――――

秋子「運命ですね~」キラキラ

律「ちょっ、秋子ちゃんこっちに来て!」

秋子「な、なんですか~?」

律「邪魔しちゃダメだぞ?」

秋子「二人はまるで~! 羨ましぃです~」キャー

律「はは」

ピョンピョン

律「あっ、待てピノ!」



ピノ『私というものがありながら、ずいぶん楽しそうですこと』

夏目「ご主人様と一緒じゃないのか?」

ピノ『まぁ! 言い訳をはじめましたわ!』

夏目(・・・困るな)

多軌「夏目くん・・・?」

夏目「そうだ、タキは小動物が喋るなんて事例があるのか知ってるかな」

多軌「という事は、このリスちゃんと会話しているのね」

夏目「・・・あぁ」

ピノ『なによなによ!』

風音「ピノってばまたぁ!」

ピノ『ご主人様ひどいんですよ、この方ー!』

夏目「・・・」

風音「あ、初めまして」

多軌「初めまして。多軌透といいます」

風音「岩泉風音といいます」

多軌「よろしくね」

風音「はい。よろしくお願いします」

ピノ『よろしくなんてしないのだわ!』ピピッ

風音「こら、ピノ!」

ピノ『申し訳ないのだわ』ピピッ

夏目「ふふ」

風音「それでは」

多軌「はーい。ピノちゃんもまたね~」フリフリ

ピノ『ご主人様に免じてやるのだわ』ピピッ

夏目「・・・意思の疎通ができてるんだな」

多軌「風音さんとピノちゃん?」

夏目「・・・うん」

多軌「・・・そういえば、関連してるか分からないけど書物に記述があったよ」

夏目「・・・」

多軌「『人の想いに答えようとする生き物には力が宿る』と・・・。猫又もソレに近いんじゃないかな」

夏目「なるほど・・・。と、いう事は・・・。風音はいい飼い主ってことだ」

多軌「うーん、というより・・・いい友人関係かな」

夏目(そうか・・・友人・・・)




澪「いい感じだな」

唯「そうなの?」

紬「そうよ。背景が輝いているわ」

梓「そうですかね、普通の関係って感じですけど」

緑「そこ、どいてくれる?」

紬「うふふ、ごめんなさい」

緑「なにをしているの・・・?」

唯「あれ見てよ」

緑「夏目くんと・・・誰?」

澪「多軌透。夏目の友人だ」

緑「・・・そう。・・・じゃ」

スタスタ

梓「・・・」

車掌「みなさん、ここでどうかなされたのですか?」

澪「あ、車掌さん」

車掌「申し訳ありません、通行の妨げになっておりますので移動してもらえないでしょうか」

秀輝「そうだぞ、邪魔だぞ」

律「なんだとー?」

秀輝「あ、律・・・ちょっと来てくれ」カムカム

律「なんだよ、めんどうだなー」

秀輝「あのな・・・。じゃあお菓子あげるから」

律「おまえ、そんなことでついて行くわけ」

唯「ちょうだいよ」

秀輝「どうぞ」

唯「わーい」

澪「唯・・・少しは大人らしく毅然としてくれ・・・」

車掌「あの・・・」

梓「はい。みなさん、移動しましょう」

紬「・・・っ・・・けほっ」

律「む、むぎ・・・!」

紬「大丈夫・・・。行きましょう」ニコニコ

唯「そうだね。四号車行こうよ!」

梓「ゆっくりしましょう」

秀輝「・・・」

律「あ、車掌さん。本当にありがとうございます」

車掌「いえ、大阪からは乗車なさるお客様も減りますから、結構ですよ」ニコニコ

律「唯の分も感謝です!」

車掌「いえいえ」

律「それじゃ」

秀輝「待てって」

律「んだよー」

秀輝「作戦が必要だろ」

律「あ、おっけ」

柊『・・・』

夏目「あっ」

多軌「また失敗ね」

夏目「・・・ふぅ、諦めよう」

多軌「それじゃ、これ貰う?」

夏目「いいよ。ありがとう」

多軌「可愛いのに・・・」

夏目「・・・」

多軌「夏目くん、休む?」

夏目「え?」

多軌「多分、これから力を使うと思うから」

夏目「・・・」

多軌「顔色悪いよ・・・?」

夏目(・・・そう見えるのか)

