梓「夏目! むぎ先輩が!」

夏目「ッ!」

律「お、おい!」

澪「むぎが・・・!」

唯「むぎちゃん! しっかり!」

紬「・・・っ・・・ハァッ・・・ッ・・・」

秀輝「・・・!」

多軌「つ、紬さん・・・!」

ヒノエ『耐えられないんだよ。私がかけた呪いにね』

梓「なんでっ!? 先生も起きてくれないし、なにが起こっているのか全然分からないよ!」

先生「ぷー」

夏目「だ、・・・だいじょうぶ」

律「苦しそうなんだぞ!」

夏目「ッ!」

澪「夏目・・・!」

唯「貴志くん・・・!」

紬「・・・ッハァ・・・・・・ハァッ・・・・・・ッ」

夏目「だいじょうぶ・・・だから、そこの上に・・・」

梓「・・・本当に?」

夏目「ッ!」ビクッ

梓「・・・ウソじゃないよね」

夏目「――ッ!」ズキッ

紬「だい・・・じょう・・・よっ・・・あず・・・ちゃ・・・ん」

梓「むぎ先輩!」

律「どうすればいい夏目!」

澪「夏目!」

唯「貴志くん!」

夏目「琴吹さんを、その千切られた紙の上に」

律「わ、分かった! 澪!」

澪「うんっ!」

紬「ハァッ・・・ッハァ・・・」

柊『気を抜くなよ、夏目』

夏目「あぁ・・・!」

ヒノエ『私の呪いを解呪したらすぐだよ』

夏目「分かってる・・・!」

紬「ハァッ・・・ハァ・・・ッ!」

律「それでどうするんだ!?」

夏目「琴吹さんを残して、紙から離れてください。・・・ヒノエ」

ヒノエ『あぁ、いくよ』

『バカめ』

夏目「!」

ヒノエ『な・・・!?』

柊『・・・!』

『この程度の力で縛られると思ったか!』

ヒノエ『弱すぎたようだね・・・!』

柊『夏目、唱えろ!』

夏目「出よ、我はその手を――」

『私を舐めすぎだ愚か者どもめ!』

シュッ

夏目「くっ!」

ヒノエ『陣の外に・・・!』

『げらげらげら、痛快痛快!』

夏目「くそ・・・!」

梓「な、なに・・・?」

『その顔! その顔が見たかったのだ! げらげらげら』

唯「どう・・・したの・・・?」

多軌「な、夏目くん・・・?」

『私をたばかろうなんぞ浅はか! 全てお見通しだ! 馬鹿め馬鹿め馬鹿めぇえ!』

夏目「最悪だ・・・!」

梓「え・・・」

律「お、おい・・・なんだよ、最悪って・・・」

『まだまだ終わらん。そこの小娘、次はお前を呪ってくれよう』ニタァ

夏目「や、やめろ・・・・・・」

梓「だいじょうぶって・・・言ったのに・・・」

夏目「っ!」

梓「むぎ先輩が・・・苦しんでるのに・・・」

夏目「ッ!」

梓「夏目ウソを――。」

夏目「――ッ!」ズキィッ

『 旨い 旨いぞ 小娘! 』

紬「あずさちゃん!」

梓「え――」

シュッ

シーサー『去ネ』

『ふんっ、ただの腰抜けじゃないか』

夏目「!」

シーサー『我ハ守護神ナリ。守ル時ニ力ヲ発スルモノ』

『あの時出てこなかった割に口が達者のようだ』

シーサー『身ノ程ヲ知ッテイル。オマエトハ違ウ』

『お前では私に勝てんよ』

先生「ぬ?」

どろん

斑『グルルゥゥアア・・・・・・』

『 今のお前も同じだ、斑ァアアアア!!! 』

柊『私たちを舐めるな!』

ザシュッ

『 グァッ!! 貴様ァ!! 』

ヒノエ『動くんでないよ』

『 ウグゥッ! 』

シーサー『鳴ケ雷』

ズド─z__ン!!

