唯「う、憂ー!!いるよお!!!ここだよ憂ぃぃい!!!!」

憂「おねーちゃん!!おねーちゃん!!おねーちゃぁぁぁん!!!!」ドンッドンッ

梓「唯先輩だめです!!今でたら!!!きっとこれは純の罠です!!」

唯「でも憂大丈夫そうだよお!!純ちゃんに何もされてないよお!!!」ダッ

梓「ダメです唯先輩!!!(まずいまずいまずいまずい!!!!!)」


ガチャ!

唯「憂ィィイィイイイ!!!!!」ダキッ

憂「おねぇぇぇぇちゃぁぁぁん!!!!!!!!」ビシャァァァ

純「………さてと、梓、出てきなよ…」

梓「くっ……!!」

唯「でもなんでっ…?純ちゃんがみんなを………」

憂「ううん、違うよおねーちゃん、純ちゃんがね、全部話してくれたの」

憂「ただ、純ちゃん自身も知らないことがあったみたいだけど……」


純「おい梓……早くでてこいよ……!!」

梓「………くっ、仕方ない………か」

憂「おねーちゃん!梓ちゃんに何かされなかった!?」

唯「大丈夫だよ憂~何もされてないよお!!」

憂「よかったあ!」

唯「なんであずにゃんが私になにかするのお~?」

純「……みんなを殺したのが、そこの梓だからですよ」

唯「………はい?」

憂「おねーちゃん!!今回の純ちゃんは大まじめだよっ!!」

唯「なぁんだ、また馬鹿にしてるのかと…えへへえ~」

憂「純ちゃんね!私とおねーちゃんが危ないかもって!それで私を助けてくれたの!」

憂「おねーちゃんを助けるときに必要だからって!!」

唯「そ、そうなの…?でも……でもあの時の飲み会での生き残りは…」

唯「……そうか、あずにゃんが見つかった今、三人いるんだ…」

憂「それで、よく考えてみて…?その三人の中で一番自由に動けそうな人…」

憂「行方不明って立場は、見方によったら最高に自由な立場だと思わない…?」

唯「………でも!でもそれだけじゃまだあずにゃんが犯人だと決まったわけじゃ!!」


純「決定的な証拠……にはならないかもしれませんけど、ありますよ?証拠」

唯「えっ…!?」

純「私が証明です」

唯「……ねえ純ちゃんふざけてるの?」イライラ

憂「おねーちゃん違うの!!純ちゃんほんとの事いってるの!!落ち着いておねーちゃん!!(まずい!!拘束具が……!!)」

純「私と梓は……グルだったんですよ、つい最近まで」

唯「えっ!?!?」

梓「(つい最近までって……私、コンビ解消した記憶ないけど!?!?………まさか、裏切り…?)」


純「最初は単純な動機で組んだんです…」

純「梓が飲み会の復讐をするっていうから…確かに私も酷いことされたし……」

純「それに……ある程度ヤバイ事をするにしたって……まさか限度を越えるような事を梓がすると思わなくて……」

純「今日、学校に行って、憂と話して知ったんです!!」

純「皆さんが死んでしまったこと!!!」

梓「…」

純「梓私にはたかがゲーム、所詮ゲームだから大丈夫だって言ったんですよ…それでも、律先輩の家に入り混んだりとか十分ヤバイからやめてほしかったですけど…」

純「澪先輩も…お酒の恨みはお酒で返すからって、大量にお酒を買う資金を出しただけなんです」

純「なのに……まさか殺すなんて……!!」

唯「…そうだったんだねえ………(なんか一人語り始めちゃったよこの娘)」

憂「(我慢してねおねーちゃん!!重要なシーンだよっ!!)」ビククンッッ


純「ムギ先輩は一人で仕返しするって言ってたから…よく知らないです……」

純「そして……唯先輩も今日が仕返しだって梓いいました」

純「その作戦のために私も今日学校へいきました」

純「そして憂から全てききました……」

純「まさかそんな事になってると思わなかった…」

純「だから、唯先輩が危ないと思った……だから、唯先輩を守るため全てを話して、梓を止めるために憂に協力してもらうことにした!」

憂「和ちゃんはお互いの認識の相違の埋め合わせが間に合わないときに爆死しちゃったよ!」

唯「わーん憂のばかぁぁ!!のどかちゃぁぁん!!」

憂「しまったあぁぁぁぁぁぁ」


純「ねえ梓…………あんた何やってんのよ………」ギリギリ

梓「…」

純「人を殺してるの!!理解できてる!?!?」

梓「……」ニヤッ

純「なに笑って…!!」

梓「無意識のうちに殺人に加担するなんて、よくある話だよ純、純ももう逃げられない、あなたも共犯、あなたも殺人犯」ニヤニヤ

純「違うよ!!私は…!!」

梓「意識の相違でしょそんなの!!あなたが私に協力したという事実はあるのよ?」ニタァ

純「ぐっ…でも……でも私は…!」


唯「なんだか二人で熱くなってるよう~い~暇だよお~」

憂「そうだねおねーちゃん!かわいいっ!!!私達は帰ろっか!!」

唯「手を繋ごお~♪う~い~!!」

憂「いいよおねーちゃん!!かわいいっ!!」

ニギッ!

