――・・・

紬「」

緑「目立った外傷もないし、脈の乱れもないわ」

夏目「っ!」

緑「気を失っているだけのようにも見えるけど・・・。安心できないわね」

車掌「お部屋にお運びします」

律「梓と唯は一緒に行ってくれ」

梓「は、はい」

唯「わ、分かったよ」

澪「わ、私も」

律「澪はここにいてくれ、話を聞くべきだ。・・・というか、私を抑えてくれ」

澪「・・・え?」

夏目「・・・」

秀輝「・・・」

斑『なにもかもアレの思い通りか、それに怒りを覚える』ギリッ

夏目「・・・っ」

律「『居る』んだろ?」

夏目「っ!」

秀輝「・・・」

澪「だ、誰がだ・・・?」

律「澪も『見た』だろ。人が・・・夏目のお姉さんが消えるところを」

澪「・・・ッ」ビクッ

律「『あやかし』の姿をした先生が『居る』はずだ」

澪「あ、あやかし・・・?」

夏目「・・・ッ!」

斑『・・・』

律「先生、『居る』んなら姿を現してくれ、今、『そんなこと』で止まってる場合じゃないんだ」

秀輝「・・・」

斑『・・・フシュウウウウ』

澪「わっ・・・!」

律「それが答えなのか・・・?」

夏目「・・・」

秀輝「夏目、琴吹さんに何が起こったのか、説明するべきだ」

夏目「・・・」

律「夏目ッ!」

夏目「!」ビクッ

律「どうしてむぎの意識が飛んだんだよッ! ちゃんと伝えろッ!」グイッ

夏目「ッ!」

澪「り、律!」

律「今お前しか分からないんだぞッ!」

夏目「・・・ッ!」

澪「・・・」

斑『・・・』

秀輝「少しは夏目の」

律「じゃあ私らの気持ちはどうでもいいのかよッ!」

夏目「ッ!」

律「さっきまで笑っていたむぎが突然倒れたんだぞッ! 私たちの大切な人なんだぞッ!?」

夏目「――ッ!」ドクン

律「訳の分からない『あやかし』が関わっているってことしか知らないんだ!」

斑『・・・』

秀輝「律、先生も『あやかし』なんだぞ」

律「だから!『そんなこと』なんだよッ!
  『見える』から『聞こえる』から自分のせいにしてんだろッ!? 愛ちゃんのように!」

澪「律ッ!!」

律「ッ!」

澪「今自分がなんて言ったか分かっているのか!? 愛さんと夏目を比べたんだぞッ!」

律「・・・・・・・・・悪かった」

澪「・・・。・・・夏目」

夏目「!」

澪「何が起こっているんだ?」

斑『ふん』

どろん

レイコ「夏目は私に遠慮しているんだ」

澪「え・・・?」

律「・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・!」

レイコ「事の発端は私だからな。詳しい話をするには、とある理由を言わなければならない」

夏目「せ、先生・・・」

レイコ「おまえは遠慮しすぎだ。思い出したぞ、アレを」

律「アレってなんだよ」

レイコ「娘に呪いをかけた妖だ」

澪「呪い!?」

律「むぎに呪いがかかったのか!?」

レイコ「最初はそこの小娘、おまえとあの娘のどちらかだったんだ」

澪「わ、私!?」

律「澪もかよ!?」

レイコ「今、おまえは心の隙が埋まっている。だからあの娘になったんだ」

澪「な・・・!」

レイコ「心の隙を妖は好む。特に呪いをかけたアレは、人の子が持つソレを旨いと感じている」

秀輝「・・・」

レイコ「あの娘が苦しむことで夏目に苦痛を与えられる・・・、そういう妖が相手なんだよ」

澪「な、なんでむぎを・・・!」

律「・・・」

レイコ「そうすることで私への怨みを晴らそうとしているみたいだ。それを・・・生み出したのは・・・私だ・・・」

どろん

先生「チッ、まだ力が・・・戻らん・・・な・・・」

澪「なんで・・・!」

律「みお・・・」

秀輝「・・・先生」

先生「なんだ・・・って、おまえは・・・『聞こえない』・・・だろうに・・・」ウトウト

秀輝「『聞こえる』よ」

先生「ぷー、ぷー」

秀輝「・・・寝てしまったか」

律「大体分かった、じゃあな。・・・行くぞ、澪」

澪「あ、あぁ・・・」

夏目「・・・ッ」

秀輝「・・・」

『・・・』

