律「マジで?やった」

憂「?? 私の誕生日がどうかしたんですか?」

律「いや、診断によると
『田井中律の恋人候補の方のお誕生日は【8/20・5/18・1/10・2/22・5/12・6/22・7/3・8/4・10/7・9/22】です!』
だそうなんだ~」

憂「あ、2月22日・・・」

律「憂ちゃんと私、相性良いみたいだよ?」

憂「あははっ。もう、律さんったら」

律「ちなみにソースはツイッター(笑)」

憂「ふふっ、なんだか胡散臭いですね」

律「憂ちゃん私の恋人になってよー」

憂「え~?律さんが男性だったら考えます♪」

律「考えてくれるんだ?」

憂「律さんカッコいいですからね~。
律さんが男の子だったら、きっとみんな好きになっちゃいますよー」

律「あちゃー。生まれる性別間違ったかな?」

憂「あははっ」くすっ

律「うーむ、憂ちゃんにフラれちゃったなー」

憂「すみません律さん」

律「無念っ!」

憂「律さんこそ私が恋人でもいいんですか?」

律「むしろ憂ちゃん以上の理想の恋人っているの?最高じゃん」

憂「あぅ///」

律「正直お嫁さんにしたい!」ふんす!

憂「お嫁さん・・・///」
憂「い、いえ!そもそも女同士ですしっ」

律「女同士はダメかな?」キリッ

憂「ふぇっ!?」

律「憂ちゃんは私のこと嫌い?女が恋人じゃ嫌?」

憂「え、えっと・・・えっ、え!?」あたふた

律「私は冗談とかじゃなくて、憂ちゃんと恋人同士になりたいと思ってるんだけどさ」

憂「あ、あのっ!えっと、その・・・///」

律「憂ちゃん、好きだ。私の彼女になってくれ」

憂「そんなっ、でも、あの、律さんには澪さんが・・・」

律「澪は幼馴染で親友だけどさ、憂ちゃんとは違うんだよ」

憂「あ・・・ぅ・・・///」

律「私には憂ちゃんしかいないんだよ」

憂「わ、私っ!」

憂「私もっ・・・律さんのこと、カッコいい人だなって、思ってて・・・」

律「・・・。」

憂「律さんが男の子だったら、良かったのにって。そ、そのっ」
憂「か、彼女になれたらなぁって///」

律「憂ちゃん・・・」

憂「私っ、ずっと律さんに惹かれてましたっ!私を律さんの彼女にしてください!」

律「憂ちゃん!好きだー!」ぎゅっ

憂「ひゃあ///律さん・・・///」ぎゅっ

律(・・・・・・ニヤリ)

憂「律さんは私が落ち込んでる時にも優しくしてくれましたよね?」

律「そんな事もあったなー」
律(前々から仕込んだ甲斐があったぜ~)

憂「私、その頃から律さんが///」ぎゅぅ

律「憂ちゃん、幸せにするからな?」ぎゅっ
律(憂ちゃんかわいいなー。ずっと狙ってたんだよねー)

憂「はいっ///」

律(これで憂ちゃんもゲット!周囲の可愛い子はだいたい制覇したなw)

憂「律さん♪」ちゅっ

律「ふふっ、うーいちゃん♪」ギシッ

憂「あっ///律さんっ///」どさっ

律「大好きだよ憂ちゃん。ずっといっしょだ///」ちゅっちゅ

憂「ふぁ///律さん、律さんっ///」ぎゅぅ

律「憂ちゃん・・・いくよ?///」

憂「・・・はい///」かぁぁぁ

憂「くー、すー」すやすや

律「憂ちゃんは寝ちゃったか。ふふふ、可愛いかったな~」ニヤニヤ

憂「んん・・・律さん・・・」

律「夢の中でも私といるんだ?ほんっと可愛い子だよ」なでなで

憂「んむぅ・・・」もぞっ

律「ヤバい。吐息がエロくて興奮してきたぞ」


律「こんな時は・・・!>>26だ」

1、憂ちゃんを起こしてもう一回だ!
2、せっかく寝てるのを起こす事は無い。唯の部屋に夜這いだ!
3、気を鎮めるためには寝るのが一番だ!

※終了


律「そうだな。今日はいっぱいしたし、もう寝よう」

憂「すー、すー」

律「おやすみ憂ちゃん。また明日な」ちゅっ

憂「んー、律さ・・・ん///」すやすや

律「憂ちゃん抱っこして寝ようっと」ぎゅっ

律「おおっ!素晴らしすぎるぜ~」ごろん

律「明日は気持ちよく目覚められそうだ」くかー



翌朝

チュンチュンチュン(スズメ)

ゆさゆさ!ゆさゆさ!

律(ん・・・?)

ゆさゆさ!ゆさゆさ!

