ガチャ

夏目「どうしたんだ、タキ?」

多軌「静花さんが展望車に来てくれって」

多軌「あ、しのぶさん」

しのぶ「多軌さん・・・。今日も遊んでいかれますか?」

多軌「今は用事があって、また後で来ます。挨拶もその時に・・・」

しのぶ「そうですか・・・、それでは後ほど。失礼します」

夏目「・・・」

多軌「夏目くん?」

夏目「娯楽車の店員さんと仲がいいんだな」

多軌「うん。いつも遊んでいたから声をかけてくれたの」

夏目(タキはタキで自分なりに楽しんでいたんだな)

ポン ポン ポン ポン

多軌「・・・紬さんかな?」

夏目「静花さんだ・・・」

静花「!」

多軌「?」

静花「ビックリしましたわ・・・。つむぎちゃんかと・・・」フゥ

夏目「・・・」

多軌「・・・」

静花「タキさんは知っていますか? 私とつむぎちゃんが知り合いだったということを」

多軌「・・・いえ、知りませんでした」

静花「そうですか。この事をハッキリと知っているのは数人だと思います。
   軽音部のみなさんの中で知っている方は?」

夏目「律さんだけだと思います」

静花「・・・」

多軌「・・・」

静花「つむぎちゃんとは、このままでいいと思っていました」

夏目「!」

静花「私を忘れているならそれでいい、あの子の旅をこんなことで潰してはいけない、と」

夏目「・・・」

静花「ですが、少し・・・。冒険をしてみようと思います」

多軌「・・・」

静花「最終駅で、打ち明けますわ」

夏目「!」

静花「『会いたかった』と一言伝えたいのです」

夏目「ッ!」

静花「正直、怖くて仕方がありませんの。・・・逃げていた分の重みでしょうか」

ポロンポロポロロン

多軌「・・・弾けるんですね」

静花「うふふ、もう随分と触れていませんでしたから、指が動きませんけど」

ポロンポロロロン

夏目「・・・どうしておれに・・・?」

静花「この『音』をつむぎちゃんに聞かせたいのですが・・・」

ポンポロロンポロポロロン

多軌「?」

夏目「どうしてですか?」

静花「昔、あの子と二人で作った『音』です。意味は『安らげる場所』と名づけました。
   リズムもメロディもないただの『音』」

夏目「・・・」

静花「この『音』を――」

菜々子「あーぁ、バーカだね~」

静花「む・・・!」

菜々子「あんたが弾かないと意味ないじゃないか。夏目かタキちゃんに弾かせようって発想がダメなんだよ」

静花「しょ、承知していますわよ!」

菜々子「はぁ・・・」ヤレヤレ

多軌「すいません、静花さん・・・」

夏目「おれもピアノは弾けない・・・」

静花「ですわよね~!」

菜々子「あーぁ、テンパってるよ・・・情けない・・・」

夏目「琴吹さんを探してきます」

静花「あ、え、えっと・・・」オロオロ

菜々子「試してみろって」



―――――売店車


店員「いらっしゃいませ~」

夏目「買い物じゃなくて、挨拶にきました」

店員「あ・・・、そうですねぇ。次で降りられてしまうんですよねぇ」

夏目「・・・はい。楽しい旅が出来ました、ありがとうございました」

店員「・・・」

夏目「・・・」

店員「はい。そう言ってくださるととても嬉しいです」ニコニコ

夏目(いつも変わらない笑顔で接してくれたから・・・いつも気持ちが上を向けた・・・)

