梓「唯先輩んちで借り暮らししているです!」

梓「今日も唯先輩のベットを借りてゴロゴロしています」ゴロゴロ

梓「あーいい匂い///」くんかくんか



唯「あずにゃーん?晩ご飯何食べたい~?」

梓「カレーがいいですっ!」

唯「わかったよ~お願いねういー」

憂「・・・。」

梓「至れり尽くせりですね!」



憂「・・・カレーできたよお姉ちゃん」

唯「ありがと憂!」

唯「あーずにゃーん!カレーできたよ~!」

梓「唯先輩が呼んでるですっ!」ゴロゴロ

梓「わーいカレーだ~!」

唯「はい、あずにゃんどーぞ♪」

梓「いただきます!」

憂「・・・。」



唯「あずにゃんや。こっちにおすわり」ぽんぽん

梓「はい、隣に失礼しますね」とすっ

唯「美味しそうなカレーだねえ」くんくん

梓「はいっ!いい匂いですね!」くんくん

唯「あずにゃんあずにゃん!あ~ん」

梓「えへへ///あ~~ん、ぱくっ」

唯「美味しい?」

梓「とっても美味しいですっ!」ふんす!

憂「・・・。」



梓「ふう、美味かったです」

唯「あずにゃんの食器片付けてあげるね」かちゃ

梓「ありがとうございます唯先輩!」

唯「あずにゃんは座ってテレビ観てていいからねー?」

梓「そうだ!いつも見てるやつが始まる時間です!」ピッ

唯「あ~私も見るー」

憂「・・・洗い物するね」



梓「あはははは!」

唯「あはははは!」

憂「・・・。」じゃー カチャカチャン じゃぶじゃぶ

唯「面白かったねーあずにゃん」

梓「はい、面白かったです!」

唯「そうだ、テレビ見終わったしお風呂入りなよ?」

梓「良いんですか?」

唯「ういー?憂はもうお風呂入るー?」

憂「・・・まだ洗い物あるから」

唯「あずにゃんお先にどーぞ!」

梓「それじゃあお風呂いただきますね」

憂「・・・。」



梓「にゃにゃんにゃにゃんにゃんにゃん♪」

かぽーん

梓「ふいー唯先輩んちは快適な借り暮らしですねぇ」

梓「アズエッティ大満足です!」ふんす!

唯「あずにゃん、タオルここに置いとくね」

梓「ありがとうございます!」



梓「お風呂お借りしましたー」ほかほか

唯「あ、あずにゃん上がったよ」

憂「・・・お姉ちゃん先にどうぞ」

唯「じゃあお先しまーす♪」

憂「・・・。」

梓「・・・。」

憂「・・・ッ!」

梓「うっ・・・!」ビクッ

憂「・・・。」

梓「あ、あのっ」

憂「・・・。」

梓「ううっ」

憂「・・・はぁ~」

梓「え、えっと、憂?」

憂「・・・。」

梓「うぅ~」



唯「ういーお風呂どうぞー」

憂「はーい!」



唯「あずにゃんただいま~♪」

梓「は、はいっ!」

唯「憂とどんな話したのー?」

梓「え?えっと、いろいろと・・・」

唯「そっか~」

梓「あはは・・・」

唯「そいじゃあ寝よっか?」

梓「は、はい///」

唯「あずにゃん私のベットでいっしょに寝る?」

梓「はいっ!隣を・・・お借りするです///」

唯「うん、いいよ~♪」

梓「えへへ///」



憂「・・・。」カチャ



おしまい!