ヒイロ「…ヒロ子だ…」

デュオ「同じく転校生のデュオ美です♪」


キャーカッコウイイ!
ダイテー!


さわ子「えーっとじゃあ2人の席は…平沢さんの近くが空いてるわね。任したわ、軽音組」

律「アイサー!さわちゃん!」

唯「了解ですさわちゃん!」

さわ子「さわちゃん言うな!」



デュオ「はー…なんで俺まで…」スタスタ

ヒイロ「安全策として2人分転校枠は確保しておいた」スタスタ

デュオ「ま、日本人は可愛い子多いしな、ヒヒッ…ってそうだヒイロ」

ヒイロ「ヒロ子だ」

デュオ「(えー…ガチかよこいつ)…なあ、ヒロ子?」

ヒイロ「なんだ?」

デュオ「お前もうちょっと声高くしろよ。流石に女子って言い張るには無理があるぞ」

ヒイロ「…む」

デュオ「ほら、やってみろって」

ヒイロ「……」

デュオ「俺の自己紹介の時みたいに」

ヒイロ「……ヒロ子です(裏声)」

デュオ「―――(声にならない笑い)」

ヒイロ「」ジャキン

デュオ「わー!待て待て!流石に校内で武器はまずい!!」



ヒイロ「……」

デュオ「なぁ、悪かったって…」

ヒイロ「……」

律「よっす!よろしくな!」

唯「よろしくね~」

デュオ「あ、よろしく」

ヒイロ「……」

唯「…あれ?」

デュオ「あ、すまない。こいつちょっと無口なんだ」

律「そうなのか?私は律!でこっちの縮こまってるのが澪!」

唯「私は唯だよ!」

紬「琴吹紬です♪」

澪「…よ、よろしく…」

律「こいつ人見知りなんだよー」

澪「わ、ばか!余計なこと言うな!」

デュオ「そうなのか?まぁ、ゆっくりでいい、仲良くしてくれ」

澪「う、うん…///」

デュオ「ついでにこいつも人見知りみたいなもんだから、一つ頼む」

澪「あ、ああ…」

ヒイロ「……」



澪「……」チラッ


ヒイロ「」ギロ


澪「ヒィィィ!!」



デュオ「馬鹿っ、ビビらすな!」ガゴン!

ヒイロ「…すまない…」

澪「ミエナイキコエナイミエナイキコエナイミエナイキコエナイミエナイキコエナイ…」カタカタ

律「おーい、澪ー、帰ってこい―」

唯「でも本当に2人とも格好いいよね!最初男の子かと思っちゃったよ!」

デュオ「」ギクッ!

ヒイロ「………」

律「馬鹿、唯!こういうのはボーイッシュって言うんだ!」

唯「あ、そっか~ごめ~ん」

デュオ(ナイスフォローだ!デコちゃん!)



―回想―

デュオ「潜入するに当たってだが」

ヒイロ「ああ」

デュオ「下手に女言葉を使うのはやめよう」

ヒイロ「…何故だ?」

デュオ「根本的な問題でお前にできるはずがない」

ヒイロ「………」

デュオ「それに慣れないことをしていたらぼろを出す」

デュオ「と言うわけで、男勝りな女で通すぞ。まぁ大丈夫だ、女子校に男子が来るとは思わん」

ヒイロ「……了解した」

デュオ(…単に女言葉を話す俺たちを>>5が書けないだけなんだけどな…)

―回想終了―



デュオ「気にしないでくれ、慣れたことだから」

唯「ごめんねー」

律「やっぱり女子から人気あるのか?」

デュオ「そうだな。前の学校では女子から告白されることもあったなー」

デュオ(嘘はいってないな。嘘は)


紬「その話!!!」キュピーン


デュオ「へ?」


ダダダダ!!ガシッ!!


紬「詳しく教えて貰えないかしらっ!!!」キラキラ


デュオ「あ、ああ…かまわないよ…」




時間は流れて


デュオ「この辺でおいしい店って言うと?」

女子1「やっぱりあそこのクレープ屋じゃない?」

女子2「私は2丁目のカレー屋がいいと思うなー?」

澪「デュオ美は馴染むの早いなー」

律「澪をも見習えよ」

澪「う、頑張る」

律「それに比べると」


ヒイロ「………」ムスッ


唯「ひぃーちゃんまったくしゃべらないね」

澪「それ以前に動いてすらいないような」


デュオ「おいヒイ――ヒロ子、飯食いに行こうぜ」

ヒイロ「……」ムクリ


紬「ハァハァ…///」

澪「でも仲はいいのな」

律「腐れ縁って言ってたな」

紬「デュオヒロ…いやヒロデュオかしら…っ!?」

律「ムギは何考えてるの?」

紬「乙女の嗜みです!」



唯「待ってー、私も一緒に食べるよぉー」

デュオ「大歓迎だ」

ヒイロ「………」


律「そして唯は果敢に飛び込んでいくと…」

紬「ハァハァ…3P…///」

唯「みんなも一緒に食べようよー」




ほうかご!

ヒイロ「………」ガタッ

デュオ「おい!どこ行くんだよ!」

ヒイロ「……調べ物だ…」

バタン!

デュオ「あーあー、言っちまった…」

唯「本当っ、クールだよね~」

律「声も低いし、格好いいよなー」

デュオ「まぁ、あいつはとことん集団行動に向かないからな…」


唯「私ちょっと追いかけてみるね~」

澪「あ、おい!もうすぐ部活だろ!?」

唯「あとでちゃんと行くからー」

律「行っちまったよ」

紬「そう言えばデュオ美ちゃん、もう部活動は決めたのかしら?」

デュオ「いやまだだ。色々回ってから決めようと思っててな」

律「だったらうちの部活に見学に来ないか!?」

デュオ「えーっと、律達の部活って…」

紬「軽音部なの~ 」

デュオ「へ~(楽器なんてさわったことねぇよ…)」


デュオ「そ、それより、一つ聞きたいことがあるんだけど…」

律「ん?」

デュオ「トレーズ先生っているだろ?あの人ってどんな人だ?」

紬「あ、それなら」

律「うちの顧問だよ」

デュオ「……へ?」







101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 03:41:02.45 ID:snsW2Mj1O


ごめんなさい寝ます
これを期に皆さんがデュオ×ヒイロに目覚めてくれたら幸いです



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 02:21:37.65 ID:aWiRBdcs0


ヒイロがけいおんの制服着てるのがまったく想像できない


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/05(月) 03:07:02.87 ID:PKt3Ein80


こうですか?わかりません><