夏目「え・・・」

春香「ネコミミの緑の車掌服ですね」

律子「えっと・・・美希と相性が良いんだか悪いんだか分からない」

夏目「中野梓・・・。みなさんと一つ下の2年生だそうです」


「「 オォーー! 」」


夏目「今、出てきてフリーズしたのが部長の田井中律さん。ドラム担当です」

春香「・・・」

律子「これで全員のようね、ありがとう」

夏目「どうして・・・?」

律子「そうね、みらいに関係する事なんだけど、プロデューサーが到着してから話すわ」

夏目「・・・」

春香「プロデューサーさんも知っているんですね」

律子「えぇ・・・」

夏目(事務所でなにかあるって言ってたな・・・)

唯『ではさっそく! ふわふわ時間!!』

律「ワンツー!」

ジャガジャガジャガジャガジャガ

唯『 キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI
   揺れる思いはマシュマロみたいでふわ☆ふわ
   いつもがんばるキミの横顔 ずっとみてても気づかないよね
   夢の中なら二人の距離縮められるのにな 』


律子「・・・」

春香「いいですね、この曲!」

夏目(本格的だな・・・)


唯澪『 あぁカミサマお願い 二人だけのDream Timeください☆
    お気に入りのうさちゃん抱いて今夜もオヤスミ♪ 』

唯『 ふわふわ時間 』

澪『 ふわふわ時間 』


――・・・♪


ジャンジャンジャンジャンジャンジャン


唯『 ふわふわ時間! 』

憂純和「「「 ふわふわターイム! 」」」

唯『! ふわふわ時間っ!!』

さとみエレナ小麦「「「 ふわふわターイム! 」」」

唯『ふわふわ時間ーっ!!!』

「「「「 ふわふわターイム!! 」」」」


ジャジャジャジャッジャーン


パチパチパチパチパチパチ

「唯ちゃーん!!」

「澪さーん!」

唯『みんなありがとー!』

夏目「・・・」

春香「律子さん、ここってプロは出場できないんですよね」

律子「えぇ、アマ限定のライブよ」

春香「なんだか・・・悔しい気がします」

律子「え・・・?」

「いい事じゃないか?」

夏目「?」

律子「あ、プロデューサー」

P「そういう気持ちは持っていた方がいいぞ、春香」

春香「・・・はいっ!」

P「次の曲に入るか・・・何曲目になる、律子」

律子「まだ2曲目ですよ。美希は・・・?」

P「近くで見るんだってさ」

律子「へぇ・・・刺激されたようね・・・」

あずさ「・・・」


澪『では次の曲です ぴゅあぴゅあはーと』

律「ワンツースリー!」


澪『 頭の中 想いでいっぱい あふれそうなのちょっと心配
   とりあえずヘッドホンでふさごう♪ 』 

唯『 Don't stop the music! 』

澪『 欲しいものは欲しいって言うの したいことはしたいって言うの
   だけど言えない言葉もあるの 』

唯『 Can't stop my heartbeat! 』

澪『 いきなり! チャンス到来 ぐうぜん同じ帰り道
   wow! ふくらむ 胸の風船 急に足が 宙に浮くの
   上昇気流にのって 』

澪唯『 飛んでいっちゃえ! キミのもとへ わたしのぴゅあぴゅあはーと
    受け止めてくれるなら 怖くはないの 
    この気持ちが 大気圏 越えたとき
    キミは見えなくなってた 道の向こう側 あい☆Don't mind 』


・・・・・・

夏目「秋山さん、ボーカルもやるんだ・・・」

律子「・・・」

P「アマでこれだけ盛り上げるんだな」

春香「はい。すごいです・・・」

夏目「ほとんどヴェガの乗客ですね・・・」

P「みんなを盛り上げているのはステージの彼女たちだよ」

夏目「・・・」

あずさ「・・・」

・・・・・・

澪『Ah ボリュームをあげて ほら ときめき探すよ
  またこの場所で何度でも 会えそうな気がするよ』

澪唯『飛んでいっちゃえ! キミのもとへ わたしのぴゅあぴゅあはーと
   受け止めてくれるなら 怖くはないの
   この気持ちが 大気圏 こえたとき 
   キミは見えなくなってた 道の向こう側 あい☆Don't mind』