多軌「あ・・・紬さん」

紬「ごゆっくり~」フリフリ

澪「じゃ、じゃあ・・・」

唯「もぐもぐ」フリフリ

梓「食べながら歩かないで下さい」

スタスタ

多軌「ふふっ」

夏目「・・・ありがとう、柊」

柊『お前のためではない。主様のためだ』

夏目「・・・とても心強いよ」

柊『・・・』

多軌「・・・柊さんは紬さんを守ってるの?」

夏目「あぁ、見守ってくれているよ」

多軌「・・・」

夏目「おれ、個室で休んでくるよ」

多軌「・・・うん、分かった」

ガチャ

ヒノエ「おや、はやい帰りだね」

先生「ぷー、ぷー」

夏目「先生の力は戻りそう?」

ヒノエ「時間かかるだろうね、なにせこんな場所ではね」

夏目「・・・そうか」

先生「ぷー、ぷー」

ヒノエ「これから力を使うんだ、今のうちに休んでおきな」

夏目「・・・うん」

ヒノエ「厄介な相手だね」

夏目「妖が妖に憑くことなんてあるんだな」

ヒノエ「取り憑くとは違うがね。力の使い方を熟知してんのさ
    だからこそ斑には気付かれずに近づいて、少しずつ奪っていけるわけだね」

先生「ぷー、ぷー」

夏目「・・・」

ヒノエ「憑依もできない、ただの小物だよ。
    油断さえつくらなけりゃどうってことない相手さ」

夏目「・・・」

ヒノエ「今はゆっくり休みな」

夏目「・・・あぁ、・・・悪いけど、少しだけ頼む」

ヒノエ「何を頼むのさ」

夏目「・・・ヴェガ・・・の・・・みんな」

ヒノエ「・・・」

夏目「」スヤスヤ

・・・・・・

・・・

『しずねえさま~!』

『あら、どうなさいましたの?』

『紅茶淹れてみたんです! 飲んでみてください!』

『まぁ、いいですわね。いただきますわ』

『はい!』

『ふふっ』

『えへへ』


    忌々しい 


『!』

『ど、どうなさいましたの・・・?』

『・・・!』

『喉が痛いんですの?』

『・・・!!!』

『つむぎちゃん?』


  言葉で伝えることができまい


  声を奪ってやったのだから


・・・

・・・・・・


夏目「!」

prrrrrrrrrrr

ヒノエ「発車というやつだっけねぇ」プフー

夏目「・・・」

ヒノエ「おや、起きたのかい」

夏目「あの呪いって・・・声を奪うのか・・・?」

ヒノエ「そうみたいだね」

夏目「そうか・・・」

ヒノエ「そんな油断だらけの顔では、上手くいくものも上手くいかないねぇ」

夏目「・・・はぁ」

ヒノエ「・・・やれやれ。散歩でもしてくるかね」

先生「ぷー、ぷー」



―――――1号車



夏目(夢に出てきたのは、琴吹さんと・・・誰だったんだ・・・?)

ヒノエ『夏目~』フリフリ

夏目「なにをしてるんだ・・・?」

ヒノエ『移動速度が速いねぇ、面白い面白い』ウキウキ

夏目「個室でも見ていただろ・・・?」

ヒノエ『窓が小さかったじゃないか』

夏目「そうだな・・・。楽しそうだなヒノエ」

ヒノエ『それより、その娘だよ』

静花「くー・・・すー・・・」

夏目「静花さん・・・?」

ヒノエ『美しいじゃないか』

夏目「・・・」

ヒノエ『人の子でも美しいのが好きだよ、私は』

夏目「・・・そうか」

秀輝「そんなとこで突っ立ってどうした?」

夏目「・・・秀輝か」

ヒノエ『げっ、男!』

夏目「車掌さん知らないか?」

秀輝「知らないな、用事か?」

ヒノエ『あっちいけっ、シッシッ』

夏目「静花さんが寝ているからかけるものを・・・と、思って」

ヒノエ『おや・・・』

紬「どうしたの?」

夏目「え・・・あ」

静花「くー・・・すー・・・」

紬「うふふ、静・・・花さん、こんなところで寝ちゃって」ファサ

夏目(先に取りに行ってたのか・・・)

