律「は?『飲んでいただけますか』だろおっぱい奴隷め!」ぺちん!

澪「ひぎぃ!申し訳ありませんでした律ぅううう!!」

律「このおっぱい奴隷!おっぱい!おっぱい!」もみもみもみもみ

澪「っんん///」ぷるんっ

律「けしからんおっぱいしやがって!このおっぱい澪!」もみもみ

澪「律ぅ、おっぱいミルク出ちゃうよう///」たぷんたぷん

律「まっtあくしつけのなってないメス奴隷だぜー!おちんちんで調教してやる!」ギンギン

澪「あふん///律のおちんちんだぁ///」とろぉ

律「変態奴隷め!けしからん!」ずぶっ

澪「あんっ///」

律「澪!澪っ!」パコパコ

澪「あぁん///律ぅ///」パンパン

唯「あー!りっちゃんと澪ちゃんまたエッチしてるの?」

紬「好きねえ///」

唯「私たちもしよっか?ムギ奴隷ちゃん」むっくむく

紬「はいご主人様///」


唯「ある日突然世界中でおっぱいの小さい女の子からおちんちんが生え、
おっぱいの大きい女の子が奴隷になっちゃいました!不思議!」

紬「そこで政府は新たに女の子ペニスが生えたふたなりっ子に一人一匹のおっぱい奴隷を与える法律を作ったのよ♪」

唯「私にはムギちゃんが私専用の奴隷として与えられました!」

紬「りっちゃんには澪ちゃんが奴隷として与えられたわ~」

澪「あぅうっ///ミルク出ちゃうううう///」ぴゅっぴゅ

律「おちんぽミルク出ちゃうううう///」ぴゅー

唯「身の周りの世話から精処理までしてくれる万能エッチ奴隷だよ!」パコパコ

紬「んんっ///唯ご主人様のためだもの///」パンパン

唯「ムギちゃ~ん♪」ぴゅっぴゅ

紬「唯ちゃん!唯ちゃん!」ビクビクン

律「ふぅ、よかったー」

澪「律のも最高だったぞ///」

唯「えへへ、貧乳なほどおちんちんが大きいからりっちゃんのふたなりペニスは気持ち良いのかな?」

律「そうかな?///」ギンギン

紬「唯ちゃんはけlこうおっぱいもあるからおちんちんちっちゃいものね」

唯「あぅ///」


―――

梓「こらっ!もっと丁寧に舐めるです!」

憂「う、うん。ごめんね梓ちゃん」ペロペロ

梓「まったく!使えない奴隷です」

憂「ううっ」ペロペロちゅぱちゅぱ

唯「あっずにゃーん♪」

梓「こんにちは唯先輩」

唯「憂がどうかしたの?」

梓「憂のヤツ、私のチンポがデカ過ぎて入らないから口でさせてくれって言うんだけど、下手なんですよー」

憂「ごめんね?ごめんね梓ちゃん」ペロペロペロペロ

唯「あずにゃんデカチンだもんね」

梓「本当に家事しかできない奴隷ですよ~」

憂「ううっ」ちゅぱれろ




仕事行くわ