ジャーン ドコドタン

パチパチパチパチパチパチ

「紬さーん!」

「律さーーん!!」


唯『それでは次の曲、今日限りのバンドHTTFが演奏します。ヴォーカルカモーン!』


律子「いよいよね」

P「あぁ・・・」

あずさ「・・・」

夏目「みらいと知り合いって程度じゃないですよね」

律子「そうよ。私はあの子をプロデュースしていた・・・。1年と2ヶ月前までは」

春香「えっ! 竜宮小町より前ですか!?」

律子「えぇ・・・」

春香「はぁー・・・、知らなかったです・・・」

夏目(竜宮小町って・・・なんだろ・・・)

あずさ「みらいちゃん・・・」

P「様子が変だな・・・」

春香「そうですね・・・どうしたんでしょう・・・」

律子「あの子・・・遠慮してるわね」

春香「遠慮?」

律子「きっと、『HTTのステージに私が立っていいのか』と感じているわ」

P「・・・なるほど、さっきまでの客とバンドの一体感をそのままにしたいと・・・」

律子「恐らく」

夏目「・・・」

あずさ「頑張ってみらいちゃん・・・!」

P「なんだ・・・コイントス?」

律子「おまじないかしら?」

春香「夏目さん今のは?」

夏目「ごめん、中野がどうしてコイントスをしたのか分からない」

春香「そうですか・・・」

夏目「でも・・・」

春香「?」

P「表情が和らいだな」

律子「えぇ・・・。なるほど、今HTTFになったのね」

あずさ「一つの行動で・・・繋がった・・・」

春香「すごいです・・・!」

P「もう一つ繋がりが深くなるみたいだぞ」

律子「見て、紬さんの肩に乗ったリスを」

夏目「リス・・・?」


唯『あ~、いいなぁ~、リスちゃん私の肩にカモーン』ポンポン


あずさ「まぁまぁ」

P「ふふっ、あははっ」

律子「昨日、紬さんが言ってました・・・
  『唯ちゃんはそういう雰囲気を生み出してしまうんです。天性ですね』
   ・・・と」

春香「すごいっ!」

夏目「・・・飯山の顔つきも変わってきた」



みらい『みなさんこんにちは。飯山みらいです』

「「 えっ!? 」」ザワザワ



夏目「名前は伏せるって言っていたのに・・・?」

春香「どうしたんでしょうか・・・」

P「律子、カメラ持ってきていただろ?」

律子「でも、商業的撮影は禁止のはず・・・」

P「商業じゃないさ、律子が一般人として撮影すればいい」

律子「なるほど」

P「あ、あと」

律子「はい。他の5人は映らないように、ですね」

P「さすがだな・・・」

律子「・・・」ジー

夏目(それをどうするんだろう・・・?)


みらい『ノン・トロッポ』

ポンポンポロポロ

みらい『 心を映し出す 丸い月 赤くやんなり浮かぶ 誰にも知られず
     私を形作るすべてが 涙をもっていると 誰にも言えずに  』


みらい『 それでも明日は満ちている この先にずっと わたしは自分に偽りはしない 』


みらい『 仮面を脱ぎ捨て 素顔の自分に出会うの 私は恐れを知らない
     過去には縛られずに 背を向け サヨナラと進む 私の軌跡 』


・・・・・・


律子「この歌詞!」

P「シー・・・」

律子「・・・」


・・・・・・


みらい『 私は自分を愛してゆきたい
     新しい私に「おはよう」と言った 
     あの日の真っ赤な月など忘れて
     このまま 幸せ 思う数 私 素直になれる』


・・・・・・


夏目(いい音楽だな・・・。先生も聴いてたりするのかな・・・)


・・・・・・


みらい『 いつしか手を振る 昔の私に あなたも私も 恐れを知らない
     過去には縛られずに 背を向け サヨナラと 歩く 私の軌跡
     サヨナラ 』


ジャ ジャジャン


春香「はぁー・・・いい曲でしたぁ・・・」ウットリ

あずさ「えぇ、ほんとうに・・・」

P「アレンジしたのか・・・」

春香「オリジナルを知っているんですか?」

律子「私とみらいで作った曲だからね」

夏目「?」

春香「律子さんも作詞を!?」

律子「えぇ・・・まぁ・・・」

P「その時はやぶれかぶれだったからな、もうやるしかないって感じで」

律子「そうでしたね・・・」

夏目「今の飯山をイメージしたように聞こえた」

あずさ「はい」

春香「・・・えっと?」

律子「春香は素のみらいを知らなかったわね」

P「元々まじめで、気配りが出来て、スタッフにも感謝を忘れないのが飯山みらいなんだ」

夏目(それは分かるな・・・。おれに謝りに来たくらいだから)

