76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:54:09.72 ID:Aa8U9FK00


梓「まぁ、デッドプールさんのリクエストはさて置き!」

デッドプール「さて置くなぁああああ!!」

梓「練習しなきゃ駄目です!皆さん分かったでしょ!?」

唯「ううぅ~…暫くティーセットともお別れかぁ…」

紬「この3日間だけ頑張ればいいのよ、だから気張りましょう!」

梓「継続して頑張って下さいよー!」

澪「うんうん、全くだ!」

律「ほほぉ~、澪も紅茶おかわりしてたくせにぃ~?」

澪「う、うるさい!」

デッドプール「よし!話がまとまった所で…」

デッドプール「…………」

デッドプール「俺ちゃん、どこで寝泊りすればいいの?」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:57:39.79 ID:Aa8U9FK00


デッドプール「おい、デスデヴィル!」

さわ子「さっきから呼び方が安定しなさすぎよ!一体何!?」

デッドプール「しばらく俺ちゃん部室で寝泊りするから」

さわ子「ちょ!?」

デッドプール「お・ね・が・い☆」

さわ子「いや無理でしょ普通に」

デッドプール「お願いしますぅう!家無き子なんですぅうう!!」

デッドプール「え、もしかしてさわちゃんの家でお泊り?」

さわ子「部室を使って下さい!」

デッドプール「ィヤァアッホォォォオオオオーウ!!」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 15:49:42.30 ID:IoLy1XpO0
俺のけいおん世界への入室を“許可”する!
ただし、“精液は許可しない”いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!

デッドプール「あ、こういう事だから精液は無理だわ!」

デッドプール「あとお前も連れて行くの無理!第四の壁は厚いのぜ☆」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:02:19.80 ID:Aa8U9FK00


  ~それから!~

唯「い、今の演奏は…どうだった!デッドプールさん!」

デッドプール「なんだぁその眠くなるサウンドはぁ!やる気はあるのか!」

  ---

澪「ど、どう!?」

デッドプール「精進が足りん!出直せぃ!!」

  ---

紬「こ、今度はどうだった!?」

デッドプール「ムギちゃん付き合ってください!サウンド?知るか!聞いてねー!!」

  ---

律「今の演奏よかったんじゃない!?」

デッドプール「熱気バサラさんの足元にも及ばぬわぁ!!」

  ---

梓「ど、どうです!!」

デッドプール「君は日焼けしてる時の方が可愛いと思うなぁ!!」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:08:23.17 ID:Aa8U9FK00


唯「わ、もう外が真っ暗だよ!!」

澪「夢中で演奏してたからなぁ…」

律「きょ、今日は帰ろう…手が痺れて凄い事になってる…」

梓「極端に練習しましたからね…わ、私も疲れました…」

紬「じゃあ今日はお開きって事で…ふぅ…」

さわ子「…………。」

さわ子「(これまで以上にやる気に溢れてるわ、あの子達)」

さわ子「(…きっと、今まで自分達の演奏をあれ程否定する人がいなかったから…)」

さわ子「(悔しいのかもしれないわね…)」

デッドプール「あ、やべ!夕飯がねえぞ!」

デッドプール「読者の皆様!夕飯お待ちしてます!!」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:10:01.49 ID:85IEOC3N0


醤油ラーメンだな
出前の

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:10:35.24 ID:IoLy1XpO0


デップー! モスの金のテリヤキバーガーあるぜ! 食うかい?

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:12:21.93 ID:qW/+OO3d0


そういや昨日作った焼きそばが余ってたな

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:12:46.69 ID:qvyuNv5x0


納豆しかないけど

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:16:13.21 ID:Aa8U9FK00


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 16:10:01.49 ID:85IEOC3N0
醤油ラーメンだな
出前の

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 16:10:35.24 ID:IoLy1XpO0
デップー! モスの金のテリヤキバーガーあるぜ!食うかい?

