レイコ「天むすをいただこうか」スッ

梓「あっ、取られた!」

レイコ「ネコ娘にしては動作が遅いな」モグモグ

梓「誰がネコ娘ですか!」

唯「あずにゃんです!」

梓「言い切らないで下さい!」

紬「あずさちゃん、どうぞ」

梓「ひまつぶしですね」キラキラ

紬「えっと・・・」

律「事実を伏せておくべきだぞ、むぎ」

紬「で、でも・・・」

憂「後で知ったとき傷が深くなるのでは・・・」

唯「その時はわたしがぎゅうっとね!」

レイコ「ひまつぶしじゃないのか?」

梓「?」モグモグ

夏目(しまった、ちゃんとした名前を教えていなかった・・・!)

秀輝「青ざめてるけど、どうした?」

夏目「い、いや・・・」

紬「お姉さんも間違えているのね・・・」

紬「この手羽先おいし~」

澪「本当だ!」

律「もぐもぐ・・・うんめぇ」

梓「うなぎのひまつぶしですよね?」モグモグ

小麦「違うよ、ひ・つ・ま・ぶ・しだよ」

レイコ「ん?」

梓「え・・・」ポロッ

カランカラン

エレナ「オハシが落ちましたネ」

レイコ「夏目が言ってたぞ、『うなぎのひまつぶし』とな」モグモグ

夏目「っ!」サッ

澪「顔をそらしたな・・・」

梓「わ、私・・・ずっとひつまぶしをひまつぶしさせていたんですかぁ!?」

律「なに言ってるか分かんねえよ」

紬「動揺しているわ」

純「あっはっはっは! 梓っ!」

憂「純ちゃん・・・」

和「手羽先おいしいわね」

小麦「おぉー、一人だけ次元が違うよ」

エレナ「肝が据わってますワ」

梓「はっ、恥ずかしいです!」ガタッ

タッタッタ

紬「あらー・・・」

レイコ「これくらいのことで」モグモグ

秀輝「先生は恥ずかしくないの?」

レイコ「言ったのは夏目だからな、私は無傷だ」

夏目「・・・っ」ガタッ

タッタッタ

小麦「あっはっはっは!」

憂「グフッ」

澪「恥ずかしかったのか・・・」

唯「顔真っ赤だったよ」モグモグ

和「お姉さんをひっかけようとしたんじゃないの?」

レイコ「さぁな。私は恥ずかしいという感情をあまり持っていないから」

紬「え?」

秀輝「あーおれのえびふらいがーなくなってるぅー」

律「なんだよその棒読みは・・・」

夏目「訂正させておくの忘れてた・・・!」

梓「なんでこんな目に・・・!」

夏目梓「「 ん? 」」

梓「どうしたの?」

夏目「い、いや・・・なんでも・・・」

梓「・・・」

夏目「・・・」

シーン

夏目(間を置いて戻るか・・・先生が心配だけど・・・)

