唯「………」

律「………」

澪「………」

紬「………」

梓「………」


唯「………」

律「………」

澪「………」

紬「………」

梓「………」


唯「………」

律「…おいっ」

澪「………」

紬「………」

梓「………」


唯「………」

律「お茶おかわり」

澪「………」

紬「……ちっ」

梓「………」


唯「………」

律「………」

澪「………」

紬「てめーで淹れろよ」

梓「………」


唯「………」

律「お茶係はムギてめーだろ」

澪「………」

紬「一杯目は淹れてやったろ!二杯目はてめーで淹れろや」

梓「………」


唯「おめーらうるせーんだよ」

律「………」

澪「律しゃべんじゃねーよ自分で淹れろや」

紬「………」

梓「ハァ~~~」


唯「………」

律「わぁーったよ」

澪「………」

紬「口答えしてねーで最初からそーしろや」

梓「めんどくせー」


唯「………」

律「………」

澪「………」

紬「………」

梓「………」


唯「………」

律「………」

澪「………」

紬「………」

梓「あっ!そういえば憂の足手まといさん」


「なに?」

「憂からの伝言で…
【今日帰ってくんな死ね】
だってさwwwwギャハハハは
死ね!」

「おい!誰かゴキジェッと持ってこい!」


唯「………」

律「………」

澪「………」

紬「………」

梓「………」


唯「………」

律「………」

澪「おいパイナップル」

梓「………」


「……おい!パイナップル!おい!返事しろや」

律「……はっ?あたしの事?」

「他に誰がいんだよ!マジぶっ殺すぞオメー!」

「うるせーな!なんだよ!」

「今までの事清算するぞ」
「はっ?」

「今まで私が弄られ役やってやった清算だよ」

「なんだよそれ?」

「まぁ、長い付き合いだったし10万で勘弁してやる」


唯「………」

律「明日からあたしも殺人者か~」ボソッ

澪「10万かー、何買おっかな」

紬「あっ!清算っていえば」

唯律澪梓『ギクッ』


「今までのお菓子とお茶とティーカップの使用料で」

「明日までにそれぞれ20万づつ持ってこいや」

「家なき子はギター代もあるからヨロシク」


唯「………」

律「………」

澪「………」

紬「………」

梓「………」


唯「………」

律「帰るか解散」

澪「………」

紬「………」

梓「………」


唯律澪紬梓『明日から部室に行くのやめよ』

澪紬『金は家に取りに行けばいーな』







おわり