翌日!



唯「ゔぅ゙~」

姫子「唯……大丈夫…?」

律「あぁヤバイ…出る……出ちゃうよぉ…」ビクンビクン

澪「オェー……」

紬「フフッ♪」

エリ「ちょっとちょっと、軽音部どうしたのよ」

紬「昨日飲みすぎちゃったみたい♪」

エリ「なんでムギは平気なのよ」

紬「ウ・ン・コ・の・ち・か・ら・♪」

エリ「…」


ガラガラ


さわ子「みんな、ごめんなさいね、この時間はちょっと自習にします」

ジシューダッテー
ヤッター!

さわ子「それと……軽音部のみんなは私とちょっと来てください」

唯「えぇ~やだよおえぇ~」

律「気持ち悪くて動きたくないよおさわちゃん」

澪「…げほっげほっ」

さわ子「いいからみんなついて来なさい、多分すぐに終わるから」

紬「何かしらっ♪何かしらっ♪」



唯「あずにゃんが……?」

律「マジかよ…」

澪「…」

紬「そんな…」

さわ子「そういうことなの、あなた達昨日、部室で飲んでたのよね?」

唯「……!」

さわ子「この部屋には私達しかいないわ、いいのよ私が許したのも悪いんだから」

澪「私は何もやってない」

さわ子「昨日何があったかは後で聞くわ、今あなた達に聞きたいのは違うことよ」

紬「…行方不明なんて………」

澪「私じゃないぞ」


さわ子「保護者の方が今朝警察に連絡をいれたそうよ」

さわ子「普段はしっかり連絡を入れるのに昨日は一切連絡がつかなかったみたいなの」

澪「私は関係ない」

さわ子「あなた達、昨日中野さんにお酒入れたりしてない?もしその酔いの勢いで…」

律「いや、梓は飲んでないよ、むしろ確か私達を止めようとしてた気が…」

唯「そう、止めようとしてくれてたのに私達は…」

澪「むしろ梓ってだれだよってレベル」

さわ子「…そう、とにかくわかったわ、ありがとう」

唯「あずにゃん…」

澪「梓…いたかな、そんな奴…」



シツレイシマシター

バタン

律「……………こぉぉぉぉんの糞野郎ォォオォオオォォォ!!!!!!!!!!!!!!」バキィ

澪「へぶぅん!?!?」ドガァ

律「なにが『私は関係ない』だ!!」

律「逃げんな!!お前状況わかってんのか!?」

律「私達が鍵なんだぞ!!」

澪「い、いきなり殴るな馬鹿律!!!」

紬「澪ちゃん謝ろう」

唯「うん、みんなに謝って?澪ちゃん」

澪「………ハッ、私一人だな!一人の私をみんなで」

律「あやまれよっっっ!!!!!!!!!」

澪「………チィッ………はいはい、わるかったよ…」



あずにゃんがいなくなった

昨日私達が去り際にみたのを最後にあずにゃんは消息を絶ってしまった

その事に私はとても大きな責任を感じていた

お酒が入りすぎてどんなさよならをしたかは覚えてないけど、とにかく最後にあずにゃんをみたのは私達なんだ

どうしよう…

律「……唯?大丈夫………か?」

唯「へぁ!?……あ、りっちゃんごめん…ちょっと考え事してた」

律「そっか……、まったく、中野の馬鹿は一体どこにいっちまったんだよ…」



カチャカチャ

紬「みんなー、お茶いれたわよ」

唯「あ、ありがとうムギちゃん…」

律「悪いな、こんなときにまで…」

澪「……………………お茶……だ?」ギロッ

律「ど、どうしたんだよ澪」

澪「お茶………いれた………だと………!?」ガタガタ

紬「み、澪…ちゃん……?」

澪「こんな時に…!!こんな時にのうのうと茶なんか飲めるわけないだろうが!!!!ムギは馬鹿なのか!?梓がいなくなったんだぞ!!茶なんかいれてないで他にやる事があるだろう!!!!!」

唯「わ、わぁ~澪ちゃん…(さっき自分が空気読めなかったから腹いせしてるんだね…)」

律「お、おちけつ澪…」

紬「……………こんな時だからよ………、こんな時だから!!!!いつも通りに接してあげようとしてるんでしょ!!!!!!!!」ドンッ!

