さわ子「ここにいるみんなもそのほとんどの進路が決まり、あとは残りの数週間だけね」

さわ子「そーゆーわけだから、卒業式までの間に問題起こして留年、なーんて事が無いように気を付けて、みなさん、最後まで節度ある高校生活を送ってください」

さわ子「いーい? 浮かれて夜まで遊んで事件に巻き込まれるとか、勘弁してよー?」

生徒一同「はーーいっ」

さわ子「うん、みんないい返事ね♪」

さわ子「はーい、それじゃあ今日のホームルームはここまで、委員長さん、号令をお願いします」

和「起立、礼」

 委員長の和ちゃんの号令で、各々が解散していく。

 この光景も、もうすぐ見れなくなると思うと、やはり寂しい気がするなぁ……。


生徒「先生さよなら~♪」

さわ子「はい、さようならー」


―――

律「ん~~っと……ふぅ、卒業式まであと2週間かぁ……」

澪「やる事は大方済んだし、あとは卒業式を待つだけだな」

唯「ねーねーみんなー」

律「んー? 唯、どーした?」

唯「せっかくだし、今日これからどこか遊びに行かない?」

澪「唯……先生も言ってただろ、卒業式まで気を抜くなって」

唯「だって最近私達全然遊んでなかったしー、たまにはどこか遊びに行こうよー」

紬「はーい、私唯ちゃんに賛成~♪」

律「私も賛成~、ここ最近梓への曲作りやら部室の片付けやらで、あんまし遊んでなかったしさー」

律「たまにゃー思い切ってカラオケでも行こうぜぇ♪」

澪「まったく……暗くなる前には帰るからな?」

律「へへへ、わーかってるって♪」

唯「そう思ってあずにゃん誘ってみたんだけど、今日はお家の都合で無理みたいだねぇ……残念」

律「じゃあ今日は、久々に4人で遊ぼっか♪」

紬「うふふ、なんだか久しぶりね~♪」

唯「じゃー、一旦着替えてから駅前でね~♪」

律「あいよーっ」

――――――――――――――――――

さわ子「さてと……行きますか」

 事務整理を終え、私は一足先に職員室を抜けようとする。


堀込「おや、山中先生今日は早いですな?」

さわ子「ええ、ちょっとこの後友達と予定がありまして……」

堀込「ふむ、そうですか」

さわ子「はい……あ、堀込先生、近々、折り入ってお話したい事があるのですが……」

堀込「……?」

さわ子「まだ詳しい事は決まってないんですけど……いずれ時期が来たら、お話します」

堀込「……ほほぅ、山中もついに結婚か」

さわ子「な…何を……! 私、別にそんな事!!」

堀込「冗談で言ったんだが、まさか本当か……?」

さわ子「………………まだ、はっきりとはしてないんですけどね……」

堀込「……ほっほっほ…ま、具体的な話が出たらまた聞いてやる……頑張れよ」

さわ子「……ありがとう……ございます」

 一言礼を言い、私は職員室を抜ける。

 さすが、長年私を含めいろんな生徒見て来ただけあって鋭いな、堀込先生は……。

 ……今日は、紀美と一緒に街でお見合い用の着物を見る約束をしていた。

 互いに仕事続きでなかなか都合が合わなかったが、それが今日、やっと叶ったのだ。


 ……確かに、正直まだ迷ってるところはある。

 けど、悩んでても時間は待ってはくれないし、何もしないわけにも行かない。

 だからこそ、私は動ける時に動いておかないと……。

 立ち止まりたくとも、もう立ち止まる訳には行かなかった。

 いずれにせよ、私は近い内に決めなければいけないのだ。


 ――仕事か結婚か……その、どちらかを……。

―――――――――――――――――――

 街に出た私は夕暮れの頃合いになり、紀美と合流する。


紀美「よ、さわ子待った?」

さわ子「ううん、私も今来たところ」

紀美「そっか、んじゃー時間もあんまり無いし、すぐに行こっか?」

さわ子「和服って言うと当然呉服店よね、確かあそこら辺にあったと思うけど……私に似合うのあるかしら」

紀美「さわ子スタイルいいからねぇ、何着ても似合うと思うよ」

さわ子「あはは、褒めても何も出ないわよ?」

 そんな感じで話をしながら、私達は呉服店に向かう。


店員「いらっしゃいませー」

 通りに見えた小さな呉服店に入ってみる。

 店内に掛けられた和服は、どれも色合いがとても綺麗でかつ、きめ細かい刺繍が施されている。

 それが店に流れるBGMと相まってなのか、とても雰囲気が良いと思えた。


さわ子「すみません、お見合いの場に似合う和服って、ありますでしょうか?」

店員「はい、少々お待ちくださいませ……」

 そう言って奥に下がる店員さんを待つ間に、近くの着物を見てみる事にする。

紀美「……綺麗な着物…………」

さわ子「そうね……こうして見ると、和服もなかなかいいわよね……」

 着物を見ながら紀美と私もうっとりしていた。

 これをあの子達が着たら、さぞ可愛く着こなすだろうと、頭の中でそんな事を想像してみたりもする。

 ……しかし、見れば見る程に衣装の創作意欲が膨らむ柄だな……試しに1着、安いの買って帰ろうかな?


