梓「あ、そうだ、先輩方にちょっとしたお願いがあるんですけどいいですか?」

律「お?なんだなんだ?」

唯「なになに~?」

梓「足の臭いを嗅がせてください」

澪「……え?」

律「君はいったい何を言ってるんだ」

梓「実は私、臭いフェチなんです!なのでまずはかるーく足の臭いから嗅がせてほしいんですけど、いいですよね!?」

澪「」

律「よくねーよ!」

梓「そこをなんとか!お願いします、嗅がせてください!」

唯「私は別にいいよ~」

律「え?」

紬「私もかまわないわぁ」

律「え?え?」

梓「やったぁ!」

律「おまえら正気かよ」

唯「えー、別に減るもんじゃないし、いいんじゃない?」

梓「ですです!」

唯「それに可愛い後輩の頼みを聞いてあげるのが先輩ってもんだよ!」

梓「可愛い後輩です!」

律「自分で言うな!」

紬「じゃあまずは私から嗅がせるわねぇ」

梓「わーい」ワクワク

律「え、マジで嗅がせるの?」

紬「どうすればいいのかしら?」

梓「さっさと靴を脱いでその汚い足をこっちによこすです!!」

紬「え!?」

梓「あ、すみません。興奮してしまいました」

律「興奮してるんだ……」

クツヌギヌギ

紬「え~と、じゃあ、はいどーぞぉ」

梓「では失礼します」クンカクンカ

紬「ど、どう?」

梓「く……くっせー!!すげーくっせーです!」クンカクンカ

紬「ええ!?ご、ごめんなさい!」

梓「さいこーに臭くてたまんないです!すばらしいです!」クンカクンカクンカ

紬「え、あ、ありがとう……///」

梓「ここまで臭い足に出会えたことを感謝します!!」クンカクンカクンカ

律「喋るか嗅ぐかどっちかにしろよ!」

梓「…」クンカクンカクンカ

律「な、何か喋れよ!」

梓「この靴下ください!お願いします!持って帰って家でも嗅ぎたいんです!このとおり!」クンカ

紬「え、でも、そしたら私、裸足になっちゃうし」

梓「なら私の靴下と交換してください!」

紬「それならオーケーよ~」

梓「ひゃっはー!」

律「興奮しすぎだろ」

唯「じゃあ次は私だね!」

梓「はい!」

クツヌギヌギ

唯「じゃんじゃん嗅いじゃって~」

梓「はいです!」クンカクンカ

唯「どーおー?」

梓「あ、はい……うん……臭いです」

唯「反応うすくない!?」

梓「いえ、十分臭いんですけど、ムギ先輩が臭すぎたせいかちょっと物足りない感じです……」

唯「そんなぁ」

律「(なぜ落ち込む)」

唯「むー、私もあずにゃんを満足させたい!」

梓「そう言われましても……」

紬「うーん……他に嗅ぎたい場所はないの?」

梓「あります!」

唯「どこどこー?」

律「な、なあ、エスカレートする前にそろそろやめ……」

梓「腋の下です!」

唯「腋かぁ!いいよ!」

律「…」

唯「今日は体育があっていっぱい汗かいたから、それなりに臭うと思うよ!」

梓「嗅ぎたい嗅ぎたい!」ワクワク

唯「ふふふ、はいどーぞ」

梓「ダメです!直接嗅がせてください!」

唯「直接!?」

梓「脱いでください!」

紬「まぁ!」

唯「さ、さすがに脱ぐのは恥ずかしいよぉ」

律「(嗅がせるのは恥ずかしくないのかよ)」

梓「遠慮せずに!さぁ!さぁ!さぁ!!」

唯「わ、わかったから!落ち着いて!」

梓「よっしゃー!」

紬「(よっしゃー!)」

ヌギヌギ

唯「こ、これでいい?」

梓「さっさと嗅がせるです!」ガバッ

唯「あーん」

梓「こ、これは……」クンカクンカ

唯「鼻息がくすぐったい」

梓「すんばらすぃ!」スーハースーハー

紬「(すばらしいわぁ)」

唯「やーん、くすぐたいよぉ」

梓「は、はさんでください!腋ではさんでください!」クンカクンカ

唯「え、こう?」ギュ

梓「もっと強く!」

唯「えぇ!?こ、これでどう?」ギュー

梓「ああっ!たまらんです!クルです!」クンカクンカスーハースーハー

唯「何がクルの!?」

律「(やっぱりムギの紅茶はうまいなぁ~)」ゴクゴク

・・・

梓「ふぅ……危うく逝っちゃうところでした」

唯「満足した?」

梓「はいっ!」

唯「ふふ、よかった~」

紬「さっきのはなんだったの?」

梓「えーと、密着させることにより呼吸を困難にさせて、肺の奥まで腋の臭いを届かせるっていう荒技です」

紬「へぇ、そんなのがあるんだ」