『 グゥゥゥウウアアア!! 』

斑『ふんっ、本来なら私だけで十分だというのに』

がぶり

『 あの時とはチガウッ、この程度で 』

斑『回復するのを待つわけないだろう』

『 キッサマァアアア!!! 』

夏目「先生ッ!」

斑『さっさと封じろ!』

ぺっ

『 またキサマに敗れるカァアアアァアァアアア!!!!!!!!! 』

斑『おまえは敗れてなどいない。逃げただけだ』

夏目「律! むぎさんを陣の外へ!」

律「おう! しっかりつかまれむぎ!」

紬「うん」

夏目『 出よ、我はその手を 求む 』

シュゥウウ

『 まぁああぁあだぁああぁあらぁあああぁぁああ!!!! 』

夏目『 掴め 闇を守りし者よ。 』

『 ぜったいにいいいいぃいいいぃいい!!!! 』

ヒノエ『この地に眠って頭が冷えたら来るがいいさ。
    事実を聞かせてやるよ、覚えていたらね』

ゥゥウウウ

澪「うっ!」

唯「なにー!?」

律「まぶしぃ!」

梓「ッ!」

紬「っ・・・!」

秀輝「ッ!?」

多軌「!」

シュゥウゥウウゥゥゥゥ

夏目「・・・っ」グラリ

多軌「夏目くん!」

紬「・・・っ」グラリ

梓「むぎ先輩、大丈夫ですか・・・?」

紬「うん。力が入らないけど・・・平気・・・」

夏目「・・・出来たのか・・・?」

斑『あぁ。上出来だ』

夏目「よかった・・・」

ヒノエ『まだ終わりじゃないよ、夏目』

柊『辛いだろうが、逢魔時しかないんだからな。さぁ立て、夏目』

夏目「あぁ・・・分かってる。琴吹さん、今度はあっちの陣へ」

紬「だい・・・じょうぶ・・・?」

夏目「はい、後は解呪のみですから・・・」

紬「そうじゃ・・・なくて・・・」

多軌「紬さん、今出来るのは夏目くんしかいないんです。私たちがいますから」

紬「・・・」

梓「む、むぎ先輩・・・」

斑『・・・』

どろん

レイコ「さっさと陣へ入れ。時間が無い」

紬「・・・はい」

ヒノエ『ずっきゅーん!』

レイコ「ちっ、これだからおまえの前でこの姿は嫌だったんだ」 

ヒノエ『外見はレイコ、中身は斑・・・くぅ・・・苦々しいーー!!』

夏目「はは・・・は・・・」

秀輝「大丈夫か? 笑い出すなんて変だぞ・・・?」

紬「・・・・・・ふぅ」

梓「さ、行きますよ」

律「しっかりつかまれ、むぎ」

紬「・・・うん。お願いね」

シーサー『礼ヲ言オウ』

柊『おまえが居なかったら、あのネコ娘は取り憑かれていた。礼を言うのはこっちだ』

シーサー『斑ト名乗ル者ト我トデハ太刀打チ出来ヌ故』

柊『おまえの力は制限されているのか』

シーサー『ウヌ。マグネタイトガ無ケレバ無力ニ等シイ』

柊『雷を起こしただろう』

シーサー『容易ク使エヌ』

夏目『 この地に御座す 祀られし者 その娘の 呪縛を解き放ち給え。 』

紬「・・・っ!」

シュウウゥウゥゥ

唯「ま、まぶしい!」

律「・・・」

澪「いや、光はないな・・・」

唯「あ、ほんとだ」

律「あのな・・・」

梓「・・・」

秀輝「先生・・・これで大丈夫?」

レイコ「おい、ヒノエ」

ヒノエ『くぅ・・・! レイコの声なのに中身は斑! この微妙加減が!』

レイコ「・・・まったく」

どろん

先生「おい、こら! ヒノエー!」

夏目「・・・っ」グラリ

多軌「夏目くん・・・!」ダキッ

律澪唯「「「 おぉ・・・! 」」」

夏目「タキ・・・ありがとう・・・」

多軌「だいじょうぶ?」

夏目「少し・・・めまいがするくらいだよ」

柊『相当な力を使ったようだ』

シーサー『用ハ済ンダナ』

シュッ

柊『・・・』

梓「むぎ先輩!」

先生「ネコ娘! まだ陣に入るでない!」

梓「な、なんで・・・?」

先生「娘もまだ出るなよ」

紬「・・・え?」

律「どういう事だよ?」

澪「・・・?」

夏目「せ、先生・・・?」

ヒノエ『夏目、もう一度だ』

夏目「え・・・?」

多軌「夏目くん・・・どうしたの・・・?」

ヒノエ『2重にかけてあるよ。厭らしいヤツだね、一回解いて安心するところをつけこんだ罠さ』

