パァン

さとみ「・・・」スッ

レイコ「ん?」

梓「流れを読んでください」

レイコ「大して話もしていないだろ」

さとみ「でも、出会えたことに変わりは無いですから」ニコニコ

紬「そうね」ニコニコ

レイコ「・・・こうか」スッ

パァン

さとみ「弟さんを大切にしてくださいね」

レイコ「・・・ん?」

さとみ「ん?」

律「首をかしげあってどうすんだよ」

紬梓「「 ブフッ 」」

澪「?」

夏目「・・・」

さとみ「貴志くんも元気で」スッ

夏目「・・・っ」

さとみ「恥ずかしいの?」

夏目「いや・・・っ・・・そうじゃ・・・なくて・・・」

紬「・・・慣れていないのね」

夏目(妖との様々な出会いと別れを通して、慣れているはずなのに・・・っ)

レイコ「私がやっておまえがやらないのは気に食わん」ガシッ

夏目「っ!」

さとみ「ふふっ、楽しんでね。きっとかけがえの無い旅路になるわ」

夏目「は、はい」

パァン

梓「・・・」

車掌「・・・」スッ

さとみ「・・・素敵な・・・旅・・・でした・・・っ」

パァン

さとみ「っ・・・みんな、バイバイっ!」

タッタッタ

梓「・・・」

律「行ってしまったな」

紬「うん」

澪「あぁ・・・」

唯「・・・」

夏目「・・・」

レイコ「・・・ふん」

エレナ「・・・小麦ー! 明日の準備しますヨー」

小麦「・・・うん!」

秀輝「律、売店のアイスでいい?」

律「あぁ、いいぜ~」

秀輝「じゃ、駅の売店で買ってくるわ」

スタスタ

律「おいしいヤツな~」

秀輝「はいよ~」

車掌「なんですか?」

律「私らの事、野郎扱いした罰です」ウシシ

車掌「まぁ」クスクス

律「変に律儀だよな~」

車掌「そうですね・・・。それでは私はこれで・・・」

律「はーい」

唯「ぅ・・・っ・・・」グスッ

梓「・・・っ」

澪「・・・」

紬「・・・」

唯「あずにゃぁん」

ダキッ

梓「・・・っ・・・」グスッ

唯「・・・っ」グスッ

梓「・・・とくべつ、・・・ですよ?」グスッ

唯「・・・ぅ・・・ん」グスッ

ギュウ

律「やれやれ」

澪「・・・」

紬「・・・」

律「寝るには早いな、どうすっかな」

澪「展望車でくつろぐか」

紬「・・・うん」

レイコ「行くぞ、夏目」

夏目「・・・うん。みんな、おやすみ」

紬「あら、一緒に遊ばないの?」

レイコ「寝る。勝手に遊んでろ」

紬「そうですか・・・」ションボリ

夏目「先生・・・!」

唯「辛辣ですな・・・」

梓「一生の3分の2は寝て過ごすそうですから」

レイコ「・・・なんだそれは?」

澪「それはネコの一生だな」

夏目「ブフッ」

唯「ん?」

レイコ「なら、貴様も寝て過ごしているんだな」ゴゴゴゴ

梓「3分の1です。ネコではありませんから」ゴゴゴ

レイコ「・・・ほぅ」ゴゴゴ

梓「なんですか?」ゴゴゴ

律「なんで梓は敵対心をむき出しにしてるんだ?」

澪「むぎの誘いを断ったからかな・・・?」

夏目「そうです。一言多いから・・・」

レイコ「チビネコ!」

梓「なっ、また言われた!? すまし顔!」

律「置いて行こうぜ、子供かよ・・・」

澪「・・・」

紬「うふふ、仲良しさんね~」

唯「そだね~」

夏目(確かに・・・。正体を知ってもぶつかれるなんて・・・)

梓「行きますよ、むぎ先輩。ゲームしましょうゲーム」グイグイ

紬「あらあら」

澪「じゃ、じゃあな」

律「おやすみ~」

唯「また、明日ね・・・」

夏目「はい。おやすみなさい」

レイコ「ネコ娘!」

梓「ネコ娘っていうな!」カッ

夏目「夜のホームに中野の声が木霊する」

レイコ「なんだ、あの小娘は!」プンプン

夏目「先生が悪いぞ。余計な一言をいうから」

レイコ「ふんっ」

ドサッ

夏目「個室へ行かないのか?」

レイコ「風に当たっているわ」

夏目(それじゃおれも・・・)

秋子「あ~、貴志さんじゃないですか~」

夏目「秋子さん・・・」

秋子「どうしたんですか~?」

レイコ「・・・」

夏目「風に当たっているんです」

秋子「そうですか。紬さんたち知りませんか?」

夏目「展望車に行きましたけど・・・」

秋子「少しお話がしたいな~と思いまして」

夏目「・・・」

秋子「それでは~」

テッテッテ

夏目「・・・」

レイコ「・・・くー」

夏目「おとなしいと思ったら・・・」

秀輝「まだこんなとこにいたんだな。先生寝てるのか」

夏目「・・・ほんとに律儀だな」

秀輝「はは、まぁ・・・お詫びもかねてな」

夏目「ふふ」

秀輝「じゃあな」

夏目「また明日」

レイコ「・・・くー」

夏目(そういや、お酒の入った瓶ってどこに置いたんだろ・・・)

