純「ど、どうしたんだろう…。動かなくなった…」

梓「ううう…。憂…唯先輩…」

和は突然静かになったかと思うと、唯の亡骸の前で座り込んだまま動かなくなった。

梓と純は固唾を飲んでその挙動に注視した。

和「……」

和「梓ちゃん」

梓は突然呼ばれて、びくっと身体を震わせた。

和「私がやったの?」

梓は言葉を探した。

和「私がやったのね?」

梓は憎しみを込めた眼差しを和に向けて叫んだ。

梓「ひ、人殺しィィィィ!!!」

和はそれを聞いて、立ち上がった。

純「ひっ?!」

梓「ひぃっ!こ、来ないで!」

和は深呼吸をしてから、舌を噛んだ。

切れた舌がゴムのように和の喉に巻き込まれ、気道を塞ぐ。

和「う…げ…」

和は喉を押さえながら膝をついた。

和「が…がは……」

二分かそこらの後、和は崩れ去り、事切れた。



これが後に桜高の伝説にして禁忌となる、

第六二代生徒会長真鍋和の最後の一日のあらましである。





時は流れ、五年後。
さわ子はあの事件によってその監督責任を問われ、職の任を解かれてしまった。

高校時代の友人のツテを頼って、
さわ子はライブハウスのスタッフをしながら、時折ステージにも立って、生計を立てていた。

地獄から抜け出した鬼。
そうさわ子のパフォーマンスはそう形容されたが、当のさわ子をそれを一笑に伏す。

さわ子「地獄?そんなもの、現実の前じゃ昼下がりのティータイムみたいなもんよ」

さわ子「時に現実は、どんな残酷な想像よりも人を苦しめるのよ」

ジャニス「はいはい。またその話?」

さわ子「……ねえ、悪いけど、今日ははや上がりさせてもらっていい?」

ジャニス「ああ、あの子に会うんだっけ?」

さわ子「そうよ」

ジャニス「わかったわ。いってきなよ…」

さわ子「ありがとう……」



―さわ子は桜高の近くにあるファミレスに入っていった。

店員「いらっしゃいませ」

さわ子「あ、待ち合わせをしてるんですけど」

店員「かしこまりました。どうぞご自由にお探し下さい」

店内の様子は入口から一望できたが、さわ子はその相手を見つけられなかった。
しかし、先程のメールでは、もう先に着いているはずだ。

さわ子がキョロキョロとしていると、背の高い女性がさわ子を呼んだ。

澪「あ、先生!こっちです!」


さわ子は澪に呼ばれるまま、席に座った。

澪「お久しぶりです」

さわ子「随分変わったわね澪ちゃん。全然気づかなかったわ」

さわ子は僅かに脱色された澪のショートカットを見ながら言った。

澪「先生はお変わりないようで安心しました」

さわ子「この年になると、お変わりないようにするので精一杯よ。
    それと私はもう先生じゃないんだから、その呼び方は…」

澪「わかりました、山中先生」

そう言って澪は笑った。

見た目こそ大きく変わったが、
その笑顔にはあの頃の澪の面影が残っており、それがさわ子を安心させた。


さわ子「元気そうで良かったわ。
    澪ちゃんは繊細だから……あれからしばらく塞ぎこんでたって聞いたし」

今日、五年ぶりに会う事を持ちかけたのは、澪の方からだった。
学校側が何の説明もなくさわ子を生徒達から切り離したため、
さわ子は一体何を聞かれるのか…もしかしたら詰め寄られるのかもしれないと、内心怯えていた。

が、目の前の澪にその様子はなく、さわ子はほっとすると同時に、
ならばなぜ自分を呼んだのかと疑問に思った。

澪「……髪」

さわ子「え?」

澪は言葉を選ぶように慎重に話始めた。

澪「ごく最近なんです。髪型を変えたのは。ちょっと前までは、ずっと部屋に籠りっきりで…」

さわ子「……」

澪「私は、一生髪を切るつもりはありませんでした。
  律が…子供の頃誉めてくれたから。あとムギも…」

さわ子「…」

澪「でも、いつまでもそれにすがってちゃダメだとわかったんです。
  私が塞ぎこんでたら、みんなも喜ばない。
  前だけ見て生きるのが、私達の取り柄だったし」

澪「だからまず髪型を変えて…自分を変えなきゃって思ったんです」

さわ子「…」

澪「実を言うと、引きこもってる間、体型だけは変わったんですよ。
  もうブヨブヨで。それだけは昔に戻るように努力しましたけど」

澪はまた笑った。

澪「…先生。あの時先生は…」

さわ子「ごめんなさい。私は教師だったのに、なにもできなかったわね…」

澪「いえ、それは私も同じです。そうじゃなくて…」

澪「あの時、先生は見ていたはずなんです。
  和があんな風になった瞬間…原因を。教卓から。それを聞きたいんです」



さわ子「見てたわ。…確かに見てた。でも…」

澪「でも?」

さわ子「あれが原因なのは間違いないんだけど…
    私にはどうも腑に落ちないのよ。五年経った今でも」

澪「先生、教えて下さい。何があったんですか?それを知らないままじゃ、
  私はずっとあの日のあの教室でうずくまったままなんです。お願いします」

さわ子は澪に押し負けて、あの日教卓から見ていた事を話し始めた。



6