唯「うん♪たん♪うん♪たん♪」テクテク

憂「あぁぁあああああぁぁぁあぁぁあああああ!!!!!!!!!熱いよおねーちゃん熱いよお!!!!!!!!!!!!!!」ビシャァァァァァァァァァァァアァァ


純「私は………!!あんたを……!!!」

梓「人殺しがそんなに嫌?人殺しがそんなに嫌い?」

純「嫌とか嫌いとかじゃないでしょ!!人殺しっていうのは」

梓「先輩達は私の友達を奪ったよ!!!!!!!!!私の相棒を奪ったよ!!!!!!!!!!!死ねばいいじゃん!!!!!トンちゃんを焼いて平気な顔で食べれるような人達は死ねばいいじゃん!!!!!!!!!!!!」

純「…ぅん……まぁその点については全く異論は無いけど…………でも、でもダメだよ梓!!やっぱりよくない!!!!」

梓「なんでわかってくれないの!!!!先輩達はトンちゃんを食いつぶしたんだよ!?私の友達を!!大切な後輩を!!それをわかるんだよ!!」

純「エゴだよそれは!!」

梓「そう!!そんなに自分が正義ならこれから唯先輩を殺す私を止めてみなよ!!」ダッ

純「あっしまったー!!!!!!(アッシマーがぁぁぁぁ!!!!みたいwwwwwさすが私wwwwwww)」



純「……はっ!!!ゆ、唯先輩!!逃げてください!!!!!(殺すったって…………梓は携帯してる凶器はスタンガンだけのはず)」

唯「…ふえ……?」

梓「もらったぁぁぁぁ!!!!さよなら!!唯先輩!!!」ダッダッダッ

唯と憂はちょうど梓の家の外の大通りの交差点で信号を待っていた

梓「最後の復讐…………やってやったです!!!!!!!!」ニカァッ!!!!

純「あぁ………!!!!!!」


ドンッ!


唯「あっ…………危ない憂!!!!!!!」

憂「うわぁぁ!?!?」

梓が唯に突っ込む
押し出された三人は道へ身体が飛ばされる
が、唯が憂を無理矢理歩道橋側へと押し出す

憂「えっ…おね」



ドンッッ

キキィィーーッ!!!!!!!!!!!!!



純「えっ……………」

ガヤガヤ…オイオイナンダ………ヒトガヒカレタゾ…オイダレカキューキューシャヨベ……ウワァコリャヒデェ…ニュウリンダイミョウジン……マルデハンバーグダ……

純「う…………うぅぅう!!!!!!!」

純「ヴロ゙ロ゙ロ゙ロ゙ボォォオォォオ!!!!!!!」ビチャビチャァァ



憂「おねーちゃん?」

憂「あれ?おねーちゃん…?」

憂「急にどこに行ったの?おねーちゃん?」

通行人「き、君はですねwwwwそそそそのwwwwふひっwwwwwぉぉお怪我とかは?wwwwwひぶぅwwwww」

憂「おねーちゃん!おねーちゃんどこー?」

通行人「wwwwwwwwすがすがしいほどのシカトにござるwwwwwwwwでゅふふふふwwwwww」



憂はすぐに病院に搬送された

そして今も入院中だ

心の病気を患っていたらしい

医者は当初事故のショックによるものだと考えていたが

調べてみると、随分前から患っていたようだ

退院の見込みは未だに無い


私は現在服役中だ

梓の起こした全ての事件の犯人として捕まった

否定はしない

一部に加担した事実がある




ときどき思うことがある

もし、あのとき先輩達がお酒を飲まなかったら、一体今はどうなってたんだろうって

きっと今でも仲良く軽音部そろってお茶してたんじゃないかな…





姫子「未成年の飲酒……」

姫子「今回の事件の発端は全てこの未成年の飲酒に問題があるの」

姫子「未成年にアルコールを与えたら、一体どうなるかがよくわかったはずよ」

姫子「これ以上こんな人達は出しちゃいけない」

姫子「未成年が飲んだところで待ってるのは悲しい結末だけだから…」

姫子「未成年飲酒反対!未成年飲酒反対!」

姫子「私は、コンビニアルバイトとして、未成年にはお酒を売らないことをここに宣言します!」

姫子「さぁ、みんなもはじめよう!ストップ!未成年飲酒!」



エリ「おーい姫子ぉ!!今日飲みやんないwwwwwww」

姫子「いいわよwwwwガッツリ飲み倒してやるわwwww喉が渇いたらwwwww」

エリ「流し込むだけwwwwwww」




終わり





お疲れ様
終わったよ
最後の姫子のメッセージが今回一番伝えたいことだよ

仮に飲んだとしてもテンションがあがりすぎてハメをはずすことのないようにね