紬「ちひろさん、いつもの茶葉をお願いします」

ちひろ「は~い」

夏目「あ、いた・・・」

紬「?」



―――――展望車


菜々子「おい、こら」

静花「なんですの?」

菜々子「あんたが座るのはこっちじゃなくて、ピアノの椅子だろ!」

静花「紬さんが弾いているじゃないですか。それに・・・落ち着く時間も必要ですわ」

菜々子「・・・あぁ、そうかい」ハァ

多軌「・・・」

ポンポロロンポロポロロン

夏目「・・・?」

静花「・・・今の『音』」



唯「むぎちゃん、今のは?」

紬「うふふ、出鱈目に弾いてみたの。だから特に意味なんてないのよ」

唯「なんだ、出鱈目かぁ~」

律「そんじゃ最後の演奏よろしくな~」

澪「私たちも座ろう」

梓「・・・ヴェガで過ごす最後のティータイムなんですね」

紬「あずさちゃん・・・」

梓「・・・」

紬「あずさちゃん、この旅は終わってしまうけど、私たちが一緒に過ごす時間はまだ終わらないわ」

梓「・・・はい」

紬「今のこの時間、この場所でしか楽しめないことがある」

梓「そうですね・・・!」

紬「よぉーし」フンス!

ポン ポロロ ポロ ポロ ポン ポロ ポロロン

律「~♪」

唯「アラベスクっていいね」

澪「・・・」

静花「・・・あの頃と・・・少しも変わっていませんわね」

夏目「・・・」

秀輝「最初に聞いたのもこの曲だったような・・・」

梓「そうです。私が唯先輩のギー太を弾いてセッションしたんです」

唯「そうだったね~、随分前のような気がするよ~」

多軌「聞いてみたかったな・・・」

菜々子「そうだね・・・」

静花「・・・」

律「むぎが松本でやった教師ごっこだけどさ、あれの風習ってどこなんだろうな?」

澪「なんだ、いきなり」

律「なんとなく気になってな。
  お茶とお菓子があってくつろげる場所ってさ、部室でもあるじゃん?」

澪「・・・うん」

唯「むぎちゃんが作り上げる空間ってことだね?」

梓「・・・そうですね」

菜々子「私は人づてに聞いた話だから、詳しくは知らないんだよねぇ・・・」チラッ

静花「・・・」

菜々子「縁側にお茶が用意されていて、家の主人がいなくても勝手に飲んでいい・・・」

唯「お茶をお菓子を食べながらおしゃべりして、暑い時間を過ごそうという南国のお話だね」

律「・・・」

静花「沖縄ですわ」

菜々子「・・・」

唯「沖縄の話なの?」

静花「えぇ、まだ私が幼かった頃になりますが、そういう話を見つけたことがあります。 
   とても優しくて美しい時間だと幼心ながら感じ取ったものです」

律「・・・そうですか」

澪「・・・」

唯「沖縄か~・・・。そこまで線路が続いていたら行けたのにね~」

澪「それはまた壮大な話だな」

多軌「クスクス」

ポロロロロン

律「あ、終わった」

梓「シーサーも沖縄の守り神だったような・・・」

澪「?」

秀輝「・・・やっぱり」

多軌「・・・」

律「よかったぜー、むぎ」

唯「ブラボーだよ」

紬「うふふ、ありがとう」

静花「素敵な演奏でしたわ」

紬「あ・・・、はい・・・!」

夏目(嬉しそうな・・・表情するんだな・・・)

唯「貴志くんは荷物の整理終わった?」

夏目「は、はい」

唯「そっか、偉いね」

梓「それが普通なんですよ、唯先輩」

唯「えへへ~」

多軌「?」

律「私たちも手伝ったんだよ、唯の部屋の片づけをな」

多軌「な、なるほど・・・」

夏目(・・・時間が流れていく)

秀輝「律こそ荷物大丈夫なのか」

律「当たり前のこと聞くなよ」

澪「・・・」

律「な、なんだよその目は」

澪「別に・・・」

秀輝「・・・う」グサッ

唯「どうしたの、秀輝くん?」

秀輝「な、なんでもないよ・・・」

律「傷口が染みるんだよな! あはは!」

秀輝「その傷口に塩を塗っているのはあなたですけどね!」

律「んー、ひよこ饅頭うめえな~」モグモグ

多軌「どうしてひよこなんでしょうね」モグモグ

風音「そうですね、もみじ饅頭は枯葉を饅頭に象っていますから面白いですけど」モグモグ

ピノ『おいしそうです、ご主人様』ピピッ

夏目「いつの間に・・・」


ピョン

多軌「あ・・・、夏目くんの肩に・・・」

梓「ピノっ! こっちにもおいで!」ポンポン

ピノ『お世話になりましたわ』ピピッ

夏目「なにもできなかったけど・・・」

ピノ『そんなことないですわ。ご主人様もみなさんのおかげで前を向けたと仰っていました』

夏目(どんな形でも、大切な思い出との別れは悲しいからな・・・)

