律「最近のおまえはなんだか変だよな」

秀輝「・・・そうか?」

律「・・・どうでもいいけど」

夏目「ふっ・・・どうでもいいんだ・・・!」

秀輝「夏目笑いすぎ・・・。変なのかな・・・。どうですか?」

菜々子「私に聞いてんの?」

秀輝「・・・はい」

菜々子「・・・ごめん。どうでもいいや」アハハ

夏目「ぷっ・・・!」

秀輝「・・・なんだかなぁ」

夏目「よかったじゃないか・・・井の中から出てこれて」

秀輝「言いたい放題だな・・・。ちくしょう」

律「夏目にまで言われてやんの」ウシシ

菜々子「井の中の蛙?」

夏目「はい」

秀輝「おいこら、夏目ぇ!」

菜々子「・・・へぇ」

律「夏目と秀輝は仲がいいな」

夏目秀輝「「 いやいや 」」

菜々子「息もぴったりだ」

夏目「・・・」

秀輝「・・・」

菜々子「律と秀輝も仲がいいよな」

律秀輝「「 そんなバカ・・・な!? 」」

夏目「うん・・・。さすが旅仲間」

律「真似すんなよっ!」

秀輝「してねえ!」

菜々子「あっはっは!」

夏目(不思議な感じだな・・・。数日前までは存在さえ知らなかった相手なのに
   たった数日でこんな風に笑いあえているなんて・・・)

律「姉御~、秀輝ってさぁー」ニヤニヤ

菜々子「秀輝が?」

秀輝「やめろっ!」

律「き~た~か~」

秀輝「律、アイス食べる?」

律「いりませんな」

菜々子「なに?」

律「うしし」

夏目(旅の中にいるから・・・。お互いを必要以上に知らないままでいられるから、
   相手に気兼ねすることもなく、一緒に居られるんだろうな・・・)

律菜々子「「 ・・・あ 」」

秋子「あ~!」キラキラ

秀輝「あ、秋子ちゃんじゃないか。どうしたんだい?」

秋子「オネーサマもここにいらしてたんですねぇ~!」

秀輝「おっと・・・。眼中に無しか」

夏目「扱われ方が・・・アレだな・・・ふふっ・・・」

秀輝「・・・そうなんだよなぁ・・・軽く扱われてさぁ・・・。どうしてだ・・・」

秋子「中央通りで巡り会うなんて、これも運命なんですね~!」

菜々子「あ、あぁ・・・そうだね」

秋子「宮島から一緒にこればよかったです~!」

菜々子「う、うん」

律「姉御って呼ばないのかよ」

秋子「それはもういいんです! だって、私にとってのオネーサマですから」キラキラ

菜々子「・・・う」

律「・・・さいですか」

夏目「秋子さんは元気だな・・・」

秀輝「どこからエネルギーが沸いてくるんだろうな・・・」

秋子「それでは一緒に行きましょう~!」

菜々子「わ、悪い! これから食堂車に行かなきゃならないんだよ!」

秋子「え~!」

律「あらら・・・」

菜々子「ごめんね、秋子ちゃん」

秋子「残念です~・・・」

律「私も戻ろうかなー・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・秀輝?」

秀輝「・・・」

夏目(なにを見ているんだ・・・?)

秀輝「・・・な、菜々子さん・・・あれ」

律「・・・静花さんか・・・?」

秋子「もう一人の女性の方は誰でしょう・・・か・・・」

菜々子「――え」

女「とっくに返済期限が切れているんですよ!」

静花「は、はい。申し訳ありません」

女「だから謝られても、貸したお金が戻ってくるわけじゃないんですよっ!」

ドンッ

静花「ッ!」




夏目(突き飛ばした――!)

