんそれひどいー」

梓「あんなひどいとぼけ方する方が悪いんですよ」

唯「ちぇー」

梓「そろそろ帰りましょうよ」

唯「うん。・・・あのさ」

梓「なんですか?」

唯「前にりっちゃんの血の話、教えてくれたでしょ?」

梓「血・・・?あ、あぁ、あれですか。はい、しましたね」

唯「あれって、なんて言ってたの?」

梓「えー・・・?えーと、確か『好きな人の血なら舐めたい、むしろ飲みたい』って感じだったかと」

唯「うっわぁ・・・」

梓「あれ?引いちゃいました?」

唯「えー・・・?いや、人それぞれだと思うよ?うん」

梓「そうですか、ちなみに私はドン引きしました」

唯「あずにゃんって結構ひどいよね」

梓「ありがとうございます」

唯「うん、今のは褒め言葉」

梓「でも、その話がどうしたんですか?」

唯「うーん?なんでもないよ、ちょっと気になっただけ」

梓「そうですか??」

唯「・・・ふーん。『好きな人』、か」

梓「?」

唯「さってと。帰ろっか?」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「和ちゃーん!」タッタッタッ

和「あら、唯じゃない。今日は遅いのね」

唯「うん、ちょっと残って練習してたんだー」

和「家でも出来るでしょうに。あんたって子は・・・あ、梓ちゃんに教えてもらってたの?」

唯「あったりぃー。今もそこまで一緒に帰ってきたんだぁ」エヘヘ

和「・・・ギターなんて弾かなかったんじゃないの?本当は」

唯「さぁねー」

和「全く・・・」

唯「和ちゃんこそ」

和「何よ」

唯「ほっぺたに手の跡がうっすら見えるんだけど?」

和「終わりにしましょうって言ったらひっぱたかれたの」

唯「あちゃー。なんて子?」

和「さぁ?覚えてないわ」

唯「終わりって言うか・・・まだ始まってすらないじゃん」

和「そうね」

唯「っていうかそこまで度が過ぎるとさすがの憂も怒るよ」

和「そうかしら?私と憂は終わったわ」

唯「妹の肩持つわけじゃないけど、この件に関しては和ちゃんが大人気ないと思うよ」

和「あら、言ってくれるじゃない」

唯「事実だよ」

和「・・・憂は真面目だものね」

唯「そうだよ。・・・でもね」

和「何?」

唯「待ってるよ、和ちゃんのこと」

和「・・・知ってるわよ」


7