――・・・


先生「ぷー、ぷー」

律「・・・」

夏目「・・・」

秀輝「律はどう思う?」

律「ん? ・・・すげえな。そんな世界が隣に存在していたんだなーって」

秀輝「ぐふっ・・・大きいな・・・」グッタリ

律「どうした?」

秀輝「気にすんな・・・」ハァ

律「・・・先生の正体は分かったけど、澪の件は分かってねえぞ?」

夏目(呪いをかけられるなんて・・・言えない・・・)

秀輝「すまん、それは時間をくれないか・・・?」

律「おっけ。じゃ、みんなのとこに戻るわ」

夏目「・・・」

ガチャ

律「夏目」

夏目「・・・?」

律「話してくれてサンキューな」

バタン

夏目「・・・」

秀輝「さすがだな、律・・・」

先生「器が大きいようだ」

夏目「先生・・・」

秀輝「起きたのか・・・」

先生「力が出ない・・・、かなりねちっこいぞ、コヤツ」

夏目「・・・」

先生「こんなとこじゃなかったら、この程度の妖なんぞ軽く吹き飛ばしてくれるのに・・・」チッ

夏目「やっぱり街中は疲れてしまうのか・・・?」

先生「あぁ、そのようだ」

夏目「アレちゃんと飲んだのか?」

先生「飲んだぞ」

夏目(それでも奪われているのか・・・)

先生「また眠くなってきた・・・。夏目・・・外に出て・・・切り替・・・えろ・・・」

夏目「・・・」

先生「ぷー、ぷー」

秀輝「なんて言ってた?」

夏目「外に出て気分を変えろって」

ガタン ゴトン

秀輝「丁度いいな、大阪に着いた。観光に行こうぜ」

ガタンゴトン ガタン ゴトン

プシュー

律「よっ」ピョン

唯「ほいっ」ピョン

シュタ

律唯「「 大阪着いたっ!! 」」

紬「長旅お疲れ様~」

梓「お疲れ様です」

澪「二人はここで降りるからな、感慨深いものもあるんだろう」ウンウン

唯「ついに到着だよりっちゃん!」

律「あー、うん。それなんだけどな、唯」

唯「はい、なんでしょう」

律「車掌さんと相談したんだけどぉ・・・」チラチラッ

唯「?」

澪「なんだ、その上目遣いは」

紬「りっちゃん・・・」キラキラ

梓「むぎ先輩のテンションがおかしいですね・・・」

律「最後まで乗ることにしました!」

澪唯梓「「「 えぇーッ!! 」」」

紬「まぁ~」キラキラ

秀輝「どうしたー?」

夏目「?」

律「夏目がな・・・どうしても一緒に居たいと」テレテレ

澪「ははっ」

律「乾いた笑いだな」

梓「律先輩にそういうこと言うんだ・・・」ジー

紬「ほほぉ・・・」

唯「ほんとに?」

夏目「いやっ! 言ってない!!」アタフタ

秀輝「・・・」ジー

律「はいはい。ウソですよー」

紬「夏目さん、体の調子はどう?」

夏目「大丈夫です。スープもいただきました」

律「うまいよな、あのスープ」

澪「用事があったんじゃないのか、律」

律「土壇場で必死になって親を説得して無理やりキャンセルした!」バシーン

澪「ドタキャンか・・・」

律「なんでもかんでも短くする文化ってよくないと思うぞ」

秀輝「なんでだよ」

律「あんな話聞いて降りられるかよ」

秀輝「・・・だな」

夏目「・・・」

唯「ういに聞いてみよ~」ピッピッピ

trrrrr

『もしもし、唯?』

唯「あれ、姫ちゃん? どうしてういのケータイ持ってるの!?」

姫子『これ、私の番号だよ。ちゃんと確認してね』

唯「あい、すいません」

姫子『じゃあね』

唯「はいよ~」

ピッ

澪「夏目は観光どこに行くんだ?」

夏目「・・・通天閣に行ってみようかな、と」

秀輝「大阪城も捨てがたいぞ」

律「・・・」

澪「決まっていないなら、夏目と大村さんも梅田空中庭園に行かないか?」

梓「・・・」

秀輝「そうするかぁ・・・?」チラッ

夏目「・・・」

レイコ「私も行くぞ・・・」

秀輝「先生・・・!」

夏目(人の姿になったら・・・!)

