―――――展望車


律「それでは! むぎにかかった呪いを解くの会を発足します!」

一同「「 おぉー 」」

紬「おぉー!」

一同「「 えっ!? 」」

紬「あら?」

梓「寝ていてくださいよ!」

紬「私一人置いてみんなで楽しむのね、ひどいわ」シクシク

律「いや、・・・あのな」

多軌「あ、私はそういうノリの方がいいと思います!」

夏目「タキ・・・」

澪「・・・?」

多軌「わ、私も呪われた事があるので」

唯「なるほど、理解したよ」

律「したのかよ」

多軌「だって、自分のせいで周りが気遣ってくれるのって・・・ちょっと辛いから」

紬「そうそう」

梓「納得しないで下さい、倒れたんですよ?」

紬「安静にしてるから大丈夫よ」

梓「そうですね」

澪「梓はむぎに甘いな・・・」

唯「わたしには?」

梓「・・・憂がいるじゃないですか」

唯「厳しいよ」シクシク

秀輝「話がすすまねえー」

先生「ぷー、ぷー」

律「そんでだ、夏目! むぎの呪いを解く計画をここで発表しろ!」

夏目「・・・は、はい」

多軌「頑張って!」グッ

唯「おぉ・・・甘いエールだよ」

夏目「そういえば、ヤツは今どこにいるんだ・・・?」

ヒノエ『娘の中にいるよ、夏目』

夏目「・・・琴吹さんの」

紬「なにかしら?」

夏目「えっと・・・」

梓「・・・」

ヒノエ『場所は除きな、封印すると宣言してあるなら方法は知られても問題ないよ』

夏目「そうだな・・・」

唯「誰と喋っているの?」

夏目「あ、えっと・・・」

多軌「名取さんという妖祓いの方の式で、柊という山守りの妖です」

ヒノエ『私の存在を知らないね、この娘は』

律「えっと・・・、もうちょっと分かりやすく頼む」

多軌「名取さんの妖です」

律「持ち物みたいだな」

唯「『あやかし』って?」

柊『面倒なとこに付き合わされてしまったな・・・』

夏目「・・・悪いな、柊」

柊『・・・』

梓「『見えない』から、そこに話す夏目の言動に違和感を感じますね」

律「そうだな・・・」

梓「『居る』と分かってますけど」

多軌「夏目くん、姿写しの陣を紙に書いてみる?」

夏目「・・・どうする?」

ヒノエ柊『『 断る 』』

夏目「タキ、悪い」

多軌「うん」

唯「誰も答えてくれない」シクシク

紬「あれよ、・・・えっと・・・あれなのよ」

澪「どれだ」

紬「座敷わらしよね」

梓「うんうん。発想がむぎ先輩らしくて素敵です」ウンウン

秀輝「話が進まないんですけども!」

紬梓「「 はい 」」

夏目「今タキが言った姿写しの陣の上に立つと、素質のある人は妖の姿がみえるようになるんだ」

唯「ほほぅ」

澪「・・・」ゴクリ

紬「澪ちゃんも見たいのね?」

澪「い、いや・・・こ、怖い」

紬「先生さんも妖よ?」

澪「そうだな。夏目・・・怖くない?」

夏目「えっと・・・」

ヒノエ『・・・』プフー

柊『・・・』

夏目「怖くないですよ」

澪「うん。見たい」

柊ヒノエ『『 断る 』』

夏目「すいません、姿を見せるの嫌だそうです」

紬澪「「 」」ガーン

唯「なるほど、『あやかし』とはこういうものですか。先生にゃん」ツンツン

先生「ぷー、ぷふー?」

秀輝「そんでっ! どうやって封印するのかな!?」

律「お、強引に話を進めた」

多軌「クスクス」

夏目「あ、えっと・・・。場所は伏せます。対象が狡賢いヤツなんで逃げられると厄介ですから」

紬「ふむふむ」

