さわ子「……………………っっ」

紀美「……………………………」

律「……こいつら、一番言っちゃいけない事をあんなに……」

澪「私……この人達よりも……先生たちの方が怖くなってきた……」

唯「ムギちゃん……今の内に安全なとこに避難しよ……」

紬「え……ええ………そ、そうね……」

律(合掌…)



 ……私も紀美も極力平和的にに収めようとしたけど……もう、限界だった……。

 このガキ共は……大人を舐めすぎている。


 私は紀美に目で合図を送る。

 紀美ももう限界だったらしく、いつでも行けると、その眼が唸っていた。


 ―――コイツら、絶対ニ殺ス―――!


さわ子「おい……てめえら」

男A「……なんだよ? いーかげんマジうっせえって……ああ?」

 メガネを外し、私は男に向き直る。

 ここにいるのは、もう既に山中さわ子でも河口紀美でもない。


 地獄よりその轟音を音色として響かせる魔のへヴィメタバンド……そう……


 ――DEATH DEVILメンバー、キャサリンとクリスティーナだ!!!


キャサリン「テメーら……覚悟は出来てんだろーな……?」

男A「はぁ?? 一体何の覚……」

キャサリン「ガキが……ナマ抜かしてんじゃねえェェーーーッッッ!!!!」

 ――ばきいいぃいい!!


男A「ぶべっっ!!」

 男の一人に向かい、私は渾身の力でフックを見舞う。

 瞬間、男の顎が外れた感覚と共に、男が歩道の植え込みに頭から突っ込んでいった。

 だが、それでも私は止まらず、その背中に向け、履いていたヒールの踵をグリグリとねじ込む。


キャサリン「大人に対する言葉使いってのを教えてやろうかコラ、あああああ!!!!???」

男A「ぁ……ぁごが……アゴがぁぁぁ……!!」


クリス「オラァ!!……今アタシになんつったよテメェ、誰がオバサンだぁ?? ミリ単位で刻まれてえかクソガキがぁ!!」

男B「ぐ……ぐるじぃ……だ、助げ…げほっ……!」

男C「お……俺っちが悪かったっす……か、勘弁……してくだっ…べほぉっ!」


 向こうも向こうで、男二人の胸倉を掴み上げては怒鳴り声を上げている。

クリス「オラ、さっきの威勢はどうした? ざけてんじゃねえぞコラ、そのピアス、○ンタマン中にブチ込んでグチャグチャにしてやろうか、ああ??」

クリス「死ね、死ね死ね死ねェェェ!!!!」


 ――ばきっ!! がすっ!! ごぐしゃあっ!!


 みるみる内に青くなっていく男二人の頭を掴み上げ、クリスティーナはその顔面に、暴言と共に容赦なく頭突きをぶちかましている。

 ……いや、クリスティーナごめん、私でもそれはちょっと引く……。


唯「あ……あわわわわわわ……」

澪「怖いよぉぉぉ!! 律…!! この人達すっごくこわいよぉぉぉぉぉっっっ!!」

紬「はははは……わ、私……腰……抜けて………っっ」

律「私達……よく今まで生きて来れたな………」


 ――そして……


男達「す……すみませんでしたああああ!!!」

 私達の強さと罵声に圧倒され、すごすごと男たちは引き下がって行った……。

 一人は顎を、残りの二人は顔を抑えながら夜の街に消えていく。

 ……三人とも、あれじゃ当分は病院通いだろうな……。

クリス「チッ、根性なしのクソガキが」

さわ子「あんた……いくらなんでもやりすぎ……」

紀美「いやぁ~~、久々にキレちゃったからさ、あはは♪」

さわ子「……あんたが私の味方で、ホントに良かったわ」

唯「さ……さわちゃん……」

澪「先生……」

律「………っっ」

唯「さ……さわちゃん……怖かったよぉぉ……ぐずっ…うぅぅっっ」

唯「うわぁーんっ…っ…」

 唯ちゃんが泣きながら私に駆け寄ってくる。

 その唯ちゃんに対して……私は手を振り上げ……


 ――パシンッ!

