レイコ「それで、なんの話だったんだ?」モグモグ

夏目「名古屋から乗ってきた子がいてさ」ヒョイ

レイコ「コラァ!」

夏目「仕返しだぞ、隙だらけだな先生」モグモグ

レイコ「ほぉ・・・」

夏目「なんだよ、食べた分は返してもらうからな」

レイコ「いい度胸だな。どっちが主か思い出させてやる」ゴゴゴゴ

夏目「そうだな。ニャンコ先生」ジロ

レイコ「ふふ」ゴゴゴゴゴゴゴ

夏目「先生っ! 本気になるな!」

レイコ「フシュゥウウウ」

夏目「バ、バカッ!」

レイコ『もう遅いわ』

どろろろろろ

夏目(うわ・・・自制がきかなくなってる・・・!)

夏目「隙だらけだぞ」ヒョイ

レイコ「おい!」

夏目「ガイドにおいしいラーメン屋さんが紹介されていたぞ、先生」

レイコ「湯葉豆腐も追加だからな」モグモグ

夏目「しょうがないな」





さとみ「怖いわね、お姉さん」

梓「食べ物の恨みは恐ろしいですからね。姉弟ケンカをひきおこすなんて」

紬「・・・あれ?」ゴシゴシ

梓「どうかしたんですか?」

紬「お姉さんがね・・・ちょっと・・・」ゴシゴシ

梓「目がかゆいならこすらないほうが・・・」

紬「そういうのじゃないの・・・あらら?」

さとみ「席に着きましょ」




レイコ「もぐもぐ」

夏目「・・・京都か」

さとみ「こんにちは」

梓「朝食?」

夏目「うん。朝食べそこねたから。先生のせいで」

レイコ「私が何をした」

夏目「怒って何処か行っただろ」

レイコ「そんなこともあったな」モグモグ

紬「・・・そうなの・・・ね」ジー

レイコ「なんだ?」

紬「うーん・・・?」

夏目(怪しんでる・・・?)

レイコ「やらんぞ」

梓「私たちは食べました!」

さとみ「いつもの席でいいわよね」

紬「・・・えぇ」ウーム

梓「もぅ・・・失礼ですよ」プンプン

スタスタ

レイコ「どうして怒っているんだネコ娘」

夏目「やらんとか言うからだよ」

梓「ネコ娘じゃないです!」カッ

レイコ「耳もいいみたいだな」


店員「ありがとうございましたー!」

夏目「ごちそうさまです」

レイコ「行くぞ」

夏目「観光の準備するか・・・」




――・・・

ガタン ゴトン

夏目「そろそろ到着だ」

レイコ「京都ではどこへ行くか決まったのか?」

夏目「延暦寺は緑が多いって聞いたけど、行ってみる?」

レイコ「ふむ・・・」

夏目「まさか、行きたい場所でもあるとか・・・?」

レイコ「金閣寺だな」

夏目「妖の姿にならないと約束するならいいぞ」

レイコ「なんだその制限は」

夏目「名古屋城の天守屋根で寝ただろ。ヒヤヒヤしたんだぞ・・・壊すんじゃないかって・・・」

レイコ「物なんていつか壊れるものだろ」

夏目「壊れるから、長い年月維持された姿を守っていこうとするんだよ」

レイコ「おまえのいう事はよく分からんな」

夏目「・・・どうして金閣寺?」

レイコ「・・・なんとなくだ」

ガタン  ゴトン

プシュー

レイコ「よっ」

シュタッ

レイコ「ここが京都か・・・大したこと無いな」

夏目「まだホームだぞ。変わり映えしないだろ」

ミシッ

夏目「・・・?」

レイコ「おい変なものを持ったヤツラが集まってるぞ」

夏目「え? ・・・あぁ、カメラマンだよ。ヴェガの特集じゃないかな」

レイコ「そうか、関係の無い話だな」

ミシミシッ

夏目(右足の土踏まずが・・・痛む・・・?)



―――――金閣寺


レイコ「光っているだけか・・・」

夏目「金なんだぞ。それがお寺になっているんだ」

レイコ「おい、甘い匂いがする」クンクン

夏目「寺はいいのか先生・・・」

レイコ「きっと饅頭もある茶店に違いない。あっちだ」

タッタッタ

夏目「寺・・・」









レイコ「うまい」モグモグ

夏目「団子食べに来ただけみたいだな・・・」

レイコ「後でちゃんとみてやるわ」モグモグ

夏目「・・・」ハァ



―――――とある公園


斑『満足だ』

夏目「やめろっていっただろ、先生」

斑『問題あるまい。人の子が造った物の上で私がおまえを呼んだんだ。光栄に思え』

夏目「世界遺産の上で吼えただけだろ・・・、どうだった?」

斑『みんな私をみているようで気分爽快だ』

夏目「建物を見ていただけだ・・・つッ!」ズキッ

斑『さっきから右足を気にしているが、どうした』

夏目「なんだか、痛くて・・・。憑かれてるのかな・・・」

斑『そんな気配は無いが・・・』

夏目「ヴェガから降りて痛みを感じ始めた・・・」

斑『ッ!? ・・・なんだッ!』ビリッ

夏目「?」

斑『なにか来るぞ夏目、とてつもない力を感じる』ビリビリ

夏目「せ、先生?」

「・・・」

「・・・」

夏目「ッ!?」

斑『グルルルァアア!!』

夏目(黒猫と学ランの男! いつの間におれたちに近づいたんだ!?)