夏目「タキが持ってきてくれた、特殊な縄と紙があるので・・・それを使用します」

澪「ふむふむ」

夏目「・・・以上です」

秀輝「」ズルッ

律「」ズルッ

梓「終わり・・・?」

夏目「・・・うん」

律「解散か・・・」

澪「そういえばお腹すいたな・・・」

唯「そうだったよ」グゥー

多軌「・・・」

夏目「・・・」

紬「あの・・・ね・・・」

梓「!」ビクッ

紬「一つだけ・・・。忘れていること・・・ううん。話題を逸らそうとしている点があるの」

律「ッ!」

澪「・・・!」

唯「?」

紬「私にかけられた呪いの効果って・・・なにかな?」

夏目「ッ!」

多軌「・・・」

ヒノエ『おや、怖いはずなのに、それでも聞くんだね、この娘は』

柊『・・・』

夏目「・・・それは・・・・・・」

紬「教えて・・・?」

ヒノエ『どこに違和感を感じたか聞きな、夏目』

夏目「ッ!」

紬「・・・」

ヒノエ『そこに関係しているはずさ』

夏目「・・・どこに・・・違和感を・・・」

紬「・・・」

梓「?」

夏目「違和感を感じたところです」

紬「・・・そうなの。・・・うん、分かったわ」

律「むぎ・・・?」

澪「・・・」

紬「食堂車へ行きましょう」ニコニコ

多軌「不安だと思う・・・」

夏目「あぁ・・・」

ヒノエ『・・・それにしても、用心棒が聞いて呆れるね』

先生「ぷー、ぷー」

柊『まったくだ。主様もお怒りだった』

夏目「名取さんが・・・?」

柊『夏目、主様はとても来たがっていたよ。来れなくて辛い顔をしていた』

夏目「・・・そうか」

柊『これで下手でもしてみろ』

夏目「そうだな。・・・許されないな」

多軌「・・・」

夏目「タキ、長旅疲れただろう。休んでくれていいよ」

多軌「いいのかな・・・。笹田さんが来るはずだったのに、私が来ちゃって」

夏目「笹田は用事が入ったから仕方がなかったんだ」

多軌「そうなんだ。でも、なんか悪いな、こんなに豪華な列車なのに」

夏目「あぁ・・・。・・・ヒノエ、ヤツは今、ここに居ない・・・よな?」

ヒノエ『あぁ、居ないよ』

多軌「ヒノエ・・・って?」

夏目「先生の友人だよ。柊と一緒に来てくれたらしい」

多軌「そ、そうなんだ・・・」

夏目「そういえば、どうしてヒノエも来たんだ・・・?」

ヒノエ『退屈していたのさ、今あの場所はしずかすぎてね』

夏目「・・・」

ヒノエ『弱いおまえを守るって言ったんだ。私はその代表だよ、夏目』

夏目「・・・」

柊『・・・』

多軌「それじゃ、明日ね。夏目くん」

夏目「ほんとに来てくれて」

多軌「全てが解決してから、ね」ダキッ

先生「ぷー、ぷー」

多軌「おやすみ~」

スタスタ

夏目「連れて行ってしまった」

ヒノエ『夏目』

夏目「?」

ヒノエ『暗くするなよ。それがヤツの栄養になるんだから』

柊『・・・』

夏目「・・・うん」

ヒノエ『あの娘に習って笑ってな。そうすりゃうまくいくさ』

夏目「・・・」

夏目「・・・」

カチッ

夏目「・・・一人で寝るの・・・久しぶりだな」

ヒノエ「なら、一緒に寝るかい?」

夏目「うわっ!」

ヒノエ「近くによりな」

夏目「離れろっ!」

ヒノエ「ちっ」

夏目「・・・まったく」

ヒノエ「見ててやるから、やすみな」

夏目「柊は?」

ヒノエ「見回りだよ」

夏目「・・・」

ヒノエ「一つ違う気配を感じたが、あれはなんだい?」

夏目「?」





5日目終了--------



37