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 16:12:21.93 ID:qW/+OO3d0
そういや昨日作った焼きそばが余ってたな

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 16:12:46.69 ID:qvyuNv5x0
納豆しかないけど


デッドプール「うーん、これだけ集まれば充分だろ☆」

デッドプール「超サンキューなお前ら!これやるよ、俺ちゃんのサイン!」

デッドプール「in桜が丘高校って追記しといてやるから!!」

軽音部「んじゃ…お疲れ様でしたー!」

さわ子「お疲れ様でしたー!」

  ~下校!~

紬「上手、って言わせたかったわね…」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:20:10.44 ID:Aa8U9FK00


律「うーん…てかおかしいだろ!なんであんなに馴染んでるんだよアイツ!」

唯「ううぅ、あんなに酷評されるとは思わなかったよぅ…」

澪「でもあれが第三者の意見なんだよな…今の、私達の…さ」

梓「……悔しいですよね」

紬「上手…って言わせたいわよね」

澪「…………。」

律「だぁー!!もう!!」

律「明日見返してやるっての!見てろよデッドプール!!」

律「この部長、田井中律について来ぉーい!」

唯「おおー!」

澪「ぷっ、なんだよそれ…」

紬「おおー!!」

梓「ムギ先輩まで…」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:27:05.40 ID:Aa8U9FK00


 ~次の日!~

  -3年2組-

唯「うーん!放課後だぁー…!!」

和「ねぇ、唯」

唯「ん?どしたの?和ちゃん」

和「聞いた?例の不審者、まだ見付かってないんだって」

唯「ぶふっ!!」

和「ど、どうしたの唯!?」

唯「え、えぇえ~?なんでもないよぉ~?らんたったーらんたったー…♪」

唯「あ、私もう部活行かなきゃ!」

和「………??」

  ~部室!~

唯「唯隊員、只今推参であります!」

デッドプール「うっひょ!唯ちゃん今日もかわウィ~ね~☆」

唯「(いるんだよねぇ、ここに…)」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:32:53.51 ID:Aa8U9FK00


唯「あれ?今日は皆早いね~……あれれ!?」

唯「ティーセットの用意はー!?」

律「ばかやろー!唯!私達の当面の目標を忘れたかっ!!」

唯「はっ!文化祭!!」

律「そうだ!そしてそこの赤タイツに私達の演奏を認めさせる事だ!」

デッドプール「そして俺ちゃんはこう言うワケだ」

デッドプール「放課後ティータイムはわしが育てた(キリッ」

律「ぬおっ!それもそれでイラっとする!!」

紬「そういうワケで、今日はデッドプールさんのティーセットしか用意してないのよ」

梓「(皆、練習する気満々だ…)」

澪「ふふ、意外そうな顔だな?」

梓「い、いやあの!…正直、1日もあのテンションは持たないと思ってました…」

澪「(私もだ…)」

デッドプール「こーのバウムクーヘン超絶うめーっすよ!!でぃへへへへ☆」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:38:48.79 ID:Aa8U9FK00


