――

梓「よし、うまくいった!」グッ

澪「・・・」

梓「大村さんが先生と一緒に乗ってくれて助かった」シメシメ

澪「・・・なぁ、梓」

梓「は、はい」

澪「どうしてそんなに夏目とタキを・・・?」

梓「そ、それは・・・」

澪「?」

梓「どうしてでしょうね・・・?」

澪「応援したいだけじゃないの?」

梓「あ、あれ・・・。どうしてだろう」ハテサテ

唯「」スヤスヤ




――

秀輝「話を聞いた限りじゃ、つり橋効果っぽいけど・・・ま、いいか」

レイコ「・・・」

秀輝「ヒノエって妖は来ていないんですか?」

レイコ「あぁ・・・。ヤツは列車で大人しくしているさ」

秀輝「・・・一人で」

レイコ「・・・ふん」

どろん

先生「このまま降りたらどうなるか」ニャフフ

秀輝「夏目が怒ると思う」




――

静花「手を握っていたんですか?」

紬「はい。バッチリと」キラン

菜々子「へぇ~、夏目とタキちゃんがねぇ」

律「それがきっかけになるんなら・・・いいのかな」



――


夏目「タキ・・・?」

多軌「な、なにかな?」

夏目「落ち着かない様子だから・・・」

多軌「え、えぇと・・・」

夏目「・・・」

多軌「・・・」アセアセ

夏目「綺麗だな」

多軌「え、あ・・・夕陽ね・・・。うん、綺麗」

夏目「・・・」フゥ

多軌「どうしたの?」

夏目「なんていうか、色々振り回されてて・・・。少し大変だ」

多軌「軽音部のみんなに、だよね・・・?」

夏目「うん・・・」

多軌「・・・」

夏目(この大変さに慣れてしまったら・・・)

多軌「ねぇ、夏目くん」

夏目「?」

多軌「どうして大村さんの記憶はそのままなの?」

夏目「先生が妖だってこと?」

多軌「・・・うん」

夏目「秀輝はそれを誰かに言うことはないからだよ。
   第三者の陰口とか、噂話には一切興味を持たないんだ」

多軌「・・・」

夏目「相手がどういう人なのかを自分で判断しているから、そう思える」

多軌「もう、親友みたいだね」

夏目「・・・どうかな。おれと秀輝が似ているからだと思う」

多軌「?」

夏目(『見えない』なにかに怯えていたんだ、おれも秀輝も)

多軌「・・・」

夏目「・・・」

多軌「・・・太陽が沈み始めたね」

夏目「一日が終わるんだな」

多軌「ふふっ、初めての遊園地だけど、とても楽しかった」

夏目「・・・うん」

多軌「最初に乗った絶叫マシンが印象強いけど、ウォーターアトラクションも楽しかったね」

夏目「あぁ、惑星アクアだっけ。定員が10名だから秀輝がじゃんけんに負けて乗れなかったヤツ」

多軌「そうそう。ニャンコ先生が一番楽しんでいたからみなさん驚いてて」クスクス

夏目「人間社会に溶け込んでいたよな」

多軌「水も少しかかって」

夏目「夏だから、ちょうどよかったよな」

多軌「・・・・・・うん」

夏目「・・・」

多軌「そろそろ太陽が見えなくなるね・・・・・・」

夏目「・・・・・・あぁ」

夏目(明日のこの夕陽を見る頃には・・・)

多軌「ここが頂上なんだね」

夏目「結構高いんだな」

多軌「・・・うん。遠くまで見渡せる」

夏目「あぁ・・・遠くまで・・・」

多軌「ちょっと大人になったみたい」

夏目「え?」

多軌「夏目くんが・・・。遠くを見つめる目に期待と力強さが宿っていた・・・気がする」

夏目「・・・」

多軌「だ、だから・・・そんな・・・夏目くんが・・・」ドキドキ

夏目「・・・」ジー

多軌「あ、あれ・・・? わ、私ったらなにを・・・言おうとしていたんだろう」ドキドキ

夏目「タキ・・・」ジー

多軌「な、なに!?」

夏目「あれ・・・ニャンコ先生だよな・・・」

多軌「・・・え?」

――

先生「おぉーい、にゃつめぇー」フリフリ

秀輝「この角度なら上のゴンドラにいる琴吹さんたちには見られないよな」ハラハラ

先生「二人ともびっくりしておるわ」ニャフフ

秀輝「いや、・・・夏目の形相が・・・やばい」



――

夏目「せんせい・・・!」ゴゴゴゴゴ

多軌「・・・」フゥ


ガチャ

「ありがとうございました、足元に気をつけてお降りください」

梓「どうもです」

唯「どうして起こしてくれなかったの~」シクシク

澪「・・・悪かった」

梓「ちょうどタキたちのゴンドラが頂上に差し掛かった時が伝説の時でぴったりです!」

唯「なに言ってるか分からないよ」シクシク

澪「・・・ほら、通行の邪魔だから」



ガチャ

「ありが――」

レイコ「・・・大したこと無いな」

「――とうございました」ガーン

秀輝「お、俺は楽しかったですよ、このアトラクション」

「またどうぞー!」

秀輝「なんでフォローしているんだろう」



ガチャ

「ありが――」

菜々子「お前が凝視しているからタキちゃんと目が合ったんだよ!」

静花「まぁ! 自分のことは棚に上げてよくもそんなことが言えますわね!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁ」

