唯「しゅーちゃんは何の楽器弾けるの?」

トレーズ「私が提供できるのはエピオンだ」

梓「…エピオン…ですか?」

澪「聞いたことないな」

トレーズ「無理もない…つい最近できたばかりの新型だ」

律「すっけー!!新しい楽器かよ!?」

トレーズ「その通り!ゼロシステムを搭載している!」

唯「ぜろしすてむ?」

トレーズ「君を導いてくれるだろう」



レディ・アン「失礼します」

紬「どちら様かしら?」

梓「あわわわ…すごく綺麗な人です…」

トレーズ「む…アンか。どうした?」

アン(失礼ながらトレーズ様…彼女達の行っているのはMSのことでは無く、文字通り普通の楽器ではないかと)コソコソ

トレーズ(なんと…!?これはレディ達に失礼なことを…)

トレーズ「失礼した君達。先程の私の発言は忘れてくれたまえ」

唯「じゃあ、しゅーちゃんは何の楽器を弾けるの?」

トレーズ「私が弾けるのはピアニカだ」

澪「ピア…」

律「ニカ…」

唯「あずにゃんあずにゃん!!ピアニカって何?」

梓「えー…唯先輩ピアニカ知らないんですか…?ピアニカってのは、息を吹き込んで弾くピアノの亜種みたいな楽器です」

唯「よく分かんないからしゅーちゃん実際に弾いてみて~」

トレーズ「お安いご用さ。アン!」パチンッ

アン「ここに」

澪「はやっ!!」

アン「安価に対応できるよう、パイプオルガンからメトロノームまであらゆる楽器を準備しておきました」

トレーズ「流石だ、アン」

アン「光栄の極みです…」

律(…どうなるんだろう軽音部)




トレーズ「では、聞いてくれたまえ」


プオ-♪

(ジャストコミュニケーションが流れていると思ってくれ)


律(なんか…)

紬(…OZの最高指揮官が頬膨らませて)

澪(…ピアニカを弾いている…)

梓(……シュールです…)



―演奏終了―

トレーズ「ふぅ…いかがだったかな?」

唯「しゅーちゃんすっごい!宇宙の心が聞こえたよ!」

アン「素晴らしい演奏でした、トレーズ様…」


澪(なぁ律、本当に大丈夫なのか、この人が顧問で。何かよく分からない上にOZの最高指揮官だぞ?)コソコソ

律(大丈夫じゃない?ってかOZって何?)コソコソ

澪(馬鹿律っ!ニュースくらい見ろ!)

律(いいじゃんいいじゃん♪実際演奏上手かったろ?)

澪(う…それはそうだけど…)


律「よーし!んじゃ、しゅーちゃんが顧問になったことで、新生軽音部発進だー!!」

トレーズ「…うむ」

唯「おー!!」

紬「おー!」テレテレ

澪梓「お、おー…」




―生徒会室―

律「たっのもー!!」

和「あら、律じゃない。どうしたの?」

律「部の申請に来たぜぇー!」

和「はいはい…じゃあちょっと書類を失礼して。あら、本当に人数揃えたのね」

和「顧問は…トレーズ・クシュリナーダ……すごい人捕まえわね……」

律「へっへー」

和「…規定は満たしてるわね。どうですか?生徒会長?」

リリーナ「真鍋さん、書類を見せてもらっても構わないかしら?」

和「はい。会長」

リリーナ「…ええ。大丈夫なようですね。軽音部を認めましょう、田井中さん」

律「やっりぃ!!」

リリーナ「ただ、新しい部を立ち上げるにも、時期が少し遅れてしまいました。なので条件があります」

律「えー…固いこと言わないでくれよーリリーナ会長~」

リリーナ「その条件とは、もっとエレガントに生活することです!」

律「……はへ?」

リリーナ「ですから、もっとエレガントにです!」

律「」ポカーン

和「ぷっ!」

リリーナ「こら!真鍋さん、笑わないで下さいまし!」

律「え、ごめんどういこうと?」

和「つまり、お咎めなしってことよ…律」ボソボソ

律「あーなるほど…にしてもエレガントって…プフフッ!」

リリーナ「真鍋さん!それに田井中さんも笑わない!」


リリーナ「まったく…とにかく、この学校の雰囲気にあった、エレガントな生活を心がけるように!エレガントでないと判断した場合には即廃部ですからね!」

律「りょーかいりょーかい!本当にリリーナ会長も難しい条件つけてくれるよ♪」

リリーナ「ふふっ…しっかりと学校生活を満喫して下さいね。もちろんエレガントに」

律「あいさー!りっちゃん隊長、エレガントに任務了解です!」

パタン



和「…ありがとうございます、リリーナ会長」

リリーナ「あら?私はとても厳しい条件をつけたつもりですわよ?」ニコッ

和「ふふっ…そうですね」



2