店員「お待たせ致しました、お見合いと言う事でしたら、このような物がお客様にはお似合いかと思いますよ?」

さわ子「わぁ……素敵な柄ですね……」

 店員さんが持って来てくれた振袖は、地味か派手かと言うと、少し地味な感じがあった。

 それでも柄は丁寧に染められ、要所要所には細かくも綺麗な刺繍が施されているものばかり。

 落ち着いた場に着て行くのなら、これぐらいが丁度良いのだろう。

紀美「私的には少し地味に見えるけど、こんな感じでいいの?」

店員「結婚式とかなら多少は派手でも良いんですけど、お見合いとなりますと……あまり派手さは必要ないですからね」

店員「お客様の美しさをより引き立てられるよう、若干控えめではありますが、この様な柄の振袖が相応しいと思い、ご用意いたしました」

さわ子「あ、ありがとうございます」

 面と向かって美しいなんて言われ、思わず照れてしまう。

 今まで頑張って来た甲斐、あったかな。


紀美「じゃあ、試しに試着して見なよ」

さわ子「そうね……うん、そうしてみる」

紀美「ばっちり写メっておくからね」

さわ子「恥ずかしいから、他の人には見せないでよー?」


店員「でしたら試着室へどうぞ、着付けのお手伝いをさせていただきますわ」

 そして店員さんに連れられ、私は試着室へ向かう。

 ……それから数分。


さわ子「どう紀美、似合ってるかしら?」

紀美「わぁ……すげー美人」

さわ子「うふふ、それはどーも」

 試着室から出る私を見る度に、紀美は驚きの声を上げてくれる。

 帯が少しきついけど、鏡を見た感じでは問題なさそうだし、これなら……大丈夫かな?