律「あはは・・・」

「ございましたー・・・」



ガチャ

「ありがとうございました」

夏目「どうも」

多軌「・・・」ペコリ

「・・・くっ」

「おいこら、新入り真面目にやれ」

新「今日で何組目のカップル誕生っすか!」

「それは後で聞いてやるから、な?」

新「うぅ」シクシク

「あの二人は丁度いい時間帯だったな」

新「こんなに効き目があるジンクスなんすね」

「雰囲気に流されそうになるんだと。いいから仕事しろ!」

澪律「「 タキ! 」」

紬「おいでおいで」

梓「・・・」ニンマリ

多軌「?」

タッタッタ

唯「ん~・・・、変な夢見ちゃったよ」

秀輝「どんな?」

唯「どんぶらこと川に流される夢だよ」

秀輝「それは変だね・・・」

夏目「静花さんたちがこっちを見ていたから助かったものを・・・!」

レイコ「見られていないならそれでいいではないか」フンッ

静花「ごらんなさい、菜々子さん。あの星があなたの明日を悪い方へ導いてしまうのですわ」

菜々子「あぁそうかい、それじゃあ今すぐ砕かないとねぇ」

秀輝「なにかを、ごまかしてます?」

律「どうなった?」ワクワク

澪「うんうん」キラキラ

紬「うふふ」

多軌「なにが・・・ですか?」

梓「伝説は成就された?」

多軌「伝説ってなに?」

梓「・・・・・・・・・・・・あれ」

律「おい、中野・・・。タキに話していないんじゃないのか・・・」

梓「あ・・・・・・」タラタラ

紬「冷や汗かいてるわ・・・。そうなのね」

梓「・・・はい。忘れていました」

律「うわ、伝説を創った意味がねえ・・・」

澪「もう一回乗ろうか」

律「もう日が沈んだぞ」

多軌「???」

梓「輝く星空の下~ってのはどうですか?」

紬「採用です」

律「伝説の安売りすんな!」

澪「はぁー・・・」

多軌「伝説って・・・もしかして、私と夏目くんがそういう雰囲気になると・・・?」

紬「そうです」

多軌「・・・だから私たちを見ていたんですね・・・?」

律「ぴぃ~ぷぅ~」

紬「えっと、あの星の位置関係からすると・・・明日の運勢は悪くないわね」

澪「いつから占星術が使えたんだ、むぎ・・・」

多軌「・・・」

紬「で、でもゴンドラ内の雰囲気は悪くなかったわ」

律「そうだそうだ!」

梓「開き直りましたね」

多軌「私と夏目くんは・・・友達ですよ?」

梓「な・・・」

澪「・・・なんですと」

多軌「私はただ、夏目くんの力になりたいだけなので・・・」

紬「力?」

多軌「あ、えっと・・・。地元では色々と大変なんです。だからその手助けになりたくて」

梓「・・・」

律「・・・マジか」

多軌「・・・はい。今はそういう関係にはならないとハッキリしました」

紬「ほほぅ」キラン

澪「そうか・・・」

律「そんなら、これ以上とやかく言う権利はないな」

梓「支えていると思うよ」

多軌「え・・・?」

紬「ヴェガに戻りましょうか」

梓「そうですね。充分遊びましたことですし」

律「さぁーてと、夕ご飯はどこで食べるべさー」

澪「そういえば、結局ラーメン食べてないな・・・」

紬「屋台でラーメンね」キラン

梓「いいですね! こってりラーメン希望です!」

多軌「梓・・・ひょっとして・・・」

梓「なに?」

多軌「・・・ううん、なんでもない」



―――――中州


「はいよっ、お待ち!」

律「うんましょー」ジュルリ

澪「しょー、だって」プクク

律「な、なんだよー」

澪「いや、相当お腹空いているんだと思ってな」

律「ふんっ」

静花「つむぎさん、お箸を・・・」

紬「はい、どうぞ」

静花「これは爪楊枝ですわ」

紬「・・・」ションボリ

静花「え・・・?」

菜々子「ひねりのないツッコミ入れてんじゃないよ」

秀輝「まったくですよ」

梓「どうぞ」

秀輝「これお箸だよね・・・」

梓「・・・」

律「ひねりがないな・・・、見損なったぜ秀輝・・・」

秀輝「敢えてボケろと・・・!」グサッ

紬「りっちゃん、爪楊枝よ」

律「頼んでねえぞ」

紬「そうよね・・・」ションボリ

梓「逃げましたよ、律先輩!」

律「うるさーい」

唯「お箸が回ってこないよ」シクシク

澪「唯、サービスでいただいたよ、もやし」

唯「お箸がないとつかめないんだよ」シクシク

レイコ「ずるずるっ」

夏目「もぐもぐ」

多軌「我関せずの二人なのね・・・」

紬「おいしかったぁ~」

律「4つ星認定だな」

澪「はいはい」

唯「おいしかったね、あずにゃん」

梓「はい、こってりしていて・・・、
  唯先輩元気ないですね、眠りたいんですか?」

唯「うーん・・・。旅の疲れかなぁ・・・?」

菜々子「それじゃヴェガに戻ろうか」

静花「そうですわね。いい頃合ですわ」

律「ソーマ飲まないからだぞ、唯!」

唯「うぅー・・・飲めばよかったよ~」

律「ソーマってなんだ?」

澪「昨日飲んだ薬みたいなものだ。名前の由来なら知らないぞ」

律「ソーマ・・・ソーマ・・・?」

澪「?」

レイコ「ふぁ・・・」

夏目「先生も疲れたのか?」

レイコ「まぁな・・・」

夏目「色んなアトラクションに乗っていたからな」

多軌「楽しかったね」

レイコ「どれも大したことなかったがな」

夏目「それでも乗り続けていたじゃないか」

レイコ「ふんっ」

多軌「クスクス」


57