唯「…っ!」

 一発、平手を打った。

紀美「さわ子……あんた……」

 同様に、りっちゃん、澪ちゃん、ムギちゃんにも平手を一発づつ打つ。

 みんなが揃って左頬を少し赤くし、涙目で私を見ていた。

 ……こんな風に生徒に手を上げるなんて生まれて初めての事だ。

 叩いた手の平が痺れ、心がどこか痛い。

 ……でも、私はやった。

 それが、この子達の先生として、また、先輩としてのケジメだと思ったから……。


さわ子「あなた達!! 夜まで遊ぶなってあれほど言ったでしょ!!」

唯「ご……ごめんなさい……!」

さわ子「私と紀美が来たから良かったようなものの、もし私達が来なかったらどうなってたと思ってるの!」

律「……ごめん……っ!」

さわ子「まったく……今日、あれだけ注意したのに……あなた達は……!」

さわ子「卒業まで残り少ないんだから……あんまり心配かけさせないでよ……! あなた達に何かあったら、私は……わたしは……っ」

さわ子「いえ、私だけじゃない……あなた達に何かあったら……梓ちゃんや憂ちゃん、和ちゃんや純ちゃん……みんなの大切な人が悲しむの、それ、分かってるの…?」

澪「さわ子先生……っっ…うっ…ひっく……っ」

紬「私達……楽しい事に夢中で……全然、気が回ってませんでした……ごめんなさい……っっ!」

さわ子「揃って卒業して……同じ大学に行くんでしょ……? だったら、もっと周りの事も考えないとダメよ……ね?」

唯「ごめんなさい……ごめんなさぃ………」

律「私のせいだ、私が……澪の言う事をしっかり聞いてれば……」

澪「ううん……律だけじゃない、私だって……」

さわ子「誰かじゃないの、今日は、みんなが悪いのよ」

紬「……うん、先生の言う通り……だね」

紬「みんなが悪い、だから、みんなで謝ろう……ね」

唯「そうだね……」

 四人が私と紀美に向き直り……そして。


「――先生、紀美さん、心配かけてごめんなさいっ!」

 と、腰を大きく曲げて、泣きながら謝ってくれた。


さわ子「……もういいのよ、だから早く泣き止みなさい……それに、女の涙は、もっと大事な時に使うものよ?」

紀美「さわ子もああ言ってるしさ、だから、もう気にしなくてもいいよ?」

さわ子「私タクシー呼んで来るわ、紀美、ちょっとこの子達の事、お願いね」

紀美「うん、分かったよ」

 少し離れ、携帯を片手に近場のタクシー会社に電話をして、それを二台ほど手配して貰う。


さわ子(……ちぃっとばかし、強くやっちゃったかな)

 叩いた手の平がまだじんじんとする……。 でも、自分のしたことに後悔なんてない。

 だってみんな、大切な教え子で……大事な後輩だから……。

 3年間私は……あの子達の為に、邁進して来たのだから……。

唯「さわちゃん……」

澪「怖かったけど……でも、かっこよかった……」

律「あんな人に私達、ずっと守られてたんだよな……」

紬「うん……私、叩いてくれて……すごく嬉しかった……」

唯「暖かかったよね……痛かったけど……でも、それ以上に私……嬉しかった……」

澪「ああ………」

律「なんか、卒業すんのも寂しくなっちゃうよなぁ……」


紀美「ったく……ほんっといい先生じゃない、あいつ……」

紀美(そりゃ、生徒がこんなに可愛いんじゃ……結婚と仕事、どっちを取るか、悩みもするよなぁ)

紀美(さわ子……あんた、どうするんだ?)

さわ子「はい……はい、ええ……では二台、お願いします」

 電話を終え、紀美たちの所へ戻る。


紀美「お、熱血教師のお戻りだ」

さわ子「だーれが熱血教師か」

紀美「十分熱血だって、まったく、どこのヤンキー教師ドラマだよ」

さわ子「もう、好きに言ってなさい」


紬「ところで、どうしてお二人はここに?」

澪「その荷物、呉服店のものみたいですけど……」

律「着物でも買ったの? さわちゃん」

 脇に置いてある着物の箱を見て、次々と生徒の間に疑問符が投げかけられる。

 やば、気付かれたかな……?