ヒノエ『眼福眼福』

紬「静・・・花さんに用事ですか?」

静花「すー・・・くー・・・」

秀輝「俺はないよ。夏目があるみたいだけど」

紬「そうなんですか?」

夏目「あ、いえ・・・。大したことでは」

紬「そうですか。静・・・花さんが起きるまでここにいますね」

ヒノエ『私もここにいるからね』

夏目(ヒノエも楽しんでるのか・・・)

ヒノエ『まさかこんな美しい人の子に囲まれるなんてね』フフフ

柊『・・・何をしにきたんだおまえは』

紬「・・・うーん。どうして懐かしい気分になるのかしら」

秀輝「行こうぜ、ちょっと話がある」

夏目「・・・あぁ。よろしくお願いします」

紬「? は~い」フリフリ

静花「くー・・・すー・・・」

ヒノエ『任せときな』

柊『・・・』

秀輝「実はな、クマが乗っているんだ」

夏目「・・・」

秀輝「・・・」

夏目「は?」

秀輝「そのリアクションは正しいよ。小熊なんだけどさ、たまに脱走するから
   みかけたらすぐに風音さんを呼んでくれ。話は以上だ」

夏目「風音・・・え?」

秀輝「ちゃんと聞いてたのか?」

律「アホッ!」バシッ

秀輝「いづっ!」

夏目「???」

律「風音がな、小熊と一緒にヴェガに乗車したんだよ。そういうことだな」

夏目「・・・なるほど」

秀輝「順応性高いな・・・」

夏目「色々あるからな、驚くことには慣れてるよ。心臓に悪いと思うことは慣れないけど」

秀輝律「「 壮絶なんだろうな・・・ 」」

梓「むぎ先輩知りませんか?」

夏目「うわっ!」

律「そういうのは慣れないんだな」

梓「むぎ先輩です」

秀輝「あっちに座ってるよ」

梓「そうですか、ありがとうございます」

夏目「・・・」

律「あっちでなにしてんだよ」

秀輝「静花さんが寝てるから一緒にいる・・・だけ・・・」

律「ふーん」

夏目「律さん」

律「ん?」

夏目「琴吹さんと静花さんって・・・知り合いですか・・・?」

秀輝「え・・・?」

律「どうしてだ?」

夏目「えっと・・・その・・・」

夏目(夢で見たなんて言えない・・・)

律「・・・」ジー

夏目「琴吹さんが懐かしいと言っていたので」アタフタ

律「そう言ってたのか・・・。私も分からないんだけどな」

秀輝「あ、でも・・・心当たりあるな」

律「なんだよ?」

秀輝「昨日の夜さ、DVD見てただろ?」

律「・・・うん」

夏目「DVD?」

律「エレナが撮ったDVDだよ。降りるときに私らにって残してくれたんだ」

夏目「エレナさんたち降りたんですか!?」

秀輝「え、今更?」

夏目「挨拶してない・・・」

律「小麦がよろしくって言ってたぜ。で、その時がどうしたって?」

秀輝「あ、うん。なーんか、優しい顔になってたんだよな」

律「そうか・・・」

夏目「・・・」

律「この事誰にも言うなよ?」

秀輝「・・・」

夏目「どうして・・・?」

律「静花さんが打ち明けない理由があるんだろ。それを私らが言うのは、まずい気がする」

秀輝「・・・なるほど」

律「知り合いだったとしたら、の話だけどな。・・・って事で、じゃあな」

スタスタ

夏目「・・・」

秀輝「俺らが触れていい範囲じゃないんだろうな」

夏目「・・・あぁ」

秀輝「広島でさ、事が終わったらどこ行くか決めたか?」

夏目「・・・いや」

秀輝「まぁ、そうだろうな。予定ないなら、埋めるなよ?」

夏目「・・・?」

秀輝「律と企画してんだ。楽しみにしておいてくれ」

夏目「・・・うん」

多軌「夏目くん!」

夏目「タキ・・・」

多軌「買っちゃった、広島の観光ガイド!」

秀輝「・・・くっ」


39