テッテッテ

秀輝「・・・」

夏目「・・・なぁ、秀輝」

秀輝「・・・ん?」

夏目「琴吹さんにそれを教えたのって・・・」

秀輝「態度で分かるよな・・・」

夏目秀輝「「 静花さんだ 」」

唯「ギャラクシーシアターだよっ!」

澪「ヴィーナスGPも捨てがたいんだっ!」

唯「それは後回しにしようよ!」

澪「待ち時間がもったいないんだ!」

律「じゃあ中間をとって、エイリアンパニックエボリューションにしようぜ」

澪「映画なんて後でいいじゃないか!」

唯「ジェットコースターも後でいいよ!」

律「無視すんなよ!」

梓「こうなっているんです」

紬「まぁ・・・」

多軌「スペース・アイっていいなぁ」

澪唯「「 観覧車だぞ(だよ)! 」」

多軌「ッ!」ビクッ

律「脅すなよ」

唯「あずにゃん行こう!」グイッ

梓「え!?」

澪「行くぞ、むぎ!」グイッ

紬「あら!?」

唯「りっちゃんも行くよ!」グイグイ

梓「むぎせんぱ~い!!」ズルズル

律「へいへい」

澪「りつ!?」

律「いや、どっちかっていうと・・・な」アハハ

澪「りつ・・・!」

レイコ「・・・」

多軌「えっと・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・」

澪「みんな、ワガママを言って場を乱してしまった・・・ごめん・・・」ションボリ

紬「わ、私は澪ちゃんと一緒にヴィーナスを選ぶわ!」

多軌「わ、私も!」

澪「・・・う、うん!」

秀輝「俺は平沢さんに伝えてくるから、また後でここに集合な」

夏目「あ、あぁ・・・」

秀輝「俺もシアター行って来る!」

タッタッタ

澪「夏目は?」

夏目「あ、えっと・・・一緒に行きます」

澪「そ、そうか・・・」

レイコ「・・・」

夏目「おれも遊園地は初めてなので・・・」

澪「最初に絶叫系に乗っても大丈夫かな?」

夏目「・・・どうでしょう」

多軌「・・・」ドキドキ

レイコ「・・・ふぁ」

紬「お姉さんは緊張していないみたいね」

レイコ「所詮人間が作ったものだ、たかが知れてる」

澪「おぉ・・・」

紬「た、たしかに・・・」

夏目(また危ない台詞を・・・!)

