梓達二年生の教室は、丁度保健室直下の一階にあった。
その教室で、梓と憂と純は、先程の校内放送に従って
他のクラスメイト数人と、事態を把握できないまま気を揉んでいた。

純「あーもー!なんなのよー!部活始まっちゃうじゃん! 」

梓「なんなんだろうね。不審者が校内に入ったとか…?」

憂「えっ?ど、どうしよう…!お姉ちゃん大丈夫かな…」

梓「大丈夫でしょ。唯先輩ならみんなと一緒にいるだろうし…」

純「それに確か生徒会長さんも同じクラスでしょ?
  唯先輩が勝手に出歩かないようにちゃんと見張ってるんじゃない?」

憂「そうかな…そうだといいけど……」

憂は姉に思いを馳せ、窓の外にふと目をやった。


唯「ああああああ!……ぐほっ」


憂の視界の上から、唯の姿が現れた。

憂「!?」

憂は我が目を疑った。

純「ん?なに今の声?」

憂は口をぱくぱくさせながら言った。

憂「お、おね、お姉ちゃんが…降ってきた……」

梓純「はぁ?」

梓と純は声を揃えて言った。

梓「何言ってるの?」

純「いくらお姉ちゃん大好きって言っても、幻覚はやばいよ?」

憂「で、でもほら…あそこ……」

憂が窓外を指差すと、梓と純はそこに視線を移した。


和「だぁぁぁぁはははははははははは!!!」

憂梓純「!?」


巨人のような笑い声を撒き散らしながら、生徒会長が降ってきた。


和「どうだああああああああ!?ゲハハハハハハナハ」

目を血走らせて笑う和の異様な姿に、憂達は度胆を抜かれた。

唯「うっ……げほっ…」

三階から落ちた唯は、ぐったりしながら吐血した。
和は腰を低くして、忍者のような走り方で唯に近づくと、左手で首根っこを引っ付かんだ。

和「げっ…げっへ…ギャギャギャギャ」

和はにたりと笑った。

唯「の…どか…ちゃん…」

唯は掴まれたまま、和を見た。
和の右手には、黄色いカチューシャのついた頭皮ようなものが握られていた。

唯「りっちゃん……ごめん…。ごめんね……」



梓「な、なにあれ……あははは……」

常識人である梓にとって、その光景は理解の範疇を大きく超えていた。
どういった感情を示すべきか、脳はその判断ができずに、梓は笑うしかなかった。

憂「お姉……ちゃん……」

純「憂?」

憂「お姉ちゃん!!」

憂は、それが姉の生命を脅かす存在だと瞬時に判断した。

憂は非力だ。
恐らく、平時の和相手ですら力負けするだろう。
それでも、憂は考えるより早く窓を開けて外に飛び出した。

純「憂っ?!やめなよ!危ないよ!」

純の制止を無視して、憂は和に近づいていった。

憂「和ちゃん!お姉ちゃんを放して!」

和「はい」

和はそう言って、唯の首の皮をむしりとった。

唯「いぎゃああああぁぁぁ!!!」

憂「やめてええ!!」

憂は迷わず和に飛びかかった。

しかし和のような人外の動きではなく、十七才の少女のそれでしかなかった。

和は片手でいとも簡単に憂を払い除けた。

憂「あぐっ…」

地に臥した憂を、和は踏みつけた。

和「ひーひひひひひひひ」

憂の身体から、ばきばきという音がした。

憂「ぎぃぃあああああああ!!!」

和は何度も何度も憂を踏みつけ、徹底的に骨を砕いた。



唯「憂……う…い…」

息も絶え絶えに、唯は憂を呼んだ。

和「あ~……あああああああっ!!」

和は唯を掴んだ手に力を込めた。
唯の頭蓋がめきめきと鳴り、眼球が飛び出しそうになった。

唯「ぐぎゃ…あ、あ……」

憂「や……めて……」

憂は這うようにして和に近づき、足にすがりついた。

憂「やめ…て…」

和は憂を一瞥すると、唯を地面に叩きつけた。
そして憂のポニーテール部分を掴み、既にボロボロになっていた憂の身体を持ち上げた。

和「このシスコンがあああああ…」

和「うっ」

和「とうしいんだよおおおおお!」

右手で憂の頭を掴んだまま、和は左手で憂の肩のあたりをがっしりと掴み、力を込めた。

憂「あ…あ…」

純「う、うそ…まさか…」

和がさらに力を込めた。

憂「ぎあ…あ…あああああああっ!」

梓「や、やめてーっ!!」

和は獣のように目を見開いて叫んだ。

和「ヤマカアアアアアアアアアアン!!!」

ばきっという音と共に、憂の頭と身体は分離した。

梓純「いやああああああああああ!!!」



和は憂の頭部を天高く突き上げ、勝どきをあげた。

和「ウオオオオオオオオ!!」

まるで肉食の宇宙人の雄叫びのように、その声が周囲に響き渡った。

唯「う……い……」

和は憂の頭をべろりと舐めると、一気にかぶりついた。
むしゃむしゃと憂の頭を食い散らかす和の姿に、
教室から見ていた二年生はただただ脅えた。

和「ゲエエエエエエエエエ」

大きなゲップをしてから、和は言った。

和「ごめんね唯。食べちゃった。あなたの大切なもの食べちゃった」

和「イチゴみたいに食べちゃったああああああああああああああ!!」



唯「のどか…ちゃん…」

和は唯に近づき、両手で唯の顔を挟んだ。

唯「あががが……」

和「ペッしゃんこにしてやるわ。してやるわああああああ!!」

唯を挟む手に、和が力を込めた。

梓「やめて…もうやめて……」

梓はすすり泣きながら懇願したが、和がそれを聞き入れるはずもなかった。

和「ヒィーッウイッアヒャアアアアエア!!!」



いまわの際。
顔を潰される瞬間、唯は言った。
いつもの悪気のない笑顔で言った。

唯「和ちゃん。ごめんなさい」

べしゃっと音を立てて、唯の頭は潰れた。




和「が、あが……?」

激情の渦に飲まれていた和の精神が、ようやくその魔口から抜け出し始めた。

和「ゆ、い…」

和「ゆい」

和「唯?」

和は顔の潰れた唯をしげしげと眺めた。

和「あ、ああ…」

和「あああああああ…」

和「いやああああああああああ!!!」

我にかえった和を待っていたのは、
どんな地獄や悪夢にも勝る、圧倒的な重さでのしかかる現実だった。



5