店員「おまたせしました~」

風音「いい匂いですね」

夏目「ピノは?」

風音「匂いを嗅いで走り回っちゃいますから、置いてきました」

夏目「・・・なるほど」

多軌「どうして姉御と呼んでいるんですか?」

唯「京都でね、助けてもらったのですよ」

静花「・・・まぁ」

菜々子「なんだよ、その顔は・・・」

紬「そうだったのね・・・」

澪「ありがとうございます」

菜々子「あはは、いいってそんな」

律「なんで澪がお礼を・・・。まぁいいや、みんな揃ったなー?」

梓「はい」

多軌「揃ってまーす」

レイコ「もぐもぐ」

律「おぉ、フライング! いただきます!」

「「「 いただきまーす 」」」

紬「いただきますー・・・」

夏目「・・・いただきます」

秀輝「・・・」

律「どうしてそんな顔してるのかなー?」

秀輝「べ、別に?」

律「ふふーん」ニヤリ

夏目「?」


――・・・


秋子「ごちそうさまです、姉御さま!」

菜々子「いいってことよ」

風音「静花さん、ごちそうさまでした」

静花「お気になさらないで」

律「はぁーうんまかったー」

唯「うん、おいしかったね~」

澪「名取さんに伝えておいてくれ」

紬「ごちそうさま~」

夏目「はい」

梓「・・・」

レイコ「・・・ここにいたのか」

ヒノエ『少し話があるんだ、いいかい、斑』

レイコ「どうした?」

ヒノエ『ここじゃなんだから移動するよ』

夏目「ヒノエ、列車に戻ってこれるのか?」

ヒノエ『気にするでないよ。斑とは違うんだ』

レイコ「ふん。夏目の匂いで辿り着くさ。じゃあな」

夏目「あぁ・・・」

多軌「先生はどこへ?」

夏目「・・・分からない」

菜々子「女性一人で大丈夫かね?」

秀輝「大丈夫ですよ、先生は強いから」

菜々子「ふーん」

静花「・・・」

紬「・・・眠くなってきちゃった」

梓「ヴェガに戻りましょう」

紬「そうね・・・」

菜々子「静花、話がある」

静花「私にはございませんわ」

菜々子「大事な話だ」

静花「・・・」

紬「戻らないんですか・・・?」

菜々子「うん、そういうことだから、先に戻ってて」

静花「しょうがないですわね」

菜々子「秀輝、みんなをよろしくな」

秀輝「は、はい」

紬「わ、私も・・・」

菜々子「こんな時間だからさ、戻っててよ」

律「姉御・・・?」

菜々子「ケンカなんてしないよ。じゃあね」

静花「みなさん、よい夢を」

秋子「おやすみなさいです!」

風音「おやすみなさい」

夏目(菜々子さんも気付いたのかな・・・)

多軌「?」

紬「・・・どうしたのかな」

澪「むぎ、戻ろう」

紬「う、うん・・・」

律「私らも寝るかー」

唯「寝ちゃうの~? もったいないよ~」

澪「梓も最後まで行けるのか?」

梓「分かりません。・・・後で電話してみます」

紬「一緒に最終駅まで行けるといいわね~・・・」

梓「・・・・・・はい」

秀輝「こら! ちゃんとついてきなさい!」

律「はいはい」

唯「引率の先生みたいだね」

多軌「明日どこへ行こうか、夏目くん」

夏目「・・・そうだな、弥山とかいいかもしれない」

多軌「ニャンコ先生が喜びそう」

秀輝「・・・くっ」

律「向こうにいるのって、緑じゃねえか?」

秀輝「え!?」

律「ウソだよ~ん」

秀輝「・・・んだよ」

律「フハハ、ひっかかりおったわ!」

唯「なになに~?」

秀輝「・・・シマッタ」

夏目「?」

梓「むぎ先輩、歩くの辛かったら私の肩を使ってもいいんですよ」

紬「だいじょうぶよ~・・・」

梓「・・・そうですか」ガッカリ

澪「む、むぎ・・・」

紬「なぁに?」

澪「梓の厚意を・・・その・・・な・・・?」

紬「・・・うん?」

澪「・・・いや・・・なんでも」



―――――ヴェガ


秀輝「俺も部屋に戻るわ。おやすみ~」

夏目「おやすみ」

唯「おやすみ~」

律「明日に備えて寝ましょうかね」

唯「・・・」

澪「まだはやいけど、しょうがないな」

紬「ごめんね~・・・」

梓「さ、掴まってください」

紬「だいじょうぶよ~・・・」

梓「・・・」ションボリ

澪「む、むぎ・・・個室まで送ってもらうといいよ」

紬「・・・うん?」

梓「・・・」

紬「・・・お願いしてもいいかしら」

梓「もちろんです」パァァ

律「輝いたぞ!」

夏目(嬉しいのか・・・)

紬「それじゃみんな、明日ね」

律「おやすみ~」

澪「おやすみ」

夏目「おやすみなさい」

多軌「おやすみなさ~い」

梓「では」

スタスタ

律「しんどそうだな」

唯「・・・うん」

律「あ、そうだ。健康祈願のお守りがあった」

澪「愛さんの?」

律「そうだぞ。ご利益があるから渡してくる」

テッテッテ

唯「もったいなーい!」

多軌「な、なにがですか?」

唯「今がだよ~!」

タッタッタ

澪「ん?」

律「夏目!」

夏目「はい・・・?」

律「ありがとな!」

タッタッタ

夏目「・・・」

澪「それじゃ私も部屋へ戻るよ。ありがとう、夏目」

唯「わたしも戻るよ~。ありがとね、貴志くん!」

夏目「・・・!」

多軌「・・・」


夏目「おやすみ、タキ」

多軌「うん。おやすみ」

夏目「・・・」

多軌「・・・」

夏目「部屋に入らないのか?」

多軌「うん、唯さんの言うとおり、なんだかもったいないなぁって・・・」

夏目「・・・」

多軌「あ、なんでもない。おやすみ、夏目くん!」

ガチャ

バタン

夏目(もう少し起きていようかなと・・・)

