律「たっだいまー!!」

唯「お帰りりっちゃん!で、どうだった?」

律「許可おりたぜぇー!」

一同「やったー!」

律「…ただし条件つきだ!」

唯「ガーン!!」

澪「ど、どんな条件なんだ?」

律「…それはな…」

唯「…ゴクリ…」


律「『もっとエレガントに』だぁぁ!」


一同(ー唯トレーズ)「」ポカーン



澪「…すまん律…日本語で頼む」

トレーズ「もっと煌びやかかつ優雅さと気品さを兼ね備えろ…ということかね?」

澪「いやそういう意味じゃないです」

唯「そ、それはとっても大変だね、りっちゃん!」

律「そうだな唯」

唯「どうしたらいいのかな?」

律「あら唯さん、肩におゴミが着いてましてよ?」

唯「うわぁぁぁ!すっごいエレガントだよりっちゃん!」


紬「やはり紅茶はウェッジウッドですよねー」

トレーズ「うむ…だが、入れてくれるレディがこれほど華やかであると…最上級のティータイムが楽しめるのだよ…」

紬「まぁ…///」


律「うっわ、違和感ねぇ…」

梓「エレガントに四肢が生えたような人ですからね」

澪「まず生まれの違いだろ」



律「何はともあれ、これで名実ともに新生桜ヶ丘高校軽音部発進だぁ!!」

一同「おおー」

トレーズ「ふふっ…」





一方そのころ

デュオ「女子校に潜入するだぁぁ!?」

ヒイロ「ああ」

デュオ「おったまげた~…いきなり何を言い出すかと思ったが」



デュオ「お前さんにそんな趣味があるとは…」



ズキューン


ヒイロ「…避けたか」ジャキン

デュオ「悪かった、だからリロードしないでくれ!」


ヒイロ「これを見ろ」

デュオ「何だ、トレーズの野郎じゃねぇか」

ヒイロ「もう少し広範囲にした写真がこれだ」

デュオ「なんか随分可愛い子がたくさん……って、学校じゃねぇか!?」

ヒイロ「そうだ。何故かOZの最高指揮官が日本の女子校で教師をしている」

デュオ「いや全然意味がわからねぇ…」

ヒイロ「安心しろ。俺もだ」


デュオ「はいはい、それで暗殺しに行くってわけね」

ヒイロ「潜入調査だ」

デュオ「カトルのあたりがうまくやりそうだと思うが?」

ヒイロ「連絡が取れん。俺がやるしかないだろう」

デュオ(…こいつ実は女装したいんじゃねぇの?)

ヒイロ「…何を考えた?」ギロ

デュオ「いーえ、なーんも?」

ヒイロ「ならいい」



デュオ「ふぅー…にしても警備は手薄なんだろ?」

ヒイロ「…そうだな…」

デュオ「…へー…ほー……割といいとこの学校みたいだな…――って、ん?」

デュオ「……生徒会長…リリーナ・ドーリアン」

ヒイロ「」ピクッ

デュオ「…おm」


ズキューン


デュオ「まだ何も言ってねぇだろうがぁぁぁ!!」

ヒイロ「交換留学生として日本に転校し持ち前の気の強さと正義感によって生徒会長に当選その後数々の画期的な政策によって絶大な支持を得ているだけだ」ジャキン

デュオ「分かった分かった!分かったから!その微妙に血のこびりついたナイフをしまってくれ!」

ヒイロ「……」ゴソゴソ


ポトッ


デュオ「?…おい、なんか落とし――」


桜ヶ丘高校学生証2年 ヒロ子


デュオ「――ぶふっww」


ズキューン

ザクッ



3