梓「・・・」

梓夏目「「 ・・・はぁ 」」

緑「・・・」

梓「あ・・・」

夏目「・・・」

緑「なにをしてるの・・・?」

梓「夜風に当たっているんです」

夏目「・・・」

緑「そう・・・」

スタスタ

梓「・・・」

夏目「・・・」

梓「私たちは何をしているのかな・・・」

夏目「分からない・・・」

梓「戻ろう」

夏目「なぁ、中野」

梓「・・・なに?」

夏目「・・・。・・・琴吹さんの周りっていつもああなのか?」

梓「ああって、今の展望車?」

夏目「・・・うん」

梓「夏目はむぎ先輩の紅茶飲んだ?」

夏目「まだ・・・だな・・・」

梓「・・・言葉より体験した方が分かると思う」

夏目「そうか・・・」

梓「どうしてそんなことを聞いたの?」

夏目「人が吸い寄せられていく感覚って言うのかな・・・」

梓「・・・うん。分かる」

夏目「・・・」

梓「いつも誰かと誰かを包んでいる」

夏目「・・・」

梓「私の尊敬する人」

夏目「・・・そうか」

梓「・・・って、なに言ってるんだろ。もう冷めたから戻ろうよ」

夏目「・・・あぁ」

梓「松本から乗ったんでしょ?」

夏目「うん。あのさ、金沢で―――」

―――

夏目「―――って事があってさ」

梓「そんなことが・・・」

夏目「あぁ、不思議な感じだった」

梓「・・・うん、むぎ先輩らしい」

夏目「・・・」

梓「・・・あれって」

夏目「律さんと・・・秀輝?」

梓「外で話・・・?」

夏目「・・・」

梓「どうしたんだろ」

夏目「待って、様子が変だ」

梓「?」



律「なんで塞ぎこんでんだよ」

秀輝「そんなんじゃないって」

律「おまえ・・・長島スパーランドでも変だと思ったけど・・・朝のこと気にしてんじゃないだろうな」

秀輝「違うって」

律「じゃあなんだよ」

秀輝「・・・」

律「朝の事じゃないならいいけどさ、らしくねえぞ」

秀輝「・・・」

律「・・・」

秀輝「俺らしいってなんだ?」

律「そういや、よく知らんな。けど、ここまで一緒にバカなノリで遊んだり、くだらないやりとりしたことかな」

秀輝「・・・」

律「肝心なところで支えていたり、意外なところで役に立つ。そんなヤツ」

秀輝「・・・そうか」

律「・・・」

秀輝「俺はさ、ただ・・・みんなと楽しみたかっただけなんだよ」

律「・・・うん。それは見ていて分かった」

秀輝「でもさ、愛ちゃんの件で・・・自分がなんなのか分からなくなった」

律「マジか・・・」

秀輝「・・・」

律「・・・まぁ、時間はあるんだ。それを探すのもありじゃねえのか?」

秀輝「・・・だけど、こんな俺だと・・・また人を傷つけてしまうだろ」

律「やっぱ気にしてんじゃねえか・・・」

秀輝「・・・」

律「・・・」

レイコ「あの娘の事をおまえが引きずるのはどうなんだ」モグモグ

紬「・・・うん」

秀輝「・・・そうですね」

レイコ「朝にもソイツに言われただろ、失礼だとな」

律「・・・」

秀輝「・・・はい」

レイコ「あの娘の為にも前を向け。それが最低の礼儀だ」

秀輝「は、はい」

レイコ「自惚れるなよ」

スタスタ

秀輝「・・・ッ」

紬「戻りましょう」

律「そだな」

秀輝「・・・うん」

律「さすがに、あの台詞はどうかと思うな」

秀輝「いや、敢えてそう言ってくれたんだ・・・」

律「ほほぉ・・・」

秀輝「・・・今、一番言われたくない言葉だった」

律「だよなー・・・。元気出せ」ポンポン

秀輝「優しさが染みる」

スタスタ



梓「・・・」

夏目「おれ達には気付かなかったな・・・」

梓「そんな狭い視野の持ち主じゃないよ」

夏目「?」

紬「あずさちゃーん」

梓「はーい!」

テッテッテ

夏目「・・・」


――・・・


夏目「消すぞ」

先生「いいぞ」

カチッ

夏目「・・・」モゾモゾ

先生「まだまだ遊んでいるようだな」

夏目「あぁ・・・」

先生「参加せんのか。だからもやしなんだ」

夏目「疲れているんだよ・・・。一言多いぞ、先生」

先生「アイツのように学べる事あるだろうに」

夏目「秀輝?」

先生「アイツは初めて良心というものが芽生えているんだ」

夏目「・・・」

先生「歪んだヤツだが、元はそこまで酷くは無い」

夏目「・・・うん」

先生「小娘に叱られて学んでおるわ」

夏目「小娘って・・・誰・・・?」

先生「名前は知らん」

夏目「先生の目から見たら誰でも小娘だからな・・・」

先生「・・・」

夏目「先生、どうしてあんなこと言ったんだよ」

先生「どんなことだ」

夏目「『自惚れるな』だよ」

先生「夏目、おまえ分かってないのか?」

夏目「・・・?」

先生「やれやれ・・・。いいか、アイツは独りで乗り越えられる事は大体なんとかなっているんだ」

夏目「・・・うん」

先生「だがな、対人関係で初めて躓いたんだぞ。大分堪えていただろう」

夏目「・・・あぁ、そうだった。秀輝は自分のことを小さい、浅いと客観的に答えていたな」

先生「そういう事だ。それを外部から指摘されて平気なヤツはいないだろうな」

夏目「どうして先生に秀輝の心情が分かるんだよ。人の気持ちなんて分かるのか?」

先生「レイコはいつもニヤニヤしていただけだったからよく分からなかったが・・・
   あの小僧はまだまだ子供だ。ガキと呼べるほどの段階でもない」

夏目「子供とガキの境目はなんだ・・・?」

先生「さぁな」

夏目「・・・」

先生「ふぁ・・・」

夏目「おやすみ、先生」

先生「ぷー、ぷー」

夏目(子供か・・・。そう言われたら怒るのかな秀輝は・・・)

夏目「」ウトウト

夏目「」スヤスヤ







『 みつけたぞ 』




3日目終了--------



23