翌日、状態は一転した。

世界が腐海に飲まれたのである。



桜が丘高校の臨時校舎は、風が吹く谷に設立された。

そこで生徒達と家族は村を作り、生活をしていた。

平和な日々が続いていたが、ある日、中野国の飛行機が谷に落ちた。


それが、全ての始まりだった。



それからしばらくして、中野国の侵攻が始まった。

この谷の姫である唯は、中野国へと連れて行かれようとしていた。

梓「唯先輩のパンツ、クンカクンカスーハーさせろです」

最初、住民は当たり前のように反対した。

純「あー、私は中野国の参謀です」

アカネ「帰れモップ頭!」

姫子「出番ないくせに、出て来るな!」

エリ「CD出るからって、調子に乗るな!」

風子「そうよそうよ」

純「黙れ!」

?「待ちなさい」

と、そこに現れたのは、唯の隣りに住む一文字とみだった。

とみ「腐海に手を出してはならぬ」

とみ「その昔、あずにゃん2号が街を飲み込み、以下省略で腐海に手を出してはならんぞ」

純「なんなの、この婆さん。おい、摘み出せ」

とみ「おや、私も殺すのか?」

純「な、何!?」


とみ「殺すがいい!召した年寄りだ、簡単だろーが!!

近所の知らない爺さんを殺したように」


エリ「近所の知らない爺さんを!」

アカネ「てゆーか誰よ!」

姫子「唯の処女は私が貰うわ!」

風子「パンツをクンカクンカスーハーさせなさい!」

純「私もしたいよ!」


唯「みんなやめて!」


唯「私のパンツ、あずにゃんにクンカクンカスーハーさせてくるよ。それで、みんなが助かるなら」

姫子「唯……」

唯「それに、私の処女はあずにゃんにあげたから」

ある意味それは、爆弾発言だった。



それからして、唯は中野国へ移送される事になった。

その途中。

梓「ゆ、唯先輩。いいですー」ハァハァ

唯「あずにゃんは、ここがいいんだねー」クチュクチュ

梓「はひぃー!」フシャー

唯「あずにゃんは淫乱だね。潮吹いたねー」

梓「はい。淫乱な猫ちゃんですぅー!」

唯「じゃあ次は……」

意外と楽しんでいた。
その様子を兵士の紬が見ていたとはしらずに

紬(えぇもん見れたわー)




その上空、一機のガンシップが飛んでいた。

和(見つけた)

和(中野梓。処女は取られたけど、最後に笑うのは私よ!)

和「唯は、私のモノよ!」


その後、空戦が繰り広げられ中野国の船は全滅。

梓にとっては、予期せぬ出来事だった。

ただ、予期せぬ事はいくらでもある。


唯が和を助けたと思えば、流砂の底で凌辱されたり

一人帰った梓が村人にボコられたり

和の知り合いに会えば谷を襲うとか言われ、知らせに行こうもならレイプまがいで取り押さえられたり

船で和に凌辱され、途中で中野国のコルベットが攻めて来たり

谷ではクンカクンカスーハーを掲げて反乱を起こしたり

もうスレタイ関係なしに即興でSS書いて、SS自体書いた事なくエロなんざ知らん書き手が、なんかパロディみたいなの書いてる。


まさに、予期せぬ出来事の連続である。




その頃、唯はコルベットの追撃を逃れ、さわ子と共に谷に向かっていた。

唯「さわちゃん、降下!」

さわ子「了解!」

雲を抜け、陸地が見えて来た。

しかし、大地は真っ赤に染まっていた。

さわ子「なんなの、あれ!」


唯「あずにゃん2号!!」


それは、あずにゃん2号という、なんか巨大な猫のような生き物だった。
目が赤いのは、攻撃色の意味合いを持つ。

2号(純ちゃーん。お腹空いたにゃー)


唯「なんなの……はっ!」

唯は闇夜に浮かぶ何かを見た。

唯「さわちゃん、照明弾!」

さわ子「アイアイサー!」ドンッ

明るく照らされた空に、一機の船の姿があった。

唯「!」

唯は目を疑った。

船には、あずにゃん2号の子供が血を流しながら、ぶら下がっていた。

唯「酷い……」

さわ子「よっしゃ、ぶち落としてやんよ!」



4