学ラン「・・・」

黒猫「ほぅ、凄いのを使役しておるようだ」

夏目「うわっ、猫が喋ったッ!」

斑『なんだ貴様らァ!』

学ラン「・・・」

黒猫「なんと、我の声が聞けるというのか・・・!」

斑『答えろォ!!』

夏目「ま、待て先生!」

学ラン「・・・」

黒猫「すまぬ。こちらも少々驚いているのでな」

斑『グルルルァァア』

黒猫「我の名は業斗童子。之の名を葛葉ライドウという」

夏目「ゴウト・・・ライドウ・・・?」

斑『どうして『喋る』事ができて、私が『見える』ッ!』

ゴウト「ふむ。どうやら悪魔ではなさそうだ。ライドウそれを仕舞え」

ライドウ「・・・」コクリ

夏目「・・・」

斑『さぁ、答えろ!』

ゴウト「どうやら、血の気が多い輩のようだ」

斑『なんだとォ!?』

夏目「言われて怒るなよ。自ら証明してるじゃないか」

斑『ぐぬっ』

夏目「先生はニャンコ姿に戻ってくれ」

斑『なぜだ』

夏目「ニャンコ姿の方が話がしやすいだろうから・・・。なにかと威嚇するし」

ゴウト「化けれるのか、珍妙な」

斑『その姿で喋れる』

どろん

ニャンコ姿の先生「おまえが言うでないわ」



紬「――ッ!」

梓「どうかしたんですか?」

紬「あずさちゃん・・・」

梓「はい」

紬「いまの――『見た』?」

梓「?」



先生「妖ではなさそうだが、なんだおまえは」

ライドウ「・・・」

夏目「・・・」

ゴウト「待て、少々厄介な事柄が起きたようだ」

夏目「?」

先生「どういうことだ」

ゴウト「そこのお嬢さんにうぬの変化をみられた」

先生「お嬢さんだとぉ・・・誰だ?」

夏目「え――」

紬「・・・これ・・・は」

夏目「――琴吹さん」ドクン

梓「なにを見たんですか? この季節にそぐわない学ランマントの人ですか?」

ライドウ「・・・」

ゴウト「ライドウよ、うぬの事なるぞ」

紬「クロネコちゃんも・・・喋った・・・」

ゴウト「なっ、なに!?」

先生「『も』って私の声も聞こえているのか!」

紬「・・・はい・・・・・・」

夏目「・・・どう・・・して」

ライドウ「・・・」

梓「むぎ先輩・・・? ニャーニャー鳴いているのは喋ったと言わないんじゃ・・・?」

紬「あずさちゃんには・・・『聞こえない』・・・の?」

梓「鳴き声ですよね?」

紬「いいえ・・・違う・・・わ・・・」

梓「???」

夏目「見られた・・・」

ゴウト「ふむ・・・。考えられる要素はいくつかあるが・・・。
    それより、そちの主の顔色がすぐれんようだが」

先生「誰が主だ! 主は私だ、私!」ペシペシ

紬「まぁ・・・!」

梓「夏目・・・それ、ぬいぐるみじゃなかったんだね・・・って、夏目?」

夏目「見られた・・・ウソがバレた・・・」

ライドウ「・・・」スッ

先生「なんだそれは符か?」

ゴウト「鎮心符。混乱している対象に使用する」

夏目「・・・!」

紬「落ち着いて・・・うん。・・・落ち着いたわ」

ゴウト「お嬢さんには使用しておるまいな?」

ライドウ「・・・」コクリ

ゴウト「自力で心を静めたか。出来た人と見える」

先生「おまえはダメだな、夏目」

スゥ

夏目「あ、・・・ぁ」

梓「大丈夫?」

夏目「中野も・・・『見た』のか?」

梓「むぎ先輩が言う『見た』なら『見てない』んだと思う。私には状況を理解できないから」

紬「そうなの・・・」

夏目「・・・そうか」

紬「夏目さん」

夏目「!」ビクッ

紬「今は・・・なにが起こっているのか知りたいわ」

夏目「・・・・・・はい」

ゴウト「落ち着いたようだな。まずは状況を整理したい。
    お嬢さんは我の声が『聞こえる』かな?」

紬「は、はい」

ゴウト「こちらのお嬢さんには我の声は届く。・・・が、ネコのようなお嬢さん」

梓「む、むぎ先輩・・・今黒猫に返事しませんでしたか?」

紬「う、うん・・・」

梓「動揺してる・・・なにが起こっているの・・・?」

