夏目「・・・」

レイコ「どうだ?」

夏目「とても落ち込んでた・・・」

レイコ「どうなろうと、今更変わらないだろう」

美弥「驕りがある言い方になりますが」

夏目「?」

美弥「秀輝さんは、変わられましたよ」

菜々子「秀輝が・・・」

静花「・・・羨ましいですわね」

菜々子「静花、あんたはどうするんだい」

夏目(琴吹さんに・・・?)

静花「私を思い出すその時まで、今のままでいさせてください」

菜々子「・・・」

静花「その時がどんな結果になろうと、受け入れる覚悟がつきました。
   今は、彼女の旅を見守りたいですわ。後ろ向きな意味ではなく・・・」

菜々子「そうか・・・」

レイコ「おい夏目、これはなんだ」

夏目「ん・・・? それは・・・ソーマだな・・・使ってなかったのか先生」

レイコ「お酒と一緒に貯蔵してあったんだ」

夏目「ヴェガのどこに隠していたんだよ」

美弥「お姉さんのお部屋にですね」

レイコ「そういうことだ」

夏目「・・・まったく」

舞佳「へい、おまち!」

梓「来ましたね・・・」ゴクリ

紬「そんなに睨み付けるなんて・・・どうしたの?」

梓「試練なんです」

紬「山葵と対決なのね」

澪「頑張れ、梓。カツオください」

律「意気込みすぎじゃないのか・・・。私もカツオ~」

舞佳「はいよ~」

梓「いざっ」パクッ

唯「真剣勝負なんだよ・・・」

梓「もぐもぐ」

紬「どう・・・?」

梓「あ、私イケる口ですね。食わず嫌いしていたみたいです」

多軌「・・・あっさりだね」

舞佳「ん? わさび入れてもよかったのかい?」

梓「え・・・」

紬「あら」

舞佳「ネコちゃんはわさび抜きだと思ってたよ」アハハ

梓「・・・」

紬「あら、勘違い・・・」

岩瀬「はい、カツオおまちどうさま」

澪「はむ・・・もぐもぐ」

律「もぐもぐ」

澪律「「 っ~! 」」ツーン

梓「律先輩いただきますね!」パクッ

唯「勇猛果敢だね」

梓「にゃふっ!?」

岩瀬「・・・少し多めに入れてしまいました」

澪「食べ終えた時の爽やかさはクセになるな」

律「そこまでじゃないけどな」

梓「・・・ぅぅ」シクシク

レイコ「ネコに刺激物はいかんぞ」

夏目「語るなよ・・・」

梓「うっ・・・ひっく・・・」シクシク

多軌「ご、ごめんね強く勧めちゃって・・・」

舞佳「ごめんね~、はい、ガリ」

梓「・・・ぅ・・・っ・・・ひっく・・・」シクシク

唯「あずにゃん・・・」ウルウル

律「わさびだ、わさびが涙腺を刺激しているんだ。唯はなんでだ」

唯「もらい泣きだよ・・・」シクシク

紬「あずさちゃん、動かないでね」

梓「?」シクシク

紬「うふふ」フキフキ

梓「あ・・・」

紬「・・・これでよし、ね」

梓「ありがとう・・・ございます」

紬「そろそろ戻りましょうか」

澪「そうだな」

夏目「あ、みなさんに飲んで欲しいものがあるんです」

澪「ん?」

レイコ「これだ、ソーマという」

律「ソーマ・・・?」

夏目「旅の疲れを癒す栄養補給みたいなもので・・・」

唯「え~、私たちまだ若いから要らないよ?」

夏目「・・・それもそうですね」

澪「私はいただくかな」

律「なんで?」

澪「明日のためにだ。くれないか、夏目」

夏目「ど、どうぞ」

紬「明日存分に遊べるのね・・・」フムフム

澪「・・・ごくり」

律「じゃ、私も」

紬「いただくわね」

澪「・・・ふむ。苦くも無く渋みも無く味すら無い・・・」

律「・・・効くのか、これ?」

夏目「はい」

レイコ「・・・ふぅ~」

美弥「ほろ酔いといったところでしょうか」

静花「そうですわね、体がポカポカしてきましたわ」

菜々子「夏だけどな。おいしかったよ、ごちそうさま」

美弥「ごちそうさまでした」

レイコ「うむ。ただ酒だから気にするな」

舞佳「そろそろ帰るのかい? デザートをサービスしちゃうからもう少し待っててねん!」

唯「デザート!?」キラン

梓「すいません、最後に山葵リベンジさせてください」

舞佳「いいけど・・・。なににする?」

梓「締めですから・・・ひらめを」キリ

レイコ「わさびでムキになるとはな・・・」

梓「む・・・」カチーン

夏目「先生も山葵嫌いだろ・・・」

多軌「・・・そうなの?」