紀美「これなら大概の男はイチコロだねぇ……あんたやっぱすげーわ、うん」

紀美「……上手く行くよ、これならさ」

さわ子「……ええ、そうだと……いいわね……」


 そう、紀美の言葉に少しだけ戸惑いを感じながら……私は、静かに頷いた……。


 それから数時間、あれこれと着物を見ては着てを繰り返し、レンタルの料金プランとの見合わせで、私はなんとかお気に入りの振袖を確保する事ができた。

 そして、私達は夕飯がてらに近くのファミレスで来月の事を話していたのだった。


さわ子「しっかし……振袖一式ともなるとレンタルでも結構かかるのねぇ……びっくりしたわぁ」

紀美「まー、買うに比べたら全然安いんだし、いいんじゃないの?」

さわ子「値段もびっくりよ、安くても5万円以上とか……いやはや、なんというか……」

紀美「ともあれ、これで準備は整ったんだし、あとは当日にヘマしなきゃ大丈夫っしょ」

さわ子「……そうねぇ」

紀美「何よ、まーだ悩んでるの?」

さわ子「……そう簡単に割り切れるもんでもないわよ…………長年の夢だったんだし……先生の仕事……」

紀美「……ま、今すぐに結論出すこともないって。 何もその日に結婚が決まるってわけでもないんだしさ」

紀美「実際に相手と会って話してみて、それからでも大丈夫だよ、きっと」

 と、優しい目で紀美は言ってくれた。

 その言葉に、少しだけ気が楽になる私だった。

紀美「じゃー、次は見合いが終わった後だね……結果、楽しみにしてるよ」

さわ子「うん、ありがとうね、色々と相談乗ってくれて」

紀美「いいって……あーそうそう、あんたその話、生徒にはもうしたの?」

さわ子「ううん、まだ」

紀美「そっか……」

 まだ不確定って事もそうだったけど、それは、唯ちゃんや梓ちゃん達には怖くて言えなかった。

 祝福されるにせよ、引き留められるにせよ……どっちにしたって、考えが揺らぎそうだったから……。


紀美「そろそろ出よっか、もう10時超えてるしさ」

さわ子「もうそんな時間か……そうね、そろそろ帰らないと、紀美も明日早いもんね」

 支払いを済ませ、私達は店を出る。

 春も近くなったとはいえ、夜はまだ寒い。

 吹きすさぶ風が並木を揺らし、車のライトが辺りを照らしている。

 まだ冬は残ってるなぁと思った、その時だった。

紀美「ねえさわ子……あれ……」

さわ子「……?」

 紀美の指差す方向を見ると、道路を挟んだ反対側の歩道に、人の集まりが見える。

 歳は高校生から大学生ぐらいだろうか、顔の数ヶ所にピアスを付けた若い男の子が集まって、女の子をナンパしてるように見えた。


さわ子「ったく、女の子を壁に寄せてナンパなんて……見てられないわね」

紀美「あそこで声かけられてるの……多分だけど、あんたんトコの生徒じゃない?」

さわ子「まさか…………」

 男達の背中に隠れてた女の子の顔が、一瞬だけ車のライトに照らされる。


さわ子「……………っっ!!」


 そこには……怯えた顔で震えている、私服姿の唯ちゃん達の姿が見えた―――。


さわ子「……っっ! あの子達ったら……!」

 車が途切れたタイミングを見計らい、私は道路に飛び出した。


紀美「あ、さわ子! 待ちなよ!」

 紀美が後ろで静止の声を上げるが、そんな悠長な事していられる場合じゃない。


 ……なんで、あれほど言ったのに……あの子達は……あの子達は!!

男A「いーじゃん、番号ぐらい教えてよ~」

律「てめーら……いーかげんにしろよ……!」

男B「随分元気な子だねぇ~、どうせ暇してんでしょ? これから俺っちと遊ぼうよ」

律「っく! は、離せ!!」

唯「やめてっ! りっちゃんに乱暴しないで!」

澪「律……ムギ……私……こわい………っっ」

紬「大丈夫よ澪ちゃん……あれ……? いやだ……わ、私も……足……震えて……っっ!」

男C「おいおい、あんま怖がらせんなよ」

男B「おーおー、ごめんねぇ……でも、泣きそうな顔も可愛いよ……♪」

澪「ひっ…っ!」

律「…それ以上澪に触れんじゃねえ、ぶっ飛ばすぞ」

男A「へぇ……どーやって?」


律(ちぃ……っ相手が一人や二人ぐらいなら容赦なくやれんだけど……こう人数多いとなぁ……!)

律(あ~、澪の言う通り、延長なんかしないで早めに帰ってれば良かったかなぁ……っ!)

さわ子「――あなた達、何やってるの!!」

 男達に近付きながら、私は大声を張る。


男A「んあ?」

男B「…誰?」

男C「さぁ……?」


唯「さ……さわちゃん先生……」

律「さわちゃん……」

澪「せん……せいっ……」

紬「紀美さんも、どうしてここに……?」

さわ子「その子達を離しなさい、今すぐに!」

 低い声で男達を威圧するように私は言う。

 ……しかし、揃いも揃って子供じみた顔をしてる男たちだ。

 私からすればなんて事もないのだが、この子達からすれば、さぞ怖い男に見えた事だろう……。

 私の可愛い生徒に手を出して……絶対に許すものか。


紀美「ごめんねー、ナンパの途中悪いんだけど、その子ら私達の知り合いでさ、今日の所は見逃してやってくんないかな?」

 そんな私とは対照的に、軽い口調で話す紀美だった。 ……が、その眼は決して笑ってはいない。

 むしろ、男たちのやり口に嫌悪し、怒りさえ感じられた……

 紀美のやつ、相当怒ってるな……。

男A「知るかよ、帰れよオバサン」

さわ子「…お、おば……」

男B「それよりもさぁ~、ほんっと可愛いよね、キミ達さ♪」

唯「や……やめてくださいっ……さわちゃん…た、助け……!」

律「唯っ! てめえ、いいかげんに……っっ!」

 男が唯ちゃんの顔に手を伸ばそうとする。

 が……その手は私にがっしりと掴まれ、唯ちゃんに届く事は無かった。


男A「はぁ……? なんなのアンタ? いいかげんウザいんだけど」

さわ子「………みんなを離しなさい、いい歳した男がかっこ悪いわよ」

紀美「……そうそう、みんな顔はいいんだし、ちゃんとやれば、もっといい子見つけられるよ」

男A「アンタらにゃ関係ねーだろ、とっとと消えろよオバサン」

男B「どーしてもって言うなら、オバサンでも容赦しないよ?」

男C「それともあれ? オバサン達も俺たちと遊びたいの??」


 尚も男達の暴言は留まる事を知らない。


 というか……さっきから……


 ………さっきからこいつらは…………っ


 ――人の事を、オバサン…オバサンって……!!


6