唯「ムギちゃん……澪ちゃんも、一旦落ち着いてよ…………(おwwwwちwwwwけwwwつwwwwりっちゃんめwwwwwww)」


律「そ、そうだよ二人とも…一旦座れって」

澪「……………ふん…」ガタッ

紬「…全く……これだから…」

唯「ププッ…クスッ……………コホン、な、なにか手掛かりとかないかな…」

律「………………ぁ、」

律「……もっぷちゃん………どうしたんだろ」

澪「!!そ、そうだよ!!最後に梓といたのは私達じゃない!!糞と嘔吐物にまみれて失神してたもっぷちゃんだ!!」

紬「か、彼女とコンタクトをとってみなきゃ!!」

唯「もっぷちゃんと憂は仲がいいから、憂に聞いてみるね!!」ピッピッ


トゥルルルル…トゥルルルル


唯「あっ、もしもし~う~んう~い~今から会いたいなあ~あっねえきいてようい~さっきねえ~りっちゃんがすごいおもしろかったの~」

澪「む、無駄な話はいいから、もっぷがそこにいるのか、こっちにこれそうなのかを聞け!!はやくしろよ!!使えないやつだ!!」

唯「はいはい~ねえうい~純ちゃん今一緒にいたりしない~?え~そうなの~?わかったあ~じゃあまたねえ~」ピッ

律「どうだって?もっぷちゃんこれそうなのか?」

唯「それがねえ~純ちゃん今日学校おやすみしてるんだって~」

紬「そ、そうなの…」

澪「ハァ!?んだよ全くほんっっっとにどいつもこいつも使えないな!!!」

唯「ご、ごめんね澪ちゃん…」

紬「いいのよ唯ちゃん謝らなくても、この馬鹿女の性格は血筋的に治らないものだからスルーすればいいのよ」ニコッ


律「家………行ってみっか…?」

澪「何一つ満足にこなせない劣等共め…」ブツブツ

紬「もう放課後だしね、でも、私達純ちゃんのお家の場所知らないわ…」

澪「あ、まぁしょうがないか、列島に住んでるんだしなwwwうはwww誰うまwwww」ブツブツ

唯「それじゃあ憂を呼ぼお~!憂なら純ちゃんの家の場所知ってるよ!!」

澪「はぁ、おいおいちょっと待てって、まさか本気で家に行くつもりなのか?」

紬「うわぁ…こっち向いて話しはじめたわ……」

律「だ、だって梓と最後にいた娘はもっぷちゃんだし、何か手掛かりを…」

澪「ふざけるなよ!!!だったら警察にそれ話して警察を家に向かわせて警察に話を聞いてもらえばいいだろう!!なんでったって私達が、いやむしろ私がわざわざ足を運ばなきゃならないんだよ!!!ほんと馬鹿だな律は…」

紬「だめよ澪ちゃん、私達が行かなきゃ」

澪「なんでだよ!!意味がわからないよ!!」

唯「ただあずにゃんの話を聞きに行くんじゃなくて、昨日の事、あんまり覚えてないけど、なんかすごい酷い事しちゃった気がするから、その事謝らなきゃ…」

澪「してないよ!!私は酷いことしてないからな!!!!私を巻き込むなよ!!!!!」

律「……じゃあ澪はここにいろよ、誰もお前に来いなんて言わないから」

紬「そうね、謝る気も動く気も無いなら仕方ないわ」

唯「じゃいこっか、りっちゃんムギちゃん」

澪「な、なんだよ皆……そうやって私を一人にするんだな……皆友達だと思ってたのに…結局上辺だけの関係…」ブツブツ

律「じゃあな澪、留守番しっかり頼むよ」ガチャ

澪「あっ、ちょまっ、私もやっぱり」


バタン

澪「……!」

澪「……なんだよ……馬鹿律……」

澪「…………冷蔵庫に昨日の残りの酒か何か……入ってないかな……」

ガチャ

澪「……!?!?」

澪「なんだこれは!?お酒で冷蔵庫がビッシリだぁぁ!!!!!」パァァ

澪「すごいよさわ子先生!!こんなに納品するなんて!!」

澪「お酒ビッシリで私びっしょりだよ!!!!」

澪「………」

澪「……どうせ皆私を置いてきた事後悔してるよ…」

澪「すぐに帰ってくるんだ、どうせ私がいないと寂しいんだ」

澪「……皆が戻るまでこれ飲んでよっと」



一時間後


澪「うわっはっはっはっはwwwwwwコーラサワーうまいwwwwww」

澪「やばいwwwwwwwサワーやばいwwwwwww」

澪「………ハッ!」

澪「サワー子(さわ子)で騒ごう(さわ子)ってかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwあっはっはっはっはっはっはっはっはwwwwwwwww」

澪「やばいよwwwwww笑いがとまんないwwwwwwwwwww」

澪「歌詞といいギャグといいホント私って才能あるなwwwwwwwwwwwwww」





ガチャ

梓「いい飲みっぷりですね、澪先輩!」

澪「あぁ?」



4