ゴウト「ネコ嬢には『聞こえない』様子」

先生「おい、小娘」

紬「・・・」

ゴウト「聞こえていないとな? ・・・きっかけはうぬのようであったが」

先生「わ、私なのか!?」

紬「あ、小娘って私なのね?」

先生「聞こえとるではないか!」ペシペシ

梓「小娘・・・? むぎ先輩をそう呼ぶのは誰?」ゴゴゴゴ

ライドウ「・・・」スッ

先生「私に指をさすな!」

梓「『聞こえない』けど、むぎ先輩の言動でなんとなく理解できたよ」グググ

先生「顔をひっぱるでない! 伸びるぅ!」ムグー

梓「次言ったら許さないから」ゴゴゴ

先生「どうせ小娘と夏目にしか『聞こえん』のだ・・・」ヒリヒリ

梓「・・・なんだか不愉快になった」

夏目「・・・」

紬「えっと、あれがあれで、これがこれで・・・」

ゴウト「状況を整理しているな。見所のあるお嬢さんだ」

梓「・・・ひょっとして、また小娘って言いました?」

ライドウ「・・・」コクリ

先生「おいこら! おまえは」

梓「いうなー!」グググ

先生「はなふぇねこむすふぇ」ムググ

ゴウト「まぁよい。では、きっかけについて話そう」

夏目「・・・」

紬「よ、よろしくお願いします!」フンス!

ゴウト「お嬢さん、先ほど何を『見た』?」

紬「え、えぇと・・・。虚空からネコちゃん・・・。夏目さんのぬいぐるみが出現しました!」

ゴウト「・・・ふむ」

夏目(ウソが・・・バレた・・・)

紬「な、夏目さん!」

夏目「・・・・・・はい」

紬「り、理由があるんでしょうから・・・あ、後で聞いていいですか?」ゴクリ

夏目「・・・え?」

梓「ぬいぐるみだと言わないといけない理由を教えて下さい。と言っているんだよ」

夏目「あ、うん・・・」

先生「ネコ娘ぇー・・・」ヒリヒリ

ライドウ「・・・」

ゴウト「常識が上書きされたのだろうな」

紬「?」

夏目「どういう意味だ?」

ゴウト「まずは情報が欲しい。ライドウ、封魔管を・・・仲魔を召喚するのだ」

ライドウ「・・・」スッ

ゴウト「『見ろ』」


ズドーン!! ドドド─z__ン!!

「オレサマ オマエ マルカジリ」

「今度ノ相手ハドイツダ」

「我ラ四聖獣ノチカラオ見セイタシマセウ」

「イザ」


ゴウト「早まるな。敵ではない」

夏目「――ッ!?」

先生「なっ、なんだコヤツ等は!?」ビリビリ

紬「え・・・、え?」

梓「夏目は驚いてるけどむぎ先輩は・・・」

紬「な、なにが起こったのですか?」

ゴウト「お嬢さん方には『見えていない』様子。
    向かって左から、白虎・青龍・玄武・朱雀となる。うぬらは確認できるな?」

先生「うむ」

夏目「・・・あぁ」

ゴウト「ライドウ、戻せ」

ライドウ「・・・」スッ

シュゥゥウウウ

夏目「管に吸い込まれていった・・・。あ、妖とは違うのか・・・?」

ゴウト「こやつらは『悪魔』だ。『あやかし』とは異なる」

先生「禍々しい力を感じた・・・」

夏目「あぁ・・・」

紬「・・・えっと・・・」

梓「金閣寺集合まで時間ありますね」

ゴウト「ふむ。ペースを崩さないとはネコ嬢もなかなか」

先生「そやつはいいから、早く説明をしろ!」ペシペシ

ゴウト「お嬢さんはライドウ・・・。この学ランの男が召喚した『もの』が見えましたかな」

紬「い、いいえ・・・。私たち以外にはなにも確認できませんでした」

夏目梓「「 え・・・? 」」

ライドウ「・・・」

ゴウト「ライドウが召喚した『もの』を悪魔という。悪魔の仲間、仲魔と呼んでいる」

先生「あ、悪魔だと!?」

夏目紬「「 悪魔・・・ 」」

梓「悪魔? 天使の対称ですよね」

ゴウト「うぬは『物の怪』で間違いないな」

先生「・・・」

夏目「・・・」

紬「『もののけ』・・・」

ゴウト「? どうした」

先生「ここまで来ては後戻りできまい」

夏目「・・・・・・あぁ。・・・琴吹さん」

紬「はい・・・?」

梓「・・・?」


27