P「うちの事務所にみらいに引き抜きの話が来て、みらいの為を思っての移籍だったんだ・・・。
  運がそうさせたと信じて疑わなかった」

夏目(それで、移籍した事務所も辞めた・・・。複雑な状況だったんだな・・・飯山の立場は・・・)

あずさ「・・・」

律子「プロデューサー・・・」

P「この件は律子に任せるよ。社長も納得するさ。しなかったらさせるんだ、俺と二人で」

律子「はい!」

春香「みらいさんがうちに来るんですね!」

律子「出来るかどうか分からないけどね。とりあえず、下準備しなくちゃ」

あずさ「・・・でも、内心複雑じゃないでしょうか」

夏目「・・・」

P「・・・そうだな。言葉が悪いけど、一度放った側だからな」

春香「そんなっ!」

律子「事実よ、春香。それで、必要だから戻ってきてなんて・・・失礼だわ」

あずさ「・・・!」

夏目「求める場所は同じのような気がしますよ」

律子「え・・・?」

夏目「飯山が居たいと思う場所です。あのHTTの中と、さっきの・・・」

美希「ハニー!」

P「うわ・・・また変わった・・・」

あずさ「・・・」チョキン

美希「あずささん、なにを切ったの?」

あずさ「赤い糸~」

美希「だっ! ダメなのっー!」

真美「チョー! よかったよー!」

やよい「うっうー! わたしも歌いたくなってきましたー!」

P「やよいのこのテンションはなんだ・・・?」

やよい「普通ですよ! うっうー!」

「ちょっとあんた! なんで私を置いていくのよ!」

P「わ、悪い・・・」

美希「デコちゃん来てたんだ」

伊織「さっき目が合ってたでしょ!
   アンタたちが私を置いてどこか行っちゃうから私一人彷徨っていたのよ!!」

やよい「伊織ちゃん!」

伊織「な、なによ!」

やよい「頑張ろうね!」

伊織「やよいのこのテンションはなんなの・・・?」

やよい「・・・」

伊織「やよいっ、頑張るわよ!」

やよい「やったー!」

真美「やったね!」

律子「なにがなんだか・・・」

P「はは・・・」

春香「この場所ですか・・・?」

夏目「うん」

春香「嬉しいなぁ~」

P「・・・」

律子「・・・」



『 どうし   に ア  の いが  ァ 』



夏目「ッ!」ゾクッ

春香「どうかしたんですか?」

夏目「い、いや・・・?」

春香「?」

真美「はるるん行くよー!」

春香「あ、でもアンコールが!」

美希「アズサに文句・・・じゃなかった、賞賛の言葉をかけるのー」

P「アズサ?」

あずさ「なんでしょう~?」

美希「あずささんじゃないの。えっとね、ステージにいるチビネコちゃんなの」

律子「あぁ・・・」

P「ネコ・・・ね・・・」

美希「どうしたのハニィ・・・? 私の顔に何かついてる?」

P「いや、・・・同類かなって」

美希「ごろにゃんしてもいいってことだね?」

あずさ「・・・」チョキン

美希「また切られたの!」

やよい「私たちも仕事ですー!」

伊織「行くわよ、あんたたち!」

春香「は、はーい!」

律子「美希、仕事が優先よ」

美希「わ、分かってるけどね・・・挨拶を・・・」

夏目「おれが伝言を受けるよ」

美希「・・・」

P「忘れられないような言葉を伝えるといい」

美希「・・・うん」

春香「わたしもみなさんのように輝きます!」

真美「負けないからね!」

伊織「私はみてなかったけど、頑張るって決めたわ!」

やよい「ありがとうございましたぁ!」ウィング

あずさ「待ってます」

律子「それはちょっと重いですよぉ」

P「律子はいいのか?」

律子「多分、後で会うことになると思うので・・・
   あ、紬さんに・・・いい出会いでした、と」

夏目「はい」

P「美希は?」

美希「わたしも、自分を理解してくれる特別な人と出会えたの。だから、アズサの気持ちがすっごく分かる
   また、会いましょうって伝えてほしいの」

夏目「分かった。必ず伝える」

美希「ありがとう」

春香「楽しい時間をありがとうございました、それではお元気で!」


19