「夏目くん・・・」

夏目「っ!?」

「名取さんに頼まれて来たんだけど・・・」

『来てやったぞ、夏目』

夏目「あ、ありがとう・・・。柊も・・・」

柊『・・・』

『やれやれ、その顔でしょぼくれた顔見せんでないよ』スゥ

夏目「ヒノエまで・・・!」

ヒノエ『呪術が関わっているのならなぜ私を呼ばない』プフー

夏目「・・・そうだったな。診て欲しい人がいるんだ」

ヒノエ『帰ったら礼を頂くからね。診てはやるが、相手が男だったら問答無用で拒否だよ』

「・・・」

秀輝「・・・え、誰?」

「あ、えっと・・・夏目くんと同じ学校に通っている多軌透といいます」



―――――紬の個室


紬「」スヤスヤ

「貧血だと思います」

車掌「そうですか・・・」ホッ

「少し休めば回復するでしょう。安静にしていれば問題ないかと」

梓「よかったです・・・」

車掌「ありがとうございました」

「いえ、それでは」

ガチャ

梓「ありがとうございました」

ヒノエ『失礼するよ』

柊『・・・』

唯「あずにゃん、むぎちゃんは・・・」

梓「貧血だそうです。少し寝ていれば回復すると」

唯「よかったよ~」

梓「律先輩たちは・・・?」

ヒノエ『こ、これは・・・! レイコにも負けず劣らずの美しさよ!』

紬「すやすや」ピカァー

ヒノエ『眩しい!』

柊『早く診てやれ』

ヒノエ『私に指図するんでないよ。どれどれ』

唯「少し休めば回復するって!」

律「あ、あぁ。てか、ドア閉めろよ」

バタン

紬「」スヤスヤ

ヒノエ『・・・ねちっこい呪いだね。だからこそ、侮れないと言ったところか』

柊『解呪できそうか?』

ヒノエ『どうだろうねぇ、少なくとも力のある場所と相当な妖力がないと無理だね』

柊『そうか、では夏目のところに戻るぞ』

ヒノエ『もう少し拝んでいくさ』

柊『勝手にしろ』

紬「」スヤスヤ

梓「むぎ先輩・・・」

唯「むぎちゃん・・・」

多軌「この縄とこの紙を使ってくれって」

夏目「わざわざありがとう」

多軌「ううん、気にしないで」

律「なんだよ、それ」

夏目「呪いをかけた妖を封印するために使う呪具です」

律「そうか、ヤツを封印すればむぎの呪いは解けるんだな?」

秀輝「・・・マジか?」

夏目「・・・それは、分からない」

多軌「・・・」

先生「・・・可能性はあるさ」

多軌「が、我慢・・・抑えるのよ私・・・!」グググ

律「可能性アリか・・・よし。なにが出来るか教えてくれ」

先生「む? おまえは私の声が『聞こえる』のか?」

律「あ、ほんとだ」

先生「誰かさんとは偉い違いだな」

秀輝「どうせ俺は器が小さいですよー・・・」

夏目「タキはこれから帰るのか・・・?」

多軌「うん。ホテルに泊まって朝に帰るよ」

夏目「・・・すまない」

多軌「いいの。私も助けてもらったから」

夏目「タキ・・・」

澪「二人の背景に花びらが舞っているような・・・」

律「先生ってさ、もうお姉さんの姿にならなくてもいいんじゃねえか?」

先生「なぜだ?」

律「タキが乗ればいいじゃんか」

夏目多軌「「 え? 」」

律「てか、そのつもりの荷物なんだろ?」

多軌「名取さんが持っていけと・・・」

夏目(あの時の言い方はこれだったのか・・・)

先生「私はどうなる!?」

律「ぬいぐるみとして乗車しとけばいいんじゃないかなって・・・」

秀輝「・・・なるほど」

先生「冗談じゃない!」

ガチャ

ゴスッ

先生「痛いっ!」

梓「あ、ごめん・・・って、うるさいよ先生。むぎ先輩が寝ているんだから」

先生「なんだこの扱いはー!」ペシペシ

澪「・・・地団駄を踏むネコ先生」

先生「おまえも『聞こえる』のか」

澪「・・・はい」

律「じゃ相談してくるよ」

夏目「先生も行ってきてくれ。人の姿でだぞ」

先生「むぅー」

どろん

レイコ「仕方ない・・・」

多軌「いいの?」

澪「用事がなければ・・・いいと思うよ」

多軌「やったぁ」

唯「ちょっと、むぎちゃんが寝ているんだからしずかにおしよ!」

一同「「 すいません 」」


36