――・・・


夏目「・・・ぅん・・・?」

車掌「目が覚めましたか?」

夏目「車掌さ・・・ん・・・ッ!」ガバッ

車掌「そんな急に体を起こさないでください!」

夏目「琴吹さんと秋山さんは!?」

紬「え?」

律「なんだ、むぎの夢でもみてたのか?」

紬「まぁ」ポッ

夏目「・・・秋山さんは・・・?」

律「澪なら小麦たちと売店に行ったけど・・・?」

紬「大丈夫?」

夏目「体に異変とか・・・感じませんでしたか・・・?」

紬「え? ・・・うん」

夏目「・・・はぁ」

車掌「横になってください」

夏目「大丈夫です」

緑「まだ顔色が悪いわ。大人しくしていなさい」

夏目「・・・?」

紬「北上さんは看護師の勉強をしているそうなの」

夏目(それで色々とおれを気遣ってくれてたのか・・・)

律「緑がいてよかったな」

緑「別に・・・。私がやれることなんてたかが知れてるわ」

紬「・・・でも、心強いですよ」

車掌「さ、横に・・・」

夏目「・・・はい」

紬「えっと・・・。先生さんはあずさちゃんと一緒にいるから心配しないで」

律「なんで先生にさん付け・・・って、まぁいいや・・・後で聞かせろよ夏目」

夏目「え?」

律「なんで姉を先生と呼んでるかってことだ。じゃ、私は出るから養生しろよー」

ガチャ

緑「安静にしてなさい」

バタン

車掌「・・・」

紬「・・・ご飯食べられる?」

夏目「いや・・・その・・・少し恥ずかしいんですけど・・・」

紬「フルーツあるわよ? なにがいいかしら」

夏目(聞いてない・・・。けど、あの妖はどこへ・・・)

コンコン

車掌「はい」

夏目(やっぱりおれの部屋だったのか・・・情けない・・・って)

夏目「どうしておれの部屋に!?」

小麦「やっほー」

澪「元気そうだな」

車掌「ふふ、そうですね。それでは私はこれで。
   なんでもいいですので、なにかありましたら声をかけてくださいね」

紬「ありがとうございます」

夏目「・・・」

小麦「冷凍みかんあるよー。食べるー?」

澪「小麦・・・。風邪かもしれないんだぞ」

夏目「いただきます」

澪「食べたかったんかい」

紬「梨を剥いてあげるわね」

夏目(うわ・・・気まずい・・・)

コンコン

小麦「はーい!」

ガチャ

秀輝「様子はどう・・・」ニヤリ

夏目「やっぱり起きます」ガバッ

紬「ダメっ!」グッ

夏目「ぐふっ」

バタリ

澪「強引だな・・・。悪化しかねない勢いだぞ、むぎ・・・」

紬「一度お見舞いしてみたかったの~」キラキラ

澪「律の時は・・・?」

紬「りんごを剥いたの澪ちゃんでしょ?」

澪「・・・基準が分からない」

小麦「もぐもぐ」

秀輝「小麦が食べてどうすんだよ!」

エレナ「オー、扉が開いてますネー!」ジー

夏目「カメラッ!?」

澪「エレナ・・・今、一番撮られたくない瞬間だと思うぞ」

紬「ジューシーね。おいしいわ」モグモグ

澪「むぎが食べたんかい!」

ピノ『おいしいのだわ』ピピッ

夏目「どこから入ったんだ・・・?」

ピノ『ドアに決まっているのだわ。ご主人様もそこに』

夏目「え・・・?」

風音「ピノ、勝手に食べちゃダメでしょ?」

ピノ『申し訳ないです。でも、おいしそうなのです』

風音「大丈夫ですか・・・?」

夏目「ひ、貧血みたいなものです・・・」

ピノ『情けないのだわ』ピピッ

風音「こらっ!」

ピノ『怒らないで、ご主人様~』

紬「うふふ」

夏目「琴吹さん・・・『聞こえる』んですか?」

紬「なんとなく・・・だけど」ニコニコ

律「ほら、小麦出ろよ」

小麦「えー、もう~?」

律「ほら、小麦が出たら次入っていいぞ」

唯「はいよ~」

澪「交通整理みたいなことしてる!」

唯「貴志くんだいじょうぶ~?」モグモグ

澪「ためらいもなく食べてる!」

夏目「あの・・・見世物みたいになってて・・・」

紬「次はどれにしようかしら。桃缶もあるわよ?」

夏目「・・・」

静花「それは私が持ってきましたのよ」

紬「静・・・花さん・・・」

「あーぁ、おまえが居たんじゃ何もしなくても悪化しちゃうね~」

律「姉御、出番ですぜ」

姉御「あ、あのねぇ」

秋子「栄養満点スープお持ちしました~! 姉御スペシャルです~!」

姉御「そ、その名前なんとかしてよ」

夏目「あ、姉御・・・?」

静花「この方の名は津山菜々子・・・。詳しい紹介は動物園のゴリラ係員に聞いた方が早いですわ」

菜々子「なんだってぇ?」

静花「なんですのぉ?」

夏目「え・・・」

律「姉御はこれから、車内販売と食堂車で店員として乗るんだとさ」

夏目(それで・・・スープを・・・)