レイコ「気にするな・・・。今更情報を与えても情況は変わらんさ」

澪「?」

紬「?」

夏目「そういう事じゃないだろ!」

唯「ういから・・・、どうしたの・・・?」

梓「・・・?」

夏目「悪いっ・・・先生とどこかへ行ってくる」

秀輝「お、おい!」

夏目「なにかあったら嫌だから」

律「・・・」

秀輝「おまえまだそんな・・・!」

夏目「行くぞ先生」

レイコ「・・・うむ。たこ焼きを買ってくれぇ」

スタスタ

紬「先生さんの足取りが不安定ね・・・」

梓「大村さん、どうしたんですか?」

秀輝「あ、いや・・・」

律「・・・えらく動揺してんな」

静花「あら、みなさん・・・まだこんなところに居ましたの?」

紬「あ、静・・・花さんも梅田空中庭園へ行きませんか?」

静花「その溜めはなんですの?」

紬「分かりません!」

梓「力強いですね」

澪「夏目とは明日観光に行こうな、だから元気だせ、律」

律「おや、夏目を可愛がっていたのはあなたですよね」

澪「はは、なんのことかな」

秀輝「・・・」

唯「秀輝くんと貴志くんは時々兄弟みたいにみえますな」

秀輝「・・・え?」

律「そうかー?」

紬「なるほど・・・」

梓「そこまではいかないんじゃないですかね」

澪「姉に気を使う優しい弟だよな」ウンウン

梓「姉では・・・」ボソッ

静花「みなさん、行きますわよ」

紬「行きましょ~」

レイコ「ほふっほふっ」

夏目「焼きたてだから気をつけないと、口の中火傷するぞ」

レイコ「もぐもぐ・・・。うまいな」

夏目「うん。タコが柔らかくて、歯ごたえあっておいしい」

レイコ「どうして一緒に行かない」

夏目「なにか起こすと分かっているのに、近くに居させるのは嫌だ」

レイコ「・・・宣告通りというヤツでもなさそうだしな」モグモグ

夏目「今どこに居るんだ?」

レイコ「さぁな。気配を完全に消してる・・・。感じることすらできん」

夏目「・・・」

レイコ「聞かないのか?」

夏目「・・・っ」

レイコ「喰った相手が人ではなかったのか・・・と」

夏目「――ッ!」

レイコ「真実を知るのが怖いか」

夏目「怖いさ、先生の・・・」

レイコ「私を見る目が」

どろん

先生「変わるかもしれない・・・か?」

夏目「・・・」

先生「私に憑いているようだな。回復した力が抜けていくのが手に取るように分かる」

夏目「・・・」

先生「・・・ねるぞ・・・」

夏目「・・・あぁ」

先生「ぷー、ぷー」

『聞きたいのなら教えてやる』

夏目「・・・」

『人だったよ』

夏目「・・・ひっかかったな」

『? どういうことだ』

夏目「先生はおまえにそれを言わせるために、敢えて口にしたんだ」

『なんだと・・・』

夏目「・・・少なくとも人ではないな。・・・おまえはそういう妖なんだから」

『なるほど・・・おまえらの手のひらで踊らされたか』

夏目「・・・でも、おまえの友人であることに変わりは無い」

『私を懐柔しようとしているのか? バカめ』

夏目「いや、おれの友達になにかしたら許さないって言っているんだ」

『えらく強気じゃないか』

夏目「絶対に封印してみせる」

『大人しくしていればずいぶんと舐められたものだ。いいだろう』

夏目「・・・」

『 やってみろ 』

シュッ

夏目(気配が消えた・・・)