梓「今さっき生み出しました!」

唯「すごくくすぐったかったよ~」

紬「それをするとどうなるの?」

梓「極限状態に追いやることで、通常より何倍も嗅覚が鋭くなる……気がするのです!」

紬「すごいわねぇ~」

梓「じゃあ次は律先輩ですね!」

律「…………ん?」

唯「頑張ってね!」

律「いやいや!なんで私なんだよ!?やらねーよ!?」

梓「え?」

律「ちゃっと何言ってるかわからない、みたいな顔すんなよ!わかるだろ!」

梓「ちょっと何言ってるかわからない」

律「口に出すな!!」

唯「えー、でも私もムギちゃんも嗅がせたんだよー?」

紬「そうねぇ、これじゃあ不公平だわ」

梓「ですです!」

律「なんで!?」

唯「順番的に次はりっちゃんじゃない?澪ちゃんはいつの間にか気絶してるし」

紬「澪ちゃんには刺激が強すぎたみたいね」

律「刺激というより、梓のまさかの発言に精神が耐えられなかったんじゃないのか?」

唯「まあそういうことだから、次はりっちゃんの番だよ~」

律「いやだ!!ってか、もしかして澪も嗅ぐ気なのか!?」

梓「それは律先輩次第ですね!」

律「くっ……気絶してる澪を人質に取るなんて、なんて卑怯なやつだ……」

梓「そんなにイヤなんですか?」

律「ああ、いやだね!」

唯「じゃあ、あずにゃんに嗅がせてあげたら私を嗅いでもいいよ?」

紬「私もいいわよ~」

律「……え?」

紬「梓ちゃんに嗅がせている間、りっちゃんは私たちを止めなかったわよね」

唯「ツッコミだけだったね」

律「い、いや、それは」

紬「それに最後の方は紅茶飲んで自分は関係ない風を装ってたけど、チラチラこっちを羨ましそうに見てたわよ~」

梓「そうなんですか?」

律「ち、違う!」

唯「ホントはりっちゃんも参加したかったんでしょ~?」

紬「一緒に嗅ぎたかったのよね~」

律「うぅ……」

梓「じゃあ私のことも嗅いでいいですよ」

律「え?」

唯「おお!あずにゃんに嗅がせてあげるだけで、私たち3人を嗅げるなんてお得だね!」

律「ぐぬぬ……」

紬「りっちゃん!自分に正直になって!」

唯「りっちゃん!」

梓「りっちゃん!」

律「……わ、わかった」

梓「やったぁ!」

律「で、でも変なとこは」

梓「唯先輩!ムギ先輩!取り押さえてください!」

唯「ラジャ!」ギュ

紬「了解!」ムギュ

律「はい?」

梓「ふふふ、それじゃあ律先輩はパンツ嗅がせてください」

律「はぁぁああ!?」

梓「一嗅ぎされるだけで3人も嗅げるんですから、それ相応の臭いを提供するべきです」

律「なんだよそれ!ってか絶対一嗅ぎじゃ済まないだろ!?」

梓「それじゃあ唯先輩ムギ先輩、律先輩の足を広げてください」

律「わああぁぁ!やめろぉぉ!!///」ジタバタ

紬「暴れても無駄よ~。大人しくしましょうね」

唯「おしっこシーシーのポーズ!」

梓「パンツが丸見えです!」

律「み、見るなぁ///」

紬「シンプルで可愛いパンツねぇ」

唯「純白だね!純白!」

律「やぁ……///」

梓「それじゃあさっそく嗅がせて……ん?え、ま、まさかこれは……!」

唯「嗅がないの?」

梓「すばらしいです!これは期待できますよ!」

律「な、なに?」

紬「どうしたの?」

梓「黄ばんでます!真っ白なパンツに一筋の黄ばみがあります!」

律「うわぁぁ!!やだやだぁぁ!!///」

梓「それじゃあ嗅ぎます!いざ出陣!」クンカクンカ

律「やめろぉぉ!!///」

梓「オゲェェェエエ!!くっせぇ!!!」スーハースーハー

律「」

梓「なんて臭さだ!!この世のものとは思えない!!」クンカクンカ

律「そんな……やだぁ……」

梓「律先輩すばらしいです!この臭いは今まで嗅いできた物全てを凌駕している!!」クンカクンカスーハースーハー

律「あ、あうぅ///」

梓「パンツに染み込んだおしっこの臭いだけじゃなく、汗の臭いや律先輩の股間の臭いも相まってすばらしい臭いを発している!」クンカスーハー

律「言うなぁ///」

唯「ほうほう」

紬「ふむふむ」

梓「これはまるで、臭いの天の川やぁ!」クンカスーハー

唯「ん?なに?」

紬「今なんて?」

梓「な、なんでもないです///……そ、それよりこのパンツください!」ヌガシヌガシ

律「脱がすな!///」


2