・・・

梓「はぁはぁ……すごかった……」

律「うぅぅ、パンツ返せよ///」

梓「ダメです。帰ってからムギ先輩の靴下と一緒に嗅ぐつもりなんでこのパンツは返せません」

律「ノーパンで帰れってのかよ!」

梓「仕方ありませんね、じゃあ私のパンツと交換です」

ヌギヌギ

梓「はいどうぞ。嗅いでもいいですよ?」

律「……」クンカクンカ

唯「嗅ぐんだ」

律「はっ!しまった、つい!」

唯「じゃあ最後は澪ちゃんだね」

梓「ですね!」

律「おいぃぃ!澪もかよ!?」

梓「はいッッッ!!」

律「いい返事だなおい」

唯「大丈夫だよりっちゃん。澪ちゃん気絶してるんだし、今なら嗅いでもばれないよ!」

紬「それにりっちゃんも澪ちゃんのこと嗅ぎたいでしょ?」

律「そりゃ嗅ぎたいけど」

梓「今がチャンスなんです!」

律「……わ、私が先に嗅ぐからな!いいな!?」

梓「はーい」

澪「…」Zzz

唯「それで、どこ嗅ぐの?またパンツ?」

梓「んー、律先輩はどこ嗅ぎたいですか?」

律「ん……どうせなら、ぜ、全身、かな……」

唯「うわぁ……」

律「なんで今さら引くんだよ!?」

唯「冗談冗談♪」

律「ったく」

紬「梓ちゃんはどこ嗅ぎたいの?」

梓「そうですねぇ……せっかくのチャンスですし、肛門を直に嗅ごうと思います」

律「うぉぉおおい!!何考えてんだおまえ!!」

唯「さ、さすがあずにゃん、おそろしい子……」

紬「この子大物になるわ……!」

律「おまえらの反応もおかしいだろ!」

唯紬梓「?」

律「肛門だぞ肛門!そんな場所嗅ぐのかよ!?」

唯「こ、こうもんだなんて、りっちゃんはしたないよ///」

紬「もう、りっちゃんたら///」

梓「りっちゃん///」

律「チクショー!!」

梓「それじゃあさっそく嗅ぎましょう」

紬「そうね、早くしないと起きちゃうもんね」

唯「じゃあ嗅ぎやすいように姿勢ずらそうか」

律「おまえらのノリがわからないよ……」

紬「どうせなら机の上に乗せちゃいましょう」ヨイショヨイショ

唯「お尻を突き出す感じの姿勢がいいかな」ヨイショ

梓「ついでにこのパンツはもらいますね」

律「おいまて、起きた時にパンツがなかったらばれるだろ」

梓「チィッ……!」

・・・

澪「」

唯「ふー、なんとか起こさずに動かせたね」

紬「なかなか起きないものねぇ」

梓「臭いを嗅ぐのにベストなポジションですね!」


こんな感じ

 澪
 ↓  o
 or2 ┼
| ̄ ̄| ∧


梓「それじゃあ律先輩どうぞ!」

律「え、あ、ホントに嗅ぐのか?」

梓「ここまで来て嗅がないなんて選択肢はありません!さぁ!」

律「で、でも……」

梓「この縞パンの向こうには未だ誰も到達したことのない秘境があるんですよ!それを目の前にして逃げるんですか!?」

律「わ、わかったよ……澪ごめん!」ピラッ

梓「ふぉおおおおお!!!澪先輩の肛門!!もっとパンツ下ろして!!!」

律「ば、バカ!これ以上下ろしたら他の大事なところが見えちゃうだろ!///」

唯「可愛い肛門だねぇ」

紬「すばらしいわ」ハァハァ

律「うぅ……///」

梓「なんで律先輩が恥ずかしがってるんですか、それより早く嗅いでください、待たせないで、さぁさぁさぁ、はやく、急いで」

律「わ、わかったよ……」クンクン