「次の列の方どうぞー!」

夏目「ちょっと緊張してきた・・・」

澪「スリルも楽しまなきゃ損だぞ!」

夏目「は、はい」

多軌「・・・ッ!」ドキドキドキドキ

レイコ「・・・」

紬「・・・この緊張感がいいのよね」ゴクリ

「それでは安全バーを降ろしまーす!」

シュー

レイコ「なんだこれは」

夏目「これで体を固定するんだな・・・」

多軌「心臓が・・・っ!」バクバク

プルルルルルルル

澪「発車だ!」キラキラ

ガシャンガシャン

レイコ「なんだ、この程度の高さか」

澪「え!?」

夏目(先生は空を翔けることが出きるからな・・・。けど、スピードは慣れていないはず・・・)ゴクリ

紬「タ、タキちゃん・・・大丈夫?」

ガシャンガシャン

多軌「こ、怖いです・・・!」バクバクバクバク

紬「怖かったら隣にいる夏目さんに頼っていいのよ!」

夏目「え!?」

澪「落ちるぞ!」ワクワクキラキラ

ゴォォォォオオオオオオオオオオオ


「ありがとうございましたぁー」

澪「楽しかったぁ」キラキラ

レイコ「ふむ。こんなものか」

多軌「ご、ごめんね・・・夏目くん・・・」

夏目「い、いや・・・」

紬「録画」ジー

多軌「手・・・痛くなかった?」

夏目「大丈夫だけど・・・握力あるな、タキは」

澪「デリカシーに欠けてるぞ夏目!」バシッ

夏目「いつっ!」

澪「爽快感がクセになるな・・・。夏目はどうだった?」キラキラ

夏目「えっと・・・」

秀輝「おーい!」

梓「むぎせんぱ~い!」

紬「あ・・・」

唯「・・・」

澪「唯・・・」

唯「ごめんね・・・澪ちゃん・・・」

澪「私もムキになって・・・悪かった・・・」

律「楽しかったみたいだな、そっちは」

レイコ「大したものじゃなかったけどな」

律「お姉さんはそんな感想か・・・」

紬「りっちゃんたちはどうだった?」

律「普通だった・・・」

唯「・・・うん。普通だったよ」

秀輝「普通だな」

梓「楽しんでいたの私だけですか!?」

夏目「よかったじゃないか」

梓「まぁ・・・うん・・・。それはそうと、タキの様子が変だけど・・・?」

多軌「・・・え、えっと」

律「夏目はどうだったんだよ、楽しかったか?」

夏目「初めてのアトラクションだったけど、平気みたいです」

律「ふーん・・・。つまらない感想だな」

夏目「」ガーン

秀輝「初めての感想がそれじゃあな・・・」

澪「次は唯が決めてくれ」

唯「いえいえ、澪さんがお決めなさってくだせえ」

澪「いやいや」

唯「いえいえ」

律「それじゃ、エイリアンパニック」

澪「むぎが決めてくれ」

唯「そうだね」

律「無視すんなってば!!」

紬「いい時間だからお昼とらない?」

レイコ「よし、そうしよう」

唯「おいしぃね」

澪「うん。もぐもぐ」

梓「さっきからタキの様子が変なんですけど、余程怖かったんでしょうか?」

紬「そういうのじゃないのよ、あずさちゃん」キラン

律「どういうのなんだ・・・?」

多軌「・・・」モソモソ

秀輝「・・・」

レイコ「ずるずるっ」

夏目「周りの目を気にしてくれ先生・・・」

梓「えっ!? 夏目とタキが手を」フガッ

紬「あずさちゃん! 声が大きいわ!」

梓「ふぐぐ」

律「ほほぅ」キラン

秀輝「・・・くっ」

律「秀輝・・・元気出せ・・・」シクシク

秀輝「優しさって残酷だよな・・・失恋した心が痛いよ」シクシク

律「知っててやってんだよ」

秀輝「鬼かおまえは」

律「へへっ」

秀輝「まぁ・・・楽ではあるけどさ」

夏目「?」

多軌「・・・」チラッ

夏目「もぐもぐ」

梓「いい感じで意識していますね」ウキウキ

紬「そうね」ワクワク

レイコ「食堂車ほどではないが、うまいな」

澪「はい、おいしいですね」モグモグ

律「早く食べ終えてアトラクションに乗ろうと真面目に食べてるな澪は・・・」

紬「なんだか、焦れったいわね・・・」

梓「そうですね! どうしましょう!」

「梓弓 引かばまにまに依らめども 後の心を知りかてぬかも――」

紬「?」

「エリサ・・・それ高校の時にも言っていたよね」

エリサ「おめさ、覚えているっちゃ!?」

「・・・う、うん。懐かしいけど、どうしたのいきなり」

エリサ「そっちにいる二人さ見てたら急に思い出したっちゃ。は、恥ずかしいべ」カァァ

「?」

紬「すいません、今の和歌ですよね。二人とはもしかして」チラッ

多軌「・・・」モソモソ

夏目「・・・」モグモグ

レイコ「ん?」

紬「・・・ですよね?」キラン

エリサ「そうだっちゃ。きっといい関係にちがいね」

梓「むぎ先輩、今の訳を教えてくれませんか?」