先生「む・・・?」パチッ

夏目「先生に憑いていないのか・・・?」

先生「おい! 娘共が危ないぞっ!」

夏目「・・・え」

先生「力を持った小物ほど厄介だ・・・。夏目の言葉にいちいち気に障っていたらしい」

夏目「なっ!?」

先生「今、どこにいるんだ、行くぞ!」




―――――梅田空中庭園



夏目「っはぁ・・・はぁ・・・っ」

レイコ「ちっ・・・」

夏目「いない・・・。ここしか知らないのにっ」

レイコ「他に手がかりはないのか!」

夏目「・・・っ」

レイコ「あんな小物に・・・踊らされるのが一番気に食わないんだッ。
    さんざん好き勝手しおって・・・!」ギリッ

夏目「あっ!」

レイコ「あの小娘は・・・」

夏目「北上さんっ!」

緑「え・・・?」

夏目「琴吹さんたちは!?」

緑「さっきまでここにいたけど・・・。知らないわ・・・」

レイコ「後手後手に回るな・・・」

夏目「・・・っ」

緑「どう・・・したの・・・?」

レイコ「他を当たるぞ夏目!」

夏目「あぁ・・・!」

タッタッタ

緑「・・・」



―――――大阪駅


緑「やっと戻ってきたのね」

夏目「北上さん・・・っ!」

緑「琴吹さんなら小麦を見送りに行ったわ」

夏目「ッ!」

ダダダッ

レイコ「ずっと待ってたのか?」

緑「・・・」

律「澪はどうなんだよ、このまま乗ってもいいのか?」

澪「うん・・・。大事な事だったと言ったら納得してくれた」

紬「それじゃあ・・・!」

澪「最後まで・・・な」

紬「嬉しいわ」キラキラ

律「そっか」

澪「律もいるから、一応安心してるみたいだ」

律「ふっふ~ん」

梓「信頼されてるんですね」

秀輝「そうだね」

律「・・・」

バシッ

秀輝「いて! なんで・・・?」

律「なんとなくだ」

秀輝「心の声が聞かれたのかと思った・・・あーびっくりした」

唯「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・?」

梓「・・・」

律「・・・」

秀輝「心の中では『そんな訳ないだろ』って皮肉を言ってたんだぜ」

紬「あぁー・・・なるほどぉー」

ドゴッ

秀輝「いった、律! 今のは痛いぞ!」

律「は?」

秀輝「え?」

唯「りっちゃんじゃないの?」

律「ん?」

秀輝「え? 違うのか」

澪「なんだこのミステリー」

梓「むぎ先輩に変な事教えないでください」ボソッ

紬「?」


静花「・・・楽しく旅をしているのですわね」

夏目「いたっ!」

レイコ「待て夏目ッ!」

夏目「っ!」

タッタッタ

静花「あら?」

レイコ「行くなッ!」

秀輝「ん? あれは夏目・・・?」

梓「走ってきますね・・・」

唯「小麦ちゃんに挨拶したかったのかな」

澪「・・・」

紬「どうしたのかしら?」

律「・・・なんだ?」


『 待ちくたびれたぞ 』

夏目「頼むからやめてくれ!」


秀輝「!」

唯澪「「 え・・・ 」」

律「・・・!」

紬梓「「 ? 」」


『見ろ、おまえを見る小娘どもの顔を』

夏目「おれに憑けって言ってるだろッ!」


秀輝「い、『居る』のか!?」

唯「た、貴志くん・・・?」

澪「夏目・・・」

律「どういうことだ・・・?」

紬「『見えない』から」

梓「『聞こえない』ですね・・・」


『ふん、まぁいい。おまえの目の前で呪いをかけるぞ、よく見ていろ』

夏目「ッ!」

レイコ「どけっ夏目!」

どろん

斑『グルルルァアアアア!!!!』

唯澪「「 消えた!!! 」」

『さすがは斑と言ったところか、だが遅い』

シュッ

紬「?」

夏目「琴吹さんッ!」

紬「けほっ・・・あら・・・?」

斑『チッ!』

梓「む、むぎ先輩・・・?」

紬「けほっ、けほっ・・・喉が・・・けほっ」

秀輝「まさか・・・夏目・・・!」

夏目「・・・っ」

唯「な、なに・・・? なにが起こってるの・・・?」

律「おい、むぎ・・・!」

紬「しかいが・・・ぼやけて・・・っ」フラフラ

静花「つむぎさんっ!」

澪「むぎっ!」

梓「あ、危ないです!」

ガシッ

紬「」

夏目「琴吹さん!」

唯「むぎちゃん!?」

澪「・・・な、なにが・・・?」

律「むぎッ!」

梓「むぎせんぱいっ!」


35