秋子「まぁまぁ、病人のまえでケンカはいけませんよ~」

菜々子静花「「 ふんっ 」」

紬「はい、スープよ。あーん」

夏目「断固拒否です!」

紬「それじゃ澪ちゃん、あーん」

澪「それは私へのあてつけだな、むぎ・・・」

紬「うふふ」

夏目「あてつけ・・・?」

澪「・・・」

紬「内緒よ」キラキラ

澪「・・・」

律「いや、私が風邪をひいたときに・・・その、世話をしてくれただけだぞ」

夏目(リアクションに困る・・・)

律「秋子ちゃんが出たから、梓入っていいぞー」

梓「様子はどうですか?」

紬「安静にしてるわ」

夏目(できない・・・)

梓「先生が目を覚ましたよ」

夏目「今どこに!?」

梓「『連れて行け』ってうるさいから、そこにいるけど・・・」

夏目「すいませんけど、先生と二人にさせてください」

澪「・・・」

唯「もう一回入っていい?」

律「・・・いや、ダメだな」

唯「ん?」

梓「分かった」

紬「・・・はやく元気になってね」

夏目「ッ!」

秀輝「・・・」

レイコ「・・・」

紬「それでは~」

澪「あとでな」

バタン

夏目「先生、いつ目を覚ましたんだ?」

レイコ「さっきだ」

どろん

先生「やりとりを聞いていたぞ」

秀輝「・・・俺も聞かせてもらおうかな」

夏目「だ、ダメだ!」

秀輝「先生と話をしたよ。俺のこの性格は妖のせいじゃないかって
   筋違いの事を聞いてしまった」

先生「・・・ふん」

夏目「・・・」

秀輝「『夏目は妖のせいにはしない。あまり妖を舐めるなよ』って言われた」

夏目「・・・だったら」

秀輝「やっぱり妖がらみだよな。知っているのと知らないのとでは全然違う」

夏目「・・・」

秀輝「なにもできないかもしれないけどさ、
   出来ることがあるかもしれないから聞かせてくれ」

先生「どうせなにも出来んさ。話しても構わん」

秀輝「・・・」

夏目「・・・分かった。だけど、無理はさせないからな」

秀輝「あぁ・・・」

夏目「全部聞いていたのか、先生は」

先生「聞いたさ。私が事の発端だということもな」

夏目「・・・」

先生「私がソイツの友人を喰ったと聞いてどう感じた」

夏目「・・・ッ!」

先生「・・・言ってみろ」

夏目「すごく嫌だと思った・・・」

先生「・・・そうか」

夏目「・・・」

秀輝「・・・」

先生「夏目、コヤツにも話してやれ」

夏目「?」

先生「コヤツは私の声が『聞こえない』のだ」

夏目「え・・・!?」

秀輝「・・・」

夏目「ひ、秀輝・・・」

秀輝「ん?」

夏目「先生の声・・・今のニャンコ先生の声が『聞こえない』のか?」

秀輝「・・・うん。『聞こえない』」

夏目「どうして・・・?」

先生「コヤツの常識がまだ上書きされていないのさ
   ネコが喋るなんて常識がな。柔軟性がないと言うべきか、器が小さいというべきか」

夏目「それは言わなくていい」

先生「どうせ『聞こえない』さ」

夏目「『聞こえなくても』言われたら嫌なんだ」

先生「なぜだ?」

夏目「『聞かなくていい』から」

先生「・・・ふん」

秀輝「・・・」

夏目「秀輝・・・ここから重要なことだから俺から話す」

秀輝「・・・」コクリ

先生「・・・」

夏目「先生に怨みを持つ妖がヴェガに乗り込んだ」

秀輝「!」

夏目「いや、ずっと乗っていたんだ。どこで身を潜めていたかは分からないけど
   そいつは、先生の力を徐々に奪っていった」

先生「おそらく、私に憑いていたんだな。私に気付かれずに奪っていくとは・・・相当な力を持っておる」

夏目「怨みをはらすべく、おれに焦点を合わせた
   おれが苦しめば先生に苦痛を与えられると、信じている」

先生「・・・」

秀輝「・・・夏目がターゲットなのか?」

夏目「それだけならおれは問題なかった。けど、おれにも苦痛を与えるつもりで
   ターゲットを変えた」

秀輝「乗客の内の誰か・・・?」

夏目「そう・・・。琴吹さんと・・・っ・・・秋・・・山・・・さんだ」

秀輝「なっ!?」