紬「えっと・・弓を引くように・・・・」

エリサ「今訳をしてはいけないっちゃ!」アセアセ

紬「?」

「エリサ・・・?」

エリサ「な、なんでもね。時間さもったいねえから、次行くべ」

「う、うん・・・」

エリサ「私たちはこれで、失礼するな」

紬「は、はい」

梓「・・・金髪で訛りがあり、和歌を詠むなんてとても輝いてますね」

唯「あの方言は仙台弁だね」

夏目「どうして知っているんですか・・・?」

唯「仙台で聞いたんだよ~」

秀輝「あの人は、なんだか心が大和撫子って感じだ」

律「うむ。カップルか、昨晩の二人を彷彿させるな」

澪「・・・うん」

多軌「伝説かぁ・・・」

夏目「今の訳ってなんですか・・・?」

紬「タキちゃん、りぴーとあふたーみー」

多軌「は、はい・・・?」

澪「夏目は心して聞くように」

夏目「?」

紬「――。」ゴニョゴニョ

多軌「梓弓 引かばまにまに依らめども 後の心を知りかてぬかも――」


  弓を引くように、本気で私を引っ張ったなら、お誘いのままに靡きましょうけれど、

  一度許したのち、あなたの心はどうなるか、私には判りかねます。


秀輝「――という万葉集の和歌だ」

夏目「それとタキとどう関係があるんだ・・・?」

秀輝「トウヘンボクめ・・・!!」

夏目「・・・」

秀輝「おっと、馬に蹴られてなんとやらだな。・・・なんでもない」

夏目「・・・?」

紬「静花さん! こっちです!」

律「姉御ー!」

静花「待たせてしまいましたか?」

紬「いえいえ、アトラクションに乗って遊んでいましたから気になりませんでした」

菜々子「お待たせ、楽しんでる?」

律「もちです。これからも楽しむんですぜ!」

多軌「・・・」

梓「タキ、どうかしたの?」

多軌「え? どうして?」

梓「言葉数が少なくなっているから・・・」

多軌「そ、そうかな・・・」

梓「・・・うん」

多軌「な、なんでもないよ」

梓「相談してくれない・・・・・・!」

紬「あずさちゃん、焦りは禁物よ」

梓「そうですね」

レイコ「どうでもいいが、次はなにに乗るんだ?」

夏目「楽しんでるのか、先生!?」


――・・・


静花「久しぶりに遊び通せることができて楽しかったですわ」

紬「私も楽しかったです」

静花「そうですか、それはよかったです」

紬「うふふ」

夏目「・・・」

秀輝「思い出しているような気がするけど・・・」

律「どうだろうな・・・」

夏目「律さんも気づいていたんですか?」

律「まぁな・・・。静花さんとむぎを見ていると、むぎと梓の間にあるものを連想してしまうんだ」

秀輝「・・・」

律「だから、あの二人が繋がっていると確信しているんだけど・・・」

夏目「・・・」

梓「伝説を創りましょう」

唯「なにを言い出すの、あずにゃん」

澪「これから大観覧車に乗るんだけど・・・」

律「そろそろ私たちの番なんだけど・・・」

菜々子「もうすぐ日没になるんだけど、この状況で伝説を創るって?」

梓「そうです。今がとてもいい時間帯なので創造するにはうってつけです」キリ

紬「いいわね」キリ

律「楽しそうだけど、その心意気はなんなんだよ」

レイコ「もぐもぐ」

夏目「先生、ゴミをそのまま捨てないでくれよ」

唯「・・・ふぁあ」

澪「唯、疲れたか?」

唯「うん~・・・、ちょっとだけ・・・」

梓「大観覧車の頂上にさしかかったその時、二人を包む夕陽の中、
  告白して生まれたカップルは~ってどうですか?」

静花「どうですかって・・・言われましても・・・」

紬「採用です」

梓「ありがとうございます」

澪「たった今、伝説が生まれたのか」

律「こんなインスタント風でいいのかよ・・・」

秀輝「もっとこう・・・なんていうか・・・」

「次の方どうぞ~」

唯「はいよ~! 行くよあずにゃん!」グイッ

梓「ちょっ! 待ってください!」

タッタッタ

澪「私も一緒に乗ってくる。むぎ、頼むな」

紬「任せて」キラン

秀輝「なるほどね」

「次の方どうぞー」

秀輝「先生、俺と乗りましょう」

レイコ「ん?」

律「待ておまえ! 失恋中だろ!」

秀輝「それを大声で言うな!」

レイコ「まぁいいだろう」

紬「まぁ・・・! 予想外の展開!」

「次の方~」

紬「はーい。行きましょう静花さん、菜々子さん」

静花「・・・邪魔ですわね」ジロ

菜々子「・・・おまえがな」ジロ

律「私を置いてくなよ~!」

タッタッタ

多軌「あはは、大丈夫かな」

夏目「あれ? 後はおれたちだけ・・・だな」

多軌「え・・・! ほ、ほんとうだ・・・!」

「次の方どうぞ~」


56