純「みなさんだいじょうぶわたしはじゅんですよ!」

純「じゅんですから!みんなとーなかのいいーじゅぅぅぅうん!!」

純「じゅぅぅぅうん!じゅぅぅぅうん」

純「るーるーるーるーるー」

純「なんちゃって!きたのくにからのものまねです!」

純「ところでみなさん!おなかすきませんか?」

律「へ…?あ、少し空いたかな」

純「わたしはすいてません!」

律「あぁ…そう…」

紬「これはもう、だめかもわからないわね…」


唯「…………わたし、正気な人になら謝るよ……」フーフー

唯「でもね…このモップは今のとこ正気じゃないよ…………」

唯「だから私帰るね、みんなバイバイ」

律「ちょっ、ちょっと待てって唯!」

紬「そうよ唯ちゃん!!純ちゃん寝ぼけてるだけかも…」

唯「帰るっ!!」ガチャ




純「逃げますか、唯先輩」

唯「ぉぉ!?」


紬「なっ…!!」

律「純………ちゃん……?」

純「どうですか?正気じゃない人を相手にするのってどんな気持ちですか?」

唯「ぁれ……ぇ……?」

純「皆さんが私を汚物塗れにしたとき皆さんは正気でしたか?頭が正常に働いてましたか?違いますよね?」

純「皆さん私に会話が通じなくてどう思いましたか?」

純「唯先輩は言うまでもなかったですよね、すごくイライラしてました」

純「律先輩もムギ先輩も戸惑いましたよね」

純「私はもう気にしてないんですよ、汚物塗れにされた事なんか」

純「梓は…どんな気持ちだったと思いますか?」

純「いくら皆さんに訴えかけても聞いてすらもらえず、話すらまともにできない」

純「それでも梓はずっとやめて下さいって言ってたんじゃないですか?」

律「……うん」

純「それでも皆さんには何も伝わらない、正気じゃないから何も伝わらない」

純「相棒のギターは壊されて、大好きな友達でもあるトンちゃんは食べられて」

純「そんなことされたら、皆さんならどうします?」

純「どんな気持ちになると思います?」

唯「…」

紬「…」

律「…」

純「正気じゃないからって、お酒が入ってたからって、それで許されると思ってませんか?」

純「皆さんは酔いが醒めて真っ先に梓に謝りましたか?」

純「直接じゃなくてもいい、メールでも留守電でも、とにかく梓に謝りましたか?」

純「謝ってないですよね!!」

純「私なんかどうでもいい!私なんかにわざわざ謝らないでいいです!」

純「梓が失踪した理由を考えてみてください!!」

純「そして………これから梓が何をしようとしてるのかも…」

純「いや、もしかしたらもう………」

唯「…どういう意味なの……?」

純「……自分で考えてみてください」

律「………純ちゃん…」

紬「……それでも…………ごめんなさいっ………」

唯「…………」

純「………もうそろそろいいかな…」

純「もう皆さん、いいですよ、なんだかすいません私も変な事たくさん言ったりして」

律「えっ!?い、いやこちらが悪いんだからさ、謝らないでよ純ちゃん!」

紬「そ、そうよ!私達が悪いの!」

純「そんなそんな…、それに唯先輩も、もう帰っても大丈夫ですよ!引き止めてすいませんでした!」

唯「ごめんね純ちゃん…私何もわかってなくて………」



マタネー

バイバーイ

ガチャ

律「…………はぁ……」

紬「なんだか……ね……」

唯「結局あずにゃんの事聞けなかったね」

律「あはは…無茶言うなよ、あの空気じゃとてもな…」

紬「もう随分遅い時間ね」

律「そうだな、今日はもう解散して明日また梓についての情報を集めよう…んで警察にも協力しよう…」

唯「そうだね……それじゃ、バイバイ、またね」

憂「皆さんまた明日学校で!!」

律「じゃあなー」



律「…………うん、純ちゃんの言うことは間違ってない」

律「ただ、違和感がある」

律「……正気じゃないフリをして、私達にどんな気持ちになるかを解かせようとした」

律「だけど……唯が帰るって言った瞬間………」

律「別に正気じゃないフリのままでよかったよな?そのほうが昨日の私達の状況に近い」

律「なのに純ちゃんは唯を呼び止めた…………」

律「そして私達に話しはじめた……」

律「……まるで時間を、わざと純ちゃん家にいる時間を長引かせるみたいに………」

律「考えすぎかな…………」

律「……ははは、梓、はやく見つかるといいな」




ガチャ

律「お?鍵開いてるな、ただいまー、おーい?」

律「……?」

律「誰かいないのー?」

律「……おかしいな」

律「私の部屋いこっと」


ガチャ

律「ふぅ、今日はなんだか一日疲れたなぁ…」

律「……ん?書き置き?」


 ねーちゃんへ
たった今帰ってきて誰もいなくて驚いたか?
すっげえ事いう!なんと今から家族で旅行に行ってくる
けっこう予定が突然決まったからさ、俺もビックリだ
てな訳で、行ってきます!
       聡より

律「はぁ…?家族旅行って、ほんと突然だなぁ」

律「ていうか聡は学校どうするんだ………」

律「風呂入ろっと」

律「考えてみたら風呂も沸かさなきゃならないのか、仕方ないなホント…」


ネーチャン!ネーチャン!!


律「……はい?」


ネーチャン!!ネーチャ……アガッ……

シズカニ…スルデス……

ガッ…ガハッ……ネー……チャ……


律「……………へ?」

律「何……今のは」

律「…………どこからだ!?聡!?どこだ!!」

律「なんだ!?なんなんだよ!?」


チィッ…ヨテイヘンコウデス……

ネーチャ…ァ……ヒュー……マン……ネイチャー………


7