澪「……ん」Zzz

梓「どうですか!?」

律「あ、あれ?」クンカクンカ

唯「どうしたの?」

律「まったく臭わない」

梓「ええ!?ちょっと嗅がせてください!」クンカクンカ

紬「どう?」

梓「そんな……まったくの無臭です……」

唯「あちゃー、残念だったねぇ」

紬「それじゃあ戻してあげましょ?」

律「そ、そうだな……ごめんな澪」

梓「まだです!」

律「え!?」

梓「まだ諦めるわけにはいきません!」

律「おいおい、さすがにこれ以上は無理だろ」

唯「そうだよ~。今日はもう諦めよ?肛門だったら今度私の嗅がせてあげるからさ」

紬「それにあれから結構時間経ってるし、いつ起きてもおかしくない状況よ?」

梓「大丈夫です。すぐに終わりますから。あと、唯先輩の肛門はあとで嗅ぎます」

律「どうする気だ?」

梓「表面がダメなら、内側を嗅ぐまでです……!」

律「……はい?」

梓「門をこじ開けて中を嗅ぎます!」

律「さすがにそれはダメだ!やめろ!」

唯「あずにゃん、中はダメだよ中は」

紬「それはもうアウトよ?」

律「(今までのも十分アウトだろ……)この二人もこう言ってることだしもうやめようぜ?な?」

梓「うるせーです!!やってやるです!!」

律「なっ!?やめろぉぉ!!」

梓「せい!」ズボァッ!

澪「あうっ!?」

律「澪!?大丈夫か!?」

澪「え?え?なに?え?」

唯「澪ちゃん痛くない!?」

澪「え?あ、梓!?何やって……えっ!?」

紬「梓ちゃん!抜いてあげて!」

澪「うわぁ!梓ぁ!何してるんだ!抜いてぇ!」

梓「ヤッテヤルデス!ヤッテヤルデス!」グリグリ

律「大変だ!梓のやつ、さらに奥まで突っ込もうとしてやがる!」

紬「このままじゃ腕まで入っちゃうわ!」

唯「みんなで力を合わせてあずにゃんを引っ張るよ!」

律「おう!」

紬「ええ!」

梓「ぐぐぐ……」ズボズボ

澪「ひぃぃ!」

律「もうちょっとだ!一気に引っ張るぞ!」

唯「わかった!」

律「せーの!」

唯紬「ほあぁぁ!」グイグイグイ

梓「にゃーん」

スポーン!

紬「抜けたぁ!」

澪「」

律「ふー、なんとか抜けたな」

唯「でも澪ちゃんまた気絶しちゃった」

梓「じゃあ今のうちに嗅ぐです!」クンカクンカ

律「おまえいい加減にしろよな!」

梓「ちょっと待ってください……こんなこと、こんなことありえないです!」

律「な、なんだよ」

梓「まったく臭わない!!」

律「マジか」

梓「中も臭わないって、澪先輩はバケモノか!?」

律「いや、たまたま中身がなかったとかじゃねぇの?わかんないけど……」

紬「あっ!見て!澪ちゃんの肛門が!」

唯「肛門がピクピク動き出した!」

梓「まさか……排便!?」

律「げぇ!?」

紬「梓ちゃんがぐりぐりするから、きっと脳が排便と勘違いしちゃったのよ!」

律「うわぁ……勘弁してくれよ……」

唯「ああっ!もう出てきそうだよ!」

澪「う~ん……ん……」

梓「ヘイ!カモンカモーン!」

律「も、もうだめだぁ!」

澪「んあ」

スポポーン!ポーン!

律「ぎゃぁぁぁぁぁ……あ、あれ?」

紬「こ、これは」

唯「わぁ!マシュマロだぁ!」

律「なんだマシュマロかぁ……」ホッ








律「いやありえねぇだろ!?」

梓「あ、これおいしいです」モグモグ

おわり