三日後



紬「和ちゃん、本当に行っちゃうの?」

和「ええ」

梓「……グスッ」

和「泣かないで、梓ちゃん。私は必ず帰って来るから」

梓「……は、はい!」ポロポロ

紬「これ道中お腹が空かないように。マドレーヌと紅茶よ」

紬「それとこれも持って行って」

和「これは……」

紬「名刀"笹錦"。なんとあのドラゴンボールで使われたという名刀中の名刀よ」

和「ありがとう、ムギ」

紬「気を付けてね」

和「うん。それじゃあ……いってきます!」




テクテク

和「油断したわ」

和「1人旅って結構暇なのね」

和「……そもそも私1人だけで鬼退治っていうのもなかなか無謀よね」

和「たった1人の最終決戦ってのも
  少年ジャンプ的で悪くはないけど、私きららの看板娘だし……」

和「……」

和「はぁ……」

和「どこかその辺にお供になってくれそうな黒髪ロングの女の子が転がってないかしら」



グー

澪「はぁ……」

澪「お腹空いたなぁ……」

澪「鬼が来てからろくな物食べてないもんな……」

澪「昨日はそうめん、一昨日がもずく、その前は……ビックマックか」

澪「一昨々日は贅沢だったな…… 」

澪「はぁ……」

澪「どっかその辺にマドレーヌとか恵んでくれそうな
  生徒会長っぽい女の子転がってないかなぁ」

澪「……」

澪「?」

澪「……」

澪「!」

澪「こ、この匂いは……」



和「はぁ……」

和「……」

ガサガサッ!

和「誰!」

澪「わん」バーン

和「…」

澪「わんわん」

和「こ、こんにちは」

澪「こんにちわん」

和「……」

和「どうかしたの?」

澪「わん」

和「何か用?」

澪「わんわん」

和「八丈島の?」

澪「きょん」

和「……」

澪「わん」

和「……犬?」

澪「あ、うん。そうなんだよ」

和「あ、しゃべった」



和「犬さん、ここでは仮に澪とでもしときましょうか」

澪「…」

和「澪、なんの用?」

澪「……コホン」

和「?」

澪「せーのっ」


~♪

和ちゃん 和ちゃん
お腰に付けたマドレーヌ
ひとつ私にくださいな

~♪


和「……よく私がマドレーヌ持ってるなんて見抜けたわね」

澪「そりゃまあ犬だから。鼻が利くんだよ」

和「なるほど」


澪「はい次、和の番ね」

和「あ、うん」

和「……コホン」


~♪

あげましょう あげましょう
これから鬼の征伐に
ついて行くならあげましょう

~♪


澪「うん、いいよ。ついて行くからマドレーヌちょうだい」

和「ええ、よろしく」




テクテク

和「お手」

澪「それオプションだから。マドレーヌ追加ね」モグモグ

和「えー」


ガサガサッ

和澪「!」

律「うきーっ!」

あっ! やせいの りつが あらわれた! ▼


澪「あれは……」

和「……猿?」

律「うきっ」

りつは なかまに なりたそうなめで こっちを みている! ▼



律「うきっ!」

りっちゃん
ひとがたポケモソ
たかさ 1.5m おもさ ないしょ☆
けいおんぶの げんきっこ
げんきが ありあまっているので ドラムは たいてい はしりぎみ
トレードマークの カチューシャを こよなく あいしている


和「へぇー」


のどかは どうする? ▼
こうげき どうぐ
 ひかえ   にげる

和「どうする?」

澪「攻撃でいいんじゃない?」

和「そうね」

律「ちょ、ちょっとちょっとお!」

りつは さわいでいる! ▼



4