律「なんだあいつっ!」

菜々子「待って律!」

律「でも、静花さんがっ!」

菜々子「今・・・行っても・・・」

律「え・・・?」

菜々子「私達には・・・」

秋子「オネーサマ・・・?」

秀輝「・・・」





女「以前は随分と高いところからモノを言われましたわぁ」

静花「・・・っ!」

女「あなたの・・・同僚・・・仲間・・・無能な上司にね」

静花「・・・ッ!」

女「立場が変わって。どうでしょうか、見下される気分というのは」

静花「・・・ッ!!」

女「気分がいいものですわね、この没落貴族がッ!」ドンッ

静花「っ!」

ドサッ




秀輝「ッ!」ダッ

ダダダッ

律「待て秀輝ッ!」ダッ

ダダダッ

秋子「わ、私達も行きましょう・・・!」

菜々子「・・・っ」

秋子「オネーサマ!」

夏目「・・・」


女「いつまで地べたに座ってますの? 誰も手を差し伸べてくれませんわよ
  あの時、あなた方が私たちにそうしてきたように、誰もね!!」

静花「――ッ!」

スッ

緑「立って」

静花「み、緑さん・・・!」

女「なんですか、あなたは・・・」

緑「ほら、立って」グイッ

静花「・・・」

女「・・・」

秀輝「き、北上さん・・・!」

律「・・・」

静花「え・・・?」

女「今大事な話をしているんです。席を外してくれませんか?」

緑「・・・」

秀輝「話をしている風じゃなかった」

律「あなたが楽しんでいただけだな」

女「・・・」

静花「・・・」

女「まぁ、いいでしょう。確かに、こちらも度が過ぎましたから・・・」

静花「・・・」

女「それでは、鹿島静花さん。
  期限が過ぎるようでしたら法的処置を取らせていただきますので」

静花「・・・はい」

女「・・・それでは」

スタスタ

緑「・・・」

秀輝「・・・」

律「・・・」

静花「・・・どうして・・・みなさんが・・・」

律「あ、いやー・・・。たまたま見かけてさー・・・」

秀輝「・・・うん。放っておいていい雰囲気じゃなかったっていうか」

緑「・・・」

静花「・・・そう・・・ですか」

律「・・・」

静花「ありが――」

緑「どうして『そこ』にいるの?」

静花「え・・・?」

秀輝「・・・?」

律「?」

緑「『こっち』にこないのね・・・、津山菜々子は」

静花「ななこ・・・さん・・・?」

菜々子「・・・」

静花「――!」

夏目「・・・」

秋子「お、オネーサマ・・・」

静花「ど、どうしてあなたがここに!?」

菜々子「・・・ごめん」

静花「――ッ!?」

律「な、菜々子さん・・・」

秀輝「・・・」

静花「どうして・・・謝るんですの・・・」

菜々子「・・・」

静花「無様だと・・・! 滑稽だと! 罵ればよいのですわっ!」

菜々子「・・・」

静花「あなたが嫌うこの私の最低な場面に出くわして! どうして沈んでいるんですか!」

菜々子「・・・」

静花「嘲りなさいなッ! 馬鹿になさいなッ!」

菜々子「・・・・・・ごめん」

静花「――ッ!」

律「し、静花さ」

秀輝「まて律」

律「な・・・」

緑「・・・」

静花「最低最悪ですわ・・・。あなたはどこまでも私を辱めますのね・・・」

菜々子「・・・」

静花「縁が切れて清々ですわ」

菜々子「・・・」

静花「――さようなら、菜々子さん」

菜々子「ッ!」

夏目「!」

秋子「静花さんっ!」

静花「・・・」

スタスタ

菜々子「・・・」

律「行ってしまいますよ・・・」

秀輝「・・・」

秋子「オネーサマ・・・」

夏目「・・・」

緑「・・・!」ブンッ

パァンッ

菜々子「・・・ッ!」

秀輝「み、緑・・・!」

律「緑・・・!」

緑「友達・・・なんでしょ・・・」

菜々子「・・・」

緑「あなたたち友達なんでしょ!」

菜々子「!」

秋子「オネーサマ、追いかけないと静花さんが降りてしまいますよ」

菜々子「・・・」

秀輝「仕事じゃないんですか?」

菜々子「・・・あ、・・・うん」

秀輝「ヴェガに戻った方がいいですよ」

律「秀輝!?」

緑「・・・」

秋子「静花さんを追いかけないんですか・・・?」

菜々子「・・・うん」

秋子「どうして・・・!」

菜々子「私では・・・」

緑「くだらないわね・・・」

スタスタ

律「緑・・・」

秀輝「秋子ちゃん、菜々子さんとヴェガへ戻ってて」

秋子「秀輝さんは・・・」

秀輝「探してくる」

律「・・・うん」

秋子「行きましょう、菜々子さん」

菜々子「・・・」

夏目(ショックなのだろうか・・・
   言葉が出なかった自分自身が
   友達だと人に諭されたことが・・・)

律「探すってどこを探すんだよ」

秀輝「適当にだ」

夏目「・・・」

律「ヴェガに戻ったかも知れないじゃんか」

秀輝「それだったら菜々子さんと会うだろ。戻っていないとしても、
   この時間だと荷物を纏めたり手続きなりで発車ギリギリになるから、少なく見ても次の駅までは時間あるさ」

律「・・・そこまで考えていたのか! 秀輝はアホじゃなかった!」

秀輝「失礼にもほどがあるだろ!」

夏目「・・・なぁ、どうして律さんを止めたんだ?」

律「・・・む?」

秀輝「・・・え?」

夏目「静花さんが、心の叫びっていうのかな・・・」

律「あの時か・・・」

秀輝「多分さ、静花さんは菜々子さんの言葉を待っていたんだよ
   いつも通りの言葉を・・・。そこからまた普通に戻りたいってさ・・・」

夏目「・・・そうか」

夏目(だから静花さんは傷ついた表情していたのか・・・)

律「・・・なんで秀輝が分かるんだよ」

秀輝「俺も何度か影を落としてしまって・・・。仲間に距離を取らせてしまいそうなとき
   先生に・・・自惚れるなって言われてさ・・・。自分を知ることができて、吹っ切れたって感じたことがある」

律「ふーん・・・。さわちゃんじゃねえよな。恩師かなにかか?」

秀輝「そんなとこ」

夏目(ニャンコ先生に言われた時・・・)

律「・・・どうすっかな」

秀輝「なにが?」

夏目(律さんは・・・ニャンコ先生を覚えていない・・・)

律「むぎのこと」

秀輝「・・・」

夏目「なぁ・・・あそこで絡まれているのって・・・」

秀輝「北上さん・・・」

律「はぁ・・・。次から次へと・・・」

「なぁなぁ、あんた今ヒマだろ~?」

「オレラと遊び行こうぜ~」

緑「・・・」スタスタ

「無視してんじゃねえよー!」ガシッ

緑「離して・・・ッ!」

秀輝「あぶなーい!」

ドンッ

「うわっ」

ゴロゴロゴロゴロ

ドンガラガッシャーン

「大丈夫か拓ー!」

拓「てめえっ!」

秀輝「逃げるよ北上さん!」グイッ

緑「ちょっと・・・!」

タッタッタ

拓「追うぞ栄吉ッ」

栄吉「自分栄作ッス! 広島をあいつの血で染めてやるぜー!」ヒャッハー

ダダダッ



夏目「・・・行ってしまった」

律「夏目、あっち探してみようぜ~」

夏目(無かったことになってる・・・)


46