先生「まだ呪いは残っているのさ。相当ねちっこいヤツだ」

秀輝「うえ・・・。最悪だな・・・」

夏目「そうか・・・分かった」

多軌「な、夏目くん・・・」

夏目「だいじょうぶだよ、タキ・・・。一人で立てる・・・」

多軌「ふらふらしてるじゃない・・・」

夏目「おれがやりたいんだ。離れててくれ」

多軌「・・・うん」

夏目「秀輝・・・後は頼むな・・・」

秀輝「おう。担いで連れてくから倒れても気にすんな」

夏目「・・・琴吹さん。いきます」

紬「・・・うん。ありがとう」

夏目「・・・すぅ」

先生「・・・」

夏目「・・・はぁ」

紬「・・・」



 この地に御座す 祀られし者 その娘の 呪縛を解き放ち給え。


――・・・


夏目「・・・ぅん・・・?」

多軌「おはよう」

夏目「うわっ! 近っ!」

多軌「だいじょうぶ?」

夏目「あ、あぁ・・・え?」

律「ひゅーひゅー」

唯「おあついですな~」

夏目「寝ていたのか・・・おれ・・・」

多軌「うん」

夏目「ごめん、起きるよ」

多軌「体は大丈夫なの?」

夏目「あぁ・・・、あれ・・・ここ厳島神社だな・・・」

多軌「うん」

律「おいー! 膝枕してもらえー!」

唯「そうだそうだー! 膝枕ー!」

夏目「ここでなにを・・・?」

澪「こらっ!」ゴスッ

律「いひゃい!」

唯「・・・」

澪「むぎはまだ寝ているんだからしずかにしろっ!」

律「・・・はい。またしても私だけ・・・」グスン

唯「りっちゃんってば・・・」

夏目「琴吹さんは・・・?」

名取「あっちで寝ているよ」

夏目「名取さんっ!?」

名取「お目覚めのようだね」

夏目「ど、どうして・・・!」

名取「心配してかけつけたんだけど、もう終わっていたみたいだ」

夏目「・・・びっくりした」

律「あなたはだれだー!」

唯「だれだー!」

名取「どうしてキミ達はそんなに離れているのかな・・・?」

律「胡散臭いぞー!」

唯「だれだー!」

澪「しずかにしろ」ゴゴゴ

律「・・・」

唯「・・・」

名取「ふふ、面白いね。彼女たち」

多軌「ふふっ」

夏目「・・・」

名取「よく頑張ったね、夏目」

夏目「いえ・・・。結局・・・助けられてばかりでした・・・」

名取「助けてもらうのも、君の力なんだ。それは疑わなくていい」

夏目「・・・はい」

名取「・・・彼女のために、彼女達のために、自分の力を使ってみてどうだったかな」

夏目「・・・・・・分からないです」

名取「そうか。君の旅はまだ終わっていないようだ」

夏目「・・・」

シュッ

柊『主様』

名取「力を貰ったか?」

柊『はい』

名取「では、帰るぞ」

柊『はい』

夏目「あ・・・」

名取「仕事があるから失礼するよ。じゃあ、また会おう。夏目」

夏目「・・・はい」

名取「そうそう、頑張ったご褒美といってはなんだけど、嫌じゃなかったらお好み焼きでも食べていってくれ」

夏目「え・・・?」

名取「柊の修行にもなったみたいだから、そのお礼だよ」キラキラ

夏目「・・・ありがとうございます」

律「私たちと行くのに余計なことするなー!」

唯「するなー!」

名取「もちろん、キミたちの分も用意してあるよ」キラキラ

律「あんたいいヤツだー!」

唯「いいヤツだー!」

澪「あ、ありがとうございます」

名取「いやいや、それじゃあね」キラキラ

律「なんで煌いているんだー!」

唯「・・・」

律「あれ・・・、唯・・・?」

唯「ん?」

律「続けよ」

名取「きらめいていてご免」キラキラキラ

夏目「・・・」

多軌「・・・」

唯「・・・」

澪「き、煌いてる」キラキラ

律「こっちもかい!」

柊『ではな、夏目』

夏目「あ、柊!」

柊『なんだ?』

夏目「とても助かったよ。今度お礼をさせてくれ」

柊『夏目は主様の期待に応えた、それだけで十分だ』

夏目「・・・ありがとう」

柊『あの娘たちには守護神がついている。気に入られたようだな』

シュッ

夏目「守護神・・・、シーサーか・・・?」


41