レイコ「・・・すー」

夏目(鍵はおれが持ってるのに・・・)

夏目「ちょっと探してこよう・・・。先生」ユッサユッサ

レイコ「・・んー?」

夏目「まだここで寝てるのか?」

レイコ「・・・くー」

夏目「・・・すぐ戻るからな」

テッテッテ

レイコ「・・・すー」

レイコ「・・・すー」

秀輝「あれ、先生だけ?」

レイコ「・・・くー」

秀輝「夏目のやつ・・・女性を一人で・・・」

レイコ「・・・すー」

秀輝「倍以上生きてる・・・のに、この若さ・・・」ジー

レイコ「・・・む?」

秀輝「あ、起きた?」

レイコ「夏目はどうした」

秀輝「さぁ・・・、トイレかな?」

レイコ「まったく・・・ふぁあ・・・」

秀輝「聞きづらいんだけど、先生ってさ・・・」

レイコ「んー・・・、なんだ・・・?」ノビノビ

秀輝「・・・いや、なんでも」

レイコ「そうか・・・。どうしてか、眠たくてしょうがないな・・・私も力を奪われているのか・・・?」

秀輝「ちから・・・?」

レイコ「気にするな」

秀輝「・・・」

レイコ「ふぁあ・・・」

どろん

先生「ぁああ・・・」

秀輝「――ッ!?」

夏目「先生ッ!」

先生「戻ったか・・・遅いぞ」

夏目「なんで姿を変えるんだよ!」

先生「おっ!? なぜだっ!?」

夏目「聞いてるのはこっちだ!」

先生「知らんわっ!」

秀輝「お、おい・・・!」

先生「見られておったか、しょうがないな」

夏目「ひ、秀輝・・・これは・・・」

秀輝「な、なんだよ・・・これ・・・!」

先生「おいおまえ、私の声が『聞こえる』か?」

秀輝「先生って・・・人じゃなかったのかよっ!」

夏目「――ッ!」

先生「『聞こえてない』ようだな。やれやれ」

秀輝「な、なんだよっ・・・夏目!」

夏目「・・・ッ」ズキッ

先生「・・・ふん」

どろん

レイコ「・・・私は、妖だ」

秀輝「『あやかし』・・・ッ!」

夏目「・・・っ」

レイコ「驚くのも無理はないが」

秀輝「っ・・・!」

レイコ「おまえは本当に器が小さいようだ。コム・・・娘やネコ娘と違ってな」

秀輝「――ッ!!!」

夏目「誰だって『見えない』存在が目の前に現れたら驚くに決まっているだろッ!!」

レイコ「そうだな、心構えも必要かもしれん。だがな、私の正体を探っていたのはコイツだぞ」

秀輝「・・・ッ」

夏目「だからってその言い草はなんだよッ!」

レイコ「ふん・・・だからと言って」

どろん

先生「正体が知れたら距離を取るのか、やはり人の子はつまらん・・・。またこの姿になったか・・・なぜなんだ?」

夏目「・・・ッ」

秀輝「お、俺は・・・」

夏目「・・・秀輝・・・・・・黙っていて・・・すまない・・・」

秀輝「・・・」

先生「くだらん、戻るぞ夏目」

夏目「・・・」

先生「状況を整理する時間も必要だろう」

秀輝「・・・」

先生「聞こえておらんようだな・・・。まだ常識の上書きが出来ていないというところか」

夏目「・・・秀輝」

秀輝「・・・すまん、夏目」

夏目「!」ビクッ

先生「・・・しかし、どうしてだ?」

秀輝「一人にしてくれ・・・」

夏目「あ、あぁ・・・」

先生「そんなヤツ放っておけ」

夏目「・・・じゃ、明日な」

秀輝「・・・」

先生「・・・ふんっ」

夏目「・・・」

カチッ

先生「ぷー、ぷー」

夏目(先生も・・・ショックを受けたのだろうか・・・)

モゾモゾ

夏目「・・・」

夏目(こんなことになるなんて・・・)

夏目「・・・」ナデナデ

先生「ぷー、ぷー」

夏目「おやすみ・・・先生・・・」


・・・

・・・・・・


『どうしてウソをつくのかな』

『構ってほしいんよきっと』

『夏目のうそつきー!』

『うそつき~!』

夏目『ウソじゃない・・・っ』

『こっちくるなよー!』

『ウソつかれるぞー!』

夏目『ウソじゃ・・・っ』

秀輝『・・・すまん、夏目』

夏目『ッ!』

唯『あ~ぁ、ウソだったのか~」

律『ちぇっ、なんだよ』

澪『・・・』

夏目『誰も・・・』

紬梓『『 ウソつき 』』

夏目『ッ!』


・・・・・・

・・・


夏目「!」ガバッ

先生「ぷー」

夏目「また、おれの心を覗かれた・・・」

夏目「なにか『居る』な・・・」

先生「ぷー、ぷー」

夏目「・・・ハァ」


『感がいいな

 斑も大分消耗してきたか

 忌々しい 忌々しい 忌々しい

 これからだぞ』




4日目終了--------



30