唯「よっし!それじゃ張り切って練習しちゃうぞー!!」

軽音部「おおー!!」

  ~~~

律「く、くそぉ…!今日も駄目だったー!!」

澪「演奏自体は凄く良くなって来ていると思うんだけどなぁ…」

唯「むぐぐぐ…軽音部結成以来の絶体絶命の危機だよ…!!」

梓「…………」

紬「どうしたの、梓ちゃん」

梓「私…もう結構、昨日と今日で上手になってると思うんですけど」

梓「駄目…なんでしょうか…」

紬「梓ちゃん……」

  ---

デッドプール「あいつ等超上手くなってるな、俺ちゃん吃驚して股ぐらいきり立ったわ」

さわ子「下品!!」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:45:04.05 ID:Aa8U9FK00


さわ子「じゃあなんで褒めてあげなかったの?」

デッドプール「おいおいさ~わちゃ~ん☆冗談だろォ?」

デッドプール「今褒めたら明日練習しないだろアイツら!」

デッドプール「明日練習して…土曜日曜と休み入って…そんでもって月曜日文化祭!」

デッドプール「じゃ、今日褒めるワケにはいかないよぬーん♪」

デッドプール「読者の皆さんもぶっちゃけアレだろ?」

デッドプール「軽くいぢめられるけいおん!キャラに興奮しちゃってるんだろ?」

デッドプール「救えねーなオイ!!元脳外科医の魔術師紹介してやろうか?」

さわ子「…ねぇ」

デッドプール「Oh?」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:50:46.00 ID:Aa8U9FK00


さわ子「どうしてそんなにあの子達の面倒を見てくれるの?」

デッドプール「うん?あー、まぁそういうSSだし?」

さわ子「(SS……??)」

デッドプール「X-MENのメンバー(仮)とけいおん!のコラボ、皆これを待っていたの☆DA!」

デッドプール「可愛いおにゃのことイチャイチャできる確率上がるしね!女子高だと!」

デッドプール「まぁつまり、そういう理由?」

デッドプール「どうだ!納得しただろう!!」

さわ子「するかっ!!」

デッドプール「アルェー?」

デッドプール「ま、でも安心しろって!!」

デッドプール「文化祭終わったら俺ちゃんも…」

さわ子「?」

デッドプール「うぇひひひ♪こっから先はCMのあと!!」

さわ子「何がー!?」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:53:32.01 ID:Aa8U9FK00


 ~3日目!~

唯「放課後!いざ部室へ!!(ダッシュ」

和「あ、ちょっと唯!?…最近なんかやる気に満ち溢れてるわね…」



唯「たーのもぉー!!(ガラガラッ」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 16:46:42.66 ID:aIxO06SP0
いえ僕はどちらかというとけいおんキャラにいじめられt

デッドプール「うわやべえ!やべえ人がいるよ!」

デッドプール「おまわりさーん!このひとでーす!おさわりーま!んこのひとでーす!」

唯「うーん…今日もデッドプールさんは絶好調だぁー…えへへっ!」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:59:30.08 ID:aIxO06SP0


>おさわりーま!んこのひとでーす!」

おいwwwww

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:00:05.23 ID:Aa8U9FK00


デッドプール「で、今日も俺ちゃんはお茶飲んでるだけでいいの?」

律「寧ろお茶飲んでろ!そして我々放課後ティータイムのメロディーに酔い痴れるのだ!」

紬「今日こそ、上手って言わせてやるんだから!!」

澪「行くぞ皆!!」

唯「デッドプールさん!私達の演奏を聞けぇーい!!」

梓「やってやるです!!」

  ---

デッドプール「…うーん…なんとも言えない」

唯「っ………」

律「お、お前なぁ!!」

デッドプール「俺ちゃんもう昼寝すっから!」

律「は、はぁ!?」

デッドプール「今日はもう、これ聞いて家帰れ!(ポイポイッ」

紬「?これ…カセットテープ?」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:05:04.10 ID:Aa8U9FK00


澪「…日付が去年のだ…」

律「こっちは今年だな」

梓「こっちの去年の方から聞いてみましょう」

   ~~~♪

梓「…!こ、これ…」

唯「去年の私達の演奏だ!懐かしいなぁ~…」

紬「楽しい文化祭だったわよねえ…」

澪「じゃあ今年の日付のこれはなんだろう?」

   ――カチャ

『寧ろお茶飲んでろ!そして我々放課後ティータイムのメロディーに酔い痴れるのだ!』

『今日こそ、上手って言わせてやるんだから!!』

『行くぞ皆!!』

『デッドプールさん!私達の演奏を聞けぇーい!!』

『やってやるです!!』

軽音部「……!!」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:08:34.35 ID:Aa8U9FK00


  ~~~~♪
    ~~~~♪

律「…な、なぁこれって今日の演奏だよな?」

澪「うん、さっきのやり取り絶対今日やったやつだよ!」

唯「って言うか皆さ!ねえ!!」

梓「………はい、はい…!」

紬「すっごく上手になってる!!」

律「すげー!これホントに私達の演奏かよー!!」

唯「すっごいね!すっごい成長だね!」

梓「うううぅ…!こんなに完璧に音が合ってるなんて…!!」

紬「凄いわ皆!!これなら来週の文化祭も大丈夫よ!」

澪「うん!うん!!」

デッドプール「…………」

デッドプール「………ZZZzz」


唯「デッドプールさん!」 4