澪「律はモテモテでうらやましいなぁ?」

律「あ、えっと・・・」

澪「女の子を選べる気分ってどうなんだ?さぞかし楽しいんだろうな~?」

律「その・・・」

澪「ムギみたいな可愛い子とエッチできるなんて、本当に羨ましいよ」

律「・・・。」

澪「楽しかったか?ムギの身体は、ん?どうした律?」

律「や、やめろよ
澪「そう言えば梓にも手を出したらしいなぁ律は?本当なのか?」

律「・・・ッ!」

澪「なぁ、どうなんだよ」

澪「可愛い彼女たちに囲まれて。良い人生だよなー」

律「み、澪・・・」

澪「ああ、彼女じゃないか?律にとってはムギも梓もただの都合の良い『お友達』かな?」

律「そんなこと・・・!」

澪「私も、な」

律「違うっっ!」

澪「じゃあ律。律にとって私って何だ?」

律「そっ、それは・・・!」

澪「まさか『好きだ』なんて言わないだろうな?」

律「~~~~っ///」ドキッ

澪「だったら律には幻滅だよ」

律「なっ!?」

澪「お前はムギや梓をバカにしてるのか?最低だよ、それ」

律「それは、そんな、違っ・・・」

澪「律を嫌いにはなりたくなかったなー」

律「ま、待てよ澪っ!そんなんじゃないよ私は!!」

澪「じゃあ何なんだよ?」

律「私はっ、その・・・澪の事が・・・」

澪「ん?」

律「・・・好き」

澪「ハッ!」

律「澪が!澪が好きだ!ずっと、ずっと好きだったんだよ!」

澪「他の女の子にもそう言ったのか?」

律「・・・澪だけだ。私が好きなのは!」

澪「・・・。」

律「最低だって構わない。澪以外なんていらない」

澪「そっか・・・」

澪「私もな、律が好きだったよ」

律「じゃあ・・・!」

澪「今は大っ嫌いだよ、律の事」

律「そ、そんな・・・!」

澪「私は、律みたいなヤツは、嫌いだ」

律「待て、待てよ澪」

澪「さよなら律。もうお前の名前を呼ぶのも最後だな」ふいっ

律「待って!待ってよ澪!チャンスを、チャンスをくれ澪!!」バッ

澪「しつこいなぁ。田井中さん」ぐいっ

律「澪・・・?」

澪「田井中さんは私なんかにかまってる暇無いんじゃないのかな?
『お友達』がたーくさん待ってるんだろ?」

律「お願いだよ澪・・・田井中なんて呼ばないでよ澪ぉ・・・」ぐすっ

澪「あーあ、田井中さんは泣き落としが得意なんだねぇ?」

律「違う、違うよ澪ぉ・・・」ぽろぽろ

澪「泣きながらしがみつくなよ田井中さん。気持ち悪いなー」ぐりぐり

律「やめて・・・やめてよ澪、気持ち悪いなんて、澪の口から言わないでぇ・・・」

澪「やめろよ田井中」ゲシッ

律「いやぁ!許して澪っ!!」

澪「へぇ?田井中さんは私に許されたいんだ?」

律「お願いだよ澪ぉ、澪にだけは、私澪にだけは嫌われたくない。
澪に嫌われたら生きてけないんだよ・・・」

澪「ふーん・・・?」

律「何でもする。何でもしますからぁ・・・」うるっ

澪「そっ、か」

澪「私は田井中さんに興味なんかないよ。許すも許さないも関係無いなあ」

律「嫌ぁ!!お願いします澪ぉおっ!!」がしっ

澪「気持ち悪いなぁ・・・田井中さんは」ぐにぃ

律「んんっ///」ビクッ

澪「こんなものブラ下げて近づかないでよ田井中。変態。気持ち悪い」ぐりぐり

律「やっ、あっ///澪っ、やめっ///」ひくん

澪「田井中。お前私にナニを踏まれて感じてるんじゃないか?」ぐにっ

律「んぃやぁっ///」ビクッ

澪「あーあ、勃ってきてるじゃないか。本当に気持ち悪いヤツだなぁ田井中?」ぐりぐり

律「み、澪ぉ・・・やめてよぉ・・・///」むくむくっ

澪「こんなものが付いてるからあんなまねするのかな?」ぐいっ

律「ひぐっ!?」

澪「なあ田井中。お前私に許されたいんだったよなぁ?」

律「な、何を・・・澪?」ビクビク

澪「私はお前みたいなのが大嫌いだよ」ぐにぃ

律「な、何するんだ澪!?」

澪「潰しちゃおうよ、ねぇ?」にやぁ

律「やだぁ!やめてよ澪ぉおおっ!!」ぶんぶん

澪「どうしてだ田井中?こんなものついてたらお前みたいなのはまたやるだろ?」

律「やだぁ・・・やめてよ澪ぉ・・・」ぐすっえぐっ

澪「ふーん、お前は私に許されたくないんだ?」

律「!!」

澪「私はお前のナニが大嫌いなんだよ、いいだろ律?」

律「えっ?今・・・」

澪「どうした律?私の言う通りにすればまた名前で呼んでやるぞ?ん~?」ニヤニヤ

律「あぅ・・・ぅ、あ・・・」

澪「優柔不断だなぁ田井中はー」ぐりっ

律「んぐぅっ!」

澪「じゃあ潰すぞー律ぅ」ニヤニヤ

律「いやぁ!嫌だっ!お願いします澪っ!それだけは、それだけは許して澪ぉ!!」ブルブル

澪「クッ、ぷふふ・・・」

律「み、澪・・・?」

澪「ふふっ、意地悪しちゃったかな?」クチュ

律「んんっ澪ぉ///」むくっ

澪「反省したか律?」なでなで

律「ひゃぁ・・・澪ぉ・・・///」ひくんっ

澪「でも許したわけじゃないからな」ぎゅっ

律「ひっ!」キュッ

澪「まぁ、でも・・・」さわさわ

律「あぁ///」びくん

澪「私を満足させてくれたら許してもいいかな?///」チュッ

律「澪///」ちゅっ

澪「私にもゴム無しでしてくれるんだろ?///」くにぃ

律「うん。澪と・・・ずっとそうしたかったんだ///」ぬぷっ

澪「んぁ・・・///」クチュ

律「澪っ!澪ぉ///」パンパン

澪「妊娠しちゃうっ!子供できちゃうぅ!」

律「いやー見事妊娠しちまったよ///」さすさす

澪「律のお腹、大きくなってきたな」なでなで

律「うん、澪との子供だぞー?」

澪「ふふっようやく律を身篭らせてやったぞ!」

律「これから幸せになろうなー?」

澪「ああ!もちろんだよ!」

澪「・・・浮気したら、わかってるよな?」

律「ひっ!」ビクッ


おしまい!