さわ子「こ、これは……そう、今度梓ちゃんに新歓ライブで着せる衣装の材料よ、おほほほっ」

唯「なーんだ、てっきりお見合いでもするのかと思った」

さわ子・紀美(ぎくっ)

 それは天然ならではのボケか、それとも思いつきなのか、唯ちゃんの言葉にどきっとする。

 まさか……本当に気付かれてるなんて事、ないわよね?


律「それはないない、さっきのを見たろ? あんな凶暴になっちゃ、旦那さん喧嘩の度に死んじゃうってーの」

さわ子「りっちゃん……それはどういう意味かしら…………?」

律「べ………べべ別に深い意味はありましぇんっっ!」

さわ子「まったく………」

 さっきまであんなに怯えてたのに、すぐに調子を戻すとコレなんだから……。

 でもま、それが彼女達の良い所でもあるか。

 そうこうして、少しだけ話をしていた時、呼んだタクシーがやって来た。

紀美「あ、タクシーってあれじゃない?」

さわ子「うん、来たみたいね」

さわ子(とりあえず……あれ以上詮索されることはもうないかな……)

 タイミング良くタクシーが来てくれたので、紀美と私は別々に乗り込み、生徒達も家の方角に別れて乗り込む事になった。


紀美「じゃあさわ子、私この子達送ってくから、またね」

さわ子「うん、紀美も今日はありがと、唯ちゃんとムギちゃんも気を付けて帰ってね?」

唯「はーい、先生じゃーねー♪」

紬「ではまた学校で、先生、今日はありがとうございましたーっ」

澪「唯、ムギ、また学校でな」

律「じゃーなー♪」

 紀美たちを乗せたタクシーが動き、二台目に私と澪ちゃん、りっちゃんが乗り込む。

 そして、運転手さんに道先を指示して、私達のタクシーも発進した。

さわ子「ふぅ……なんか疲れたわぁ」

律「ごめんねさわちゃん、わざわざタクシー代まで出して貰っちゃって…」

さわ子「いいのよ今日ぐらい……それに、高校生に出させるほど、お金に困ってもないしね」

律「よっ、さすが大人♪」

 そう、調子良く笑うりっちゃんだった。


澪「それで……先生、さっきの話なんですけど……」

律「そーそー、本当にその着物、どうしたの?」

さわ子「………………」


 それを言ったらどうなるだろう……。

 二人なら反対するだろうか……それとも、応援してくれるだろうか……。

 ……………もしも、それを言ったら………私はその言葉を、素直に受け入れられるだろうか。

 彼女達の希望に、私は……本当の意味で、応える事ができるのだろうか……。

さわ子「ふふ、内緒……よ……」

律「ちぇー、ずるいなぁ」

澪「まぁまぁ……先生……」

澪「いつの日か落ち着いたら、教えてください……」

さわ子「……ええ、その時までの、お楽しみにね♪」


 結局、私は最後まで言う事は出来なかった。

 でも、今はこれで良かったんだ……。

 最後の最後、本当にどちらかが決まったら言えばいい……。

 今はまだ……きっと、おそらく……たぶん……言うべき時ではないと……思うから……。


 タクシーは夜道をひた走る。

 街灯やネオンが滲んで見え、視界が霞む。

 涙を止める為に私は少し、目を閉じる。

 そんな私の涙に、後部座席の二人が気付けるわけがなかったのだった……。

――――――――――――――――――

 そして数日後、生徒の卒業式も終わり………。


母「うん、着付けは問題なさそうねね」

さわ子「帯、少し曲がってないかしら?」

母「母さんが着付けてあげたんだもん、ばっちりよ」

さわ子「ふふ、ありがと」

母「じゃ、行きましょう……先方にも、既にお待ちいただいてるようだしね」

さわ子「………ええ………そうね………」


 この日、おそらく、私の人生のの最大の分岐点………。


 ―――お見合いの日が、やって来た……。


 私達のお見合いは、桜が丘から少し離れた所の、とある料亭で行われた。

 外からでも手入れの行き届いた大きな庭園が見え、舞い落ちる桜が、その料亭の上品さを一層引き立てている。

 店に入り、女将さんの案内で、私は母と共にその部屋に辿り着く。


 ここに……彼がいる。

 おそらく将来の私の夫になるであろう、その人が……。


7