ピノ『みなさんに挨拶するのだわ』

ピョン

紬「あら・・・?」

ピノ『お世話になりました』ピピッ

紬「うふふ」

梓「ピ、ピノ?」

律「がっつくと来るものも来なくなるぞ」モグモグ

菜々子「そうだね。肩の力を抜いたほうがいいかもしれないね、梓は」

梓「そ、そうですか・・・」

多軌「ピノちゃんおいで」

ピョン

ピノ『永遠のライバルですわ』ピピッ

多軌「元気でね」

ピノ『あなたも、末永くお幸せに』ピッ

風音「みなさんに遊んでもらって楽しそうです」

夏目「・・・そうだな」

梓「ピノ、おいで」サワヤカ

紬「今のあずさちゃんの声透き通っていたわ」

律「無駄にな・・・」

ピョン

秀輝「ん? こっちに来ちゃったか」

梓「そんな・・・っ」

多軌「落ち着いて落ち着いて」

梓「・・・落ち着け、私」フゥ

静花「菜々子さん、分かっていますわね」

菜々子「あぁ・・・負けられないね」

澪「なにを始めるんですか?」

静花「ピノさんが私と菜々子さんのどちらの手に乗るのか・・・という勝負ですわ」

菜々子「動物は本能で敵か味方かを判断するんだよな、風音」

風音「は、はい・・・」

夏目「・・・」

静花「やはり、自然界で暮らす菜々子さんに分があるというものでしょうか」ゴクリ

菜々子「ぐっ・・・! 腹が立つ!」

唯「秀輝くん、ピノちゃんをテーブルへ座らせておくんな」

秀輝「はいよ。元気でな、ピノ」

ピノ『あなたもお元気で』ピピッ

風音「・・・」

静花「さ、心優しき私の掌にお乗りなさいな」スッ

菜々子「ピノ」スッ

梓「・・・」スッ

澪「参戦してる・・・」

ピノ『確かに優しそうな匂いがします』クンクン

紬「静花さんに近づいた・・・!」

静花「・・・!」

ピノ『あなたもいい匂いがしますわ』クンクン

律「おっとぉー、姉御に近づいたー!」

菜々子「・・・!」

ピョン

梓「あ・・・!」

静花菜々子「「 な・・・! 」」

ピノ『気まぐれなのだわ』ピピッ

梓「お・・・ぉ・・・!」フルフル

紬「感激しているのね・・・」

律「ただ予想外の展開についていけないだけじゃないのか?」

多軌「しっかり、梓!」

梓「こんな重さだったんだ・・・!」

秀輝「実感して分かる命の重さ・・・みたいな」

風音「・・・」

梓「元気でね・・・」

ピノ『あなたは何も知らない子どもですわ』ピピッ

夏目「・・・」

ピノ『ご主人様のように、ゆっくりと大人になってくださいな』ピッ

梓「・・・」

ピョン

風音「みなさん、私はここでお別れします」

紬「え・・・?」

風音「一人で降りて、ちゃんと自分自身でゴロウとの別れを迎えたいと思います」

夏目「・・・」

風音「・・・長い間、とても楽しかったです。いつまでもお元気で、さようなら」ペコリ

紬「・・・」

夏目(振り返ることなく・・・行ってしまった・・・)

澪「・・・」

律「・・・」

唯「・・・っ」

梓「・・・」

多軌「夏目くん、そろそろ・・・」

夏目「・・・うん。おれたちも準備してきます」

静花「えぇ、ホームで待っていますわ」

菜々子「それじゃ、後でな」

夏目「はい」

秀輝「・・・」

ガチャ

夏目「あ、タキ・・・先生を渡すから待っててくれ」

多軌「うん」

秀輝「・・・」

バタン

バコーン

多軌「?」


59