ガチャ

夏目(思ったんだけど・・・気を使われたかな・・・)

バタン






6日目終了--------



8月13日




チュンチュン

夏目「ん・・・・・・あさ・・・か・・・」

チュンチュン

夏目「先生・・・タキのところにいるのか・・・。ヒノエも・・・?」

夏目「・・・」

夏目(自分の部屋じゃないから、名前を取り戻しに来る妖もいない・・・)

夏目「ここのところぐっすり眠れていたんだな・・・」

ガチャ

夏目「・・・」

バタン

夏目(タキに迷惑をかけていなければいいけど・・・)

多軌「おはよう、夏目くん」

夏目「ちょうどよかった。タキ・・・」

多軌「なぁに?」

夏目「・・・」

多軌「・・・」

夏目「・・・先生は?」

多軌「ニャンコ先生? 知らないけど・・・」

夏目「え・・・!」

多軌「戻ってきてないの?」

夏目「・・・」サァー

多軌「うわ・・・。更に顔色が悪く・・・」

夏目(探しに行くか・・・? でも、どこへ?)

多軌「・・・」

夏目(帰ってくるのか――?)

多軌「・・・」

夏目(おれと先生は・・・人と妖――)

多軌「おーい、夏目くーん」

夏目「!」

多軌「とりあえず、朝食をとりに行きましょう」



―――――食堂車


紬「もぐもぐ」ジー

梓「・・・」モグモグ

澪「む、むぎ・・・?」

紬「な、なにかしら?」

澪「なにを『見て』いるんだ・・・?」

紬「ううん。なんでもないわ」

梓「・・・」

律「最後まで行くと決めたはいいけど、どうすっかな」

唯「今日はどこへ行こう~」

夏目(琴吹さんの視線の先には・・・『居る』・・・)

多軌「夏目くん、なににする?」

夏目「えっと・・・」

店員「いつものでよろしいでしょうか?」

夏目「はい。おねがいします」

店員「かしこまりました~!」

夏目「・・・」

多軌「ニャンコ先生のこと気になる?」

夏目「あぁ・・・。お腹がすいたら帰ってくるだろうと思ってたけど」

多軌「それじゃ探しに行こうか」

夏目「いいのか?」

多軌「うん。どうして?」

夏目「観光したいんじゃないのかと思って・・・」

多軌「観光がてら回りましょう」

夏目「・・・助かるよ」

多軌「それじゃ、食べ終わったらホームで待ち合わせね」

夏目「うん」


――・・・


多軌「おまたせ。やっぱり戻ってなかった?」

夏目「うん。どこへ行ったんだか・・・」

多軌「・・・」

夏目「・・・あ」

静花「あら・・・」

多軌「おはようございます」

静花「おはよう。いい朝ですわね」

多軌「はい。気持ちよく観光地に回れます」

静花「うふふ、いいですわね」

夏目(昨日の夜・・・菜々子さんとどんな話をしたんだろう・・・)

静花「貴志さん・・・なにか?」

夏目「い、いえ・・・」

紬「ここにいたんですね」

静花「・・・」

夏目「?」



―――――厳島神社


夏目「・・・」

多軌「みんな揃ってしまったね。記念撮影するみたいだけど・・・」


静花「どうしてあなたがいますの!?」

菜々子「行くっていっただろ!」

静花「はぁ・・・、あなた、ここがどこだか分かっていますの?」

菜々子「厳島神社だよ」

静花「源平合戦の本場ですのよ?」

紬「そうですね」ジー

『いい場所であります』

『あぁー、力が漲ってくるわぁ』

夏目(やっぱり・・・琴吹さんには『見えている』んだ・・・)

菜々子「だからなんだってんだよ!?」

静花「お忘れになられたのですか? 高校時代に撮った写真・・・」

菜々子「ぐっ・・・」

律「一体何がっ!?」

唯「なにがあったとですか!?」

秋子「なにがあったんですか~!」

静花「思い出すだけでもおぞましい」

菜々子「・・・ふんっ」

静花「菜々子さんの写真にだけなぜかお化けが写っていましたの」

風音「そうなんですか」

澪「聞こえない聞こえない」ブルブル

紬「あらあら」

秋子「すごいです~! 姉御さまー!」

菜々子「あることない事言ってんじゃないよ!」

静花「私たちを、紬さんを恐怖のズンドコへ落とすつもりですの!?」

梓「・・・」

ギャーギャー

多軌「昨日のところへ行ってみましょう」

夏目「・・・そうだな」

夏目(居ると思うんだけど・・・)

秀輝「おーい、夏目ー!」

夏目「秀輝?」

秀輝「おいー、映らないのかよ!?」

夏目「う、うん・・・」

多軌「ニャンコ先生探しに行くの」

秀輝「ん? 戻ってきてないのか?」

夏目「そうなんだ。ここに居ると思うんだけど・・・」

秀輝「ふーん・・・」


律「秀輝ー! はやくしろー!」

唯「カメラマンさーん!」


夏目「カメラマンなのか・・・」

秀輝「撮影終わったら俺も一緒に探すよ」

多軌「・・・あ、北上さんもいる」

秀輝「じゃあなっ!」

ダダダッ

多軌「素直な人だね」クスクス

夏目「?」


43