夏目「うん・・・。ネコ化しているから」

多軌「あぁ・・・なるほど」クスクス

律「ソーマとやらを飲んでも、大して変化はみられないな・・・」

澪「・・・うん」

紬「そうね・・・。少し体が重く感じたくらいかしら」

澪「っ!」ギクッ

舞佳「へい、ラストオーダーおまち!」

梓「どうもです。・・・どうぞ、先生も一貫食べてください」

レイコ「・・・いらん」

梓「澄ましている割りに臆病なんですね」

レイコ「なんだとぉ・・・?」ピキピキ

夏目「・・・ハァ」

レイコ「いいだろう・・・。ネコ娘に舐められていては高貴な私の品位が損なわれる」

梓「ネコ娘っていうな!」

多軌「・・・」

律「どうして敵意をむき出しにしているんだ・・・?」

菜々子「相性が悪いのかねぇ・・・」

静花「それとは違う気がしますが」

美弥「・・・そうですね」

紬「?」

舞佳「どうぞ、召し上がれ♪」   

梓レイコ「「 はむっ 」」

舞佳「アイスにメロン、プリンにゼリー♪」

唯「おぉ、デザートがベルトコンベアに乗せられて行くよ!」

梓レイコ「「 っ~! 」」ツーン

律「どうやったらコンベアが動く仕組みなの?」

舞佳「あっちに自発用自転車があるから、それを漕ぐと回る仕組みなんだよ」

澪「すごく凝っている!」

レイコ「・・・ふぅ、大したことないな」

夏目「いや、涙目だぞ・・・先生・・・」

梓「乗り越えられましたよ、むぎ先輩」ウルウル

紬「それは・・・感動の涙なのかしら・・・?」

唯「りっちゃん」

律「ん?」

唯「涙の数だけ優しくなれるんだよ」フッ

律「・・・あ、ながれぼしだー☆」

唯「り、りっちゃん・・・無視はヤだよ・・・」シクシク

舞佳「いいよー!」

岩瀬「わっせわっせ」コキコキ

ウィーン

唯「おぉ、動いた動いた!」

夏目「ゼリーをいただきます」スッ

多軌「プリンを」スッ

紬「メロンを」スッ

澪「桃・・・を」スッ

律「あー、ゼリー取られたか・・・。じゃあミルフィーユを」スッ

唯「残っててよかった、アイス~♪」スッ

菜々子「ヨーグルトだね」スッ

静花「ひよこ饅頭ですか・・・通ですわね」スッ

美弥「・・・イチゴを」スッ

レイコ「たい焼きか・・・」スッ

紬「あ・・・」

澪「梓のためにスルーしたのに・・・」

レイコ「・・・と、白玉ぜんざい」スッ

梓「ちょっ! 二つも取らないでください!」

レイコ「なんだ?」

梓「なんだじゃないですよっ! 私の分が流れてこないじゃないですか!」

レイコ「うるさいやつめ・・・」

梓「ぐっ・・・!」

夏目「誰がどうみても先生が悪いんだけど」

紬「あずさちゃん、メロン半分こしましょう」

唯「アイス半分どうぞ」

律「ミルフィーユ食べるか? 食べかけで悪いけど」

澪「桃もどう?」

梓「あ、ありがとうです・・・」

美弥「食べ終えたら戻りましょう、いい時間です」

静花「そうですわね」

菜々子「もうこんな時間か・・・あっという間だったなぁ」

舞佳「満足してくれたみたいだね、嬉しいよん♪」

ウィーン

紬「あずさちゃん、ベルトコンベアに乗せるわね」

梓「その手間はいらないと思いますけど・・・」

紬「それ」

ウィーン

レイコ「・・・」

梓「・・・それを取ったら本気で怒りますよ?」

レイコ「・・・そうか」

律「まだ漕いでるのか・・・大変だな」

紬「・・・うん」

澪「二人で屋台をしているって・・・いいな」

舞佳「いつからか私の胸の中にいて、どれだけの時間が流れてもね、私を支え続けてくれるの」

紬「・・・」

岩瀬「わっせわっせ」コキコキ

舞佳「頑張ってダーリン! 愛しちゃってるから!」

紬「っ!」ボフッ

澪「っ!!」ボフッ

律「っ!!!」ボフッ

唯「おぉ、三人の頭から蒸気が・・・!」

ウィーン

梓「来た来た・・・!」

多軌「おいしかった~」

夏目「・・・」



―――――ヴェガ


夏目「・・・」

先生「ぷー、ぷー」

夏目(車掌さんはああいったけど・・・)

『秀輝さんは、変わられましたよ』

夏目(降りてしまうのかな・・・)

ヒノエ「浮かない顔をしているね」

夏目「・・・この列車の旅が終わりを迎えているから・・・かな」

ヒノエ「そうかい」

夏目「おやすみ」




7日目終了--------



54