律(誰かが私の体を揺さぶって、起こそうとしている・・・)

「おきて、ねえおきて」

律「ううっ、憂ちゃんかな・・・?」

目覚めた律の前にいた人物>>33
1、憂
2、唯
3、澪
4、梓
5、和
6、紬

※1


憂「律さん♪起きてください」ゆさゆさ

律「んー、憂ちゃんおはよ」むくっ

憂「おはようございます♪ご飯できてますよ~」

律「おおっ!さっすが憂ちゃん!」

憂「えへへ」

憂「食べていってくださいね」

律「もちろんだ!是非ともいただきます!」

憂「はい♪」

律「むしろいっしょに食いたいよ」

憂「私もですよ~」ニコニコ

律(あ~ほんっっっっとに憂ちゃん可愛いなーチクショー!)

憂「はい、律さんあーん?」

律「えー?て、照れるなぁ///」

憂「えへへ」

律「あ、あーん///」あ~

憂「はい、あーん♪」すっ

律「あむ、もぐもぐ。うまいっ!」

憂「ありがとうございまーす♪」

律「はい、憂ちゃんもあーん」

憂「あーん///」

律「へへっ」ちゅっ

憂「ふむっ!?///律ひゃん///」ちゅぱ

律「んっ、ちゅぱ、れろっ」

憂「あっ、あんっ///律さ・・・っ///」ちゅっちゅ

律「美味しいご飯のお礼だよん♪」ちぃぱちゅっ

憂「んぁ・・・///お姉ちゃんが起きてきちゃいますよぉ///」ちゅっちゅ

律「一人では起きてこないだろ?唯は・・・」さわっ

憂「んん、律さん///」ぞくぞくっ

律(でも本当に起きて来たらマズイな。キスだけで済まれて帰るべきかな?)

>>45
1、このまま続行
2、帰る

※終了


律「ふぅ、ごちそうさま。そろそろ帰るわ」ちゅぱっ

憂「え?もう、ですか?」

律「そろそろ唯を起こさないとなんだろ?」

憂「・・・はい」

律「それとも、唯の前でしたい?///」

憂「なっ!?///」かぁぁぁ

律「へへっ、今度また来るよ。とまりでね」

憂「り、律さん///」

律「じゃなー」

律「ふいー残念だったなー。もう一回くらいしたかったんだけど」てくてく

律「ま、相手の家じゃああんなもんだろ。仕方ない」とことこ

律「あー、でもこの昂ぶりをどうにか鎮めないとな」

律「ん?あれは・・・」

>>58
律が見かけた相手

※詠矢空希


詠矢空希「いやーここが桜ヶ丘かー」

律「あ、全然知らない人だった」

律「お、おーい。>>62じゃん」

※わちゃん


律「おーい、わじゃないか」

和「・・・。・・・・・・。」てくてく

律「お、おいっ!待てって和(のどか)!」

和「あら律。こんな朝からどうしたの?」

律「あ、ああ・・・ちょっと早起きしたからさ」

和「ふーん?また女の子の家?」

律「ブッ!」ぶほっ

和「当たりみたいね」

律「ま、まあ、当たり・・・」

和「はぁ、相変わらずね」

律「あはは~」

和「今度は誰?方角からいって唯か梓ちゃんかしら?」

律「え、えーっと」

和「まさか・・・憂?」

律「するどい!」

和「はあ、また新たな犠牲者が女ったらしの毒牙に」

律「てへっ♪」

和「私を押し倒した時とおんなじ」

律「ぶほぉ!?」ぶはっ

和「どうせ適当な事言って口説いて、後は押し倒して流れまかせなんでしょう?」

律「あ、当たりです・・・」

和「『君だけしかいないんだ』とか?」

律「おおよそ・・・」

和「呆れた」

律「良いじゃん!純愛なんだし!」

和「嘘ついて押し倒す純愛がどこにあるのよ」

律「ううっ・・・」

詠矢空希「いや、よくないっしょ。刑法的に」

律和「えっ?」

和「・・・誰?」

律「いや、知らないよ」

詠矢空希「無理やり押し倒すとかよくないっしょ」

和「話かけて来たわよ」

律「どうしよ?反応した方が良いのかな?」

詠矢空希「いやどうも、おれは詠矢…詠矢空希(ヨメヤ ソラキ)ってもんだよろしくなー 」

律「おい和。名乗り出したぞ」

和「どうしましょう・・・」

和「あの、私たちに構わないでもらえますか?」

詠矢空希「とりあえず、今の段階では『やだね』だ 」

律「おい!好い加減にしろよっ!お前には関係ねえだろッ!!」

詠矢空希「俺が関係してようがいまいが、それが犯罪であることは事実 」

律「ああもう!なんなんだよコイツ!!」

詠矢空希「ただの理屈っぽい高校生ですよ

和「近寄らないで」

詠矢空希「いやー、ゴメン。悪気はなかったんだけどねえ。『論証』に入るとつい熱くなっちまって 」

律「こいつヤバいな」


おしまい!