先生「相当性質が悪いな。そこまでの怨みを与えたのか・・・」

夏目「・・・っ」

秀輝「なんでその二人なんだ・・・?」

夏目「・・・隙があるとか・・・言っていた」

先生「ふむ。他にもいるが、夏目の近くに居るからという理由だろうな」

夏目「!」ビクッ

先生「・・・」

秀輝「・・・どうした?」

夏目「いや・・・」

先生「こうなってしまっては、乗ったことを後悔しても遅いぞ夏目」

夏目「ッ!」

先生「・・・しょうがない」

どろん

レイコ「他にも理由があるぞ」

秀輝「・・・?」

レイコ「夏目の近くにあの二人がいたから。それだけだ」

秀輝「それだけの理由でっ!?」

夏目「――ッ!」ドクン

レイコ「・・・」

秀輝「なんだよそれ・・・」

夏目「・・・ッ!」

秀輝「不道理な・・・」

レイコ「妖とはそういう」

どろん

先生「存在・・・ってまたか!」

秀輝「先生はなんと?」

夏目「そういう存在・・・」

秀輝「なるほど・・・。で、二人に何をするんだ?」

先生「呪いとか言っていたな・・・」

夏目「呪いをかけると・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・」

秀輝「おい、夏目」

夏目「・・・?」

秀輝「おまえさ、乗ったことを後悔したりしてないだろうな」

夏目「――ッ!?」

秀輝「その顔は図星か・・・。そういう考えはやめろよ、俺は夏目と出会って、先生と出会えて
   この旅の意味を探す事ができたんだから」

先生「・・・」

秀輝「その答えは見つからないかもしれないけど、ちゃんと見据えていきたいんだ」

夏目「・・・!」

秀輝「だから、乗客のみんなにもちゃんと旅を終えて欲しい」

先生「・・・」

夏目「あぁ、そうだな・・・」

先生「夏目・・・」

夏目「?」

先生「な・・・とり・・・に・・・れん・・・ら・・・く」ウトウト

夏目「名取さん・・・?」

先生「ぷー、ぷー」

秀輝「名取さんって?」

夏目「先生が名取さんに連絡を取れって・・・」

秀輝「ふむ。・・・状況を整理しよう」

夏目「・・・そうだな」

秀輝「まず、『あやかし』に夏目の今までの行動を見られていたのは間違いないと」

夏目「・・・」

秀輝「おまえ、琴吹さんを尊敬という形か知らんが、そういう存在でみているだろ」

夏目「そう・・・なのか・・・?」

秀輝「琴吹さんも先生の声が『聞こえる』んだろ?」

夏目「あぁ」

秀輝「そこだな。おまえの特殊な力を認めてくれた。
   且つ、人を集める琴吹さんに敬意を払ってすらいる」

夏目「そうか・・・な・・・」

秀輝「あぁ、・・・中野さんが言っていた。まぁ、無意識なんだろうけど」

夏目(そんな態度をとっていたのか・・・)

秀輝「だから、件の『あやかし』は琴吹さんに向いたと見ていいな・・・」

夏目「・・・ッ!」

秀輝「夏目、おまえの悪いとこだぞ。自分が居るからとか、思うなよ」

夏目「・・・」

秀輝「次に秋山さんだけど、その負の連鎖を生み出す為だろうな」

夏目「負の・・・」

秀輝「秋山さんになにかあったら、律や琴吹さんが苦痛を受ける」

夏目「・・・ッ」

秀輝「それを見たおまえは倍々で苦痛を受ける。・・・えげつないな」

夏目「―ッ!」

秀輝「それを止める話をしているんだ。前を向け、俺の顔を見ろ、夏目」

夏目「!」

秀輝「それで、その対抗策として先生の提案・・・。名取さんと連絡を。だな?」

夏目「うん・・・。そうだ、名取さんなら・・・話が通じる」

秀輝「連絡先知ってるよな?」

夏目「無理やり持たされた名刺が・・・」ゴソゴソ

秀輝「名取周一じゃないだろうな・・・まさかな」

夏目「どうして知っているんだ?」

秀輝「マジか・・・。アイドルと面識があって俳優にまで・・・」

夏目「そうだった・・・俳優でもあったな」

秀輝「俳優になぜ連絡を・・・?」

夏目「名取さんは裏家業として・・・妖祓いをしている」

秀輝「・・・」

夏目「・・・」


33